つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 国立新美術館

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

5月1日から六本木の国立新美術館で開催中の国画会主催の公募展『国展』へ行ってきました。
初日の5月1日に行ったのですが、この日は皇太子殿下の御即位を祝って、入館無料でした。

国展へは毎年行っていますが、絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など幅広いジャンルの作品が多数展示されているので、色々とかじっている私には非常に刺激になる展覧会です。

国立新美術館での開催は5月13日(月)までで、終了後は名古屋、大阪などへ巡回展示されます。

国立新美術館で開催中の『国展』行ってきました。

国立新美術館で開催中の『国展』行ってきました。

国立新美術館で開催中の『国展』行ってきました。

国立新美術館で開催中の『国展』行ってきました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

美術ブログランキングへ>にほんブログ村 美術ブログへ

国立新美術館で1月23日(水)から2月4日(月)までの予定で開催されている「アジア創造美術展2019」へ寄らせていただきました。
日本国内だけでなく、海外からの作品も多数出品されていました。
国立新美術館では、この他にも色々な公募展が開催されていて、素晴らしい作品が多く、意欲を掻き立てられました。
アジア創造美術展2019 国立新美術館

アジア創造美術展2019 国立新美術館

アジア創造美術展2019 国立新美術館


公募展|国立新美術館

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日は、六本木の国立新美術館で開催中の国画会の公募展『国展』へ。
絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など多岐にわたる素晴らしい作品が多数展示されていて、色々とかじっている私には非常に刺激になる展覧会でした。

係員の方にお伺いしたところ、フラッシュを使わなければ写真撮影は自由とのお話でしたので、撮影させていただきました。

下記の国画会情報板のページを携帯で見せると、入場料金が割引になります。
>>国画会情報板
国立新美術館での開催は5月9日(月)までで、終了後は名古屋、大阪、福岡などへ巡回展示されます。

会場では、偶然、伝統木版画教室の朝香先生(朝香伝統木版画教室)にお会いし、版画作品のご説明をしていただきました。
朝香先生は、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されていて、 海外への浮世絵製作技術の普及にもご尽力されています。

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

先週、六本木の国立新美術館へマン・レイ展へ行ってきました。
マン・レイは写真家のイメージだったのですが、もともと画家を目指していたようで、多くのデッサンや絵画、リトグラフ、オブジェなどが多数展示されていました。
個人的にはリトグラフの作品が気に入りました。

マン・レイ展

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

オルセー美術館展


昨日はオルセー美術館展がもう直ぐ終わりと言うことで、六本木の国立新美術館へ出かけました。午前中に行きましたが、平日にもかかわらず、入場には30分も待たされました。100点以上の作品があると言う話でしたが、当たり前ですが、パリのオルセー美術館の展示内容からするとかなり見劣りする内容でした。

同時に水墨画の公募展もやっていたので、立ち寄りましたが、広いフロアに多数の作品が展示されていました。全国には膨大な水墨画愛好家がいることに驚かされました。

国立新美術館
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ


昨日は、六本木に出来た国立新美術館へ開国立新美術館開館記念「アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展」へ。
他にも沢山の絵画がありましたが、「牛乳を注ぐ女」に関する解説ビデオなどもあり、あくまでもこの絵が中心でした。解説ではX線分析から、下に描かれた画像を分析して、現在の絵に到る試行錯誤の検討の様子や、遠近法の作画の為に針を使って、焦点から糸を張っていたらしいなどの、興味ある内容を見ることが出来ました。
コンサートや講演など色々とイベントがあるようなので、それを調べてから行ったほうが良かったようです。
帰りは、南北線の六本木一丁目まで歩きましたが、その途中の国立新美術館と同じ黒川紀章さんのデザインの「六本木プリンスホテル」は「ヴィラフォンテーヌ六本木 ANNEX」となっていました。
参考:国立新美術館
アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
ヴィラフォンテーヌ六本木 ANNEX
国立新美術館フェルメール 牛乳を注ぐ女
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ