つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 尾崎里紗

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス1回戦で、杉田祐一、ダニエル太郎、大坂なおみ、日比野菜緒、尾崎里紗、奈良くるみが勝ち、2回戦へ進みました。
土居美咲、江口実沙は敗退しました。
錦織選手が欠場していますが、他の選手ががんばってくれています。

US Open Official Site

ATPランキング 43位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 331位のジェフリー・ブランカノ(Geoffrey Blancaneaux)に6-2,6-2,6-0のストレートで勝利。
第1、2セットを連取して、第3セット目に入ったところで雨の中断となり翌日に順延となりましたが、再開後の第3セットは0-6で圧倒しました。
テンポの速いグランドストロークが深くく決まり、相手をエンドライン後方へ追いやって有利に試合を進めていました。かなり調子が良さそうです。
2回戦では59位のレオナルド・メイヤー(Leonardo Mayer)と対戦します。
過去の対戦はありません。
191cmの長身のメイヤー。1回戦で第26シードのガスケを敗っているので、かなり好調と思われます。
ランキング的には下ですが、苦戦が予想されます。

118位のダニエル太郎(Taro Daniel)が 159位の トミー・ポール(Tommy Paul)に6-1,4-6,4-6,6-2,6-2のフルセットで勝利。
第1セットを6-1で取りましたが、第2セットからファーストサーブの入りが悪くなり苦戦しました。
3時間近い試合となりました。
2回戦では1位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
いつもの粘りのダニエルのプレースタイルでは、強烈なトップスピンのナダルに対しては全く相手にならないと思われるので、どのような戦略で挑むのか見るのが楽しみです。


WTAランキング45位の大坂なおみ(Naomi Osaka) が 6位で第6シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に6-2、6-1のストレートで勝利。
終始、攻撃力で勝る大坂が攻めきっての勝利でした。
以前は目立っていた200km/h以上のスピードのファーストサーブに頼ることなく、グランドストロークでケルバーから大量のウイナーを奪っていました。
昨年の3回戦、ファイナルセット4-0から逆転されて敗北した経験のある大坂でしたが、今回は浮き足立つことなく最後まで落ち着いてプレーができました。
このプレーを続けられればベスト8位までは行けると期待できます。

2回戦では90位のデニサ・アレルトバ(Denisa Allertova)と対戦します。
過去の対戦はありません。
第6シードに勝っている大坂ですので、このレベルの相手なら問題なく勝ち上がってくれると思われます。

80位の日比野菜緒(Nao Hibino)が 36位のキャサリン・ベリス(Catherine Bellis)に6-3,4-6,7-5のフルセットで勝利。
第1セットをベリスのミスに助けられ6-3で取り、良いスタートを切った日比野でしたが、第2セットに入るとベリスのミスが減り、逆に日比野のミスが増える悪い展開に。
第2セットを4-6で落とすと、第3セットも悪い雰囲気で先行されましたが、3-5からの日比野のサービスゲームから、開き直ったのか積極的なプレーで切れの良いショットが復活し、一気に4ゲームを連取して勝ちました。
良いプレーをしているのに、逆転負けでの惜しい敗戦が多く見受けられた日比野選手なので、第3セットの序盤ではもうだめかと思いましたが、精神的にずいぶんとタフになってきました。
今までのグランドスラムではドローに恵まれず、初戦でトップシード選手との対戦も多く、今回が8回目の挑戦での初勝利でした。
決定力のあるショットを持つ選手なので、これからの活躍が楽しみです。

2回戦では37位のルーシー・サファロバ(Lucie Safarova)と対戦します。
過去の対戦はありません。
サファロバはキャリアハイ5位の強敵ですが、日比野が実力通りのプレーが出来れば十分に勝ち上がりの可能性があると思われます。

96位の尾崎里紗(Risa Ozaki) が 219位のダニエル・ラオ(Danielle Lao)6-3,6-7,7-6のフルセットで勝利。
ランキング下位の選手相手でしたが、きわどい試合を何とか物にしての勝利でした。

2回戦では26位で27第シードのザン・シュアイ(Shuai Zhang)と対戦します。
過去の対戦成績は、尾崎の0勝1敗。厳しい戦いとなることが予想されます。

116位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が 86位のサラ・ソリベス トルモ(Sara Sorribes Tormo)に6-1,6-2のストレートで勝利。
キャリアハイ32位の奈良選手。ここのところ調子を落としていましたが、相性の良い全米で元気なプレーが戻ってきました。
これで、トルモには2連勝となりました。

2回戦では8位で第8シードのスヴェトラナ・クズネツォワ(Svetlana Kuznetsova)と対戦します。
過去の対戦成績は、奈良の0勝3敗。厳しい戦いとなることが予想されます。

94位の土居美咲(Misaki Doi)が 25位で第 23シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に1-6,3-6のストレートで敗退。
キャリアハイ30位の土居選手ですが、ここのところストロークや動きに切れが無く、ミスショットも多く勝てなくなっています。
今は再起へ向けての辛抱の時なのかもしれません。

316位の江口実沙(Misa Eguchi)が 41位のクリスティーナ・プリスコバ(Kristyna Pliskovaに2-6,2-6のストレートで敗退。
怪我からの復帰の影響か、江口選手の動きには精彩がありませんでした。
100%の状態で無いと、このレベルの選手とは勝負になりません。

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎公式Blog,Twitter

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ
尾崎里紗 twitter
江口実沙公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利し、準々決勝へ進みました。尾崎里紗は敗退しました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が57位のフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝利。
初対戦の相手のプレーを探るように、お互いサービスキープの緊張感のあるスタートの第1セットでしたが、徐々にデルポニスのサービスに慣れてくると、錦織が2-3から一気に4ゲーム連取して6-2で取りました。

延びのあるストロークが深く入る安定したストロークの錦織でしたが、第2セットに入ると途中で左膝を痛めたようで、サーブが入らなくなり、フットワークが悪くなったための振り遅れが原因なのか、ストロークがネットにかかることが多くなりました。第2セットは4-6で落としましたが、マッサージを受けながらプレーを続けました。

悪い流れを引きずったファイナルセットも先にブレークされましたが、徐々に膝の具合が戻ってきたのか、集中力を高めた錦織が1-2から4ゲーム連取して5-2に。その後キープ・キープで6-3で取りました。
第3セットは5本のダブルフォルトでファーストサーブインの確率が50%。このスタッツでよく勝てたと思います。

準々決勝では40位のファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、フォニュイーニは4回戦を1時間ほどでストレートで勝ち上がってきています。
錦織の2時間を越える戦いでの疲れと膝の怪我の具合が心配されます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Fabio Fognini


女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が1位で第1シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に2-6、2-6のストレートで敗退。
スコア的には一方的のようですが、第1、2セットで1ゲームずつケルバーのサービスゲームをブレークできました。
サービスゲームのキープ率を高めていけば、このレベルの選手にも十分に通用すると期待できる結果でした。
尾崎は今回の活躍で70位台にランクアップしてくると思われます。全仏での活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

尾崎里紗 twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭と尾崎里紗が勝利し、4回戦へ進みました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が30位で第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に7-6、6-7、6-1のフルセットで勝利。
第1セット序盤でベルダスコのサービスゲームをブレークし、錦織の楽勝ペースのように思われましたが、途中から急に錦織のミスが目立つようになり、もつれた展開となってしまいました。
第1セットをタイブレークで取り、第2セットは取り返されて第3セットへ。

第3セットでは1-1からの錦織のサービスゲームでブレークされそうになりながらも何とかキープすると、気落ちしたのかベルダスコの疲れが目立つようになり、その後は一気に5ゲーム連取して6-1で取りました。
33歳のベルダスコのスタミナ切れに助けられた試合でした。
リードしている展開で、集中力を切らさずにきちっと取りきらないと、これからの対戦相手には厳しいと思われます。

4回戦では57位のフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)
と対戦します。
過去の対戦成績はありません。
デルボニスは191cmの長身のサウスポー。サービスリターンがキーになると思われます。


女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が47位のユリア・ゴルゲス(Julia Goerges)に7-6、6-3のストレートで勝利。
第1セットはお互いダービスゲームを2ゲームブレークしてタイブレークへ。タイブレークを7-5で取ると、第2セットはゴルゲスのサービスゲームを3ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて6-3で取りました。

4回戦では1位で第1シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)と対戦します。
過去の対戦はありません。

予選を2戦勝ち抜いての4回戦。かなり疲労が蓄積してきていると思いますが、今の勢いでナンバー1を撃破してくれることを期待したい。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

尾崎里紗 twitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス2回戦で、錦織圭と尾崎里紗が勝利し、3回戦へ進みました。西岡良仁と大坂なおみは敗退しました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が74位のケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)に6-4、6-3のストレートで勝利。
終始、錦織がサービスゲームを安定してキープし、一度もプレークポイントを与えない、安心して見ていられる試合でした。
203cmの長身のアンダーソンの200kmを超えるファーストサーブのリターンにもう少し苦労するかと思いましたが、第1セットは一回、第2セットは2回ブレークすることが出来ました。

準々決勝でジャック・ソックに敗退した先週のインディアンウェルズでは、高く跳ねるコートでサービスリターンに苦労していましたが、今回のコートはそれほど弾まないようです。
マレーとジョコビッチが欠場で第2シードでの出場ですし、昨年と同等の準優勝以上の成績が期待できます。
もしかしたら、準決勝でナダル、決勝でフェデラーとの対戦が見れるかもしれません。

3回戦では30位で第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)
と対戦します。
過去の対戦成績は2勝2敗ですが、直近では錦織が2連勝中です。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Fernando Verdasco


西岡良仁は第13シードのジャック・ソックに4-3リードしているところで怪我のために途中棄権となってしまいました。
サイドに振られたボールを追った時に膝を痛めたようでした。連戦の疲労が相当に蓄積されていたと思われます。
西岡選手のTwitterには「リードした場面で左膝を痛め動ける状態ではなかった為の判断です。 どうゆう症状なのかはMRIを取らなければ判断出来ないとの事なので、日本での検査の後お伝えします。。。」
とありました。早く回復して全仏には万全のコンディションでの活躍を期待したいです。

女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が21位で第16シードのキキ・ベルテンス(Kiki Bertens)に6-4、4-6、6-1のフルセットで勝利。
第1セットを取り第2セットを取り返されてのファイナルセット。一度もプレークポイントを与えずに、安定してサービスゲームをキープし、ベルテンスのサービスゲームを2度ブレークして6-1で取りました。
予選を勝ち抜いての1、2回戦勝利。このところ力をつけてきている尾崎の活躍が楽しみです。

3回戦では47位のユリア・ゴルゲス(Julia Goerges)と対戦します。
過去の対戦成績は尾崎の0勝1敗ですが、今の尾崎なら十分に勝てるチャンスはあると思います。
ATP Head to Head:Risa Ozaki vs Julia Goerges


大坂なおみは第3シードの シモーナ・ハレプ(Simona Halep)に4-6、6-2、3-6のフルセットで敗退。
敗れはしましたが第3シードと互角の戦いをしています。これからの活躍が楽しみです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter

尾崎里紗 twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は、有明コロシアムで昨日から本戦がスタートした東レ パン・パシフィックオープン・テニスの観戦に行ってきました。

コロシアムでの試合は、日本人選手の出場する予選の決勝2試合の後に、WC(主催者推薦)で出場の注目の若手 大坂なおみの試合が組まれました。
本戦のスターティングカードに選ばれたことからも主催者側の大坂選手にかける期待の大きさがうかがわれます。
予選決勝の第一試合は
尾崎里紗 (Risa Ozaki)がアナ・コニュー(Ana Konjuh)に4-6、0-6のストレートで敗退。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 尾崎里紗


予選決勝の第2試合は日比野菜緒 (Nao Hibino)がカテリナ・ボンダレンコ(Kateryna Bondarenko)に3-6、4-6のストレートで敗退。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 日比野菜緒

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 日比野菜緒

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 予選決勝 日比野菜緒

両選手共に出だしは互角でしたが今一歩力が及びませんでした。残念ながら日本人選手は一人も予選突破できませんでした。

本戦1回戦はWTAランキング182位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が40位のバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に5-7、2-6のストレートで敗れましたが、200kmを越えるファーストサーブと、チャンスボールを一撃で決める破壊力のあるストロークには観客を魅了するものがあります。破壊力のあるサーブやストロークに何度もスタンドがどよめいていました。

第1セットいきなりサービスゲームをブレークされて0-3の劣勢から一旦は追いつき、流れが大坂の方に傾きかけていましたが、ドロップショットやネットプレーなど多彩な攻撃でうまく交わされ、今一歩及びませんでした。

ドロップショットで何度もポイントを取られていたシーンが目立ちました。第一歩目の反応が遅いのか、ボールに追いついてからの処理が悪いのか、強いショットで相手を攻めているシーンでやられてしまい、勝敗を大きく左右するものとなっていました。このあたりの処理能力とストロークの精度向が必要と思われます。

1997年10月生まれの17歳。もう直ぐ18歳で出場試合数制限もなくなるので、一気にランクアップしてくると期待されます。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 和製セリナ 大坂なおみ


外の練習コートではウォズニアッキ選手が練習をしていました。
最初にラバーバンドでストレッチしてから、ショートラリー、ストロークと進めていました。生観戦は選手の練習を見れることも楽しみの一つです。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス ウォズニアッキ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス ウォズニアッキ


今日のシングルス1回戦ではATPランキング80位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が86位の土居美咲(Misaki Doi) に7-6、6-2で勝ちました。
二人はダブルスにペアを組んで出場していて、こちらは昨日1回戦を勝ち上がっています。

奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ
Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日から本戦が始まった、東レ・パンパシフィック・オープン テニスのシングルス1回戦でクルム伊達公子、森田あゆみ、土居美咲の3人が1回戦を勝利し、2回戦に進みました。

予選に勝利して本戦入りしていた期待の新人、尾崎里紗は、残念ながらポン・シュアイに完敗してしまいました。

WTAランキング196位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が37位のポン・シュアイ(Shuai Peng)に2-6、1-6のストレートで敗れました。
第1、2セットともに、尾崎はポン・シュアイのサービスゲームを一つブレークしましたが、3ゲームブレークバックされてしまいました。
尾崎はファーストサーブインの確率が64%とそれほど悪くはありませんでしたが、ファーストサーブが入った時のポイント率が29%。ファーストからガンガンと攻められてゲームにならなかったようです。予選決勝を観戦しましたが、かなり良いサービスを打っていたように見えたのですが、連戦の疲れが出たのか、このクラスの相手には通用しなかったようです。


WTAランキング60位のクルム伊達 公子(Kimiko Date-Krumm)が145位のアナスタシャ・ロディオノワ(Anastasia Rodionova )に6-2、4-1 途中リタイアで勝ちました。
この試合は第2セットからネットのライブストリーミングで観戦しましたが、伊達の速くて深いストロークにロディオノワがついてこれていませんでした。第2セット途中でロディオノワがサーブを打った時に、体を痛めてしまったようで、メディカルタイムアウトを取り治療の後に再開しましたが、結局棄権となってしまいました。
現在の日本の女子のランキングは伊達さんがトップ、1回戦の勝利で更にランキングを上げて来るでしょう。若手女子選手にも負けないようにがんばって欲しいものです。
東レ・パンパシフィック・オープンのシングルス1回戦 クルム伊達公子

東レ・パンパシフィック・オープンのシングルス1回戦 クルム伊達公子


WTAランキング62位の森田あゆみ(Ayumi Morita )が38位のローラ・ロブソン(Laura Robson )に7-6、6-3のストレートで勝ちました。
第1セットはお互いにサービスゲームを2ゲームブレークしあってタイブレークへ。タイブレークでは森田が7-4で取りました。
第2セットは森田が全てのサービスゲームをキープして、ロブソンのサービスゲームを一つブレークして勝ちました。ランキング38位の左利きで180cmの長身の強敵相手に良く勝ちをもぎ取りました。


WTAランキング95位の土居美咲(Misaki Doi)が55位のバーバラ・レプシェンコ(Varvara Lepchenko )に6-7、6-0、7-5の逆転で勝ちました。
第1セットはお互いにサービスゲームを2ゲームブレークしあってタイブレークへ。タイブレークを土居は3-7で落としてしまいました。
第2セットは土居の一方的な展開で6-0で取り、最終セットに。
第3セットはブレーク合戦となりました。土居が3個のサービスゲームのブレークを許しましたが、4つブレークバックして7-5で勝ちきりました。ランキング元19位で左利き、180cmの長身選手相手に良く勝ちをもぎ取りました。


昨日のシングルス1回戦には奈良くるみ(Kurumi Nara)が登場しましたが、残念ながら WTAランキング39位のエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)に6-2、5-7、3-6の逆転で敗退しました。

東レ パン・パシフィック・テニス - TORAY PPO TENNIS

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
川原コーチの遠征記
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ