つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 勝利

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの4大大会ウインブルドンのシングルス3回戦、錦織圭が勝利、4回戦へ。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 71位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)に6-4、6-3、6-2のストレートで勝利。
第1セットは最初のノリーのサービスゲームでブレークチャンスを生かせずにキープされ、次の錦織のサービスゲームをブレークされるいやなスタートでしたが、0-3から一気に5ゲームを連取し、そのまま6ー4で取ると、第2セット以降は錦織の一方的な試合展開となり、一度もブレークチャンスすら与えない完ぺきな勝利でした。
序盤はノリーのワイドへのファーストサーブに苦しみましたが、徐々にタイミングが合うようになりました。ノリーはフォアハンドには威力がありますが、片手バックハンドのスライスショットに威力がないので、バックサイドにボールを集める作戦だったようです。
終盤、錦織のバックサイドへのストロークを予測してノリーがフォアハンドに回り込むようになると、今度は逆を突いてフォアサイドのコーナーへ決めるなど。相手を翻弄するクレバーな試合運びでした。
肩の調子も悪くないようで、試合を通してファーストサーブインの確率が75%、ポイント率が80%と絶好調。3セット1時間50分の試合で体力の消耗も少なく、ミドル・サンデーで休養日もあり、4回戦へは万全のコンディションで挑めます。
ウインブルドンのシングルス3回戦、錦織圭が勝利、4回戦へ


4回戦では58位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)と対戦します。
ATPツアーでの過去の対戦成績は錦織の8連勝中。2012年のウインブルドンではストレートで勝っています。3回戦まで全てストレートで勝ち上がってきている錦織の体力の消耗は少なく、それほど苦戦しないで勝てるのではないかと思われますが、油断は禁物です。

ククシュキンは2回戦で、第9シードで208cmの長身のジョン・イズナーに34本のサービスエースを決められながらも、フルセットで勝ち上がってきています。
シード勢が順当に勝ち進むと4回戦のイズナー戦が第一関門になるかと予想していましたが、錦織にとっては相性の良いククシュキンが勝ち上がってきてくれたことはラッキーと思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの3回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 44位のジョアン・ソウサ(Joao Sousa)に7-6、6-1、6-2のストレートで勝利。
第1セットは第1ゲームのソウサのサービスゲームをいきなりブレークする好スタートでしたがブレークバックされてタイブレークへ。タイブレークを8-6で取ると、第2セット以降は錦織ペースの一方的な試合展開となりました。
3セット目に入る前にはソウサがメディカルタイムアウトを取るなど、ダブルスにも出場しているためか疲れが目立ちました。
ストロークプレーヤー同士の打ち合いの試合でしたので、2回戦の1ー2ポイントで決まってしまう試合と違い、錦織にとってはリズムの取りやすい試合だったお思われます。

4回戦では 23位で第23シードののパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)と対戦します。
過去の対戦はありません。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が27位のシェ・シュウェイ(Su-Wei Hsieh)に5-7、6-4、6-1の逆転で勝利。
序盤はシュウェイの左右ダブルハンドの切れの良いショットに翻弄され、左右に振られてミスショットを繰り返すシーンが多く、第1セットを5-7で落とし、第2セットも先にブレークされて1-4まで追い込まれました。
次の大坂のサービスゲームをキープしての2-4からのシュウェイのサービスゲーム。
大坂がムーンボールなどのトライをしてリズムを変えようと試みますが、逆に厳しく返球されるなどで3ポイント連取されシュウェイの40-0。このままシュウェイにこのゲームをキープされると2-5となり、ひっくり返すのがかなり難しくなる局面でしたが、ここでシュウェイに油断が出たのか少し甘くなったショットに対して、大坂が居直って厳しいコースへのハードヒットを繰り出すと面白いように決まりだしました。このゲームが大きな潮目となり、以降は大阪の一方的な試合となりました。
以前の大坂選手でしたら、ひっくり返すことは出来なかったと思います。試合中の修正力がアップしてきました。

4回戦では、12位で13シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)と対戦します。
過去の対戦成績は2勝2敗です。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス準決勝、錦織圭が勝利、決勝戦へ進みました。
楽天・ジャパン・オープン・テニス

ATPランキング12位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が25位で第8シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)に7-6、6-1のストレートで勝利。
第1セット、好調な出だしで押し気味に仕合を進めた錦織でしたが、3度のブレークチャンスを取ることができず、お互いにサービスゲームをキープしてタイブレークに。
タイブレークを錦織が7-2で取ると、第2セットは一方的な展開で、ガスケに1ゲームだけしか与えずに、6-1で勝利。
2勝7敗で苦手にしていた対戦相手なので苦戦を予想していましたが、ブレークチャンスを一度も相手に与えない完ぺきな勝利でした。
ファーストサーブインの確率が73%でポイント率が84%。課題のサーブが随分と良くなってきました。また、ミスの多かったフォアハンドストロークも非常に安定していました。

決勝の対戦相手は32位のダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。
準決勝のようなプレーができれば勝利は間違いないと思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス準々決勝、錦織圭が勝利、準決勝へ進みました。
楽天・ジャパン・オープン・テニス

ATPランキング12位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が15位で第5シードのステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas)に6-3、6-3のストレートで勝利。
第1セット、2-2からのチチパスのサービスゲームをブレークしましたが、すぐにブレークバックされ3-3に追いつかれるいつものパターンとなり少し心配しましたが、その後3ゲーム連取して6-3で取りました。
錦織のサービスゲームで始まった第2セットは、2ゲーム目のチチパスのサービスゲームをブレークし、あとはお互いにキープして6-3で勝利。
今年に入って一気にランキングアップしてきている20歳の急成長中の若手のチチパス、もう少し苦戦を予想しましたが、錦織のテンポの速いテニスにチチパスがついてこれず、振り回されながら打つショットでミスを連発していました。
錦織のファーストサーブインの確率が67%、ファーストサーブのポイント率が85%。スタッツ的にもサーブが安定していました。

準決勝の対戦相手は25位で第8シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)
過去の対戦成績は錦織の2勝7敗で、苦手にしている相手です。
準々決勝では第2シードのケビン・アンダーソンにストレートで勝っています。
特にバックハンドストロークの威力が特徴で、これに対してどのように錦織が攻略していくのか、明日の試合が楽しみです。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのメッツで開催されているモゼール・オープンの準々決勝で錦織圭が勝利。準決勝へ進みました。

ATPランキング12位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori) が31位で第5シードのニコロス・バシラシヴィリ(Nikoloz Basilashvili)に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝利。
第1セット序盤ではバシラシヴィリの強烈なファーストサーブに苦しみながらも、返球さえできればストローク力で勝る錦織のペースに。徐々にバシラシヴィリのファーストサーブにタイミングが合うようになり、2ゲームブレークして6-3で取りました。
自らのサービスゲームでは1度もブレークチャンスさえ与えない安定したサービスゲームキープでした。

第2セットに入っても錦織ペースで、2ゲーム目に錦織が先にバシラシヴィリのサービスゲームをブレークしましたが、直ぐにブレークバックされるいつもの悪いパターンに。
このブレークにより勢い付いたバシラシヴィリのハードヒットショットがガンガン決まり出し、錦織が振り回される悪い展開となってしまい、完全に攻守が逆転してしまいました。
ファーストサーブの入りも悪くなってきた錦織、4-4からのサービスゲームをブレークされ、次のバシラシヴィリのサービングゲームをキープされて4-6で落としてしまいました。

第3セットもバシラシヴィリ優勢で始まり、1-1からの錦織のサービスゲームを先にブレークされてしまいました。
しかし、2-3からのバシラシヴィリのサービスゲームをブレークバックし3-3に追いつくと、次の錦織のサービスゲームでバシラシヴィリが転倒、このあたりからバシラシヴィリに疲れが目立つようになり、ショットの精度が落ちてきました。
最後は5-4からのバシラシヴィリのサービスゲームをブレークして6-4で勝ち切ることができました。

試合展開が有利になると集中力が切れてしまうのか集中力が1セットしか続かないのか、2セットのストレートで勝てそうな試合をフルセットに持ち込まれるパターンが非常に多く見られます。
これが次の試合への疲労の蓄積につながってしまいます。

準決勝では166位のマティアス・バッヒンガー(Matthias Bachinger)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝。
体力が回復できていれば問題のなく勝ち上がれる対戦相手と思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのメッツで開催されているモゼール・オープンの2回戦で錦織圭が勝利。準々決勝へ進みました。

第1シードでの錦織圭は2回戦が初戦でした。
ATPランキング12位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori) が45位のピーター・ゴヨブジク
(Peter Gojowczyk)に7-6、6-3のストレートで勝利。
第1セットはゴヨブジクのサーブにタイミングが合わず、錦織もサービスゲームをキープして、お互いにキープしてタイブレークに。タイブレークでは僅かにストロークの精度が勝る錦織が7-4で取りました。

第2セットは2ゲーム目で錦織が先にゴヨブジクのサービスゲームをブレークしましたが、すぐにブレークバックされるいつもの悪いパターンに心配しましたが、次のゴヨブジクのサービスゲームを再度ブレークしてブレークアップすると、あとはお互いにキープして6-3で取りました。

インドアのコートでの初戦でしたが、コートサーフェスにはアジャストできていたようでした。
試合の終盤で非常に疲労感があったのが、気になりました。全米オープンでの疲れがまだ完全に回復していないのかもしれません。
モゼール・オープンの2回戦で錦織圭が勝利 準々決勝へ


準々決勝では31位で第5シードのニコロス・バシラシヴィリ(Nikoloz Basilashvili)と対戦します。
過去の対戦はありません。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ