つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:尾瀬

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

尾瀬=>桧枝岐(2003.7.25-27)
今回、尾瀬に行った写真をアップしたので、6年前の2003年の同じ時期(7月)に行った時の写真をアップしました。

少しばかり今回より遅かったので、ニッコウキスゲは満開でした。 ただ、残念なことに天候が雨模様でしたので、山は雲の中で見えませんでした。
ニッコウキスゲは満開でした。 ただ、残念なことに天候が雨模様でしたので、山は雲の中で見えませんでした。

ルート(1日目):東京⇒(バス)⇒鳩待峠⇒(歩き)⇒尾瀬ヶ原⇒尾瀬沼⇒沼山峠⇒(バス)⇒桧枝岐(泊)
新宿発の夜行バスで朝の6時ごろに鳩待峠に到着。尾瀬ヶ原から尾瀬沼を経由して沼山峠のバス停まで8時間ほど歩きました。ここからバスで宿泊先の桧枝岐村へ。

ルート(2日目):桧枝岐⇒(バス)⇒会津高原(電車)⇒浅草

宿泊先の桧枝岐村の民宿では、共同浴場のチケットをもらうことが出来ましたので、大きなお風呂で旅の疲れを癒すことが出来ました。お料理は贅沢なものは出ませんが、キノコの素朴なお料理で、それはまた良いものです。

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原

尾瀬沼

尾瀬ヶ原の花

尾瀬ヶ原の花

桧枝岐村

桧枝岐村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

吹割の滝、谷川岳、尾瀬、旅行ルート

クラブツーリズムのパックツアー「ご夫婦で行く!花咲く尾瀬と水上温泉郷 吹割の滝と谷川岳ロープウエイ2日間」のバスツアーへ行ってきました。



初日は吹割の滝と谷川岳へ。
新宿の西口から出発。関越の沼田インターで下りて吹割の滝へ、岩が作り出した変わった形の滝でした。
東洋のナイアガラと言われている事からかなりのスケールをイメージしていたのですが、思ったより小さい滝でした。

そのあと谷川岳へ。
ロープウエイと天神峠リフトを乗り継いであっという間に標高1500mの天神峠の展望台へ。
さすがに展望は抜群ですが、天候が思わしくなく残念ながら雲がかかっていました。
ここに天満宮があったので、旅の安全を祈願。
夜は水上高原ホテル200(旧水上プリンスホテル)へ。
こちらの温泉は、ぬるっとした感じの、柔らかな肌触りの温泉です。
夕食は、夫婦異なった料理が出ましたが、メインはローストビーフで一緒でした。

2日目は、尾瀬へ。
鳩待峠まで、マイクロバスで送迎してくれました。
5時間しか自由時間がなかったので、尾瀬ケ原の牛首から東電小屋の方へ少し行ったところまでで、帰ってきました。
まだ、ニッコウキスゲは満開では無くて2−3分咲きと言うところでしょうか。それでもニッコウキスゲ越しに眺める燧ケ岳の眺めは最高です。

前回(6年前の2003年)は7月下旬に行ったので、その時はニッコウキスゲが満開でした。前回の写真はこちら>>尾瀬⇒桧枝岐

色々な花が咲き、川には岩魚が泳ぎ、鳥にも出会えました。
何度訪れてもここの湿原は感動的な美しさです。

帰ってから東京電力の尾瀬のサイトを覗いてみたら、写真コンテストの受付を7月末まで行っていました。腕に自信のある人は撮って来た写真を応募してみるのも楽しみでは?

参考:
東京電力の尾瀬のサイト

吹割の滝

天神峠LIFT

天神峠

天神峠からの眺め

水上高原ホテル2000の夕食 男

水上高原ホテル2000の夕食 女

尾瀬 燧ケ岳

尾瀬ケ原の花

尾瀬ケ原の花

尾瀬ケ原の花

尾瀬ケ原の花

尾瀬ケ原の花

尾瀬ケ原の鳥
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ