つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 向島

ブログランキング・にほんブログ村へ

年末と言う事で、向島の料亭月笛さんへ寄らせていただきました。

普段は居酒屋での宴会でも、忘年会は料亭の床の間付きのお部屋で芸者さんとお座敷遊びで盛り上がりたいと言う方も多いようで、忘年会の予約は早くから満席となったそうです。
景気も少しは上向いてきているのかもしれません。

お座敷遊びと言うと定番の「とらとら」や「おまわりさん」はテレビなどでも紹介されているので良く知られていますが、「可杯」や「菊の花」、「五重塔」など、あまり知られていないお遊びもあります。

>>お座敷遊び
>>向島の料亭月笛


向島の料亭月笛

向島の料亭月笛


誰が取るのか菊の花
お座敷遊び 菊の花

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

昨日は、押上のスカイツリーから、隅田川の桜橋のたもとにある、向島芸者さんの「芸妓茶屋」へ寄って、桜橋を渡って浅草側を川沿いに歩き、吾妻橋の近くの神谷バーまで散歩しました。
好天に恵まれ、大勢の人出でした。
着物を着た若い人が多いのに驚いたのですが、中国語を話していたのでまたびっくりでした。外国人相手のレンタル着物ビジネスが流行っているようです。

押上駅のスカイツリー
押上駅のスカイツリー

スカイツリーから桜橋までは15分くらい歩きます。

桜橋デッキスクエアに上がる階段
桜橋デッキスクエアに上がる階段


向島芸者さんの「芸妓茶屋」でお団子をいただく
向島芸者さんの「芸妓茶屋」でお団子をいただく

向島芸者さんの「芸妓茶屋」でお団子をいただく

向島芸者さんの「芸妓茶屋」でお団子をいただく


桜橋を渡って浅草側へ
桜橋を渡って浅草側へ

桜橋を渡って浅草側へ


桜橋を渡って浅草側へ

桜橋を渡って浅草側へ


吾妻橋からスカイツリーとアサヒビール
吾妻橋からスカイツリーとアサヒビール


吾妻橋の交差点から見た神谷バー
吾妻橋の交差点から見た神谷バー


Youtube:向島芸者の「芸妓茶屋」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

向島の料亭月笛さんの節分の会で楽しませていただきました。

周防正行監督のミュージカル映画『舞妓はレディ』のオープニングシーンに出てきますが、節分お化けと言って、京都の祇園では舞妓さんや芸妓さんが仮装してお座敷でサービスするようです。向島の料亭では仮装とまでは行きませんが、趣向を凝らした踊りを楽しませていただきました。
向島の料亭月笛さんの節分の会


向島の料亭月笛
節分お化け - Wikipedia
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は、向島の見番で開催された、向島の若い芸者衆の発表会「ゆかたの会」を見に行ってきました。
向嶋墨堤組合
「ゆかたの会」向島の芸妓(半玉)

修行中の芸者さんの演奏と舞踏が披露されました。
邦楽には疎く、清元、常磐津、長唄、小唄、大和楽、端唄など良く分からないので、上手い下手は良く分かりませんが、若い芸妓(半玉)さんが、ゆかたを着て踊る姿はとても優雅なものでした。
残念ながら撮影禁止でした。
演奏
 清元 子守
 常磐 恵方萬歳
 長唄 越後獅子

舞踏
 長唄  春の水
 大和楽 おせん
 大和楽 三十石夜舟
 長唄  岸の柳
 小唄  都鳥
 端唄  さつまさ

 長唄  菖蒲浴衣
 端唄  公用の橋
 常磐津 廓八景
 大和楽 たけくらべ


13日から周防正行監督、上白石萌音主演のミュージカル映画「舞妓はレディー」が公開されます。
周防正行監督最新作 映画『舞妓はレディ』公式サイト
映画のタイトルが「マイ・フェア・レディ」に似ていますが、言語学者が指導して行くと言ったストーリーにも似たところがあるようです。周防監督なのできっと素晴らしい作品に仕上がっていることと思います。
ちなみに、修行中の若い芸者さんのことを、京都では舞妓、東京では半玉と呼ぶようです。
昼間はお稽古、夜はお座敷ですから、辛抱のいる世界かと思います。

私は、向島の料亭月笛さんで、お座敷遊びをさせていただいたことがありますが、芸者さんが入った宴会はさすがに盛り上がりが違います。
京都の祇園や東京の向島など、伝統的な花街はいつまでも絶やさずに残して行って欲しいものです。

舞妓 - Wikipedia
半玉 - Wikipedia

清元節 - Wikipedia
常磐津節 - Wikipedia
長唄 - Wikipedia
小唄 - Wikipedia
大和楽 - Wikipedia
端唄 - Wikipedia

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

31日月曜に、スカイツリーから隅田川の桜祭り、浅草まで散歩しました。

東京スカイツリーのある押上駅で下車し、隅田川の桜橋の袂の向島芸者さんの茶店へ。31日は向島の料亭 月笛さんが担当でした。
茶店ではキビ団子をいただきました。
平日なので、お客様の入りが多くありませんでした。土日だと、大道芸やイベントもあって盛り上がるのですが、30日は雨でしたし、今週の土日にはもう桜は散ってしまうでしょうし、今年は少しばかり天候に恵まれませんでした。
隅田川には花見の屋形船が何艘も出ていました。美味しい料理を楽しみながら船からお花見と言うのも優雅ですね。

高齢の母へのお土産にと思い、長命寺の桜餅を買いに立ち寄ったのですが、残念ながら月曜で定休日でした。
仕方が無いので、その少し先で、「言問い団子」を買って帰りました。

隅田川沿いに歩いて、アサヒビールの展望喫茶 アサヒスカイルームへ立ち寄りましたが、こちらは平日にもかかわらず、大勢の人が待っていたのであきらめました。スカイツリーが開業してから有名になってしまったようです。

日本気象協会の桜の開花予想のサイトを見ると、北海道での開花は5月のようです。これから一ヶ月以上、日本全国で桜が楽しめます。。
開花予想 - 桜情報 - 開花予想 - 日本気象協会 tenki.jp

東京スカイツリー、隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、長命寺の桜餅、

隅田川の桜祭り、言問い団子

隅田川の桜祭り、言問い団子

隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り


隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

昨夜のNHK BSプレミアムの新日本風土記 (新日本風土記 - NHK)「東京下町 味わい春の旅」は、東京スカイツリー周辺の下町の特集でしたが、その中で「芸に青春をかける女性がいる」と言うことで、向島の料亭月笛の半玉「たまき」さんが紹介されていました。

4月に隅田川の桜祭りと隅田川七福神めぐりの神社と、スカイツリーを巡る散歩をしてきましたが、その時に桜橋の袂の向島芸者さんの茶店で「きびだんごにお茶」をいただいた時に、お運びしてくれたのが月笛の「たまき」さんでした。
向島の料亭 月笛の「たまき」さん BSプレミアムの新日本風土記 東京下町 味わい春の旅


ちなみに半玉とは見習い中の芸妓(芸者)のことで、京都での舞妓に相当します。
Wikipediaによると、『近年「京都の舞妓」のように花柳界に注目が集まる対象として「半玉」が各地に再び増えつつある』とありました。
Wikipedia:半玉

たまきさん、「夜行バスで岩手から来た」とありましたが、見習い修業を卒業して一人前の芸妓になれるように頑張って欲しいと思います。

向島芸者さんの茶店

向島芸者さんの茶店 きびだんご

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ