つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 初戦

ブログランキング・にほんブログ村へ

添田豪がフランスのマルセイユで開催されているOpen 13に出場し、初戦でATPランキング16位で地元フランスのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)に0-6,2-6で敗れました。
Open 13

最初から9ゲーム目まで連続で取られ、0-6,0-3に。全く一方的な展開でした。

ファーストサーブが38%しか入らない上に、ファーストサーブでのポイント率が40%。このクラスの選手だとファーストが入っても、簡単に厳しいリターンが返ってきてしまうようです。
低く打つとネット、深く打つとアウトにと言う感じで非常にミスが多く、入れに行った甘い球は、ガツンと簡単に決められてしまうと言う流れに。ブレークチャンスは7回もありましたが、ここと言う時にはギアアップをしてきて、一度も取らせてくれませんでした。
それにしても添田豪のダブルバックハンドをいとも簡単にハードヒットでガツンと返してくるガスケのバックハンドはものすごく強力なショットでした。
添田豪 マルセイユのOpen 13の初戦で敗退


添田の場合にはまだチャレンジャーレベルの大会が主戦場なので、なかなかトップレベルの選手のテニスについていけないのではないかと思います。

添田豪 公式ブログ

本大会には伊藤竜馬が予選から出場していて2回勝ち上がりましたが、予選の決勝で敗退して、本戦には出場できませんでした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ


デビスカップを終えた錦織圭はアルゼンチンのブエノス・アイレスで、クラロ杯(Copa Claro)に出場していますが、初戦でATPランキング47位で元1位のフアン=カルロス・フェレーロ(Juan Carlos Ferrero)に7-5、3-6、6-2で勝ちました。
錦織圭 ブエノス・アイレスでのクラロ杯の初戦に勝利

全仏へ向けてのクレーコートでの試合を好発進しました。
第1セットはブレーク合戦でしたが、2度ブレークされたが3度ブレークして7−5でゲット5−5からギアアップした感じでした。
第2セットは先にリードされ、2度ブレークされたが一度も取り返せずに、3−6で落としました。
第3セットはフェレーロのサーブをいきなり連続してブレークして錦織ペースに。6-2で取りました。

相手もクレーコートが得意のスペインの選手で、それほど身長も高くない(183cm)ので、ストローク戦になります。かなり見応えのあるロングラリーが見られましたが、ストローク力で勝る錦織が試合を制しました。
錦織のプレーにはトップ選手に見られるような、ここと言う時のギアアップと言うか、集中力が見られるようになっています。これからが益々楽しみです。
ただ、試合を通じてエースを4本取りましたが、ダブルフォルトが5本と多いのが気になりました。

2回戦はATPランキング93位のヴィクトル・ハネスク(Victor Hanescu)との対戦となります。198cmの長身選手ですが1回戦でのサービスエースは2本でしたので、それほどのビッグサーバーではないようです。デビスカップの時に対戦した208cmのイヴォ・カルロビッチとの経験が役に立つのではないでしょうか。

ライブストリーミングで観戦しましたが、アルゼンチンでの開催なのでスコアがスペイン語と英語でコールされていました。
例えば、30−15はトレインタ ・キ ンセ  の後に、サーティー・フィフティーンとなります。

Copa Claro公式サイト
錦織圭公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップで初日と3日目の熱戦を終えたばかりの添田豪が、もうイタリアでのテニスツアー(ATPチャレンジャー ベルガモ)に参加しています。

今回は、チャレンジャーツアーで、第一シードに選ばれていますし、ランキング100位以内の選手は添田だけですので、疲れさえなければ優勝を狙えます。
初戦は予選勝ち上がりのATPランク264位のMarius Copil に6-4,6-4で勝ちました。

疲れがある中での長旅で、いきなり193 cmの長身選手との対戦で、かなり厳しいサーブを打ちこまれていましたが、先日のカルロビッチとの対戦が役立ったのではないかと思います。
これからポイントをどんどん獲得して、是非オリンピックに出場できるレベルまでにアップして欲しいと思います。

ちなみにオリンピックのシングルスは全体で64人で、1国最大4名、ランキング枠(自動48人+ITF推薦8人)、ITF推薦枠(6人)、ワイルドカード(2人)となっています。スペインやフランスなどのトップランクプレーヤーが多い国は上位の4名しか出場できませんので、60位台でも出場のチャンスがありそうです。

錦織の活躍により目立たないですが、先日のデビスカップでの初戦を観戦してから、今年はかなりの活躍をするのではないかと注目しています。

添田豪 公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いよいよ2008年にATPランキング244位の18歳でいきなりATPツアー初優勝を成し遂げたあのデルレイビーチ国際選手権に錦織圭が戻って来ます。

昨年はこの大会で怪我からの復帰を果たしており、とにかく因縁の深い大会です。

錦織選手のブログの昨年の2月25日(【from IMG】デルレイビーチ大会を終えて)に、試合(惜しくも3-6、6-1、0-6で敗退)後のコメントが掲載されています。
ようやくあれから一年がたちましたが、一度消えてしまったランキングも既に66まで戻してきました。
今回がまた、大きな飛躍の一歩になってくれることを期待しています。


一回戦ではATPランク89位のブリアン・ダブル(Brian Dabul)と対戦します。

昨年の8月にビンハンプトンの大会で対戦した相手ですが、この試合が錦織復活の大きな転機になっているようで、TennisClassicのインタビュー(錦織圭選手インタビュー '11Jan )で「2010年のベスト3試合」のトップに挙げています。

錦織のブログにも試合後の感想で、復帰後ようやく手ごたえが得られたことが(「そして今日の試合で今まで何か自分のテニスに足りなかったものが戻ってきました。。。」)記載されています。
錦織圭公式ブログ2010.08.14 本選2,3回戦


公式サイトのオーダーを見ると現地時間22日火曜日の11時になっているので、アメリカの東海岸ですから日本では夜中の1時頃のスタートになると思います。
WOWOWでは中継されますが、残念ながら録画中継になってしまうので、リアルタイムの応援はライブスコアになってしまいます。

Youtubeを調べたら2008年の優勝の時の動画がいくつかアップされていました。
今夜の一回戦が今から待ち遠しくてしかたがないので、3年前の優勝の場面を何度見ながら待ちたいと思います。

Youtube:デルレイビーチ決勝 錦織圭VS J.Blake

Youtube:Kei Nishikori vs James Blake
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

添田豪が南アフリカのヨハネスブルグで行われているSA Tennis Openで第7シードでATPランク93位のRainer Schuettler(レイナー・シュトラー)に3-6,6-4,6-4の逆転で勝利しました。
ライブスコアで見たところでは、ファーストサーブが40%しか入らなかったようです。良く勝てたと思います。

2回戦はATPランク100位のKarol Beck(キャロル・ベック)と戦います。
SA Tennis Openのオフィシャルサイトによると本日(3日)のセンターコートの1試合目にオーダーされているようです。

添田は現在ATPランク117位なのでこれで100位以内が見えてきました。
ATPサイトで彼のランキングヒストリーを見ると昨年の9月の104位が最高のようで、今一歩のところで100位以内入りを逃しています。

チャレンジャーツアーでの勝利は多いですが、大きなポイントを獲得できるATPツアーで苦戦しているのが原因かと思います。100位以内の選手との戦いはチャレンジャーレベルとは厳しさが違ってくるのでしょうが、今回はその壁を破る大きなステップになればと期待しています。

公式ブログによると全豪オープン予選での敗退後にかなり落ち込んでいたようですが、今は吹っ切れて戦っているようです。

SA Tennis Open公式サイト
SA Tennis Openライブスコア

添田豪ランキングヒストリー
添田豪公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

錦織圭 全仏オープン初戦勝利


錦織圭選手が全仏オープン初戦で、ATPランク58位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)選手に2-6、4-6、7-6、6-2、6-4で逆転勝ちしました。

昨夜はWOWOWで長時間の試合を観戦しましたが、スコアからも分かるように、出だしは相手のペースで、センターへの強いフラットサーブをバシバシ決められていて、かないそうにありませんでしたが徐々に調子を上げて行き、3セット目をタイブレークで制してからは、錦織ペースに。

セカンドサーブを高い打点でジャックナイフで叩いて一発で決めたり、意表をついたネットプレー、相手が全く動けないドロップショットなどバリエーションに富んだプレーには魅了されます。
試合後のインタビューでの日に焼けた笑顔が輝いていました。2回戦ではいよいよATPランク3位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。今のレベルで世界のトップ選手に対してどこまで通用するのか、今からワクワクしてしまいます。

昨日は、女子の初出場の奈良くるみ選手と土居美咲選手が出場しましたが、残念ながら敗退してしまいましたが、共に10代ですので、これからが楽しみです。

今日は伊達選手と森田選手が出場します。
伊達選手はランク9位のディナラ・サフィナ(Dinara Safina)と対戦するので、スザンヌ・ランランコート(Court Suzanne Lenglen)での対戦となります。足にけがを抱えているので、完全ではないようですが、どのようなプレーを見せてくれるのか、今から楽しみです。

全仏オープン公式サイト
男子シングルスドロー
女子シングルスドロー

ATP:Novak Djokovic

錦織圭オフィシャルブログ
錦織圭 facebook

伊達公子オフィシャルブログ
森田あゆみオフィシャルブログ
土居美咲オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ