つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 勝利

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているウインブルドンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利、準々決勝に進みました。
Wimbledon - The Home of Tennis
3回戦は今夜行われる予定です。

ATPランキング28位で第24シードの錦織圭(Kei Nishikori)が138位のエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis)に4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で勝利。
ビッグサーバーが有利となる芝のコートで、予想通りガルビスの210kmを超えるファーストサーブに苦戦しましたが、予選を勝ち抜いてきたガルビスが力尽きる形での勝利となりました。
第1セットをガルビスにサービスゲームをブレークされ、そのままブレークバックを取れずに4-6で落としました。
第2セットは互角の展開でお互いにサービスキープでタイブレークへ。タイブレークではほんの少し集中力の勝る錦織選手が取りました。
第3セットもお互いサービスキープでタイブレークへ。このタイブレークで逆を突かれたガルビスが足を滑らせて転倒、左膝を強く地面にぶつけて怪我をしてしまいました。
メディカルタイムアウトを取ってからの復帰後も善戦しましたが、このタイブレークを錦織が取ると、第4セットは動きの悪くなったガルビスに対して錦織の一方的な展開となり、6-1で取りました。

3回戦のキリオス戦とは異なり、ガルビスのサーブになかなかタイミングが合わずに苦戦しましたが、リターンの位置を変えたりと工夫をしながら、徐々に攻略の糸口を掴んで行きました。あきらめず、集中力を切らさずに戦ったことで徐々に相手の疲労が蓄積し、最後は試合をもぎ取ることができました。
また、試合序盤に錦織選手が右ひじを気にし、付けていたテーピングを外してマッサージを行っていた事が心配されます。次の試合までに回復してくれると良いのですが。

準々決勝では21位で第12シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝13敗。2014年の全米オープンでの勝利以来連敗中。苦戦が予想されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているウインブルドンテニスのシングルス3回戦で、錦織圭が勝利、4回戦に進みました。大坂なおみは敗退しました。
Wimbledon - The Home of Tennis
3回戦は今夜行われる予定です。

ATPランキング28位で第24シードの錦織圭(Kei Nishikori)が18位で第15シードのニック・キリオス(Nick Kyrgios)に6-1、7-6、6-4のストレートで勝利。
ビッグサーバーが有利となる芝のコートですのでもっと苦戦を予想していましたが、キリオスの210kmを超えるファーストサーブにの対策が万全だったようで、しっかりコースが読めていました。
第1セットの2ゲーム目でキリオスの最初のサービスゲームをブレークすると、一方的な展開で6-1。
その流れのまま第2セットでも先にキリオスのサービスゲームをブレークしましたが、直ぐにブレークバックされ、タイブレークに持ち込まれました。
非常に緊張感のあるタイブレークでしたが、集中力の勝る錦織が取ることができました。
第3セットはお互いサービスキープで進みましたが、5-4からのキリオスのサービスゲームをブレークしてゲームセット。
試合が終わったのは夜の9時過ぎで、日没サスペンデッドすれすれの勝利。
最後まで集中力が切れずに3セットで取り切ったことで、4回戦へ向けての体力温存につながりました。

4回戦では138位のエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗ですが、3回戦と同様にビッグサーバーが有利となる芝のコートですので、193 cmの長身のガルビスのファーストサーブをリターンできるかがポイントになると思われます。


WTAランキング18位で第18シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 10位で第11シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に2-6、4-6のストレートで敗退。
相手の方がサーブ、ストローク、フットワークの全ての面で優るケルバーに対抗策が見つからないままにゲームセットとなってしまいました。
大坂選手には得意なハードコートシーズンでの活躍に期待したいと思います。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス2回戦 錦織圭、大坂なおみが勝利、3回戦へ勝ち上がりました。
>The Championships, Wimbledon


ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 122位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)に 6-4、6-7、6-1、7-6で勝利。
ランキングは下ですが2連敗中の対戦相手。本当に苦戦しました。
同じフォームで打ってくる、スタコフスキのスライスやドロップショットに悩まされました。

第1セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして、1度ブレークバックされて6-4取り、幸先の良いスタートでした。

第2セットは先にサービスゲームをブレークされての2-5から追いつきタイブレークへ。
しかし、7-6のセットポイントでネットインのボールの処理をミスし、次のサーブをダブルフォルト。
逆にサービス力のあるスタコフスキのサービスエースが決まって7-9で落としました。
このタイブレークをきっちり取りきっていればもう少し楽な勝ち方が出来ていたでしょう。

第3セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして6-1。

第4セットではお互いにサービスキープでタイブレークへ。
タイブレークでは集中力をアップした錦織に対して、予選勝ち上がりのスタコフスキに疲れが目立つ様になり、8-6で取りました。
1回戦とは異なり長い試合となりましたが、2連敗中の相手に4セットで勝ち切ったことは、今後につながる良い勝利でした。
試合を通してサービスエース7本でダブルフォルトが8本。ダブルフォルトが目立つ試合でした。

3回戦の対戦相手は19位で第18シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)。
錦織の4連勝中。2回戦ほどは苦戦しないのではないかと思われます。


44位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が51位のエイドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)に1-6、7-5、6-4、6-7、2-6のフルセットで敗退。
先週のアンタルヤ・オープンの決勝で杉田がストレートで勝っていましたが、今回は終盤にエネルギー欠となりました。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が23 位で第22シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に 6-1、0-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セットはストリツォワのサービスゲームを2度ブレークして6-1で取りましたが、

第2セットは逆に一方的な展開で0-6で落としました。

ファイナルセットではストリツォワのサービスゲームを1度ブレークして6-4で取りました。
サービス力が魅力の大坂ですが、もう少しファーストサーブが入らないと3回戦以降の苦戦が予想されます。

3回戦では11 位で第10シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)と対戦します。
今回が初の対戦となります。
強敵ですが37歳のヴィーナス。十分に勝チャンスはあります。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ドイツのハレで行われている、ゲリー・ウェバー・オープンのシングルス1回戦で錦織が勝利、杉田は敗退しました。
>>GERRY WEBER OPEN

ATPランキング9位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 34位のフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に6-7、6-3、6-4の逆転で勝利。
サウスポーのベルダスコのサーブに苦しんだ錦織。
ファーストセットは両者サービスゲームをキープしてタイブレークに。先にミニブレークした錦織でしたが、7-9で落としてしまいました。
直近で4連勝中の錦織でしたので、最後は逆転するのではと思っていたらやはり、33歳のベルダスコのスタミナが徐々に切れてきて、終盤は錦織の優勢になりました。
第2セットはベルダスコのサービスゲームを2回ブレークして、1回ブレークバックされて6-3。
第3セットはベルダスコのサービスゲームを1回ブレークして、自身のサービスゲームは全てキープして6-4で取りました。

本日行われる2回戦では、38位のカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。
昨年の全米オープンで勝っていますが、21歳の若手でランキング上昇中の選手ですので侮れません。
Kei Nishikori vs Karen Khachanov

また、錦織はベルダスコと組んでダブルスにも出場しましたが、初戦で第1シードに、スーパータイブレークで敗れました。


ATPランキング66位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が 5位で第1シードのロジャー・フェデラー(Roger
Federer
)に3-6、1-6のストレートで敗退。
試合時間52分での完敗でした。
さすがに、芝のコートを得意としているフェデラー相手には全く勝負になりませんでした。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今年2戦目のグランドスラム 全仏オープンテニスが始まりました。
>>Roland Garros French Open - Official Site

日本人選手は怪我で西岡良仁が出場していませんが、男子選手は錦織圭 、杉田祐一、ダニエル太郎、
女子選手が大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ、尾崎里紗、加藤 未唯、
の合計9名が本戦に出場。
錦織圭 、ダニエル太郎、奈良くるみが1回戦を勝ち上がりました。

今回のオーダーを見ると比較的恵まれているようです。

ATPランキング9位の錦織圭(Kei Nishikori)がタナシ・コキナキス(Thanasi Kokkinakis)に4-6、6-1、6-4、6-4の逆転で勝利。
第1セット、コキナキスのサーブ苦戦し、ブレークチャンスまでは行っても一度もブレークすることが出来ず、逆にサービスゲームを一度ブレークされて4-6で落としました。

第2セットに入り、コキナキスのサーブに対して徐々にタイミングが合ってきた錦織が2ゲームブレークし、自身のサービスゲームは一度もブレークポイントすら与えない一方的な試合展開で、6-1,で取りました。

第2セットの流れのまま押し気味に試合を進め、第3、4セットを連取して勝ちました。

2回戦では74位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の5勝2敗で、錦織の4連勝中。肘の具合さえ問題なければ勝てると思われます。
ATP head to head:Kei Nishikori vs Jeremy Chardy

102位のダニエル太郎(Taro Daniel)が164位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)に6-4、6-4、6-4のストレートで勝ちました。
スペインを拠点にしていてクレーを得意としているダニエルが、粘り強いストロークプレーでヤノヴィッツにストレートで勝ちました。
ダニエルはサービス力ストローク力がかなり向上してきていますが、今のエンドラインから大きく下がってのプレースタイルではトッププレーヤーには通用しないと思われます。

2回戦では第20シードで21位のパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)と対戦します。
過去の対戦成績はダニエルの0勝1敗。
ATP head to head:Taro Daniel vs Pablo Carreno Busta

78位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が第25シードで26位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)に3-6、3-6、7-6、7-6、3-6のフルセットで敗退。
第25シードのジョンソン相手に完全に互角の戦いをしました。ずいぶんと実力が上がってきました。
杉田の流れになっていた第4セットの4-2の時点で日没順延となったのが少し不利に働いたと思われます。



WTAランキング90位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が15歳で主催者推薦で出場のアマンダ・アニシモワ(Amanda Anisimova)に3-6、7-5、6-4の逆転で勝利。
第1セットをアニシモワにサービスゲームを2ゲームブレークされ一度もアニシモワのサービスゲームをブレークできずに3-6で落としましたが、粘る奈良に徐々にアニシモワに疲れが見えミスが増えてきて、2、3セットを連取して勝ちました。

2回戦では第10シードで11位のヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)と対戦します。
過去の対戦成績は奈良の1勝2敗ですが、昨年のインディアンウェルズで奈良が勝っています。


55位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が113位のアリソン・バン ウィトバンク(Alison Van Uytvanck)に3-6、5-7で敗退。
ほぼ互角の試合展開でしたが、わずかばかり大坂のミスが多く出てしまいました。
サービス力のある大坂ですが少しコースが単調になってしまっています。もう少し工夫が必要と思われます。


58位の土居美咲(Misaki Doi)が 91位のサラ・エラーニ(Sara Errani)に6-7、1-6のストレートで敗退。
激しいストロークの打ち合いの試合で、ブレーク合戦となりましたが、エラーニのスタミナが勝っていました。
試合の終盤には痛めている脇腹の痛みが出てしまって動きが悪くなってしまいました。


72位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が57位のユージニー・ブシャール(Eugenie Bouchard)に6-2、3-6、2-6の逆転で敗退。
第1セットいきなり5セットを連取した尾崎でしたが、続く尾崎のサービスゲームをブレークされるたところで、流れがブシャールに。第1セットは6-2で何とか取りましたが、流れを取り返すことが出来ませんでした。


83位の日比野菜緒(Nao Hibino)が第28シードで27位のキャロライン・ガルシア(Caroline Garcia)に2-6、2-6のストレートで敗退。
日比野のサービスゲームでトータルで5度ブレークされ、1ゲームブレークバック。一方的な試合展開での敗戦でした。


199位の加藤未唯(Miyu Kato)が121位のテイラー・タウンゼント(Taylor Townsend)に、4-6、0-6のストレートで敗退。
スコアほどには一方的ではない試合でした。
ほんの少しアウトするボールが多く、これが決まっていれば十分に勝てたチャンスはあったと思われます。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
加藤未唯Twitter
尾崎里紗 twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利。3回戦へ進みました。
Mutua Madrid Open

3回戦はNHKのBS1で今夜の午後7時から生中継される予定です。

ATPランキング8位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が40位のディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman)に1-6、6-0、6-4の逆転で勝利。
第6シードで2回戦からの登場となった錦織。
ブランク後の久しぶりの試合でコンディションが心配されましたが、やはり出だしは調子が悪く、第1セットは1-6で落としてしまいます。
第2セットからは本来の調子を取り戻して、6-0、6-4と連取して勝利。
この勝利で対シュワルツマン2連勝としました。

3回戦では30位のダビッド・フェレール(David Ferrer)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の8勝4敗。手首が大丈夫なら勝てる相手ですが、フェレールは2回戦をツォンガの棄権で勝ち上がってきているので、体力的にはかなり不利となります。
激しい打ち合いの試合になると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs David Ferrer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ