つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:優勝

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 昨日は3時から朝までオーガスタで行われたマスターズの松山英樹選手の戦いをTBSのマスターズのサイト(マスターズ|TBS)でホールレイアウトやグリーンの起伏を見ながらホールごとの攻め方をじっくり観戦。18番ホール最後のボギーパットを入れての1打差での勝利までハラハラドキドキの試合展開で本当に感動しました。

 テレビ中継ではそのようなシーンは気付きませんでしたが、早藤キャディーが18番ホールでピンをホールに戻した後のコースへの脱帽一礼が海外で話題になっているようなので、実際にどのように海外で報道されているのか興味を持ち海外のニュースを調べてみました。
松山選手のマスターズ優勝直後、早藤キャディーがピンをホールに戻した後のコースへ脱帽一礼が海外で話題に

Sports Illustrated、CNN、ABC (Australian Broadcasting Corporation)、ESPNの記事を見つけましたので、DEEPL翻訳で和訳してみました。最近は本当に翻訳能力が向上したので世界中のニュースが気楽に読めるようになりました。ありがたいことです。
Hideki Matsuyama's Caddie, Shota Hayafuji, Goes Viral After Masters Win JOSEPH SALVADORAPR 11, 2021-si.com
Hideki Matsuyama made history on Sunday when he became the first Japanese golfer to win The Masters at 10-under. But his caddie, Shota Hayafuji, garnered some surprise attention on Sunday in Augusta, Ga.

After the final stroke to secure his first green jacket, Matsuyama could be seen with tears in his eyes as he walked off the green. But Hayafuji was still on the green.

While most of the cameras were on Matsuyama, his faithful caddie solemnly put the pin back in the hole, removed his hat and bowed after the historic win.

Twitter and golf fans around the world loved the stoic sign of respect, including Matsuyama. After conquering Augusta, the 29-year-old was so happy for his friend Hayafuji.


DEEPLで和訳、
松山英樹は日曜日、日本人ゴルファーとして初めてマスターズを10アンダーで制し、歴史に名を残しました。しかし、松山のキャディである早藤章太は、この日、オーガスタで意外な注目を集めていました。

自身初のグリーンジャケットを手にした松山選手は、最後の1打で涙を流しながらグリーンを降りる姿が見られました。しかし、早藤はまだグリーン上にいた。

ほとんどのカメラが松山に向けられている中、彼の忠実なキャディは厳粛にピンをホールに戻し、帽子を脱いで歴史的な勝利の後に一礼したのである。

ツイッターや世界中のゴルフファンは、松山選手を含め、このストイックな敬意の表れをとても気に入っていました。オーガスタを制覇した29歳の松山は、友人である早藤のことをとても喜んでいました。

Hideki Matsuyama's caddie bowing respectfully to Augusta symbolizes emotional Masters win for a proud Japan-CNN.com
After winning the Masters, cameras were naturally trained on a visibly emotional Hideki Matsuyama as he took in the magnitude of his triumph.

But in the aftermath of Sunday's success, another image also went viral -- Matsuyama's caddie Shota Hayafuji collecting the flag from the 18th hole's flagstick as a memento and then turning to face the fairway, removing his hat and bowing as a mark of respect to the famed Augusta course.
In Japanese culture, the bow originated as a gesture of deference "that began as an exclusive practice of the nobility more than a thousand years ago" but has evolved into a form of greeting, according to National Geographic.
"When the final putt went in, I really wasn't thinking of anything," Matsuyama told the media during his post-round press conference.
"But then hugging Xander [Schauffele] ... when I saw my caddie, Shota and hugged him, I was happy for him because this is his first victory on the bag. And then it started sinking in -- the joy of being a Masters champion."


DEEPLで和訳、
マスターズで優勝した松山英樹選手には、当然ながらカメラが向けられました。

それは、松山選手のキャディである早藤章太氏が、18番ホールの旗棒から旗を回収した後、フェアウェイに向かって帽子を脱ぎ、名門オーガスタ・コースに敬意を表してお辞儀をする姿でした。
日本の文化では、お辞儀の起源は「千年以上前に貴族の専売特許として始まった」とされていますが、ナショナルジオグラフィックによると、挨拶の形に発展したとのことです。
"松山はラウンド後の記者会見で、「最後のパットが入ったときは、本当に何も考えていませんでした」と語りました。
"でも、ザンダー(シャウフェレ)とハグして......キャディのショウタと会ってハグしたら、ショウタがバッグでの初優勝だったので嬉しかったです。そして、マスターズチャンピオンになった喜びが身にしみました」。


Hideki Matsuyama's Masters victory sealed with a bow, as an understated celebration sums up his historic triumph-abc.net.au

In the moments after Hideki Matsuyama's historic Masters win, you could have forgiven him a moment of unbridled emotion, both in celebration of his first major win and recognition of the weight of his accomplishment.

But despite becoming Japan's first winner at the Masters — and of any of men's golf's major tournaments — it wasn't Matsuyama's reaction that most caught the eye.

Footage soon emerged of the new champion's caddy Shota Hayafuji alone on the 18th green, well away from the fanfare surrounding Matsuyama.

Without seeking to attract any attention to himself, Hayafuji placed the flagstick back in the hole, removed his cap, and bowed to the course upon which he and Matsuyama had just enjoyed their greatest day.


DEEPLで和訳、
松山英樹がマスターズで歴史的な勝利を収めた直後は、メジャー初優勝の喜びと達成したことの重さから、感情を抑えきれない様子が見られました。

しかし、マスターズで、そして男子ゴルフのメジャー大会で、日本初の優勝を果たしたにもかかわらず、最も注目を集めたのは松山の反応ではなかった。

新チャンピオンのキャディである早藤章太が、松山を囲むファンの声とは無縁の18番グリーン上で一人でいる映像が現れたのだ。

早藤はフラッグスティックをホールに戻し、帽子を脱いで、松山と最高の一日を過ごしたコースに一礼した。

Matsuyama's caddie bows after placing the 18th hole pin - ESPN

Hideki Matsuyama's caddie, Shota Hayafuji, bows after placing the 18th hole pin back in the cup.


DEEPLで和訳、
18番ホールのピンをカップに戻してお辞儀をする松山英樹選手のキャディ、早藤章太氏。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 全英女子オープンで優勝した時の渋野日向子さんのキャディーをしていたコーチの青木翔さんのアカデミーの梶谷翼さんが「オーガスタ女子アマ」で優勝しました。
梶谷は最終日は72パープレーでトータル1オーバー、地元アメリカのミリアッチョが最終日70の2アンダーのプレーでトータル1オーバーで並びプレーオフとなりました。
梶谷は17番でダブルボギー。このホールをボギーにおさえていたらプレーオフ無しでの優勝でした。

オーガスタ女子アマのサイトにダイジェスト動画がアップされていますが、プレーオフ1ホール目でミリアッチョはボギー、梶谷はパーで優勝。緊張したであろう最後のパーパットをしっかりと決めての勝利でした。
Augusta National Women's Amateur
Leader Board-Augusta National Women's Amateur
Tsubasa Kajitani-National Women's Amateur
Daily Essay: Final Round of the Augusta National Women's Amateur-Youtube

青木翔コーチのinstaによると、青木翔ゴルフアカデミーからは上野菜々子、梶谷翼の2選手が出場したとのことなので、リーダーボードを見てみたら、上野菜々子選手は最終日6オーバートータル9オーバーの19位タイでした。オーガスタでのファイナルラウンドへ進んでいることだけでも素晴らしい実績だと思います。

 渋野さんの全英に続く快挙ですから、青木翔コーチの教え方には特筆すべきものがあるのでしょう。以前に見たゴルフダイジェストの青木翔コーチの渋野さんへの指導方法に関する記事を見直し、今日は朝から「ぐにゃぐにゃクラブ」でスイング練習しています。
【注目女子プロ密着】渋野日向子のゴルフ◆ぐにゃぐにゃシャフトで高弾道ショットが身についた

 渋野選手はフジクラの「MCI K-Stick掘廚箸いζ陲蕕い練習用シャフトのクラブを特別に作って使用しているとのことですが、とてもそのような特注品を誂える訳にはいかないので、ネットで「ぐにゃぐにゃシャフト アイアン」で探したところ「スイングドクター」と言う商品が見つかりましたので、楽天市場で取り寄せて使っています。
スイングドクタープロ アイアン
スイングドクタープロ アイアン-楽天市場
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 最近は錦織選手が怪我で休養後に活躍しなくなってしまい、Wowowでのテニス観戦はしなくなってしまいましたが、大坂なおみ選手が全豪の決勝へ進出したと言うことで決勝戦を久しぶりに観戦しました。
Australian Open Tennis Championships

 第3シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が第22シードのジェニファー・ブレイディ(Jennifer Brady)に6-4、6-3のストレートで勝利。
大坂のサービスゲームで始まった第1セット、先にブレイディのサービスゲームをブレークした後ブレークバックされましたが、最後は5-4からのブレイディのサービスゲームをブレークして6-4。
第2セットは、第1セットを落としてブレイディが少し気落ちしたのかブレイディのサービスゲームを2ブレークして一気に4-0とリード。その後1ゲームブレークバックされましたが、6-3で逃げ切りました。
大坂選手はサービスゲームではコースコントロールが非常に良くなり、ストロークでは重心を低くしての安定したショットが目立ちました。フットワークも良く、コロナ自粛中でのトレーニングが非常にうまく行っていたのかと思われます。
 ハードコート以外での技術を磨いていけば4大大会の制覇も近いと思われます。
大坂なおみが全豪オープンで優勝


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 全米オープンテニス(US Open Official Site)のシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利、優勝しました。

WTAランキング9位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 58位のビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)に1-6、6-3、6-3の逆転で勝利。
準決勝でセリナ・ウイリアムズを破って勝ち上がって来た元世界1位のアザレンカ、本当に厳しい試合となりました。

第1セット、アザレンカのサーブとストロークの調子が良く、ほとんどファーストサーブが入って、ストロークも切れ切れのショットが両コーナー深くへ入ってきて振り回されっぱなしの大坂。
一方的な試合展開で1ゲームしか取れずに1-6で落としました。

第2セットに入っても流れは変わらず第2ゲームの最初のサービスゲームをブレークされて0-2の悪いスタート。
しかし、次のアザレンカのサービスゲームでストロークの球速を落としてスピン系のボールでリズムを変えるとアザレンカがミスを犯すようになり、大阪はボールに追いつく余裕ができてきてこのゲームをブレークすると流れは一気に大坂に。
2-3から4ゲーム連取で6-3で取ることができました。

第3セットは大坂が先にアザレンカのサービスゲームをブレークし、ブレークバックされますが、4-3から2ゲーム連取して6-3で優勝。

第1セット中盤では大坂選手がラケットをコートに投げるシーンなどもあり、第2セット初めまでの流れではそのまま負けてしましまうのではないかと思われましたが、良く挽回して勝利を勝ち取りました。

毎試合、黒人犠牲者の名前の入ったマスクをして入場してきた大坂選手の今回のマスクは「Tamir Rice」。
7枚のマスクを用意して決勝まで進むことを決意して挑んだ大会。
精神的に崩れることの多かった大坂選手の気力充実にもつながった面もあったのかもしれません。

全米オープンテニスのシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利し優勝

全米オープンテニスのシングルス決勝戦で大坂なおみがビクトリア・アザレンカに勝利し優勝


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ゴルフの女子のメジャー大会の全英女子オープンで昨年プロテストに合格したばかりの20歳の笑顔のシンデレラ渋野日向子選手が優勝しましたが、最後のウイニングパットを決めた時に同一組で回った、アシュリー・ブハイ選手が渋野選手と一緒に万歳している姿が特に印象的でした。
全英女子オープン優勝の渋野日向子選手


昨年、テニスの全米オープンで20歳の大坂なおみ選手が優勝したのと同様に、一気に頂点へ駆け上がりました。若くてプレッシャーがあまり無い状態で戦えたのが良かったのかもしれません。
日本のコースに似た林間コースと言うのも、初めての海外としてはラッキーでした。

LPGAのサイトに試合のダイジェストと試合後のインタビューの動画がアップされていますが、直ぐにLPGAのツアーに参加せずに、当面は国内の試合に出場するようですので、日本のファンにとっては嬉しいことです。
Sirak: A Fairytale Finish at the AIG Women's British Open for Smiling Cinderella | LPGA | Ladies Professional Golf Association

帰国早々の9日木曜日からは北海道 meiji カップへ、16日からはNEC軽井沢72ゴルフトーナメントへ出場予定のようです。
北海道 meiji カップ
【2019】NEC軽井沢72ゴルフトーナメント
出場選手情報を見ると渋野選手の名前が出ていました。
大勢のファンと報道陣が殺到するのではないでしょうか。

渋野選手のインスタグラム(pinacoooon)を見ると、
フォロワーが14万人を超えています。
RSK山陽放送所属で、ミック工業株式会社、株式会社キャンディル、PING、beamsgolf、タイトリスト、NIKEがスポンサーのようです。
今回の優勝で多額のボーナスが出たことでしょう。

ウエア契約を結んでいるBEAMSのサイトに今回の着用アイテムの紹介がありますが、売り切れのようです。
祝!渋野日向子プロ ...そして|安武 俊宏|BEAMS

クラブ契約を結んでいるPINGのオフィシャルサイトには渋野選手の使用クラブについて紹介されていますが、
渋野 日向子選手 優勝!│CLUB PING【PINGオフィシャルサイト】
渋野選手:「パターは、同じPING契約の鈴木愛選手や大出瑞月選手のパッティングを見て勉強し、練習を重ねました。私はやわらかい打感が好きなので、今年からSIGMA2 ANSERを使っています。徐々にフィーリングが合い、試合では自分の思ったところに打つことができ、スコアメイクできました」

渋野選手:「G410 PLUSドライバーのお気に入りポイントは、曲がり幅が少ないところです。また良く飛ぶんです!だからパー5でも2オンできました。私は大きいヘッドのドライバーが好きなので、安心して振り抜けます」

とあります。最終日12番ミドルホールでの2オンと最終ホールのバーディーパットが印象的でしたので、注文が殺到するのではないでしょうか。
SIGMA2 ANSER-楽天市場
G410 PLUS-楽天市場

ゴルフダイジェストのWebサイトに渋野日向子選手のコーチの青木翔プロの指導法についての記事が掲載されています。
一般ゴルファーにとっても参考となるレッスン内容です。
【注目女子プロ密着】渋野日向子のゴルフ 「頭を上げない」古典的練習法で飛距離と球筋が激変した!
【注目女子プロ密着】渋野日向子のゴルフ◆ぐにゃぐにゃシャフトで高弾道ショットが身についた

【注目女子プロ密着】渋野日向子のゴルフ。毎日欠かさない9ホールの模擬パット


青木 翔ゴルフアカデミーでは一般ゴルファーへのレッスンも行っているようです。
青木 翔ゴルフアカデミー
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの4大大会ウインブルドンのジュニア部門の男子シングルスで望月慎太郎が優勝しました。
Wimbledon - The Home of Tennis

珍しくWOWOWでジュニアの試合が放送されたので見ましたが、2歳年上の長身選手に対して、ネットプレーなども交えた攻撃的なテニスでストレートで勝ちました。
普段はプレーしたことのないと思われる芝のコートでも、素晴らしいフットワークでした。
これからの活躍が期待されます。

望月選手は錦織選手と同じ森田基金で米国のIMGアカデミーへ留学中です。
IMGアカデミーのWebサイトに掲載されているITFジュニアのランキングを見ると、IMGアカデミー所属選手がトップ10に4人も入っています。
このようなレベルの高い選手たちと普段から練習しているので、大舞台のウインブルドンでも物おじせずに戦い抜くことができたのでしょう。
ITF World Tennis Tour Junior Rankings | IMG Academy

松岡修造さんがオフィシャルサイトのコラムで、望月選手の今回の優勝について熱く語っていますが、1回戦でマッチポイントを奪われるところから、今回の快進撃が始まったようです。
望月慎太郎がテニスの聖地、ウインブルドンでチャンピオンに! | 松岡修造オフィシャルサイト

IMGアカデミーの先輩の錦織選手もTwitterに祝福の投稿をしています。
錦織圭公式Twitter

大阪で行われるスーパージュニアに出場するなら、是非生観戦に行きたいと思います。
ウインブルドンのジュニア部門の男子シングルスで望月慎太郎が優勝

ウインブルドンのジュニア部門の男子シングルスで望月慎太郎が優勝

ウインブルドンのジュニア部門の男子シングルスで望月慎太郎が優勝

ウインブルドンのジュニア部門の男子シングルスで望月慎太郎が優勝


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ