つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 全豪オープン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)の女子シングルス4回戦で、大坂なおみが第1シードのシモナ・ハレプに敗退。
また、男子ダブルスでマクラクラン勉が準々決勝に勝利し、準決勝へ進みました。

WTAランキング72位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が1位で第1シードのシモナ・ハレプ(Simona Halep)に3-6、2-6のストレートで敗退。
大坂は何度もブレークチャンスがありましたが、流石にランキング1位のハレプはなかなか取らせてくれませんでした。緊張した場面でのショットの精度のほんの少しの違いが勝敗を分けました。
負けはしましたが、今までのようなベースラインでの打ち合いだけでなく、チャンスボールを前に出てスイングボレーで決めるなど、攻撃の幅が広がってきました。
今シーズンの活躍が期待されます。

マクラクラン勉(Ben Mclachlan)/ヤン・レナード・ストルフ(Jan-Lennard Struff)組が ルーカス・クボット(Lukasz Kubot)/マルセロ・メロ(Marcelo Melo)組に6-4、6-7、7-6で勝利。
ファイナルセットのタイブレークでのきわどい勝利でした。
昨年のデビスカップからダブルスメンバーとして召集されているマクラクランはダブルスメインでATPツアーに出場しています。昨年の楽天オープンでは内山選手と組んで優勝。この勝利が大きな自信となったと思われます。
ストルフはシングルスランキング55位で196cmの長身選手。全豪オープンではシングルスでも2回戦に進んでいます。

グランドスラム優勝の大きなチャンスとなっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最初のグランドスラム 全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)が先週から始まりましたが、錦織選手が出場していないので、応援にそれほど熱が入りませんでしたが、大坂なおみ(Naomi Osaka)選手が快進撃をしていて、今日の4回戦では第1シードのシモナ・ハレプと対戦します。
今日のマーガレットコート・アリーナの第4試合に行われる予定です。
大坂選手の現在のWTAランキングは72位ですが、勝てる可能性は十分にあります。
この試合は見逃せません。

また、注目はされていませんが、昨年のデビスカップからダブルスメンバーとして召集されている、マクラクラン勉(Ben Mclachlan)選手もダブルスで3回戦(ベスト16)に進んでいます。
この試合はハイセンス・アリーナの第3試合に行われる予定です。

大坂なおみは3回戦で、第18シードで地元オーストラリアのアシュレイ・バーティ(Ashleigh Barty)と対戦しましたが、
その試合後の勝利インタビューでの、地元の観客が皆、バーティの勝利を期待していたのに勝ってしまったことを謝罪する、ウイットに富んだ言葉が海外で話題になっているようです、

"I feel really happy, but also I'm kind of sorry because I know you guys really wanted her to win. .."

Naomi Osaka was humble after beating Australian player

また、YoutubeのAustralian Open TVチャンネルには3回戦のダイジェスト映像がアップされていました。

Ashleigh Barty v Naomi Osaka match highlights (3R) | Australian Open 2018







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭がフェデラーに敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が17位で第17シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)に7-6、4-6、1-6、6-4、3-6のフルセットで敗退。
 この試合、第1セットの戦い方が試合結果に大きく左右したと思われます。
 フェデラーのサービスゲームで始まった第1セット、出だしからストローク好調の錦織ペースでフェデラーのサービスゲームを2連続でブレークし4-0。
ここから、お互いにサービスゲームをキープして5-2。7ゲーム目ではフェデラーがラブゲームキープ。フェデラーの調子も徐々にアップしてきました。

 ここで、プレッシャーを感じたからなのか大きくリードしている安心感からなのか、次の錦織のサービングフォーザマッチのゲームで、15-0からのアドサイドでゆるいスライスサーブを打ってネットダッシュしてアウト、30-15でもサービスでネットダッシュして今度はネット。その後きわどい判定もあって、このゲームを落としてしまいました。
 フェデラーのバックサイドをトップスピンやスライスのバリエーション豊富なストロークで攻めて優勢に進めてきた錦織が、このサービスダッシュで自らリズムを崩してしまいました。このセットは結局はタイブレークで錦織が取りましたが、ここでの消耗が結局は試合後半の疲労につながったと思われます。

 5-2 15-0から強いサーブをワイドに打ってこのポイントを取りサービスゲームをキープして、6-2でこのセットを取っていたら、試合の流れは大きく錦織へ行っていたでしょう。

 結果論なので、あのサービスダッシュが決まっていたら、流石に錦織と言う事になってたでしょうが、一方的に優勢な試合展開での同様のシーンを何度も目にしているので、書かせていただきました。

 スコア的にはフルセットでしたが、勢い付いたフェデラーは観客の応援も後押しにし、その後は安定したサービスゲームのキープ、錦織はアドサイドでポイントをほとんど取れなくなってしまい、ほぼ一方的なゲーム展開となってしまいました。

これで対フェデラー4連敗となりました。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス3回戦で、錦織圭が勝利し、フェデラーとの4回戦へ進みました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が121位のルーカス・ラッコ(Lukas Lacko)に6-4、6-4、6-4のストレートで勝利。
流石にこのランキングレベルの選手に対しては安心して見ていられます。
ネットプレーやドロップショットなどのバラエティーに富んだショットも加え、動きも良くなってきました。

4回戦では、17位で第17シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝4敗で、直近3連敗中です。

フェデラー/ベルディヒ戦も見ましたが、フェデラーはかなりコンディションが良さそうです。
ファーストサーブを良いコースに入れて、サービスゲームをしっかりキープで出来ないと、一方的にやられてしまうと思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利し、今日の3回戦へ進みました。西岡良仁、大坂なおみは敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)に6-3、6-4、6-3のストレートで勝利。
一回戦とは違い、終始錦織ペースの試合展開で、安心して見ていられる試合内容でした。
ただ、少し集中が切れてしまうためなのか、サービスゲームを3度ブレークされてしまいました。
このクラスの選手相手なのでブレークバックして勝つことは出来ますが、上位選手相手には許されません。
集中力を高めてスッキリと勝って欲しいところです。
3回戦では、121位のルーカス・ラッコ(Lukas Lacko)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝0敗です。4回戦以降の厳しい戦いのためにも、3ー0ストレートで勝って欲しい試合です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)に2-6、3-6、3-6のストレートで敗退。
スコア的には0-3となってしまいましたが、バウティスタのサービスゲームをブレークし、十分に勝てるチャンスがあると思いました。 
ただ、西岡がミスをした際に頭を下げて落胆してしまう態度が気になりました。このような態度は対戦相手を勢い付けさせてしまい、一気に押されてしまいます。メンタル面での向上が必要と思われます。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)に4-6、2-6のストレートで敗退。
大坂が先にコンタのサービスゲームをブレークするチャンスがありましたが、流石にトップ10の選手は、集中力が違います。ここを、切り抜けられると後はコンタの一方的な試合展開となってしまいました。
また、大坂の動きに鈍さが感じられたのが少し心配です。オフシーズンに焼肉を食べ過ぎて、太ってしまったとか言う事が無いと良いのですが。
体が絞れて、動きが良くなってくれば、十分にトップ10選手に勝てる可能性はあると思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス1回戦で、錦織圭、西岡良仁、大坂なおみが勝利し、今日からの2回戦へ進みました。
全豪オープンテニス 公式サイト

男子は錦織圭、西岡良仁、添田豪、女子は土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみ、日比野菜緒、尾崎里紗、穂積絵莉の9名が本戦出場。
今回は非常にオーダーに恵まれていたのでもう少し多くの選手が勝ち上がれると思っていましたが、6名が初戦敗退となってしまいました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 45位のアンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)に5-7、6-1、6-4、6-7、6-2のフルセットで勝利。
第1セットを落とした後、第2セットからサービスリターンの位置を下げ、しっかりリターンが返せるようになると錦織の優勢に。このまま3セット連取できる展開でしたが、第4セットはタイブレークで落としてしまいました。
最終セットは連戦の疲れで動きが落ちてきたクズネツォフに助けられました。
錦織はブリスベン国際でも今ひとつ動きに機敏さがかけていましたが、まだまだ本調子ではないようです。
2回戦では、72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4勝2敗です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 511位のアレックス・ボルト(Alex Bolt)に
6-4、1-6、6-2、6-4で勝利。
地元オーストラリアの格下選手で、終始ストローク力の勝る西岡ペースの試合でした。
2回戦では、14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)と対戦します。
過去の対戦はありません。

139位の添田豪(Go Soeda)が 56位のマレク・ジャジリ(Malek Jaziri) に3-6、4-6,、3-6のストレートで敗退。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 180位 ラクシカ・クムクム(Luksika Kumkhum)に6-7、6-4、7-5の逆転で勝利。
左右両手打ちのクムクムの浅い位置からのハードヒットに苦しめられましたが、最後は自力に勝る大坂が勝ちきりました。
2回戦では9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の0勝1敗。

42位の土居美咲(Misaki Doi) が 66位のポーリーン・パルメンティエ(Pauline Parmentier)に 5-7、5-7のストレートで敗退。
スコアはストレートでの敗退でしたが、惜しい試合でした。勝てるチャンスは十分にありましたが、ストロークの精度がほんの少し足りませんでした。

76位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が 111位 ステファニー・ボーゲル(Stefanie Voegele)に6-2、2-6、3-6の逆転で敗退。
好調なスタートでしたが、残念ながら逆転負けを喫してしまいました。

99位の日比野菜緒(Nao Hibino)が 35位 で第32シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)に4-6途中棄権で敗退。

100位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が 50位のサラ・エラーニ(Sara Errani)に5-7、1-6で敗退。
スコア的には一方的でしたが、十分に勝てるチャンスのある試合でした。
第1セット体調が悪くメディカルタイムアウトを取ったエラーニを、もう少し前後左右に振り回すことができれば、一気に勝てたかもしれません。このレベルの選手相手の経験を積んで行けば、まだまだランクアップしていけると期待できます。

217位の穂積絵莉( Eri Hozumi)が 87位 カリナ・ビットヘフト(Carina Witthoeft)に5-7、6-7で敗退。
スコアはストレートでの敗退でしたが惜しい試合でした。勝てるチャンスは十分にありました。
これから、このレベルの選手と戦って行けば、勝ちかたが見えて来ると思われます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ