つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 子供

ブログランキング・にほんブログ村へ

連勝が止まらない藤井聡太四段の事が毎日テレビで取り上げられていますが、彼が子供の頃に遊んだ玩具 キュボロが入荷半年待ちになるほどに人気のようです。
将棋の藤井聡太四段という天才を育んだ秘密は幼少期のこの玩具にあり?|産経ニュース

確かに楽天市場で見てみると、入荷時期未定・予約となっています。
>キュボロ|楽天市場

小学生の時に『海賊とよばれた男』(百田尚樹)、『深夜特急』(沢木耕太郎)、『竜馬がゆく』(司馬遼太郎)を読んだそうですから、読書面でも並外れていますね。
“天才”藤井聡太、幼少時から見せていた「棋士の片鱗」 祖母語る|デイリー新潮



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

常円寺 大銀杏
昨日は、仕事で子供向けの英語教室へ行ってきました。子供と言っても、なんと日本語もまともに話せない1歳児からです。

英語と言えばゴルフの石川遼選手がスピードラーニングで学習しているとかで有名ですが、彼のように強い意志でやり続けることの出来る人は別ですが、普通の人はなかなか自分で勉強できないので、幼い時から外国人と一緒に話したり遊んだりすることにより、自然と英語を身に付けさせてしまおうということなのでしょう。

小学校や幼稚園に通いながら、塾へ通うような形で、英語学校へ通って英語の勉強をするパターン以外に、アメリカの幼稚園と同じような環境のクラスもあって、これをインターナショナル・プリスクールと言うそうです。(プレスクールとも発音するようです)

日本の幼稚園に入れる代わりに、子供をこのようなところに通わせる親も多いようです。

この教室では英語の発音とつづりの規則性を学ぶ学習法「フォニックス」と言うメソッドでネイティブスピーカーの発音を教えています。
大きくなってから学んだ日本人の英語の発音はイマイチですし、ネイティブスピードの英語のヒアリングはかなり困難ですが、小さい時から音から入る方法で言語中枢を鍛えておけば、国際結婚した家庭の子供のように2ヶ国語を理解できるようになるかもしれません?

今回、トヨタの社長がアメリカの公聴会で英語で話していましたが、ビジネスの世界でも大手の会社の社長は海外渡航経験がある人が多数います。
グローバル化の時代、英会話が出来ないと、ビジネス、スポーツを問わずどの分野でも話にならないと思います。
最近はアパートの管理人でも外国人が多くなってきているので、英語力が必要になってきているとのお話も先日伺いました。

このような英語教育のニーズは今後、益々高まってくるのではないかと思います。
子供向けの英語教室

参考:
子供向け英語教室 ズーフォニックス
フォニックスとは
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ