つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 全豪オープンテニス

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス3回戦、錦織圭は勝ち上がり、ベスト16の戦いは今日行われます。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が38位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)を 6-7、6-1、6-2、6-3の逆転で下し、4回戦へ進出しました。

2回戦と同様に立ち上がりからパワー全開で向かってきたジョンソンに対して、第一セットはタイブレークに持ち込まれ、ダブルフォルトのミスなどもあり奪われてしまいました。
しかし、第2セットの入りが素晴らしく、ここからペースアップした錦織が自分のペースに持っていきます。
第4セットの後半には全く寄せ付けない一方的な試合展開となっていました。
ジョコビッチやナダルの試合を見ているようで、助走から追いつき一気に抜き去るトッププレーヤーの戦いでした。
途中、ラケットのガットを張り替えていました(57、55と聞こえました)。
前半、ベースラインをオーバーするストロークが目立ちましたが、今のラケットはサーブが早くなりましたが、ストロークでは伸びすぎる傾向があるのかもしれません。

今日はダビッド・フェレールとの4回戦が行われます。
ここで勝てばベスト8。昨年がベスト16なので、ここからはATPポイントが加算されていきます。現在ランキング4位のワウリンカは昨年優勝。今年も優勝しないとポイントは維持できません。
錦織のトップ4入りをかけた戦いがこれから始まります。見逃すことはできません。

ATPランキング10位のダビッド・フェレール(David Ferrer)
過去の対戦成績は錦織の6勝3敗ですが、毎回長い苦しい試合となっています。ベスト8以降のことを考えると3セットストレートで勝ちあがりたいところです。
お互いがどのような作戦で挑んでくるのか、楽しみです。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs David Ferrer


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス1回戦、錦織圭と添田豪が勝ち上がり、伊藤竜馬、守屋宏紀、奈良くるみ、クルム伊達公子は敗退しました。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 69位のニコラス・アルマグロ(Nicolas Almagro)に6-4、7-6、6-2のストレートで勝ちました。
アルバグロはさすがはキャリアハイ9位の実力者。簡単には勝たせてくれませんでしたが、錦織は慎重に負けないテニスで勝利しました。このレベルの選手に対して、ファーストの終盤、第2セットのタイブレークと要所要所でギアアップして確実に物にして行き、2セットダウンで気落ちしたアルマグロに対して第3セットは一方的な試合展開に持ち込みました。トップ5の選手にふさわしい戦い方でした。
また、ファーストサーブが軽く打っている感じなのに、190km台のスピードが出ていましたし、サービスエースも多くなりました。新しいラケットの効果なのかフォーム改善の効果か、今年は更に飛躍が期待できそうです。

2回戦の対戦相手はATPランキング86位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)。
過去の対戦成績は錦織の3勝1敗。今の調子なら問題なく勝てると思われます。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Ivan Dodig
このままシード通り順調に勝ち上がると準々決勝でワウリンカと対戦します。それまで体力を温存するためにも、準々決勝までは、ストレートで楽に勝ちあがりたいところです。

ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) が 212位のエリアス・イメル(Elias Ymer) に1-6、6-4、4-6、6-3、6-3のフルセットで勝ちました。
ランキング的には200位代の選手ですが、予選を勝ち抜いてきた18際の伸び盛り、やはり侮れませんでした。
予選を勝ち上がってきたイメルに後半、連戦の疲れが見えてきて助かった面がありました。

2回戦の対戦相手はATPランキング33位で31シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)。
過去の対戦成績は添田の0勝1敗。
1回戦の調子では勝つのは難しいと思われますが、格上に対して気楽になり、良いプレーが出来ることを期待したいと思います。
ATP Head-To-Head:Go Soeda vs Fernando Verdasco


ATPランキング89位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が 34位で第32シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)に6-7、2-6、4-6のストレートで敗れました。
第1セットは互角の展開でしたが、タイブレークで落とすと伊藤が気落ちし、一気にやられてしまいました。
第2セットスタートでの気力ダウンが、画面から伝わってくるくらいですから、当然相手選手にも伝わってしまっていたでしょう。伊藤選手はストローク力には素晴らしいものがあるのに、いつもこのような展開が多く残念です。


ATPランキング146位の守屋宏紀(Hiroki Moriya) が 44位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)に6-7、6-2、3-6、5-7で敗退しました。
スコアから見ると、203cmで91kgの長身選手相手にサービスエースを26と量産されましたが、接戦に持ち込んだのは立派です。今後が期待できます。


WTAランキング43位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 6位で第6シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska)3-6、0-6のストレートで敗退。
奈良は身長が低くサービスの威力が無いので、どうしてもトップ10レベルの選手との対戦となるとサーブを叩かれてしまい、サービスキープが難しくなります。トップ10の壁を打ち破るのはかなり難しいと思われます。


WTAランキング101位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) が 140位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)5-7、4-6のストレートで敗退。
やはり、体調が完璧で無い状況では勝つことは出来ませんでした。
年齢的なこともあり、そろそろダブルスに専念した方が良いと思います。

これでシングルスは1回戦が終わり2回戦となりますが、錦織も添田も今日は試合がありません。
今日は、奈良、伊達、青山のダブルス1回戦が行われる予定です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今日から全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)が始まります。

初日の今日は伊藤の試合が行われます。

男子は予選3回戦で敗退した守屋宏紀がデル=ポトロ欠場によるラッキールーザーとしての本戦出場が決まり、トータル4名の本戦出場となりました。ドローを見るといきなりトップ10の選手との対戦と言った厳しいものは無く、錦織以外の選手にも十分に1回戦を勝ち上がる可能性があります。

ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 69位のニコラス・アルマグロ(Nicolas Almagro)
過去の対戦成績は錦織の1勝1敗。2013年の楽天オープンで敗れています。今の錦織の実力なら勝てると思われますが、一回戦にしてはかなり厳しい組み合わせとなりました。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Nicolas Almagro


ATPランキング89位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)対 34位で第32シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)
過去の対戦はありません。190cmの長身のサウスポー。戦いにくいと思いますが、何とか勝機を見つけて期待します。

ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) 対 212位のエリアス・イメル(Elias Ymer)
過去の対戦成績はありません。ランキング的には200位代の低い選手ですが、予選を勝ち抜いてきた18際の伸び盛り。

ATPランキング146位の守屋宏紀(Hiroki Moriya) 対 44位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)
過去の対戦成績はありません。203cmで91kgの長身からのサーブを返球できるかが鍵となると思われます。


女子は予選からの勝ち上がり出場は無く、奈良と伊達の2名の本戦出場となりました。奈良は初戦でいきなり第6シードとの対戦となってしまいました。
WTAランキング43位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 6位で第6シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska)
過去の対戦成績は奈良の0勝1敗。初戦から厳しい対戦相手ですが、クレバーな奈良ですから、周到な作戦で勝機をつかむことに期待したいと思います。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Agnieszka Radwanska

WTAランキング101位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 140位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)
WTA Head to Head:Kimiko Date-Krumm vs Anna Tatishvili
過去の対戦成績は伊達の2勝1敗。昨年はマイアミでフルセットで勝っていますが、伊達さんのブログを見ると体調が完璧で無いようなので、苦戦が予想されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は全豪オープンテニスAustralian Open Tennis Championships)のシングルス4回戦が行われましたが、残念ながら錦織圭がフェレールに敗退し、準々決勝への進出は出来ませんでした。

ATPランキング18位で第16シードの錦織圭がATPランキング5位で第4シードのダビッド・フェレール(David Ferrer)に2-6, 1-6, 4-6のストレートで敗退。
対フェレールの対戦成績(ATP Head to HEad: Kei Nishikori vs David Ferrer)は2勝一敗で、昨年のロンドンオリンピックでは錦織が勝っていたので、今の調子なら勝てるのではないかと思っていましたが、世界第5位の実力者は甘くありませんでした。
3回戦までなら決まっていたと思われるウイニングショットをことごとくフェレールが返球してきます。フェレールの逆をつくショットを打ってもバランスを崩すことなく返して来るので、更に厳しいところを狙ったショットが僅かにアウトすると言う流れになってしまいました。ストロークの打ち合いの厳しい試合展開で膝の調子も悪くなってしまい、動きも悪くなってしまってストレートで敗退してしまいました。
錦織は肘に始まって、腹筋や膝、足首などの怪我に常に悩まされていますが、トップ10の選手と戦って勝つには、体調が万全で無いと勝負にならないと思います。

これからの長いシーズンが始まったばかりですから、先ずは万全な体調を作ることが最優先かと思われます。

今日はクルム伊達公子がダブルスの3回戦に出場しています。
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスがいよいよ月曜日から開幕ですが、予選3回戦に進んでいた、杉田祐一と奈良くるみが残念ながら敗退してしまいました。予選からは一人も本選へ出場できませんでした。

これで、シングルスの本選への出場選手は男子が錦織圭と伊藤竜馬、女子が森田あゆみとクルム伊達公子の4名となりました。

既にドローが発表されていて対戦相手が決まっています。
幸いにも初戦からトップ10の選手と対戦するような厳しい組み合わせはありませんでした。
錦織圭 対 ATPランキング 107位 ステファン・ロバート(Stephane Robert)
伊藤竜馬 対 ATPランキング 56位 ポティト・スタラーチェ(Potito Starace)

森田あゆみ 対 WTAランキング 33位 ペトラ・ツェトコフサ(Petra Cetkovska)
クルム伊達公子 対 WTAランキング 88位 エレーニ・ダニリドー(Eleni Daniilidou)


全豪オープンテニス公式サイト
Australian Open Tennis Championships
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年最初のテニスの4大大会の全豪オープンの本戦シングルスドローが発表になりました。
本戦出場が決まっている日本人4選手の現在の(ATP,WTA)ランキングと対戦相手のランキングを調べてみたところ、下記のようになります。

初出場の波形純理と錦織圭が対戦相手に恵まれました。伊達さんは初戦からランキング14位相手で、かなり厳しそうです。

錦織圭 83位 x
 57位 ファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)

クルム伊達公子 52位x
 14位 アグニエシュカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska)

森田あゆみ 74位 x
 30位 アレクサンドラ・ドゥルゲル(Alexandra Dulgheru)

波形純理 112位 x
 106位 レベッカ・マリノ(Rebecca Marino)

全豪オープン公式サイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ