つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 初日

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪の靭テニスセンターで開催中のデビスカップ初日の観戦に行ってきました。

シングルス2試合を日本が2連勝し、あと1勝とリーチをかけましたが、2日目のダブルス、3日目のシングルス2試合は雨の為に順延となり、明日月曜日に行われる予定となっています。

試合前には大会の開会セレモニーが行われました。
デビスカップ初日 開会セレモニー


応援団も太鼓や笛太鼓で盛り上げてくれていました。
デビスカップ初日 応援団


第1試合。
ATPランキング42位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が244位のギレルミ・クレザール(Guilherme Clezar)に6-2、7-5、7-6のストレートで勝利。

第1セットは、押し気味に試合を進めていた杉田がクレザールのサービスゲームを2ゲームブレークして6-2で取りました。

第2セットは、杉田が先にクレザールのサービスゲームをブレークした後に、ブレークバックされて追いつかれましたが、6-5からのクレザールのサービスゲームをブレークして7-5で取りました。

第3セットは、先にクレザールにブレークされる苦しい展開でしたが、ブレークバックして手追いつき、タイブレークできっちり勝ちました。

サーフェスや風の影響などもあったのか、格下選手相手に思ったよりも苦戦していましたが、きっちり勝ちきるところが、最近の杉田の成長がうかがえる試合でした。

デビスカップ初日のシングルス 杉田祐一

デビスカップ初日のシングルス 杉田祐一

デビスカップ初日のシングルス 杉田祐一


デビスカップ初日のシングルス クレザール


139位の添田豪 (Go Soeda)が116位のティアゴ・モンテイロ(Thiago Monteiro)に3-6、6-4、6-3、6-7、6-4のフルセットで勝利。

サウスポーのモンテイロの食い込んでくるサーブやストロークにタイミングが合わず、第1セットいきなり0-5まで行ってしまいましたが、ここからようやくタイミングが合うようになってきて3ゲーム連取。
このセットは3-6で落としましたが、徐々に添田のペースに。

第2、第3セットを6-4、6-3で連取し、そのままの勢いで第4セットも5-4のサービングフォーザマッチ。
しかし硬くなってしまったのか、ここできっちりサービスゲームをキープできずにブレークバックされタイブレークにもつれ込むと。
タイブレークでは一方的に落としてしまう悪い流れとなってしまいました。

重苦しい雰囲気のファイナルセット、お互いにサービスゲームが安定せず、添田が先にブレークしますが、5-3からのサービングフォーザマッチでブレークバックされる、第4セットのような展開になりました。
5-4からのモンテイロのサービスゲームを再度ブレークして6-4で勝ちましたが、最後はモンテイロが少し硬くなってしまい、サービスが不安定になった事に救われました。
本当に最後までハラハラ・ドキドキでした。

この1勝で勝利へ大きく前進しました。

デビスカップ初日のシングルス 添田豪

デビスカップ初日のシングルス 添田豪

デビスカップ初日のシングルス 添田豪


デビスカップ初日のシングルス 添田豪モンテイロ


3試合目のダブルスは、
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)/マクラクラン・ベン(Ben Mclachlan) 対 マルセロ・メロ(Marcelo Melo)/ブルノ・ソアレス(Bruno Soares)
ブラジルのペアはダブルスランキング3位と12位の強敵ですが、十分に勝てるチャンスがあると思われます。

4、5試合目のシングルスは初日と反対の組み合わせでの対戦が行われます。
ダブルスで負けても、杉田とモンテイロのトップ対戦で杉田が勝ってくれることでしょう。

2、3日目が雨の為に順延となり、明日月曜日に延期となっていますが、関西での開催でも、実績のある兵庫県のビーンズドームとか、他のインドアコートの選択肢が無かったのでしょうか。
タイトなスケジュールで戦っている選手の負担を考えると、天候に左右される屋外のコートでの開催には疑問が残ります。

杉田祐一公式ブログ
添田豪公式サイト,Facebook
内山靖崇公式ブログ

Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日(2月8日)から、女子の国別対抗戦、フェドカップのワールドグループ2のアルゼンチン戦がブエノスアイレスで始まりましたが、残念ながら初日で日本は2敗を喫してしまいました。

初日のシングルス第1試合で、
WTAランキング65位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 173位のマリア・イリゴエン(Maria Irigoyen)に7-6、4-6、4-6の逆転で負けました。

第2試合では、
WTAランキング102位の土居美咲(Misaki Doi)は60位のポーラ・オルマエチェア(Paula Ormaechea)に2-6、6-3、3-6のフルセットで敗れました。

ランキング通りだと、奈良の1勝は期待出来ましたが、アウェーのクレーコートでのハンディもあったのではないかと思われます。これで日本は王手をかけられてしまいました。
今日の試合はシングルスが、奈良 対 オルマエチェア、土居 対 イリゴエン、
ダブルスが、尾崎/青山 対 イリゴエン/オルマエチェア の予定です。
全勝することが必要となります。

日本チーム、
奈良くるみ(Kurumi Nara)
土居美咲(Misaki Doi)
尾崎里紗(Risa Ozaki)
青山修子(Shuko Aoyama )

アルゼンチンチーム
ポーラ・オルマエチェア(Paula Ormaechea)
マリア・イリゴエン(Maria Irigoyen)
フロレンシア・モリネロ(Florencia Molinero)
カタリナ・ペジャ(Catalina Pella)

Fed Cup
フェドカップ JTA 公式サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ、コロンビアとのデビスカップのワールドグループ プレーオフが昨日から始まりました。
初日の昨日はシングルスの2試合が行われ、錦織で1勝、添田で1敗の五分五分のスタートとなりました。

第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)に、6-3, 6-4, 6-4のストレートで勝ちました。
過去の対戦成績は錦織の3勝0敗。勝利は間違い無いと思っていましたが、やはり終始錦織ペースの試合でした。この調子なら3日目のナンバーワン対決も問題無さそうです。


第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に、4-6, 6-3, 5-7, 6-3, 1-6のフルセットで敗れました。
本当に悔やまれる試合でした。添田のサービスゲームで始まった最終セット、1−0からのヒラルドのサービスゲームがすごく長いゲームとなりました。このゲームでブレークポイントを握った添田に決定的なチャンスがありました。相手を左右に振り回し、がら空きになったコートへのストレート。このショットを大きく外に出してしまいました。絶対に決めなければいけないショットでした。
疲れの見えてきたヒラルドは第4セットをすてて、第5セットに勝負をかけてきました。その出だしのヒラルドのサービスゲームをブレークしておけば、試合の流れは一気に添田に傾くところでした。絶対に決めなければならない一球でした。

「このポイントを取るために厳しい練習をしてきたんだろう??」

松岡さんがコートで叫んでいた、「この一球は絶対無二の一球なり」が思い出されます。
この一球は絶対無二の一球なり - 早稲田大学庭球部
この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし
この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球する心といふ


デビスカップ JTA 公式サイトには、「あれで相手は乗ってきて、僕の方は気持ちが落ちてしまった」との添田のコメントが載っていました。本人も相当に悔しかった事でしょう。世界トップレベルの選手は土壇場で崩れることがありません。添田に必要なのは、技術面よりも精神面の強化かもしれません。


2日目の今日はダブルスの試合が行われます。
予定では、
錦織 圭/添田 豪 対 フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)/ロバート・ファラ(Robert Farah)
となっていますが、日本、コロンビアともに直前にメンバー変更してくる可能性があります。

私としては、昨日シングルスを戦った錦織と添田は休ませて、杉田祐一、伊藤竜馬のペアで戦った方が良いと思います。相手はダブルスのスペシャリストですので、錦織と添田で組んだとしても確実に勝てるとは言えません。最終日のシングルスの2勝にかけた方が得策と思われます。オリンピック招致活動のように、オールジャパンで戦って勝利を手にして欲しいものです。

このレベルの選手とのホームでのナンバー1,2対決で2勝出来ないようでは、ワールドグループで戦う資格は無いと思います。
これからジャパンオープンも開催されます。そのためにも、ここで錦織と添田を酷使するのは良くないと思われます。

日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのドュッセルドルフで開催されている、パワー・ホース世界チーム・カップ(POWER HORSE WORLD TEAM CUP)初日のチェコとの対戦で、NO2シングルスの伊藤竜馬対ラデック・ステパネク(Radek Stepanek)戦が行われ、3-6,6-4,6-4の逆転で伊藤竜馬が勝ちました。
ステパネクはATPランキング25位の選手ですので、快挙です。

この大会は出場8カ国がレッドグループとブルーグループの二つに分けて総当たりで試合を行い一位のチーム同士が優勝を争う形式となります。
日本はレッドグループで、日本、チェコ、アメリカ、アルゼンチン、
ブルーグループにはセルビア、ドイツ、ロシア、クロアチアが入っています。

出場メンバーは錦織圭が腹筋を痛めて欠場したので、添田豪、伊藤竜馬、佐藤文平の3選手となりました。
他の国の選手は強豪ばかりなので、レッドグループで一位になる事は難しいと思いますが、トップレベルの選手との試合を数多くこなせるので、非常に良い経験になると思います。
また、勝てばATPポイントも獲得できるのでランキングアップも期待できます。

POWER HORSE WORLD TEAM CUP 公式サイト:Teams & Players
佐藤選手は日本国内のシングルスランキングが21位ですがダブルスが3位ですので、今回ダブルス要員として選ばれたのでしょう。

佐藤選手と、増田健太郎コーチのブログに現地の写真が掲載されていました。
佐藤文平 公式ブログ
増田健太郎 公式ブログ

添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬 公式ブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

フェドカップ ワールドグループIIのスロベニア戦が今日から始まりましたが、幸先良く2勝しました。

クルム伊達公子 が ポロナ・ヘルツォグ(Polona Hercog)に 2-6,6-4,6-2で、
森田 あゆみ がナストヤ・コラール(Nastja Kolar) 2-6,6-4,6-3で
勝ちました。二人とも苦しい出だしからの逆転勝利でした。

伊達の対戦したヘルツォグはWTAランキング36位、身長181 cmの強敵で、9個ものサービスエースを取られたのに、逆転で勝利するところは流石にたいしたものです。
今日は中継が無いので、ライブスコアを見ながらの応援でしたので、試合の状況は分かりませんが、ホームのメリットを生かしてスタンドの応援にも助けられての勝利かと思います。

伊達さんのブログには第2セットのプレーに関して、
「1-2でサービスゲームで15-40でブレイクポイントを握られながらもキープ。
4-4でHercogのサービスゲームでのワンチャンスを生かしてやっとブレイクに成功。」

とあります。流石に土壇場での集中力・精神力はランキング4位まで行った選手は違います。

Fed Cupの公式サイトに伊達、森田、村上監督の勝利者インタビューの音声がアップされていました
Japan take commanding lead over Slovenia


明日のシングルスの第一試合で、森田がヘルツォグに勝てば勝利が決まります。
ここは是非日本のナンバーワンとしての意地を見せて欲しいものです。

明日の予定
シングルス
森田あゆみ 対 ポロナ・ヘルツォグ(Polona Hercog)
クルム伊達公子 対 ナストヤ・コラール(Nastja Kolar)

ダブルス
森田あゆみ/藤原里華 対 ポロナ・ヘルツォグ(Polona Hercog)/アンドレヤ・クレパーチ(Andreja Klepac)

Fed Cup
フェドカップ JTA 公式サイト

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
藤原 里華ブログ

有明コロシアムで行われている、デビスカップ ワールドグループ プレーオフの 日本 対 インド戦初日の応援に行ってきました。
JTA:BNPパリバ デビスカップ

会場の入り口では応援用のビニールチューブが無料で配られています。各自で空気を入れて、打ち鳴らして日本チームの応援をしましょうと言うことです。
デビスカップ 応援用のビニールチューブ


また、日本チームの赤いユニフォームを2000円で販売していましたので、それも購入しました。入場者の半分くらいの人が、赤いユニフォームを着ていたのではないでしょうか。会場は試合前から盛り上がっていました。

コートサイドの最前列のチケットを買っておいたので、間近で迫力のあるテニスを堪能する事が出来ました。

第一試合、杉田祐一(ATPランク175位)  対 ソムデブ・デブバルマン(Somdev Devvarman)(ATPランク65位)
格上の相手に対して、最初から杉田の強烈なフラットな低い弾道のショットがバシバシ決まり、終始優勢のうちに3−0で試合を進めました。3セット目の途中で左足に少し痙攣が来ていたようで、心配しましたがそのまま勝ち切る事が出来ました。駄目元で戦ったからか、伸び伸びとした力強いテニスでした。
このような試合を続ける事が出来れば、直ぐにトップ100以内に入れるのではないかと思います。
デビスカップ 杉田祐一


一勝のあとで落ち付いて戦うことの出来た錦織の第二試合
錦織圭 (ATPランク55位)  対 ロハン・ボパンナ(Rohan Bopanna)(ATPランク 559位)
格下の相手に対して一方的な試合展開でした。
相手は190cmの長身で、かなり強烈なサーブが入って来ますが、錦織は慣れてくるとしっかりタイミングを合わせて返球していました。シングルハンドバックがかなり弱点なので、バックを攻めるとストロークでミスを連発してくれていたので、非常に楽な展開でした。
デビスカップ 錦織圭

デビスカップ 錦織圭

デビスカップ 錦織圭


これで、27年ぶりのワールドグループ復帰へ王手となりました。

明日のダブルスは、錦織圭、添田豪となっていましたが、 デビスカップのホームページの監督のコメントでは伊藤竜馬と杉田祐一のペアに変更されるようです。
錦織の負担を軽くするためにも、明日のダブルスで勝利を決めて欲しいものです。

このページのトップヘ