ヤフージャパンがGoogleの検索エンジンを使用することで、日本の検索エンジンの90%がGoogleになってしまうようです。
以前にもブログに書きましたが、中国や韓国では検索エンジンのトップシェアは国産品ですが、日本には良い国産の検索エンジンが無いので、このような事になってしまったわけです。

既に、通信販売市場の売上高は、コンビニエンスストアや百貨店の規模を抜いたようですし、ネット広告費は新聞を抜いていますこれから益々、検索エンジンが重要になります。

また、あり得ないとは思いますが、日本とアメリカが敵対した場合に、アメリカに都合の悪い情報は検索に出てこないような事も簡単に操作出来てしまいます。安全保障の観点でも、好ましくない事だと思います。

車の通らない高速道路や、飛行機の飛ばない飛行場を作っていないで、このようなところに、どんと予算をつけて、世界に誇れる国産の検索エンジンを開発してほしいものです。

日本のIT産業では派遣の労働者を中心とした労働集約的な形になっていて、知的なクリエイティブ産業のイメージが低いので、そのあたりから変革をしないと駄目だと思いますが。

Yahoo!JAPAN、Googleの検索エンジンと広告配信システムを採用 正式発表

ネット広告費が新聞を抜く--電通「2009年日本の広告費」を発表