つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 全豪オープン

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンのシングルスで大坂なおみが優勝し、ランキング1位となりました。
Australian Open Tennis Championships
全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝


WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が6位で第8シードのペトラ・クビトバ(Petra Kvitova)7-6、5-7、6-4のフルセットで勝利。
第1セット、序盤は182cmでサウスポーのクビトバのアドバンテージサイドのサイドラインぎりぎりに入り、ワイドに切れていくファーストサーブに大きくコート外へ追い出され、弱い返球を3球目で逆サイドに決められるパターンで苦しみました。守備備範囲が狭くなる両手バックで腕をめいっぱいに伸ばしてのショットでは威力のある返球はできません。
全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

しかし、タイブレーク2ポイント目のクビトバのアドバンテージサイドからのファーストサーブがわずかに内側に甘く入りました。これを大坂がダウンザラインに返してウイナーを決めると、ここから一気に大坂ペースとなり、逆に大坂は強烈なファーストサーブをビシバシ決めて、7-2でタイブレークを取りました。
全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝


第2セットはアップダウンの激しい展開となりました。
2ゲーム目にブレークされて、0-2。
そこから4ゲーム連取して4-2。
お互いにキープでの5-3からのクビトバのサービスゲームで0-40の3度のマッチポイントチャンスに、開き直ったクビトバのハードヒットが決まり、キープすると一気に流れはクビトバに。ここから4ゲーム連取されて5-7で落としました。
セットを取った後にクビトバが大きく吠える、大坂は涙をにじませながらトイレットブレークへ。二人の表情が対照的でした。
全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

全豪オープンテニスのシングルス決勝で大坂なおみが優勝

第3セット、トイレットブレークで少し落ち着いた表情になって戻ってきた大坂。
1-1からのクビトバのサービスゲーム。クビトバの40-30のゲームポイントでサーブが甘く入り、大坂がライジングでセンターへ返すとクビトバがミス。次のポイントはダブルフォルト、最後のポイントはファーストサーブが入らずにセカンドサーブ。これを取っての3連続ポイントでこのゲームを取ると流れは一気に大坂ペースとなりました。
大坂は終盤になるほどにファーストサーブの威力が増していったように感じられました。
以前のような200kmを超えるスピードはありませんが、コースの精度が格段に良くなっています。

第1セットのタイブレークの2ポイント目と第3セット3ゲーム目のクビトバの40-30のゲームポイントでのサーブがワイドに厳しく決まっていたら結果は逆になっていたかもしれません。決定的な場面での一つのプレーが勝敗を左右するテニスのゲームの厳しさを感じさせられた試合でした。

大坂はこの勝利でランキング1位となりましたが、ドロップショットやネットプレーなどまだまだ伸びしろのあるショットが多いので、これから更にスキルアップしてセリーナに代わる絶対王者となる日は近いでしょう。

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝ち上がりました。錦織圭は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、1-4 途中リタイアで敗退。
1日練習を休んで体力の回復を行った錦織ですが、4回戦までの厳しい試合での体力消耗が大きかったようです。最初から本来の動きが出来ませんでした。
錦織の場合には、ストロークでポイントを取って行くれに巣スタイルなので、格下の選手相手にも体力消耗が大きくなります。7連戦を勝ち抜くグランドスラムでは、ドローに相当に恵まれないと優勝は難しいと思われます。
負けはしましたがベスト8に勝ち上がったことにより、来週のランキングでは7位にアップします。今シーズン、これからの活躍が期待されます。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が7位で第6シードのエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)に6-4、6-1のストレートで勝利。
第1セットは大坂が3-2からスイトリナのサービスゲームをブレークしてからすべてブレーク合戦で6-4で取りました。大坂はウイナーも多いがミスショットも多くサービスゲームの安定度に欠けました。

第2セットに入るとスイトリナが肩を痛めたようでメディカルタイムアウトを取るなどで、一方的な展開となり6-1で勝ちました。

準決勝では、8位で第7シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova)と対戦します。
昨年の東レPPOの決勝でストレートで負けています。
厳しい戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの4回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 23位で第23シードののパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6のフルセットで勝利。
ストロークプレーヤーでレシーブ力のある選手同士なので、相手のサーブをブレークできるがブレークバックもされる展開となりました。
第1セットはお互いに2ゲームをブレークする展開でタイブレークへ。タイブレークは8-10で落としました。
第2セットは錦織はカレノ ブスタにサービスゲームを1ゲームブレークされ、ブレークバックできずに4-6で落とし、後がない状況に。

第3セットはお互いに1ゲームをブレークする展開でタイブレークへ。今度はタイブレークを錦織が7-4で取りました。

第4セットは錦織がカレノ ブスタのサービスゲームを2ゲームブレークして、1ゲームブレークバックされ6-4で取り、いよいよ最終セットへ。

第5セットは錦織が先にカレノ ブスタのサービスゲームをブレークして5-4でサービングフォーザマッチを迎えましたが、このゲームをキープできずに10ポイント選手のタイブレークへ。
タイブレークでは5-8とリードされ絶体絶命のピンチを迎えます。
この場面でラインズマンがカレノ ブスタのライン際のショットをアウトとコール、それを錦織がストレートに厳しいショットで決めます。
カレノ ブスタがチャレンジしたところ、カレノ ブスタのボールはインしていましたが、主審がアウトのコールがなくても錦織のショットが決まっていたと判断し、ポイントのやり直しとはなりませんでした。このジャッジに冷静さを失ったカレノ ブスタのショットが乱れミスショットを連発、最後はワイドへのサービスエースで連続5ポイント連取して10-8。
すこしばかり後味の悪い終わり方でした。

準々決勝では 1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
2014年の全米オープンで勝っていますが、それ以降14連敗中です。
厳しい戦いになると思われます。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が12位で13シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)に4-6、6-3、6-4の逆転で勝利。
3回戦同様に悪い出だしとなりました。
第1セットはセバストバにサービスゲームを1ゲームブレークされ、ブレークバックできずに4-6で落としました。
第2セットは逆に大坂がセバストバのサービスゲームを1ゲームブレークして6-3。
第3セットは大坂がセバストバのサービスゲームを2ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて6-4で取りました。
セバストバには前回も逆転で勝っていますし、3回戦も逆転で勝ち上がってきたので、1セット取られても多分逆転してくれるだろうとの安心感がありました。

準々決勝では、7位で第6シードのエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)と対戦します。
昨年2度戦って2度とも負けています。
厳しい戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの3回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 44位のジョアン・ソウサ(Joao Sousa)に7-6、6-1、6-2のストレートで勝利。
第1セットは第1ゲームのソウサのサービスゲームをいきなりブレークする好スタートでしたがブレークバックされてタイブレークへ。タイブレークを8-6で取ると、第2セット以降は錦織ペースの一方的な試合展開となりました。
3セット目に入る前にはソウサがメディカルタイムアウトを取るなど、ダブルスにも出場しているためか疲れが目立ちました。
ストロークプレーヤー同士の打ち合いの試合でしたので、2回戦の1ー2ポイントで決まってしまう試合と違い、錦織にとってはリズムの取りやすい試合だったお思われます。

4回戦では 23位で第23シードののパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)と対戦します。
過去の対戦はありません。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が27位のシェ・シュウェイ(Su-Wei Hsieh)に5-7、6-4、6-1の逆転で勝利。
序盤はシュウェイの左右ダブルハンドの切れの良いショットに翻弄され、左右に振られてミスショットを繰り返すシーンが多く、第1セットを5-7で落とし、第2セットも先にブレークされて1-4まで追い込まれました。
次の大坂のサービスゲームをキープしての2-4からのシュウェイのサービスゲーム。
大坂がムーンボールなどのトライをしてリズムを変えようと試みますが、逆に厳しく返球されるなどで3ポイント連取されシュウェイの40-0。このままシュウェイにこのゲームをキープされると2-5となり、ひっくり返すのがかなり難しくなる局面でしたが、ここでシュウェイに油断が出たのか少し甘くなったショットに対して、大坂が居直って厳しいコースへのハードヒットを繰り出すと面白いように決まりだしました。このゲームが大きな潮目となり、以降は大阪の一方的な試合となりました。
以前の大坂選手でしたら、ひっくり返すことは出来なかったと思います。試合中の修正力がアップしてきました。

4回戦では、12位で13シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)と対戦します。
過去の対戦成績は2勝2敗です。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの2回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。ダニエル太郎、西岡良仁は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 73位のイボ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)に6-3、7-6、5-7、5-7、7-6のフルセットで勝利。
第1セットでは210kmを超えるカルロビッチのサーブを何とか返球しラリーに持ち込むと錦織がポイントを取る流れで、カルロビッチのサービスゲームを1ゲームブレークして6-3。
第2セットはお互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへ。タイブレークでは6-6から2ポイント連取して8-6でとりました。
このまますんなり行くのかと思いましたが、3、4セットはどちらも5-5からの錦織のサービスゲームをブレークされて5-7で落としてしまい、2セットオールに。
第5セットでは4-4で迎えた錦織のサービスゲームで0-40に。このゲームをブレークされると、ほとんど敗退との絶体絶命の場面でしたが、ポイント連取で何とかキープして10ポイントのタイブレークへ。タイブレークでは6-7から4ポイント連取して10-7で取りました。
39歳のカルロビッチにフルセットでこれほど苦戦するとは驚きました。
3回戦では44位のジョアン・ソウサ(Joao Sousa)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗です。

82位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 27位で第25シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)に3-6、6-7、3-6のストレートで敗退。
ブレークチャンスはあるが取らせてもらえない、重要なポイントでの集中力の差が結果に出てしまいました。負けはしましたが、サービス力やストローク戦での攻撃力などで確実に実力アップしているダニエル。今後の活躍が期待されます。

69位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 11位で第10シードのカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)に3-6、3-6、3-6のストレートで敗退。
レシーブ力のある西岡が第2、3セットでカチャノフのサービスゲームを1ゲームブレークすることはできましたが、このレベルの選手相手に、西岡のサービス力ではサービスゲームのキープが難しく、一方的な敗退となってしまいました。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が78位のタマラ・ジダンセク(Tamara Zidansek)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットではジダンセクに先にサービスゲームをブレークされましたが、試合全般を通して危なげのない戦い方でした。ドロップショットを試してみたり、プレースタイルの進化を模索しているようです。
3回戦では、27位のシェ・シュウェイ(Su-Wei Hsieh)と対戦します。
過去の対戦は2015年に一度対戦し大坂が勝っています。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されている今年最初のテニスのグランドスラム大会 全豪オープンの1回戦で錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、大坂なおみが勝ち上がりました。伊藤竜馬と土居美咲は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 176位のカミル・マイクシャク(Kamil Majchrzak)に3-6、6-7、6-6、6-2、3-0 途中棄権で勝利。
第1セットのブレークのチャンスで取れなかったことでマイクシャクに勢いを与え、試合展開が厳しいものとなってしまいました。
錦織はバックサイドの打ち合いに持ち込んでいたようですが、マイクシャクのバックハンドはフラット系のダブルハンドとスライス系のシングルハンドが良いコースに決まり、先に錦織がミスをする流れとなってしまいました。第2セットをタイブレークで取られて後がない状況でしたが、予選から勝ち上がってきたマイクシャクに疲れが出てきたのか、第3セットになると足に痙攣を起こしてほとんど動けなくなってしまいました。マッサージなどで回復を試みていましたが、そのまま第5セット途中でリタイアとなりました。本当に危ない試合でした。
2回戦では73位のイボ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)と対戦します。
211cmの長身のカルロビッチのサービスゲームのブレークには苦労すると思いますが、39歳で最近は錦織の3連勝中のですので、問題なく勝ち上がれることと思います。

82位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 144位のタナシ・コキナキス(Thanasi Kokkinakis)に5-7、4-2途中棄権で勝利。
予選から勝ち上がってきたコキナキスは肩を痛めており、ファーストサーブでも150km台で、普通の男子選手のセカンドよりも遅いくらいのスピード。本来ならファーストサーブからガンガン攻めて行けば、ダニエルの一方的な試合になったと思いましたが、うまく攻めることができず第1セットを落としてしまいました。しかし、第2セット途中でコキナキスがリタイアとなり勝ちました。
何故もう少しアグレッシブに攻めれなかったのかと、疑問の残る試合でした。
2回戦では、27位で第25シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)と対戦します。
過去の対戦はありません。

69位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 41位の テニーズ・サンドグレン(Tennys Sandgren)に6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。
どちらに転んでもおかしくない互角の相手に対して、西岡がきっちり勝ち切った試合でした。
2回戦では、11位で第10シードのカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)と対戦します。
過去の対戦はありません。

150位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が 189位の ダニエル・エバンス(Daniel Evans)に5-7、1-6、6-7のストレートで敗退。
時々は伊藤の良いショットが決まっていましたが、ミスが多く一方的な試合となってしまいました。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 80位のマグダ・リネッテ(Magda Linette) 6-4、6-2のストレートで勝利。
第1セットではリネッテに一度サービスゲームをブレークされましたが、試合全般を通して危なげのない戦い方でした。初戦がセンターコートのナイトセッションと言うことに、大坂の注目度の高さがうかがえます。
2回戦では、78位のタマラ・ジダンセク(Tamara Zidansek)と対戦します。
過去の対戦はありません。

103位の土居美咲(Misaki Doi)が88位のマディソン・ブレングル(Madison Brengle)に4-6、0-6のストレートで敗退。
第1セットでは土居にも良いプレーがありましたが、第1セットを落とすと第2セットは一方的な試合となってしまいました。
それでも予選を勝ち抜いて本戦に出場できたことで、今シーズンこれからの活躍に期待が持てます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

土居美咲公式ブログtwitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ