つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 大坂なおみ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのシングルス2回戦 錦織圭、大坂なおみが勝利、3回戦へ勝ち上がりました。
>The Championships, Wimbledon


ATPランキング9位で第9シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 122位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)に 6-4、6-7、6-1、7-6で勝利。
ランキングは下ですが2連敗中の対戦相手。本当に苦戦しました。
同じフォームで打ってくる、スタコフスキのスライスやドロップショットに悩まされました。

第1セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして、1度ブレークバックされて6-4取り、幸先の良いスタートでした。

第2セットは先にサービスゲームをブレークされての2-5から追いつきタイブレークへ。
しかし、7-6のセットポイントでネットインのボールの処理をミスし、次のサーブをダブルフォルト。
逆にサービス力のあるスタコフスキのサービスエースが決まって7-9で落としました。
このタイブレークをきっちり取りきっていればもう少し楽な勝ち方が出来ていたでしょう。

第3セットはスタコフスキのサービスゲームを2度ブレークして6-1。

第4セットではお互いにサービスキープでタイブレークへ。
タイブレークでは集中力をアップした錦織に対して、予選勝ち上がりのスタコフスキに疲れが目立つ様になり、8-6で取りました。
1回戦とは異なり長い試合となりましたが、2連敗中の相手に4セットで勝ち切ったことは、今後につながる良い勝利でした。
試合を通してサービスエース7本でダブルフォルトが8本。ダブルフォルトが目立つ試合でした。

3回戦の対戦相手は19位で第18シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)。
錦織の4連勝中。2回戦ほどは苦戦しないのではないかと思われます。


44位の杉田祐一(Yuichi Sugita) が51位のエイドリアン・マナリノ(Adrian Mannarino)に1-6、7-5、6-4、6-7、2-6のフルセットで敗退。
先週のアンタルヤ・オープンの決勝で杉田がストレートで勝っていましたが、今回は終盤にエネルギー欠となりました。


WTAランキング59位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が23 位で第22シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に 6-1、0-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セットはストリツォワのサービスゲームを2度ブレークして6-1で取りましたが、

第2セットは逆に一方的な展開で0-6で落としました。

ファイナルセットではストリツォワのサービスゲームを1度ブレークして6-4で取りました。
サービス力が魅力の大坂ですが、もう少しファーストサーブが入らないと3回戦以降の苦戦が予想されます。

3回戦では11 位で第10シードのヴィーナス・ウィリアムズ(Venus Williams)と対戦します。
今回が初の対戦となります。
強敵ですが37歳のヴィーナス。十分に勝チャンスはあります。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ


大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利し、今日の3回戦へ進みました。西岡良仁、大坂なおみは敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)に6-3、6-4、6-3のストレートで勝利。
一回戦とは違い、終始錦織ペースの試合展開で、安心して見ていられる試合内容でした。
ただ、少し集中が切れてしまうためなのか、サービスゲームを3度ブレークされてしまいました。
このクラスの選手相手なのでブレークバックして勝つことは出来ますが、上位選手相手には許されません。
集中力を高めてスッキリと勝って欲しいところです。
3回戦では、121位のルーカス・ラッコ(Lukas Lacko)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝0敗です。4回戦以降の厳しい戦いのためにも、3ー0ストレートで勝って欲しい試合です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)に2-6、3-6、3-6のストレートで敗退。
スコア的には0-3となってしまいましたが、バウティスタのサービスゲームをブレークし、十分に勝てるチャンスがあると思いました。 
ただ、西岡がミスをした際に頭を下げて落胆してしまう態度が気になりました。このような態度は対戦相手を勢い付けさせてしまい、一気に押されてしまいます。メンタル面での向上が必要と思われます。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)に4-6、2-6のストレートで敗退。
大坂が先にコンタのサービスゲームをブレークするチャンスがありましたが、流石にトップ10の選手は、集中力が違います。ここを、切り抜けられると後はコンタの一方的な試合展開となってしまいました。
また、大坂の動きに鈍さが感じられたのが少し心配です。オフシーズンに焼肉を食べ過ぎて、太ってしまったとか言う事が無いと良いのですが。
体が絞れて、動きが良くなってくれば、十分にトップ10選手に勝てる可能性はあると思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス1回戦で、錦織圭、西岡良仁、大坂なおみが勝利し、今日からの2回戦へ進みました。
全豪オープンテニス 公式サイト

男子は錦織圭、西岡良仁、添田豪、女子は土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみ、日比野菜緒、尾崎里紗、穂積絵莉の9名が本戦出場。
今回は非常にオーダーに恵まれていたのでもう少し多くの選手が勝ち上がれると思っていましたが、6名が初戦敗退となってしまいました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 45位のアンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)に5-7、6-1、6-4、6-7、6-2のフルセットで勝利。
第1セットを落とした後、第2セットからサービスリターンの位置を下げ、しっかりリターンが返せるようになると錦織の優勢に。このまま3セット連取できる展開でしたが、第4セットはタイブレークで落としてしまいました。
最終セットは連戦の疲れで動きが落ちてきたクズネツォフに助けられました。
錦織はブリスベン国際でも今ひとつ動きに機敏さがかけていましたが、まだまだ本調子ではないようです。
2回戦では、72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4勝2敗です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 511位のアレックス・ボルト(Alex Bolt)に
6-4、1-6、6-2、6-4で勝利。
地元オーストラリアの格下選手で、終始ストローク力の勝る西岡ペースの試合でした。
2回戦では、14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)と対戦します。
過去の対戦はありません。

139位の添田豪(Go Soeda)が 56位のマレク・ジャジリ(Malek Jaziri) に3-6、4-6,、3-6のストレートで敗退。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 180位 ラクシカ・クムクム(Luksika Kumkhum)に6-7、6-4、7-5の逆転で勝利。
左右両手打ちのクムクムの浅い位置からのハードヒットに苦しめられましたが、最後は自力に勝る大坂が勝ちきりました。
2回戦では9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の0勝1敗。

42位の土居美咲(Misaki Doi) が 66位のポーリーン・パルメンティエ(Pauline Parmentier)に 5-7、5-7のストレートで敗退。
スコアはストレートでの敗退でしたが、惜しい試合でした。勝てるチャンスは十分にありましたが、ストロークの精度がほんの少し足りませんでした。

76位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が 111位 ステファニー・ボーゲル(Stefanie Voegele)に6-2、2-6、3-6の逆転で敗退。
好調なスタートでしたが、残念ながら逆転負けを喫してしまいました。

99位の日比野菜緒(Nao Hibino)が 35位 で第32シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)に4-6途中棄権で敗退。

100位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が 50位のサラ・エラーニ(Sara Errani)に5-7、1-6で敗退。
スコア的には一方的でしたが、十分に勝てるチャンスのある試合でした。
第1セット体調が悪くメディカルタイムアウトを取ったエラーニを、もう少し前後左右に振り回すことができれば、一気に勝てたかもしれません。このレベルの選手相手の経験を積んで行けば、まだまだランクアップしていけると期待できます。

217位の穂積絵莉( Eri Hozumi)が 87位 カリナ・ビットヘフト(Carina Witthoeft)に5-7、6-7で敗退。
スコアはストレートでの敗退でしたが惜しい試合でした。勝てるチャンスは十分にありました。
これから、このレベルの選手と戦って行けば、勝ちかたが見えて来ると思われます。

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明で行われている女子テニスのトーナメント 東レ パン・パシフィックオープン・テニスの決勝で、期待の18歳の大坂なおみがウォズニアキに敗れ準優勝となりました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

WTAランキング66位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が28位のキャロライン・ウォズニアキ(Caroline Wozniacki)に5-7、3-6のストレートで敗退。
第1セットの出だしは大坂が先にウォズニアキのサービスゲームをブレークする押し気味の展開でしたが、4-3とリードしたところで、ウォズニアキが足の付け根の故障のためにメディカルタイムアウトを取った当たりから少し調子を崩してしまい、5-7で落としてしまいました。

第2セットに入る前に今度は大坂が肩の治療の為のメディカルタイムアウト、この肩の故障の影響かサーブのスピードが極端に落ちて来てしまいました。
一方的な展開で0-5となった後に3ゲーム挽回しましたが、まともにサーブを打てない状況では勝つのは無理でした。もし、肩が万全なら勝てた試合だと思われます。
準々決勝でも途中で極端にサーブのスピードが落ちる場面がありました、慢性的な故障でないか心配です。
これからまだまだ先が長いので、治療優先にして無理をしないで欲しいと思います。

今回の活躍で大阪選手はランキングを50位以内に上げてくると思われます。
来年のグランドスラムでの活躍が楽しみです。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 決勝 大坂なおみが敗退 準優勝

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 決勝 大坂なおみが敗退 準優勝


Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明で行われている女子テニスのトーナメント 東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち決勝戦へ進みました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

昨日は、BSのTBSで観るつもりでしたが、第1試合の中継しかしないことが分かり、急遽有明へ生観戦に行ってきました。

WTAランキング66位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が20位の エリーナ・スビトリナ(Elina Svitolina)に1-6、6-3、6-2の逆転で勝利。
第1シードのムグルサを破って勝ち上がってきたスビトリナはさすがに強敵でした。
スビトリナのサーブはスピードは速くは無いですが精度が良く、ラインぎりぎりに入ってくるので、準々決勝までのように簡単にリターンエースを取れません。
ストロークも非常に深くコートカバリングも素早いので、なかなかポイントを取らせてもらえません。
大坂が辛抱しきれずに無理に決めに行ったショットでミスを重ね、一方的な試合展開となってしまい、第1セットは1-1から5ゲーム連取されて1-6で落としました。

第2セットに入る前のオンコートコーチングでのアドバイスが良かったのか、第2セットは無理に決めに行ってのミスが少なくなり、サービスのスピード・精度も上がってきて互角の展開に。
3-2からのスビトリナのサービスゲームをブレークして6-3で取りました。

第3セットは非常に緊張感のある出だしとなりましたが、3-2からのスビトリナのサービスゲームをブレークしてそのまま一気に連取し6-2で取りました。
終盤はミスの多かった大坂のフォアハンドストロークも安定してきて、スビトリナにダブルフォルトが出たりと、大きく流れを引き寄せることが出来ました。
トップ20の選手相手に、このような勝ち方が出来るとは驚きでした。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 準決勝 大坂なおみが勝ち決勝戦へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 準決勝 大坂なおみが勝ち決勝戦へ



決勝戦の対戦相手は28位のキャロライン・ウォズニアキ(Caroline Wozniacki)
故障の影響でランキングを落としてはいますが元1位の強敵。
女子選手随一のディフェンス力で大坂選手の強烈なショットをことごとく返球してくるでしょう。
無理に決めに行かずに、辛抱してチャンス作ってからウイニングショットを決めに行くようにすれば勝機はあると思われます。


もし、大阪選手がこのまま勝ち進んで優勝すると、1995年の第12回大会でダベンポートを破って優勝した伊達公子以来の21年ぶりの優勝となります。
第12回大会|東レ パン・パシフィックオープン・テニス

今日の準決勝戦はBSのTBSで12時から生放送されるようです。
BS-TBS 東レ パン パシフィック オープンテニス

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明で行われている女子テニスのトーナメント 東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ進みました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

昨日も有明で生観戦させていただきました。

WTAランキング66位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が107位のアリアクサンドラ・サスノビッチ(Aliaksandra Sasnovich)に6-3、7-6のストレートで勝利。
2回戦同様に立ち上がりの悪い大坂、第1セットの第1ゲームでいきなりブレークされて始まりましたが、直ぐにブレークバックして、そのまま優勢に試合を進めて6-3で取りました。

サスノビッチのサービスで始まった第2セットはいきなり5連続で取られて0-5。
途中極端にサーブのスピードが落ちてきて、肩でも痛めたのかと心配しましたが、ここから目が覚めたのか、サスノビッチが勝ちを意識したためか、一気に調子を上げた大坂が5ゲーム連取し追いついてタイブレークへ。
タイブレークでも先にミニブレークされてリードされますが、結局8-6で取りゲームセット。
最後は193kmのサービスエースで決めるところが大坂選手らしい勝ち方でした。

大坂のファーストサーブインの確率が48%。サービス力のある大坂でもこれではサービスキープに苦しみます。
準決勝ではもう少しファーストが入らないと厳しい戦いになるでしょう。
東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準々決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち準決勝へ


準決勝では20位の エリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗。今年の全豪オープンで大坂がストレートで勝っています。
WTA head to head: Naomi Osaka vs Elina Svitolina
スイトリナは順調にランキングアップしている22歳の若手選手でキャリアハイ14位。第1シードのムグルサを破り勝ち上がってきています。
昨日フルセットを戦ったスイトリナよりも体力的には大坂が少しばかり有利かもしれませんが、簡単には勝たせてくれないでしょう。

もし、大阪選手がこのまま勝ち進んで優勝すると、1995年の第12回大会でダベンポートを破って優勝した伊達公子以来の21年ぶりの優勝となります。
第12回大会|東レ パン・パシフィックオープン・テニス

今日の準決勝戦はBSのTBSで12時から放送されますが、残念ながら第1試合のみの放送のようなので、大阪選手の第2試合は放送されないようです。
BS-TBS 東レ パン パシフィック オープンテニス

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

このページのトップヘ