つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 決勝戦

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明で行われている女子テニスのトーナメント 東レ パン・パシフィックオープン・テニスの決勝で、期待の18歳の大坂なおみがウォズニアキに敗れ準優勝となりました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

WTAランキング66位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が28位のキャロライン・ウォズニアキ(Caroline Wozniacki)に5-7、3-6のストレートで敗退。
第1セットの出だしは大坂が先にウォズニアキのサービスゲームをブレークする押し気味の展開でしたが、4-3とリードしたところで、ウォズニアキが足の付け根の故障のためにメディカルタイムアウトを取った当たりから少し調子を崩してしまい、5-7で落としてしまいました。

第2セットに入る前に今度は大坂が肩の治療の為のメディカルタイムアウト、この肩の故障の影響かサーブのスピードが極端に落ちて来てしまいました。
一方的な展開で0-5となった後に3ゲーム挽回しましたが、まともにサーブを打てない状況では勝つのは無理でした。もし、肩が万全なら勝てた試合だと思われます。
準々決勝でも途中で極端にサーブのスピードが落ちる場面がありました、慢性的な故障でないか心配です。
これからまだまだ先が長いので、治療優先にして無理をしないで欲しいと思います。

今回の活躍で大阪選手はランキングを50位以内に上げてくると思われます。
来年のグランドスラムでの活躍が楽しみです。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 決勝 大坂なおみが敗退 準優勝

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 決勝 大坂なおみが敗退 準優勝


Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

有明で行われている女子テニスのトーナメント 東レ パン・パシフィックオープン・テニスの準決勝で、期待の18歳の大坂なおみが勝ち決勝戦へ進みました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

昨日は、BSのTBSで観るつもりでしたが、第1試合の中継しかしないことが分かり、急遽有明へ生観戦に行ってきました。

WTAランキング66位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が20位の エリーナ・スビトリナ(Elina Svitolina)に1-6、6-3、6-2の逆転で勝利。
第1シードのムグルサを破って勝ち上がってきたスビトリナはさすがに強敵でした。
スビトリナのサーブはスピードは速くは無いですが精度が良く、ラインぎりぎりに入ってくるので、準々決勝までのように簡単にリターンエースを取れません。
ストロークも非常に深くコートカバリングも素早いので、なかなかポイントを取らせてもらえません。
大坂が辛抱しきれずに無理に決めに行ったショットでミスを重ね、一方的な試合展開となってしまい、第1セットは1-1から5ゲーム連取されて1-6で落としました。

第2セットに入る前のオンコートコーチングでのアドバイスが良かったのか、第2セットは無理に決めに行ってのミスが少なくなり、サービスのスピード・精度も上がってきて互角の展開に。
3-2からのスビトリナのサービスゲームをブレークして6-3で取りました。

第3セットは非常に緊張感のある出だしとなりましたが、3-2からのスビトリナのサービスゲームをブレークしてそのまま一気に連取し6-2で取りました。
終盤はミスの多かった大坂のフォアハンドストロークも安定してきて、スビトリナにダブルフォルトが出たりと、大きく流れを引き寄せることが出来ました。
トップ20の選手相手に、このような勝ち方が出来るとは驚きでした。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス 準決勝 大坂なおみが勝ち決勝戦へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニス 準決勝 大坂なおみが勝ち決勝戦へ



決勝戦の対戦相手は28位のキャロライン・ウォズニアキ(Caroline Wozniacki)
故障の影響でランキングを落としてはいますが元1位の強敵。
女子選手随一のディフェンス力で大坂選手の強烈なショットをことごとく返球してくるでしょう。
無理に決めに行かずに、辛抱してチャンス作ってからウイニングショットを決めに行くようにすれば勝機はあると思われます。


もし、大阪選手がこのまま勝ち進んで優勝すると、1995年の第12回大会でダベンポートを破って優勝した伊達公子以来の21年ぶりの優勝となります。
第12回大会|東レ パン・パシフィックオープン・テニス

今日の準決勝戦はBSのTBSで12時から生放送されるようです。
BS-TBS 東レ パン パシフィック オープンテニス

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

カナダのトロントで開催されていた、ロジャーズ・カップのシングルス決勝戦で、錦織がジョコビッチに敗退。準優勝となりました。

ATPランキング6位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が1位で第1シードのノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic) に3-6、5-7のストレートで敗れました。
このところのジョコビッチ戦では、善戦はするが勝てない試合が続いています。
錦織も良いショットを放っていましたが、ジョコビッチのストロークの方が僅かに質が高く、スピン量の変化をつけたショットなどによりミスをさせられてしまっていました。
体調万全状態のジョコビッチに勝つのは相当に難しそうです。

もう直ぐオリンピックが始まります。トップ選手の多くが欠場しておりメダルの可能性もありますが、日本での秋のシーズンを万全な体調ですごせるように、過密スケジュールでの怪我の無いように戦って欲しいと思います。

9月16日から18日に大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで開催されるデビスカップワールドグループのプレーオフ 日本 対ウクライナ戦のサポーターズシートのチケットの抽選受付が8月6日(土曜日)に始まります。
錦織人気で多くのファンが応援に駆けつけることでしょう。

デビスカップ|JTA
World Group Play-offs

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催されている、バルセロナオープン・バンコ・サバデル 準決勝で錦織圭が勝利し、ナダルとの決勝戦へ進みました。

ATPランキング6位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 22位で第6シードのベノワ・ペール(Benoit Paire)に6-3、6-2で勝ちました。
第1セットは一度もブレークチャンスすら与ずにペールのサービスゲームを2度ブレークする完璧なゲーム展開で6-3で取りました。
第2セットはペールに一度サービスゲームをブレークされましたが、ペールのサービスゲームを3度ブレークする展開で6-2で取りました。僅か1時間7分の試合時間でした。
昨年の全米オープンと楽天オープンのハードコートで2連敗していた錦織でしたが、やはり予想通りクレーコートでの実力は錦織の方がだいぶ上のようです。
ペールのバックハンドを警戒しフォアにボールを集めるなど、きっちり対策を練って試合に臨んだったようです。

ついに、クレーキングのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)との決勝戦となりました。
過去の対戦成績は錦織の1勝8敗と大きく負け越していますが、昨年はカナダのマスターズ1000の大会で勝っています。決して勝てない相手ではありません。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Rafael Nadal
全仏での活躍のためにも、決勝でナダルに勝って優勝して弾みをつけたいところです。
今日の深夜にBS朝日でライブ中継されます。見逃せない一戦です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウズベキスタンのタシケントで行われている女子のテニスツアー タシケントオープン(TASHKENT OPEN)でWTAランキング117位の日比野菜緒(Nao Hibino)が準決勝に勝利し決勝に進みました。

決勝戦ではWTAランキング137位のドナ・ヴェキッチ(Donna Vekic)と対戦します。
現在のランキングでは日比野の方が上ですがヴェキッチはキャリアハイ62位の強敵です。熱戦が予想されます。
ドナ・ヴェキッチは先日のロジャーズ・カップでキリオスが『コキナキスがワウリンカのガールフレンドとして報じられている人物と「寝た」』と言うとんでもない発言をして罰金を科せられたことで話題になっている選手です。
キリオスの発言にワウリンカが「受け入れがたい」と激怒 [男子テニス]|THE TENNIS DAILY

日比野選手は先日行われた東レパン・パシフィックオープン・テニスの予選決勝戦を有明コロシアムで観戦しました。163cmの身長で奈良選手や土居選手よりも高く、力強いストローク力を持っています。今回の活躍で昨年末の207位から一気に90位内へアップさせてきています。本大会で優勝するとトップ80に入り日本人女子選手NO1になると思われます。
WTAツアーの本戦でトップレベルの選手と戦うことにより更に実力アップしてくると期待されます。この調子ですと日本人女子テニス選手は全豪オープンへは3選手がダイレクトインできそうです。錦織以外の男子選手にもがんばって欲しいところです。

東レパン・パシフィックオープン・テニス予選 決勝戦での日比野菜緒。
日比野菜緒 東レパン・パシフィックオープン・テニス

日比野菜緒 東レパン・パシフィックオープン・テニス

日比野菜緒 東レパン・パシフィックオープン・テニス

日比野菜緒 東レパン・パシフィックオープン・テニス

日比野菜緒 東レパン・パシフィックオープン・テニス

日比野菜緒 東レパン・パシフィックオープン・テニス


日比野菜緒 - Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス決勝戦で錦織圭がミロ・ラオニチに勝ち優勝しましたが、
第一セットのタイブレークの最後のポイントでの錦織のスーパープレイが、ATPのサイトの動画ビデオにアップされていました。

ラオニチのビッグサーブをコートの左端でバックハンドで何とかネット際に返球し、直ぐにコートの右端へ走って、ストレートに返球されたボールをクロスに返球して決めました。まるで忍者のようなプレイでした。
ディフェンスから攻撃への劇的な切り返しが海外の人にも、”Unbelievable”なプレーだったようです。
そのうちに”Ninjya Kei”とか呼ばれるようになるのではないでしょうか。
Tokyo 2014 Sunday Final Hot Shot Nishikori
楽天・ジャパン・オープン・テニス 錦織圭が優勝 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ