つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 伊達

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス1回戦、錦織圭と添田豪が勝ち上がり、伊藤竜馬、守屋宏紀、奈良くるみ、クルム伊達公子は敗退しました。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 69位のニコラス・アルマグロ(Nicolas Almagro)に6-4、7-6、6-2のストレートで勝ちました。
アルバグロはさすがはキャリアハイ9位の実力者。簡単には勝たせてくれませんでしたが、錦織は慎重に負けないテニスで勝利しました。このレベルの選手に対して、ファーストの終盤、第2セットのタイブレークと要所要所でギアアップして確実に物にして行き、2セットダウンで気落ちしたアルマグロに対して第3セットは一方的な試合展開に持ち込みました。トップ5の選手にふさわしい戦い方でした。
また、ファーストサーブが軽く打っている感じなのに、190km台のスピードが出ていましたし、サービスエースも多くなりました。新しいラケットの効果なのかフォーム改善の効果か、今年は更に飛躍が期待できそうです。

2回戦の対戦相手はATPランキング86位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)。
過去の対戦成績は錦織の3勝1敗。今の調子なら問題なく勝てると思われます。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Ivan Dodig
このままシード通り順調に勝ち上がると準々決勝でワウリンカと対戦します。それまで体力を温存するためにも、準々決勝までは、ストレートで楽に勝ちあがりたいところです。

ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) が 212位のエリアス・イメル(Elias Ymer) に1-6、6-4、4-6、6-3、6-3のフルセットで勝ちました。
ランキング的には200位代の選手ですが、予選を勝ち抜いてきた18際の伸び盛り、やはり侮れませんでした。
予選を勝ち上がってきたイメルに後半、連戦の疲れが見えてきて助かった面がありました。

2回戦の対戦相手はATPランキング33位で31シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)。
過去の対戦成績は添田の0勝1敗。
1回戦の調子では勝つのは難しいと思われますが、格上に対して気楽になり、良いプレーが出来ることを期待したいと思います。
ATP Head-To-Head:Go Soeda vs Fernando Verdasco


ATPランキング89位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が 34位で第32シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)に6-7、2-6、4-6のストレートで敗れました。
第1セットは互角の展開でしたが、タイブレークで落とすと伊藤が気落ちし、一気にやられてしまいました。
第2セットスタートでの気力ダウンが、画面から伝わってくるくらいですから、当然相手選手にも伝わってしまっていたでしょう。伊藤選手はストローク力には素晴らしいものがあるのに、いつもこのような展開が多く残念です。


ATPランキング146位の守屋宏紀(Hiroki Moriya) が 44位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)に6-7、6-2、3-6、5-7で敗退しました。
スコアから見ると、203cmで91kgの長身選手相手にサービスエースを26と量産されましたが、接戦に持ち込んだのは立派です。今後が期待できます。


WTAランキング43位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 6位で第6シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska)3-6、0-6のストレートで敗退。
奈良は身長が低くサービスの威力が無いので、どうしてもトップ10レベルの選手との対戦となるとサーブを叩かれてしまい、サービスキープが難しくなります。トップ10の壁を打ち破るのはかなり難しいと思われます。


WTAランキング101位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) が 140位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)5-7、4-6のストレートで敗退。
やはり、体調が完璧で無い状況では勝つことは出来ませんでした。
年齢的なこともあり、そろそろダブルスに専念した方が良いと思います。

これでシングルスは1回戦が終わり2回戦となりますが、錦織も添田も今日は試合がありません。
今日は、奈良、伊達、青山のダブルス1回戦が行われる予定です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今日から全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)が始まります。

初日の今日は伊藤の試合が行われます。

男子は予選3回戦で敗退した守屋宏紀がデル=ポトロ欠場によるラッキールーザーとしての本戦出場が決まり、トータル4名の本戦出場となりました。ドローを見るといきなりトップ10の選手との対戦と言った厳しいものは無く、錦織以外の選手にも十分に1回戦を勝ち上がる可能性があります。

ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 69位のニコラス・アルマグロ(Nicolas Almagro)
過去の対戦成績は錦織の1勝1敗。2013年の楽天オープンで敗れています。今の錦織の実力なら勝てると思われますが、一回戦にしてはかなり厳しい組み合わせとなりました。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Nicolas Almagro


ATPランキング89位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)対 34位で第32シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)
過去の対戦はありません。190cmの長身のサウスポー。戦いにくいと思いますが、何とか勝機を見つけて期待します。

ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) 対 212位のエリアス・イメル(Elias Ymer)
過去の対戦成績はありません。ランキング的には200位代の低い選手ですが、予選を勝ち抜いてきた18際の伸び盛り。

ATPランキング146位の守屋宏紀(Hiroki Moriya) 対 44位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)
過去の対戦成績はありません。203cmで91kgの長身からのサーブを返球できるかが鍵となると思われます。


女子は予選からの勝ち上がり出場は無く、奈良と伊達の2名の本戦出場となりました。奈良は初戦でいきなり第6シードとの対戦となってしまいました。
WTAランキング43位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 6位で第6シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska)
過去の対戦成績は奈良の0勝1敗。初戦から厳しい対戦相手ですが、クレバーな奈良ですから、周到な作戦で勝機をつかむことに期待したいと思います。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Agnieszka Radwanska

WTAランキング101位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 140位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)
WTA Head to Head:Kimiko Date-Krumm vs Anna Tatishvili
過去の対戦成績は伊達の2勝1敗。昨年はマイアミでフルセットで勝っていますが、伊達さんのブログを見ると体調が完璧で無いようなので、苦戦が予想されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日行われた東レ パン・パシフィックオープン・テニスのシングルス1回戦で、奈良、伊達の二人とも敗退し、日本人選手はいなくなりました。

予選には沢山の日本人選手が出場しましたが、誰も本戦へ勝ち上がることが出来なかったので、本戦出場は奈良と伊達の二人でした。


WTAランキング37位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 18位のカルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro)に1-6、6-2、2-6のフルセットで負けました。
奈良はファーストサービスインの確率が85%でしたが、ファーストが入った時のポイント獲得率が49%でした。威力の無いサーブをたたかれてしまったようです。


WTAランキング86位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 24位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)が6-3、0-6、2-6のフルセットで負けました。
伊達さんのブログを読むと肩の調子が悪いようでしたので、勝つのは難しいと思っていましたが、昨日は第2セットで右足の付け根に痛みを生じていたようです。
もうそろそろ年齢的なことを考えて、ヒンギスのようにダブルス一本にした方が良いのではないでしょうか。


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ13日月曜日からオーストラリアのメルボルンで今年最初のテニスのグランドスラム 全豪オープン テニス(Australian Open Tennis Championships)が開幕します。

既に女子シングルスドローが発表されています。
トップ100位以内に4選手がいる女子テニスは4選手が本戦にストレーインしています。
初戦の対戦相手は、

WTAランキング56位の森田あゆみ(Ayumi Morita)は1回戦で100位のナディア・キチェノック(Nadiya Kichenok )と対戦します。過去の対戦成績はありません。

WTAランキング69位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm)は予選勝ち上がりの選手と対戦します。

WTAランキング74位の奈良くるみ(Kurumi Nara)は39位のポン・シュアイ(Shuai Peng)と対戦します。
過去の対戦はありません。

WTAランキング88位の土居美咲(Misaki Doi)は8位で第8シードのイェレナ・ヤンコビッチ(Jelena Jankovic
過去の対戦は土居の0勝1敗です。元世界一位の強敵です。現在の土居のテニスがどのくらい通用するかを見るのが楽しみです。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Jelena Jankovic

現在行われている予選では、162位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が3回戦まで勝ち上がっています。今日の試合に勝つと本戦へ出場となります。
尾崎里紗のコーチのブログ 川原コーチの遠征記を見ると、予選の様子がわかります。

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日の東レ・パンパシフィック・オープン テニスのシングルス2回戦で、伊達さんが「ため息ばっかり!」と怒った事が朝のテレビでニュースになっていました。
スポーツニッポン‎:伊達 観客の反応に怒り「ため息ばっかり!」
 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第3日は24日、東京有明テニスの森公園で行われ、シングルス2回戦でクルム伊達公子(エステティックTBC)は第12シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)に3―6、6―7で敗れた。
 第2セットのタイブレークで、最初のポイントをダブルフォールトで失った時だ。勝負が懸かった大事な場面で観客席から聞こえてきたのは「あー」という落胆の声。クルム伊達は「ため息ばっかり!」と、両手を広げ、怒りの交じった大声をコートに響かせた。。。。


昨晩はBS−TBSで録画放送された伊達 対 ストーサーの試合を見ましたが、第2セット、先にリードしてチャンスが何度もありながら、取りきれずにタイブレークに。そのタイブレークでの最初のサーブをダブルフォルト。私も思わずテレビの前で、「何で?こんな肝心なところで!」と叫んでしまいました。

以前にデビスカップの観戦に行ったときに、試合の前に松岡修造さんが出てきて、「ため息」は絶対だめですと注意していたのが思い出されました。選手に力を100%発揮してもらうために、日本人選手が失敗した時の「ため息」と相手選手が失敗した時の「拍手」はやめにした方が良いと思いますが、ついつい出てしまうのは仕方が無いことです。

このような緊迫した状況で、狙い済ましたサーブを入れる為に日夜練習を積み重ねてきたのだと思います。それが入らなかったと言うことは、観客の「ため息」の前に試合に負けています。
悔しいのは分かりますが、敗戦を観客のせいにするのは間違いだと思います。


それにしてもTBSは毎晩録画放送をしてくれるのはありがたいですが、伊達さんの試合だけしか放送されません。森田や土居の試合のダイジェストぐらいは放送して欲しいものです。WOWOWのような楽しい中継になってくれれば、テレビ観戦をするテニスファンの増加も期待できます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで行われているBNPパリバ・オープンのシングルス2回戦で第16シードでATPランキング16位の錦織圭が119位のフィリップ・ペッツシュナー(Philipp Petzschner)に6-3, 6-2のストレートで勝ちました。錦織はシードされているので、この2回戦が初戦でした。ペッツシュナーはキャリアハイ35位の選手ですが、危なげない勝利でした。

3回戦ではATPランキング85位のカルロス・ベルロク(Carlos Berlocq)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗ですので、今回も勝ってくれると思います。
ATP Head 2 Head:Kei Nishikori vs Carlos Berlocq

女子ではクルム伊達公子/キャシー・デラクア(Casey Dellacqua)組が2回戦で 6-1, 4-6, 10-6で勝ち上がり、準々決勝へ進みました。伊達/デラクア組は、今年のパタヤ女子オープンのダブルスで優勝しているので、これからが楽しみです。

BNPパリバ・オープン公式サイト

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ