つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 有明コロシアム

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日から東レ パン・パシフィックオープン・テニスの本戦が始まりますが、予選は一昨日から行われています。

一昨日の予選1回戦には用事があって行けなかったので、残念ながらスタンフォードの大会でサマンサ・ストーサーに勝って話題になった、16歳で180cmの長身選手 大坂なおみの試合を見ることが出来ませんでした。
1回戦で青山修子に敗退してしまいましたが、試合後のインタビューによると、青山選手のフォア・バック両方両手打のフラットなストロークについていけなかったようです。

広場のステージでは奈良くるみと古閑美保のトークショーが行われ、大勢の人が集まっていました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 広場

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 奈良くるみと古閑美保のトークショー


2回戦は有明コロシアムで行われた試合を一通り観戦しました。
第1試合
WTAランキング132位の江口実沙(Misa Eguchi)が271位の青山修子(Shuko Aoyama)に3-6、6-4、6-1の逆転で勝ちました。
2セット目から観戦しましたが、ほとんど互角の戦いでした。
173cmの江口と青山は20cm近い身長差。江口の跳ねるボールを肩口で返球を続ける青山に、徐々に疲れが出てきて逆転されました。
江口は勝ちましたが、センターへの甘い返球が多く、動きもあまり俊敏でなく感じました。動きの良い青山との対戦だから余計にそう感じたのかもしれませんが。
3回戦の99位のジャーミラ・ガイドソバ(Jarmila Gajdosova)戦では、もう少し厳しいコースを打ち分けていかないと勝利は難しいと思われます。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 江口実沙 対 青山修子


第2試合
WTAランキング395位の澤柳璃子(Riko Sawayanagi)が 180位のアナスタシャ・ロディオノワ(Anastasia Rodionova)に7-6、4-6、0-6の逆転で敗れました。
浮き沈みの激しい試合で、第1セットは先にブレークしてリードしますが、逆転されまた追いついてタイブレークのシーソーゲーム。タイブレークではロディオノバがいきなりダブルフォルトしてくれて、終始リードして7-4で取りました 。
ここまでは良かったのですが、第2セットから徐々にロディオノバのペースに、終盤は一方的な試合となってしまいました。
澤柳は振られた時のショットの正確性に欠けていました。まだ若くて体幹が弱いのでしょうか、奈良のような切り替えしてエースを取るようなストロークを出せていれば、展開は変わっていたかもしれません。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 澤柳璃子 対 アナスタシャ・ロディオノワ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 澤柳璃子 対 アナスタシャ・ロディオノワ


第3試合
WTAランキング248位の波形純理(Junri Namigata)が188位の尾崎里紗(Risa Ozaki)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
ランキングでは尾崎の方が上ですが、サービス・ストローク全ての面で波形の方が勝っていました。
フェドカップメンバーに選ばれた尾崎を注目していたのですが、大きなスタジアムで上がってしまったのでしょうか、動きが良くありませんでした。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 波形純理 対 尾崎里紗

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 波形純理 対 尾崎里紗


3回戦を勝ち抜くのは厳しいでしょうが、何とか一人でも多く本戦出場を出来ることを祈っています。


本戦ダイレクトインの奈良と伊達の対戦相手は既に決まっています、
WTAランキング37位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 18位のカルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro)
過去の対戦成績はありません。地元の応援をバックにきっと勝ってくれると期待しています。

WTAランキング86位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) 対 24位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)
過去の対戦成績は伊達の0勝1敗で、2010年にシドニーでフルセットで敗れています。
伊達さんのブログを読むと肩の調子が悪いようです。元ランキング1位のアザレンカ相手に、万全でない体調で戦うのは厳しいと思われます。

WTA Head to Head:Kimiko Date-Krumm vs Victoria Azarenka

奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

有明コロシアムで行われているデビスカップのカナダ戦最終日の第一試合のシングルスで錦織圭が勝利し、準々決勝へ進出しました。
準々決勝はチェコと4月4日から有明コロシアムで行われるようです。

ATPランキング18位の錦織圭(Kei Nishikori) が 119位のフランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)に 6-2、1-0、途中リタイアで勝ちました。
添田戦の時にがんがん決まっていたダンチェビッチのファーストサーブを錦織はきっちり返球していました。こうなると、ストローク力で勝る錦織の一方的な試合に。途中で腹筋を痛めたダンチェビッチが戦意喪失してしまったと言う感じの途中棄権でした。

試合が決まった後に行われた第5試合では、140位の添田豪 (Go Soeda)が 135位のピーター・ポランスキー(Peter Polansky)に6-1、6-4で勝ちました。
現在のランキングでは下ですが、キャリアハイ47位の添田の方が実力的には上ですので、プレッシャーのない状況で戦えば、すんなりと勝つことが出来ます。チームリーダーの添田豪が勝ったことは次の試合につながると思います。

4月の準々決勝の対戦相手のチェコにはATPランキング7位でキャリアハイ5位の強敵トマス・ベルディフ(Tomas Berdych)がいます。一回戦のオランダ戦では錦織と同様に3試合に出場し3勝しています。4月の戦いは錦織 対 ベルディフの一騎打ちの戦いになります。錦織のトップ10入りの実力アップが勝利につながります。



日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)
添田豪 (Go Soeda)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)



カナダチーム
フランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)
ピーター・ポランスキー(Peter Polansky)
ヴァセク・ポスピシル(Vasek Pospisil)
ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

選手の公式サイトやブログ
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今日から有明コロシアムでデビスカップのカナダ戦が始まりますが、カナダチームはトップ選手のミロ・ラオニチが突然の欠場となりました。これで、十分に日本に勝利のチャンスが巡ってきました。
今日は有明にジャパンレッドのシャツを着て応援に出かける予定です。

既に組み合わせが発表されていますが、カナダチームのシングルスランキングトップで25位のポシュピシルはシングルスに出場せずダブルスのみとなっています。

両チームのシングルス出場選手のランキングを比較すると
錦織 圭18位、添田 豪140位に対して
フランク・ダンセビッチ119位、ピーター・ポランスキー135位
錦織の2勝は硬いでしょうし、添田もこの相手には一勝はできると思われます。
もしかしたら、直前の変更でポシュピシルをシングルスに出してくるかもしれませんので、油断は禁物ですが。

初日のシングルス、
錦織 圭 対 ピーター・ポランスキー
添田 豪 対 フランク・ダンセビッチ

2日目のダブルス
杉田祐一/内山靖崇 対 ダニエル・ネスター/バセク・ポシュピシル

3日目のシングルス
錦織 圭 対 フランク・ダンセビッチ
添田 豪 対 ピーター・ポランスキー

今日のシングルス対戦予定の、
錦織はポランスキー には昨年カナダで行われたマスターズの大会で勝っています。ランキングにも大きな差がありますし、錦織が簡単に勝ってくれることと思います。
Kei Nishikori vs Peter Polansky

添田とダンセビッチはATPツアーレベルの大会での対戦はありませんが、チャレンジャーレベルの大会では添田の1勝2敗です。
両者とも生まれたのが1984年9月でプロ転向が2003年ランキングも同じレベルで全く同じレベルの相手ですが戦いですが、ホームの利を生かしてきっと勝ってくれると期待しています。
Go Soeda vs Frank Dancevic



日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)
添田豪 (Go Soeda)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)



カナダチーム
フランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)
ピーター・ポランスキー(Peter Polansky)
ヴァセク・ポスピシル(Vasek Pospisil)
ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

選手の公式サイトやブログ
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)では錦織圭がナダルに0ー3のストレート負けでした。サーブ力で大きな差があるので、タイブレークまで持ち込むことはできても勝たせてはもらえませんでした。しかし、マイケル・チャンコーチのおかげで、確実に強くなっているように思える試合ぶりでした。
従来は2セット先取した後で手を抜いて5セットになってしまうとか、逆転されるというパターンが多かったですが、全豪の2、3回戦では一気に3セットで片をつけています。体力、精神面での充実が大きいのではないでしょうか。
錦織圭さんのブログ(錦織圭公式ブログ)にはナダル戦後に、
「ちょと恥ずかしい話ですが試合後シャワーを浴びながら号泣。
久しぶりにこんなに悔しかったです。」

とありました。ランキング世界一のナダルに負けて悔し泣きするとは、これからの活躍が楽しみです。


いよいよ31日有明コロシアムからデビスカップのカナダ戦が始まります。
国別ランキングでは日本が12位でカナダが7位、既に両国のメンバーが発表されています。

初日と最終日のシングルス4戦に両国の1,2位が出てくるとすると、各選手のATPランキングは、
日本の 錦織圭 17位、添田豪 112位 に対して、
ミロ・ラオニチ 11位、ヴァセク・ポスピシル 30位、
ランキング通りだと、錦織がポスピシルに1勝できるだけで、3敗してしまいます。

しかし、錦織はラオニチに2012年のジャパンオープンの決勝で勝っています。
Kei Nishikori vs Milos Raonic

また、添田はポスピシルに2011年の釜山チャレンジャーで勝利しています。
Go Soeda vs Vasek Pospisil
3日目のNO1、NO2同士の対決で2勝できる可能性は十分にあります。

初日のシングルスのNO2には、お互いに添田とポスピシルを温存して、NO3の杉田とダンチェビッチが出てくる可能性も高いと思われます。私個人的には杉田に初日に出場してもらって、日本チームに元気を注入して欲しいと期待しています。

カナダチームのネスターは既に 41歳ですが、ダブルスランキング元世界1位で現在も21位。
2日目のダブルスでの勝利はかなり難しいですが、ダブルス強化に取り組んでいる日本チームの成果がどのくらい出てきているのかを見るのも楽しみです。



日本チーム
錦織圭 (Kei Nishikori)
添田豪 (Go Soeda)
杉田祐一(Yuichi Sugita)
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)



カナダチーム
ミロ・ラオニチ(Milos RAONIC)
ヴァセク・ポスピシル(Vasek Pospisil)
フランク・ダンチェビッチ(Frank Dancevic)
ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)



Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト

選手の公式サイトやブログ
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ明日21日(土曜)と22日(日曜)に有明コロシアムで、女子の国別対抗戦フェドカップ ワールドグループ プレーオフのベルギー戦が行われます。

対戦相手のベルギーは強敵のキム・クライシュテルスとヤニナ・ウィックマイヤーが欠場ただけでなく、3番手でWTAランキング175位のキルステン・フリプケンスまでも不参加。全員が200位以下のメンバー構成なので、ランキング的には日本がかなり格上です。ホーム開催のアドバンテージもあるし、勝利は間違いないでしょう。

Fed Cup - Tie details - 2012 - Japan v Belgium
出場選手のWTAシングルスランキング
日本チーム
森田あゆみ  83位
クルム伊達公子 84位
奈良くるみ  140位
藤原里華  192位

ベルギーチーム
タマリン・ヘンドラー(Tamaryn Hendler) 203位
アリソン・バンアーツバンク(Alison Van Uytvanck) 274位
イザリン・ボナボントゥー(Ysaline Bonaventure) 748位
アンソフィー・メスタフ(An-Sophie Mestach) 877位


フェドカップの公式サイトで前回のベルギー戦を調べたら21年前の1991年に対戦して勝っていました。
当時の出場選手は伊達公子、沢松 奈生子、木戸脇真也で、伊達さんはシングルスとダブルスで2勝しています。
Fed Cup - Tie details - 1991 - Belgium v Japan

ちなみに、今回の対戦相手は全員が10代で伊達さんの半分以下の年齢。前回対戦した時にはまだ生まれていませんでした。
明日は、若い選手に走り負けないように、ジャパンレッドのTシャツを着て応援に行ってきます。

ネットで調べたらチケットは指定席は既に売り切れてしまっているようで、オークションにもチケットが売りに出ていました。錦織選手の活躍で、女子テニスの人気も上がってきているようです。
応援に行く方は是非、チームジャパンの赤いユニフォームまたは赤い服を着ての応援お願いします。

JTA フェドカップ 公式サイト
Fed Cup 公式サイト

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
藤原里華公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

伊達公子 東京有明国際女子オープン
クルム伊達公子さん東京有明国際女子オープン優勝おめでとうございます。今回は有明の国際展示場で仕事関係のショーがあったのでそのついでもかねて、一回戦から4日も観に行ってしまいました。37歳での優勝と言うのは私の周りのテニスをやっている主婦の方々も元気が出ると喜んでいました。有明コロシアムは屋根があるので雨天でも観戦できるし、準々決勝までは無料なのが魅力でした。
このような、有明コロシアムで無料で見れるトーナメントがないか調べてみたら、予選ですが、無料に見れるのが秋にある事が分りました。今回の大会と比べるとランクが上の大会なので予選と言っても、それなりの実力の選手が出てくると思います。

東レ・パンパシフィック・オープンの予選
公式サイトで「クオリファイ観戦整理券」をダウンロードして持っていくと、予選(9/13-15)が無料で見れます。

AIG オープンは予選(9/27-28)は入場無料。
こちらのトーナメントには錦織圭選手(もちろん本戦からと思います)が出場するようです。

全日本選手権は昨年の情報(11/11-18)しかありませんでしたが、一般席は入場券をホームページからダウンロードして持っていけば無料のようです。
参考
東レ・パンパシフィック・オープン
AIG オープン 2008 公式サイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ