つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 倒産

ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスラケットのプリンスが倒産したようです。
YOMIURI ONLINE:テニスラケットのプリンスが破たん…販売不振で

私がプリンスのラケットを初めて手にしたのは、確か1984年だったと思いますが、初めてアメリカへ行った時にスポーツショップであこがれのラケット、Graphiteを購入しました。
当時、確か日本円換算で4−5万円した記憶があります。日本で買うともっと高くてとても手に入れる事が出来なかったほどに高価な人気商品でした。

ネットで調べてみたところ、Prince Graphiteには1本線とか4本線とか生産地で異なるようですが、私のは1本線でした。
Prince Graphite


あの当時は毎年、東京体育館でセイコー・スーパー・テニス(Wikipedia:セイコー・スーパー・テニス)が開催されていいて、当時の3大スターのビョルン・ボルグ、ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンローなどが出場して、大変に盛り上がっていました。
中国がまだ発展途上国の時代でしたので、アジアのテニスと言えば日本でした。

その大会で1981年に後に俳優に転向するヴィンセント・ヴァン・パタン(Wikipedia:Vincent Van Patten)がジョンマッケンローその他の強豪を破って、優勝しました。
彼が使っていたのがプリンスのデカラケGraphiteで、日本でも人気が出ました。

最近は、ナダルの活躍以降、テニスコートではバボラーを使っている人が本当に多くなりましたし、錦織の活躍でウィルソンが売れているようですし、プリンスのラケットを使っている人も減ってきているように見えました。
私も、黄色い色が気に行ってバボラーのエアロを購入しましたが、どうも自分のテニスに合わないようで、プリンスに戻したりと、試行錯誤を続けている所です。

長年、プリンスト言えばシャラポアと言う代名詞になっていましたが、契約をHEADに変更してしまった時には驚かされましたが、長年使ってきたものを変更するとは、ラケットやメーカーの限界を感じていたのでしょうか。

長年使ってきていただけに、少しばかり寂しい気持ちになってしまいました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、アメリカで留学のお仕事をしている方と話をしましたが、留学斡旋業者サクシーオの倒産で、秋からアメリカへ留学する予定だった人で、払い込んだお金が留学先の大学に支払われていなくて困っている人がいるそうです。

Googleで”サクシーオ”で探したら、株式会社サクシーオ 破産管財人のホームページと言うのが見つかりました。以前は株式会社サクシーオのホームページだったようで、GoogleやYahooの検索エンジンのキャッシュにはこのサイトの以前のページ内容が残っていました。

帝国データバンクのサイト(帝国データバンク:株式会社サクシーオ 破産手続き開始決定受ける)によると負債8億3200万円とありました。大阪や名古屋など8か所に支店もあったようですから、被害者の数はかなりなものになると思います。

最近、アメリカの大学を卒業した知人の娘さんが、アメリカの就職フォーラムで見つけた日本の大手企業へ就職したとうかがいました。キャリアフォーラムネットのボストンで行われる、ボストンキャリアフォーラムのページの参加企業リストを見たら、日本の大手企業の名前が沢山掲載されていました。

日本では就職できない大学生が多いようですが、不景気の影響だけでなく企業側の欲しい人材と日本の大学生のレベルとのミスマッチが原因ではないでしょうか? 日本の大学を卒業しても日常英会話すら話せないレベルの人が多いですから。
カンブリア宮殿で、就職率100%の大学として、秋田の「国際教養大学」が紹介されていましたが、企業が採用するのは専門学部の学力だけでなく、語学力がキーになっていると思います。

最近は中国や韓国からの留学者数は増加しているのに、日本人留学生は減少してしまっているようです。このようなことが原因で、益々減少しないことを祈ります。

公的なお金での救済は無理でしょうが、夢を抱いて留学を目指していた若者がこのような業者のせいで挫折してしまわないことを祈ります。
参考:ARC:西日本・東日本留学センター倒産で泣き寝入りの方へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ