つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 全日本テニス選手権

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明コロシアムで行われていた、三菱 全日本テニス選手権の決勝戦で、綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝しました。

18歳の期待の新人が決勝へ進んだと言う事で、昨日は有明コロシアムへ観戦に出かけました。
この大会は国内の選手のトップを決める大会で、ATPポイントが稼げないので、ATPツアーレベルで活躍している選手はほとんど出場していませんが、それでも18歳での優勝は素晴らしいことです。

第14シードの綿貫陽介(Yosuke Watanuki) が第2シードの内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)に6-2, 6-4のストレートで勝利。
最後の最後に硬くなってミスショットが出ていましたが、終始、ストローク力に勝る綿貫選手が内山選手を圧倒した試合でした。

非常に動きが機敏で躍動感があり、深いショットとアングルショット、トップスピン系とフラット系のショットの切り替えが鋭く決まっていました。

ここ何年か錦織に続く選手として、色々な若手選手が注目されてきましたが、若い頃に国内でサービス力で勝ってきた選手は、海外のプロと対戦すると全く勝負にならないケースが見受けられました。
綿貫選手の錦織選手に似た機敏な動きには将来性を期待させてくれるものがあります。
現在のATPランキングは600位台ですが、今回の大会では174位の守屋と216位の内山にストレート勝っています。既にトップ100に近いレベルの実力があると思われ、来年は大きくランキングアップしてくることは間違いありません。
観客を魅了するテニスで、今後沢山のファンが出来る事でしょう。

「錦」と「綿」の字が似ているのも、覚えやすくて良いですね。
これから注目していきたいと思います。
全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝

全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝

全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝

全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝


綿貫陽介 公式サイト,ブログ
内山靖崇公式ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日は有明コロシアムで行われているニッケ全日本テニス選手権の観戦に行きました。

男子シングルス決勝戦では、第2シード でATPランキング121位の杉田祐一が第1シードで65位の伊藤竜馬に6-4、6-3で勝ちました。杉田は2010年以来2度目のタイトル獲得となりました。
流石にランキングの上位選手同士の戦いで迫力のあるストローク戦でした。このレベルの試合をチケット代が安い全日本で観戦できると言うのはかなりラッキーなことです。
お互いに互角の打ち合いでしたが、杉田のストロークが伊藤のバックハンド深く入ったのが有効に決まっていました。またファーストサーブも杉田の方が良く決まっていました。
伊藤選手は昨年のブラジル・サントスでのチャレンジャー大会でも杉田に敗れていますし、昨年のこの大会の決勝戦では守屋宏紀選手に敗退しています。精神的にどうも肝心なところで硬くなってしまう面があるように思います。

杉田選手はもう直ぐ100位以内のところに来ているので、2度優勝している全日本選手権はそろそろ卒業して、ATPポイントの稼げるツアーに専念した方が良いと思います。
ニッケ全日本テニス選手権の男子シングルス決勝戦 伊藤竜馬

ニッケ全日本テニス選手権の男子シングルス決勝戦 杉田祐一

ニッケ全日本テニス選手権の男子シングルス決勝戦で 杉田祐一が伊藤竜馬勝ち 優勝



第2試合は女子ダブルスの決勝戦が行われ、波形純理/ 青山修子 組が二宮真琴/ 澤柳璃子組に6-1, 7-6(3)で勝ちました。二宮/ 澤柳組は背の低い青山の頭の上を狙ったり、色々と仕掛けますが実力で勝る波形/青山組が最後までしっかりと試合を進めての勝利でした。18歳の二宮と澤柳の今後が楽しみです。
ニッケ全日本テニス選手権女子ダブルス決勝 波形純理/ 青山修子 組が二宮真琴/ 澤柳璃子組に勝利し優勝



男子ダブルスは途中までしか観戦できませんでしたが、内山靖崇/ 田川翔太組が伊藤竜馬/ 近藤大生組に7-6(3), 6-3のストレートで勝ちました。
昨年優勝の伊藤/ 近藤組が勝つだろうと思っていましたが、早稲田大学の田川の出来が素晴らしく、強烈なリターンやポーチがビシバシ決まっていました。21歳の田川と20歳の内山の若手二人の今後が楽しみです。
ニッケ全日本テニス選手権男子ダブルス決勝 内山靖崇/ 田川翔太組が伊藤竜馬/ 近藤大生組に勝利し優勝


ニッケ全日本テニス選手権87th公式サイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は有明コロシアムでニッケ全日本テニス選手権の女子シングルス決勝戦が行われ、第10シードの高雄恵利加第7シードの山外涼月に6-4, 3-6, 7-5のフルセットで勝ちました。
NHKで録画放送されたので見ましたが、山外が甘いアプローチショットでネットに出て行ってパッシングを決められてしまうプレーが目立ったのが気になりました。十分にストローク戦で押していたので、すごく惜しい敗戦に見えました。

大会公式サイトに詳しい説明がありますが、高雄は2006年に当時19歳で優勝していますが、2007年末に右肩を故障してから長い低迷を続けたようです。昨年の藤原里華の優勝が思い出されました。

初の決勝進出を果たした山外は、大会前に腹筋を痛め、出場さえ迷っていた状況だったようです。
そのせいか、ファーストサーブにスピードがありませんでした。そのような体調の中で準優勝できたことは立派な成績でしす。
ニッケ全日本テニス選手権87th公式サイト 高雄が勝負強さを発揮。タイトル初挑戦の山外を倒し、6年ぶりの優勝


山外出身の千葉県佐倉市の志津テニスクラブでは今大会中、ずいぶんと盛り上がっていたようです。優勝した高雄も志津テニスクラブに小6まで在籍していたようです。
志津テニスクラブ

国内で育成された選手にぜひ世界で活躍して欲しいと期待しています。

ニッケ全日本テニス選手権87th公式サイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は有明のコートへニッケ全日本テニス選手権の女子シングルスの決勝を観に。
コロシアムの一試合目は11時から クルム伊達公子 対 瀬間友里加戦。時間前につきましたが、コートサイド席はすでに売り切れなので、無料の2階席で観戦。
試合はあっという間に、伊達さんの勝利に。瀬間友里加さんのフォアハンドはドライブ系で、ずいぶんとスピンはかかっていますが、スピードがないので、上がりばなを強打されてエースを奪われていました。スピードをつけないと、来年も優勝は難しいのでは?
試合の後には表彰式が行われ、優勝スピーチもありました。
また、試合と試合の合間には、チアガールが出てきたりと、楽しませる工夫も色々とされていました。
2試合目はシングルス準決勝の添田豪 対 岩渕聡戦。さすがに、男子の試合はスピードがまったく違います。
ロビーには過去の優勝者の写真が展示されていて、16年前の伊達さんの写真や、深田祐介著『さらば麗しきウィンブルドン』に出てくる伝説のテニスプレーヤー佐藤次郎さんの写真もありました。

無料のチケットは公式サイトからダウンロードできます。
参考:ニッケ全日本テニス選手権公式サイト
クルム伊達公子 優勝表彰
クルム伊達公子 優勝
瀬間友里加 準優勝
チアガール
添田豪
岩渕聡
伊達の16年前の優勝
佐藤次郎
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ