つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 注意

ブログランキング・にほんブログ村へ

本日、携帯に佐川急便にみせかけた「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました」とのショートメールが入りましたが、郵便受けを見たところ不在通知のはがきが入っていませんでした。

今まで佐川急便からショートメールが入ったことがなかったので怪しいと思い、メールに書いてあったWebサイトにパソコンからアクセスしてみたところ「危険なサイト」とのウイルスバスターの警告が出ました。
携帯のショートメールから危険なサイトへ誘導する悪質なショートメールのようです。

ネットで調べたら、注意を促す佐川急便のサイトがあり、
佐川急便を装った迷惑メールにご注意ください
佐川急便を装った迷惑メールが届くというお問い合わせが急増しております。
このような迷惑メールに記載されているアドレスにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりされますとコンピューターウィルスに感染する恐れがございますのでご注意ください。なお、当社ではショートメールによるご案内は行っておりません。

とありました。

わたくしに来たのは、こちらに掲載されている事例一のパターンでした。

事例1 通知 ※ショートメールで届きます
通知
お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。
配送物は下記よりご確認ください。
https://XXXX/sagawa ←不審なリンク先(佐川急便の偽サイトが表示)


ショートメールによる不在の案内は行っていないようですので、このようなショートメールが来たら直ぐに削除した方がよさそうです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

近畿地方で震度6弱の地震がありましたが、それほど大きな被害は出ていないようですが、2次災害を防ぐために、地震の揺れを感知してストップしたガスメーターの復帰には注意が必要となります。

ガス漏れを防ぐために、ガスの復帰にはすべてのガス栓・器具栓を閉めてから復帰作業を行う注意が必要です。
詳しい復帰手順は、大阪ガスや東京ガス のWebサイトに記載されています。
マイコンメーターの復帰手順ー大阪ガス

東京ガス : ガスご利用ガイド / ガスメーターの復帰方法

また、広い範囲で停電が発生しているようですが、停電時に避難するときはブレーカーを切っておくようにした方が良いようです。
東京電力エナジーパートナーのページに、地震が起きた時の注意点が掲載されています。
地震が起きた時は? でんきガイド 東京電力エナジーパートナー
〇使用中の器具はスイッチ切って、プラグを抜いて!
〇避難するときはブレーカーを切って!
〇災害時、エレベーターには乗らないで!
〇電気製品の消火は、必ず「消火器」で!
〇切れた電線にはさわらないで!
〇水につかった器具は使わないで!
〇日頃の備えが肝心です。電気製品には倒れない工夫を!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村の海外旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


外務省の海外安全ホームページに注意喚起がされていますが、今回、アメリカ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことに反対する大規模な抗議集会による、治安の悪化がパレスチナだけでなく世界各国で発生することが予測されるようです。
これから年末年始の海外旅行シーズンとなりますが、各国の米国の公館や関連施設へ近寄るのは控えた方が良さそうです。


海外安全ホームページ【広域情報】2017/12/07
エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起(新規)
【ポイント】
●米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,大使館をエルサレムに移転する方針を表明したことを受け,エルサレムではパレスチナ人による大規模な抗議集会が呼びかけられています。
●米国は世界各地にある自国の在外公館に対し,警備を強化するよう指示したとの報道もあり,世界各地で米国を対象とした抗議集会等の発生が懸念されますので,米国の公館や関連施設周辺への立ち入りはなるべく控え,やむを得ず訪れる際は不測の事態に巻き込まれないよう注意してください。
.................
>>詳細【広域情報】 エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起



海外安全ホームページ【スポット情報】2017/12/07
エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米大統領布告発出に伴う注意喚起(新規)

1 6日,米国がエルサレムをイスラエルの首都と承認し,大使館をエルサレムに移転する方針を表明しました。

2 これに関連し,既に5日,パレスチナ諸派は,米大使館のエルサレム移転が発表されることに抗議するため,エルサレムを含むパレスチナ全域で12月6日(水)〜8日(金)の3日間を怒り(rage)の日とし,パレスチナ自治区の全都市中心地での集会,米大使館・総領事館前での座り込みに加え,7日正午からラマッラにて行進を行うことを発表しています。更に,ハマスも,8日(金)をイスラエルに対する怒りの日とするよう全パレスチナ人に対し呼びかけを行っています。

3 特に,毎週金曜日の正午頃には,各地のモスクにおいて,イスラム教徒による大規模な集団礼拝(金曜礼拝)が行われますので,それに伴うデモ,衝突等,治安の悪化が懸念されます。また,イスラエル及びパレスチナに所在する米国関連施設(大使館,総領事館等)や検問所周辺においても抗議デモ等が実施される可能性がありますので,同施設周辺への接近についても十分な注意が必要です。
............
>>詳細【スポット情報】 エルサレムをイスラエルの首都と承認する等の米国大統領布告発出に伴う注意喚起

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ