つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 東京国立博物館

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は東京国立博物館で今日まで開催されている、高円宮様の根付コレクションの展覧会へ行ってきました。
東京国立博物館 根付 高円宮コレクション
根付 高円宮コレクション
本館 高円宮コレクション室 2013年6月25日(火) 〜 2013年9月16日(月)


国立博物館は絵画以外はほとんどのものが写真撮影が許可されています。根付も撮影がOKでした。

根付(根付 - Wikipedia)は現代だと携帯ストラップのようなものですが、象牙や琥珀などを素材に、手作りで精巧な彫刻がなされていて、海外ではその芸術性を高く評価されています。浮世絵と同様に、貴重な作品が大量に海外へ流失してしまっているようです。
高円宮コレクションはイギリス留学時代に根付と出会った久子様が、日本へ帰国して、比較的安価に購入できる現代根付を蒐集されたのに始まり、結婚後はその影響を受けた宮様が本格的に根付の蒐集に取り組まれたようです。

小さな素材に考え抜かれた構図で、精巧に彫られた見事な彫刻の腕前。是非一つ本物を手にとって見たくなりました。

国立博物館はがらがらでしたが、帰りに科学博物館の前を通りましたが、こちらは入館に長蛇の列が出来ていました。芸術より、科学の方が人気があるようです。
東京国立博物館 根付 高円宮コレクション

東京国立博物館 根付 高円宮コレクション

東京国立博物館 根付 高円宮コレクション

東京国立博物館 根付 高円宮コレクション

東京国立博物館 根付 高円宮コレクション

東京国立博物館 根付 高円宮コレクション
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

今回の国際オリンピック委員会総会での高円宮妃 久子様のスピーチは素晴らしく感動しました。流暢なフランス語、英語力だけでなく、凛としたお姿に感動した人も多かったのではないでしょうか。

週刊文春では「奇跡のスピーチ」と紹介されているようです。
週刊文春2013年9月19日号
「政治利用批判」を吹き飛ばした!
高円宮憲仁さまご逝去11年 久子さま“奇跡のスピーチ”


ネットで探してみたら、YoutubeのANNnewsCHに動画ビデオがアップされていました。
Youtube ANNnewsCH 高円宮妃久子さま IOC総会で復興支援に感謝の言葉
何度見ても素晴らしく
久子様はケンブリッジ大学ガートン・カレッジ卒業ですから、われわれが普段聞き慣れているアメリカ英語と異なり、格調高く感じられたのだと思われます。学校の英語教材に使われるようになるのではないでしょうか。これから子供をイギリスに留学させる親も増えることでしょう。
東京五輪決定】 高円宮妃久子さまスピーチ全文ーMSN産経ニュース

久子さまがスピーチの時に胸元に日本列島の形をした金のブローチが綺麗でしたが、ネットには根付作家に作ってもらったとの記述も見られます。

Wikipediaによると、久子様は根付に関する研究で大阪芸術大学より博士(芸術文化学)の学位を授与されたようで、根付に関する書籍も何冊か執筆されています。
憲仁親王妃久子 - Wikipedia
『根付 高円宮コレクションII』(思文閣出版、2006年)
『旅する根付 高円宮妃現代根付コレクション』(講談社、2008年)


Wikipediaによると(根付 - Wikipedia)、根付は浮世絵と同様に、日本でよりも海外で価値が高く評価され、骨董品として蒐集が行われているようです。

高円宮様の根付コレクションの展覧会が東京国立博物館で来週の月曜日まで開催されているようです。是非、時間を作って見に行ってみたいと思います。
東京国立博物館 根付 高円宮コレクション
根付 高円宮コレクション
本館 高円宮コレクション室 2013年6月25日(火) 〜 2013年9月16日(月)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は上野の東京国立博物館の平成館で「悠久の美―中国国家博物館名品展」で紀元前4000年の土器などを見てから、本館で丸山応挙などの常設の絵を見て来ました。東京国立博物館は何度行っても飽きないすばらしい作品が沢山展示されています。特別展へ行った時には寄ることをお薦めします。同じ上野公園の東京都美術館でやっている、「オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園」は40分待ちと書いてありましたが、そちらに人が集まっているせいか、会場は空いていました。
上野には何度も行っているのに初めて気づいたのですが、博物館の手前の上野公園の植え込みの中に、試験管を持っている野口英世の銅像がありました。薄暗いので気づかなかったようです。帰りに銀座の画廊ギャラリーポートで、陶芸の先生がやってる作品展を見てから帰ってきました。良い芸術を鑑賞した日には創作意欲が沸いてきます。特に長い歴史の中で生き残ってきた作品には作品そのものの美しさだけでなく、歴史の重みが感じられます。 全国の美術館ではホームページを持っていて、展示予定を掲載しているので、見てから行く事をオススメします。また、入場券はJR上野駅の公園口の改札のところにあるチケット売り場で買ってから行くと、チケットを買うために並ばないで済みます。

野口英世悠久の美

にほんブログ村 美術ブログ 工芸・陶芸へブログランキング・にほんブログ村へ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ