つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 内山靖崇

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ月曜日からテニスの聖地ウインブルドンでの本戦が始まります。
今回のシングルス本戦には男子選手は錦織圭、西岡良仁、内山靖崇、杉田祐一、
女子選手は大坂なおみの5名が出場します。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 115位のティアゴ・モンテイロ(Thiago Monteiro)
初対戦の相手ですが、錦織選手の体調に問題がなければそれほど苦戦はしないと思われます。
順調に勝ち進むと4回戦で208cmの長身選手のジョン・イズナーとの対戦となります。

67位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 286位のヤンコ・ティプサレビッチ(Janko Tipsarevic)
ティプサレビッチは現在はランキングを落としていますが、自己ベスト8位の強敵です。

182位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama) 対 92位の テニズ・サングレン(Tennys Sandgren)
内山選手に十分に勝つチャンスがある相手です。予選3回戦を勝ち上がってきた勢いでのウインブルドン初勝利に期待が持てます。

258位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 2位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)
厳しいドローとなってしまいました。
ここのところランキングを落としている杉田ですが、予選3回戦を勝ち上がってきた勢いで、良い試合を見せてくれると期待します。


WTAランキング2位で第2シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 39位のユリア・プティンセバ(Yulia Putintseva)
2連敗中の対戦相手。先日のバーミンガムの芝のコートでストレートで敗退しています。
このところの安定しない精神状態も気になるところでの苦手な相手との対戦。のかなり厳しい試合となることが予想されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

杉田祐一公式ブログ,Twitter

内山靖崇公式ブログTwitter

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明コロシアムで行われていた、三菱 全日本テニス選手権の決勝戦で、綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝しました。

18歳の期待の新人が決勝へ進んだと言う事で、昨日は有明コロシアムへ観戦に出かけました。
この大会は国内の選手のトップを決める大会で、ATPポイントが稼げないので、ATPツアーレベルで活躍している選手はほとんど出場していませんが、それでも18歳での優勝は素晴らしいことです。

第14シードの綿貫陽介(Yosuke Watanuki) が第2シードの内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)に6-2, 6-4のストレートで勝利。
最後の最後に硬くなってミスショットが出ていましたが、終始、ストローク力に勝る綿貫選手が内山選手を圧倒した試合でした。

非常に動きが機敏で躍動感があり、深いショットとアングルショット、トップスピン系とフラット系のショットの切り替えが鋭く決まっていました。

ここ何年か錦織に続く選手として、色々な若手選手が注目されてきましたが、若い頃に国内でサービス力で勝ってきた選手は、海外のプロと対戦すると全く勝負にならないケースが見受けられました。
綿貫選手の錦織選手に似た機敏な動きには将来性を期待させてくれるものがあります。
現在のATPランキングは600位台ですが、今回の大会では174位の守屋と216位の内山にストレート勝っています。既にトップ100に近いレベルの実力があると思われ、来年は大きくランキングアップしてくることは間違いありません。
観客を魅了するテニスで、今後沢山のファンが出来る事でしょう。

「錦」と「綿」の字が似ているのも、覚えやすくて良いですね。
これから注目していきたいと思います。
全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝

全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝

全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝

全日本テニス選手権 決勝 綿貫陽介が内山靖崇に勝ち優勝


綿貫陽介 公式サイト,ブログ
内山靖崇公式ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップのワールドグループのプレーオフ(World Group Play-offs )コロンビア戦が、今日から南米コロンビアのペレイラ(Pereira)で開催されます。

日本チームは
錦織圭 (Kei Nishikori)(シングルス6位、ダブルス416位)
ダニエル太郎(Taro Daniel)(シングルス124位、ダブルス1129位)
西岡良仁(Yoshihito Nishioka)(シングルス145位、ダブルス920位)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)(シングルス222位、ダブルス217位)



コロンビアチームは
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(シングルス59位、ダブルス97位)
アレハンドロ・ファジャ(Alejandro Falla)(シングルス123位、ダブルス581位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス27位)
ロベルト・ファラ(Robert Farah)(ダブルス29位)


のメンバー構成です。

ワールドランキングでは日本チームが14位で、コロンビアチームが24位。実力通りなら日本が勝てそうですが、今回はアウェーでクレーコートでの対戦ですし、ダブルスペアが強敵ですので苦戦が予想されます。

シングルスNO1出場が予想される錦織とヒラルドの対戦成績は錦織の6勝1敗、ファジャに対しては4勝0敗。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Santiago Giraldo
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Alejandro Falla

NO2のダニエルとヒラルド、ファジャの対戦はありませんがランキングでは少しダニエルの方がNO2のファジャより下です。

従って、ランキング通りの結果ですとシングルスで錦織が2勝、ダニエル2敗。
ダブルスではコロンビアチームはダブルス専門のランキングが高いキャバルとファラが組んでくる予定ですので、西岡と内山のペアではかなわない気がします。
従って、初日に1勝1敗となった場合には、錦織と内山のペアで2日目のダブルスを戦う可能性があります。錦織を酷使することが懸念されます。
その意味でも、スペインで練習していてクレーコートを得意としているダニエル太郎にコロンビアNO1のヒラルドを敗る金星を期待したいところです。

今回は添田と伊藤が外れ、錦織が最年長のメンバーに若返りましたが、デビスカップでは今回予想されるようにシングルスで2勝2敗で、ダブルスが勝敗を分ける場合が多いので、勝つためにはダブルスの強化が重要となります。
松岡修造さんは内山に期待していますが、今まで何度か試合を見ましたが、過度な期待に思えてなりません。
シングルスでも実力ある添田選手あたりがダブルスに転向してくれたら、もう少し結果が期待できるのですが。

アウェーでコロンビアまで応援に行けないので、WOWOWを観戦しながら応援したいと思います。

テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

内山靖崇公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスの本戦は来週の月曜日からですが、今日から予選が始まります。
予選トップシードのATPランキング117位のジェームス・ワード(James Ward)他のランキング150位以内の選手が参加しているので、予選と言っても、レベルの高い試合が楽しめます。

沢山の日本人選手が予選に参加していますが、注目選手は17歳の中川直樹(Naoki Nakagawa)です。錦織と同じ盛田ファンドでIMGアカデミーに留学、めきめきと実力をつけてきています。初戦の対戦相手は、同じIMGアカデミー留学経験のある内山靖崇。内山にも先輩としての意地もあるでしょう。好ゲームが期待されます。

本戦へは錦織圭、添田豪、伊藤竜馬、ダニエル太郎の4選手の出場が決まっています。
明日のATP SUNDAYではコロシアムで本戦出場選手の公開練習が行われます。
楽天・ジャパン・オープン・テニス
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

明日から楽天ジャパンオープン テニスが開幕。

予選に出場した守屋宏紀 (Hiroki Moriya)、内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)、関口周一(Shuichi Sekiguchi)は全員が敗退してしまいましたので、錦織圭、添田豪、杉田祐一、伊藤竜馬の4名の出場になりました。

明日のオーダーが既に発表されましたが、錦織圭と内山靖崇がダブルスで登場するだけで、日本選手のシングルスは、火曜日以降になるようです。

一回戦での各選手の対戦相手とランキングは次の通りですが、全員が一回戦からかなり厳しい対戦相手となりました。

12位 錦織圭(Kei Nishikori) 対 26位 ユルゲン・メルツァー(Jurgen Melzer)
123位 添田豪(Go Soeda) 対 11位 ミロ・ラオニチ(Milos Raonic)
147位 杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 34位 イワン・ドディグ(Ivan Dodig)
163位 伊藤竜馬(Tatsuma Ito) 対 25位 フェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ


楽天ジャパンオープン2013
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

2月1日から行われるデビスカップのアジア・オセアニアゾーン1部1回戦のインドネシア戦の代表選手が発表され、添田豪、伊藤竜馬、杉田 祐一、内山靖崇が選ばれました。錦織は怪我を考慮して代表メンバーから外されました。
日本チーム デビスカップ JTA 公式サイト

デビスカップは残念ながら昨年のワールドグループの入れ替え戦で敗退し、アジア・オセアニアゾーンでの戦いとなってしまいましたが、ここからまたワールドグループへの復帰の戦いが始まります。対戦相手のインドネシアの選手はランキングが低く、錦織が抜けたメンバーでも楽勝だと思われます。
Davis Cup - Tie details - 2013 - Japan v Indonesia
植田監督の采配も楽しみです。

デビスカップ JTA 公式サイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ