つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 東京

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日は、朝香伝統木版画教室の作品展への出品の為に上野の東京パークスギャラリーへ。

今回の作品展には、本格的に版画作成に取り組んでいる生徒さんの素晴らしい作品が多数展示されています。
また、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されている朝香先生の作品も展示されています。復刻版画の技術を知る上でも見る価値があると思います。
作品展は25日(日曜日)まで開催されています。
詳細は>>朝香伝統木版画教室

以前から浮世絵に興味がありましたが、3年ほど前から東京理科大学生涯学習センターでの新藤茂先生の浮世絵講座(浮世絵を知る)に通うようになりました。
浮世絵は江戸時代の作品が有名ですが、講座で明治時代にも周延などの浮世絵師がいたことを知り、また現代でも江戸時代の技術を継承し復刻版画作りを行っている、彫師や摺師の存在を知りました。

昨年からは実際に浮世絵で使われた多色木版画技術に触れるために、ネットで新宿にある彫り師 朝香元晴先生の教室を見つけ、通わせていただくようになりました。 まだ始めたばかりで、本格的な桜の木を彫るところまで行きませんが、初めての多色摺り作品の干支の年賀状をシナベニヤの版木で作成し、出品させていただきました。

浮世絵は美人画、歌舞伎の役者絵、風景画など多岐にわたり、美術品としての鑑賞はもちろん、作品を通じて、写真が無かった時代の風俗や風景を知る事が出来るなど、趣味に合った楽しみ方が出来ます。

また、日本独自に発展した、多色摺りの技法は復刻版画の作成・販売により、現代へ受け継がれていてます。
デジタル化が進む時代だからこそ、これらの技術を絶やさず伝えて行くことも重要だと考えます。

朝香伝統木版画教室の作品展版画展 東京パークスギャラリー

朝香伝統木版画教室の作品展版画展

朝香伝統木版画教室の作品展版画展

朝香伝統木版画教室の作品展版画展

朝香伝統木版画教室の作品展版画展



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

ずいぶんと大きな地震がありましたが、既に気象庁のWebサイトに情報が掲載されていました、
気象庁|地震情報
12時28分ごろで、マグニチュード5.6、
震度5弱が、栃木県南部 群馬県南部 埼玉県北部で、
東京都23区は震度4だったようです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

31日月曜に、スカイツリーから隅田川の桜祭り、浅草まで散歩しました。

東京スカイツリーのある押上駅で下車し、隅田川の桜橋の袂の向島芸者さんの茶店へ。31日は向島の料亭 月笛さんが担当でした。
茶店ではキビ団子をいただきました。
平日なので、お客様の入りが多くありませんでした。土日だと、大道芸やイベントもあって盛り上がるのですが、30日は雨でしたし、今週の土日にはもう桜は散ってしまうでしょうし、今年は少しばかり天候に恵まれませんでした。
隅田川には花見の屋形船が何艘も出ていました。美味しい料理を楽しみながら船からお花見と言うのも優雅ですね。

高齢の母へのお土産にと思い、長命寺の桜餅を買いに立ち寄ったのですが、残念ながら月曜で定休日でした。
仕方が無いので、その少し先で、「言問い団子」を買って帰りました。

隅田川沿いに歩いて、アサヒビールの展望喫茶 アサヒスカイルームへ立ち寄りましたが、こちらは平日にもかかわらず、大勢の人が待っていたのであきらめました。スカイツリーが開業してから有名になってしまったようです。

日本気象協会の桜の開花予想のサイトを見ると、北海道での開花は5月のようです。これから一ヶ月以上、日本全国で桜が楽しめます。。
開花予想 - 桜情報 - 開花予想 - 日本気象協会 tenki.jp

東京スカイツリー、隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、向島芸者の茶店、

隅田川の桜祭り、長命寺の桜餅、

隅田川の桜祭り、言問い団子

隅田川の桜祭り、言問い団子

隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り


隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

このところずいぶんと寒くなっていますが、今年の関東の桜の開花は遅くなる予想のようです。

日本気象協会のサイトに桜の開花予想が掲載されていますが、
開花予想 - 桜情報 - 開花予想 - 日本気象協会 tenki.jp
東京都心の開花予想日は3月31日で、予想満開日は4月6日となっています。

今年は昨年行けなかった、隅田川の桜祭り(隅田公園|桜名所 全国お花見1000景)へ出かけてみたいと思っています。
桜祭りの期間中には桜橋のたもとに向島の芸者さんの茶店が開かれ、大道芸などのイベントも開催されます。
隅田川の桜祭り

隅田川の桜祭り
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

先週は、押上の駅で降りて向島の料亭へ。
押上の駅を外へ出ると、東京スカイツリーとソラマチ周辺のイルミネーションがすごく綺麗でした。

東京スカイツリーのWebサイトを見ると11月1日から12月31日までの間、東京スカイツリーを世界一高いクリスマスツリーに見立てた【ホワイトツリー】、クリスマスキャンドルに見立てた【キャンドルツリー】など、この期間中しか見られない、5種類の限定ライティングが点灯されるようです。
東京スカイツリー TOKYO SKYTREE
クリスマスになると若い恋人達でにぎわうことでしょう。

東京スカイツリー(TOKYO SKYTREE)のイルミネーション

東京スカイツリー(TOKYO SKYTREE)のイルミネーション

東京スカイツリー(TOKYO SKYTREE)のイルミネーション

東京スカイツリー(TOKYO SKYTREE)のイルミネーション
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

2020年のオリンピック開催地が東京に決まりましたが、圧勝だったようです。
安全と治安の良さなどに加えて、首相が乗り込んで、福島原発の問題が東京には影響ないことをしっかり説明出来たことが勝因のようです。
テレビの生中継を見ましたが、皆さんのプレゼンが素晴らしかったですが、特に安倍さんの演説が印象に残りました。2016年の招致には敗れましたが、当時は鳩山首相だった事も要因の一つだったのでしょう。どの分野でも同じですが、大きな事を成し遂げるにはトップの力が大きく影響してきます。

YOMIURI ONLINE:ロゲIOC会長「日本は圧勝だった」
 ジャック・ロゲ国際オリンピック委員会会長「圧勝でした。(日本では夏季、冬季合わせて)4回目の開催の舞台となる。日本の皆様は素晴らしいオリンピックを提供してくれるでしょう」


MSN産経ニュース:汚染水問題も克服「大きな勝利」と米テレビ
 米CNNテレビは7日、2020年五輪の開催都市に東京が選ばれたことを速報し、「唯一の問題は福島だったが、東京の戦略を頓挫させることにはならなかった」として、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題を克服した「大きな勝利」と伝えた。

 CNNは開催決定に沸く東京の様子を伝えながら、国際オリンピック委員会(IOC)総会の開かれたブエノスアイレスに安倍晋三首相が乗り込んだことも、東京の勝利に貢献したと報じた。


MSN産経ニュース:「安倍首相演説が決め手」ロイター通信が絶賛
「安倍晋三首相の演説が2020年東京五輪大会決定への決め手となった」−。ブエノスアイレス発のロイター通信は7日、こんな見出しで五輪開催地決定のニュースを伝えた。

 同通信はその中で、「東京は、安倍首相がカリスマ的な嘆願を国際オリンピック委員会(IOC)に行った後、実施された投票で接戦だったイスタンブールを破り、2020年夏季五輪の開催地の地位を獲得した」と強調した。

 さらに、「国家指導者のなめらかな演説は、IOCが懸念する福島原発問題の不安を解消するために行われた。日本は60対36でイスタンブールを大差で勝利したことから、演説はその目的にぴったりと合っていたようだ」と指摘した。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版:2020年五輪、東京で開催―安全と治安の良さが決め手
 アルゼンチン・ブエノスアイレスで7日開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会は、2020年の第32回夏季オリンピック大会の開催都市に東京を選出した。不確実な時代にあって、東京の安全と治安の良さが決め手となったようだ。

 東京は、より効率的に五輪を成功させることができると訴えて、ライバル都市のイスタンブールとマドリードに勝った。1964年大会以来56年ぶり2度目の開催となるが、当時は第2次大戦から20年足らずで復興した日本の姿を国際社会に印象付ける大会となった。

 2008年の北京大会、2018年の昌平(韓国)冬季大会に続く今回の東京開催決定で、アジアが今世紀に入り、五輪ムーブメントの中心になりそうだ。

 招致レースで敗れたマドリードとイスタンブールの2都市には経済問題への懸念があった。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ