つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 作品

にほんブログ村 工芸・陶芸⇒にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へ


熊野神社の隣の自由が丘住区センターでは8日月曜まで、「自由が丘女神まつり」に合わせて、こちらで活動しているサークルの作品展「さろん・de・じゅうく」が開催されています。

私はバードカービング作品を出品させていただきましたが、こちらの住区センターではバードカービングだけでなく、いろいろな趣味を楽しんでいるサークルが多く活動しいて、素晴らしい作品が沢山展示されています。
「自由が丘女神まつり」自由が丘住区センターで作品展 バードカービング作品を展示


自由が丘オフィシャルガイドのWebサイトには、コンサートなどのイベントのスケジュールが掲載されています。
女神祭りが終わると次は今月末にハロウィンイベントが行われるようです。
>>自由が丘オフィシャルガイド

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

ブルーのセキセイインコと一緒に作り始めた黄色いセキセイインコのバードカービングが完成しました。
羽根の色の表現が難しく、満足行く物ではありませんが、ひとまず終わりにしました。

黄色いセキセイインコのバードカービング作品

黄色いセキセイインコのバードカービング作品


ブルーのセキセイインコ
ブルーのセキセイインコ バードカービング


バードカービングは本来は野鳥を正確に彫刻するものなので、飼い鳥のバードカービング作品はあまり見かけません。邪道かもしれません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

横浜市の浦島丘中学校のコミュニティハウスで土日で開催されていた、作品展「コミュニティハウスまつり」のバードカービングサークルの作品を見に行ってきました。また参加者の募集も行っています。
参加者募集-浦島丘中学校コミュニティハウス


私はこちらのサークルの村上先生にバードカービング作りのイロハから教えていただきましたが、今は荒井先生に代わられています。
皆さんの作品は小鳥が中心で非常に色使いが丁寧で、独特の温かみ・美しさがあり、見ているだけで癒されます。
私も、セキセイインコとコノハズクと出品させていただきました。

バードカービングだけでなく、パッチワーク、陶芸、絵画、押し花、フラワーデザインなど色々な趣味のサークルの方が作品展示を行っていました。
「コミュニティハウスまつり」浦島丘中学校のコミュニティハウス

バードカービングの作品 浦島丘中学校のコミュニティハウス

バードカービングの作品 浦島丘中学校のコミュニティハウス



浦島丘中学校のコミュニティハウスまつり

浦島丘中学校のコミュニティハウスまつり

浦島丘中学校のコミュニティハウスまつり

浦島丘中学校のコミュニティハウスまつり

浦島丘中学校のコミュニティハウスまつり

浦島丘中学校コミュニティハウス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

横浜市の浦島丘中学校コミュニティハウスでバードカービング教室で講師をされている、荒井先生のご自宅の工房への訪問の続きです。

ご自宅内の工房にはバードカービング教室で使う教材や、大量の作品群が保管されています。

作品を紹介させていただきますが、ほんの一部です。

色々な表情のスズメの集合作品は見ているだけで、幸せな気分にさせてくれます。
バードカービング作家 荒井先生の作品

バードカービング作家 荒井先生の作品


バードカービング作家 荒井先生の作品

バードカービング作家 荒井先生の作品


鳥だけでなく、魚の作品もありました。
バードカービング作家 荒井先生の作品


鳥の色付けのサンプル。シンプルで非常に美しい色付けです。
バードカービング作家 荒井先生の作品


鳥の足の作り方のサンプル。
バードカービング作家 荒井先生の作品


荒井先生は浦島丘中学校コミュニティハウスのバードカービング教室で講師をされています。
また、毎年11月には浦島丘中学校コミュニティハウス内で展示会が開催されます。
バードカービングを始めてみたい方は是非お立ち寄りください。
>>浦島丘中学校コミュニティハウス

前の記事 >>「お庭はミニバードサンクチュアリ」
前の記事 >>「バードカービングギャラリー」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は銀座 かわの屋さんで開催されている、『親から子へ継ぐ伝統の技〜玉那覇有公・有勝展』での、着物作家 玉那覇有勝さんのトークショーに参加させていただきました。
玉那覇有勝さんは人間国宝 玉那覇有公さんの息子さんです。
玉那覇有勝


紅型染体験のワークショップの後にトークショウが行われていたので、生徒さんの紅型染の様子も拝見することが出来ました。
全工程はとても一日では出来ないので、絹のハンカチでの配色作業の体験を行っていました。
紅型染体験のワークショップ

紅型染体験のワークショップ


完成品。
紅型染体験のワークショップ


会場に紅型染作成過程の概要説明がありましたが、大まかに型置き、配色、二度刷り、隈取り、水元、地染の6工程になります。
その前に原画のデザイン、型紙彫りの作業があります。
紅型染作成の工程


私は浮世絵のように原画デザインの部分と型紙を作成する部分が分業化されていると思っていたのですが、着物作家はどちらも手がけるそうです。

型彫りの下敷にはお豆腐を乾燥させて硬くした物を使用しているそうです。
今のように化学製品の無い時代における道具の工夫に感心させられました。
玉那覇有勝


会場には素晴らしい作品が沢山展示されていました。
紅型染の作成は全て手作業で、同じ作品が決して存在しません。
絵画を身に着けるようで贅沢にも思えますが、子供や孫の世代にも引き継いでいける物を大切にする日本文化は残して行きたいものです。

人間国宝 玉那覇有公 紅型の着物


銀座 かわの屋 イベント情報
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

干支の兎の色紙と年賀状 趣味の水墨画の作品

干支の兎の色紙 趣味の水墨画


干支の兎の年賀状 趣味の水墨画の作品

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ