つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 浮世絵

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

朝香伝統木版画教室の作品展が銀座7丁目のアートギャラリー 渋谷画廊で、今日(6月26日月曜日)から7月2日(日曜日)までの予定で開催されます。
テレビ東京の「ニッポン行きたい人応援団」でも取り上げられましたが浮世絵は外国でも人気で、教室の生徒さんには海外の方もいます。

また、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されていて、 海外への浮世絵製作技術の普及にもご尽力されている、朝香先生の作品も展示されます。復刻版画の技術を知る上でも見る価値があります。
朝香伝統木版画教室

私は今回は初めて、大錦版の作品を桜の版木で作成しました。

渋谷画廊の場所は、今何かと話題のギンザ シックスのある6丁目の交差点の中央通りをはさんで反対側の道を少し入ったところの、1階に「とんかつ梅林」のあるビルの2階にあります。
朝香伝統木版画教室の作品展が今日から銀座の渋谷画廊で開催

朝香伝統木版画教室の作品展が今日から銀座の渋谷画廊で開催

朝香伝統木版画教室の作品展が今日から銀座の渋谷画廊で開催


朝香伝統木版画教室 作品展 動画

渋谷画廊 GoogleMap
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

千駄木2丁目のギャラリーKingyo - 東京で開催されている朝香伝統木版画教室の作品展へ行くついでに、ツツジを見に根津神社を散策。

5月5日までの予定で「文京つつじまつり」が開催中。現在は中咲きのツツジが見頃です。

根津神社 つつじまつり

根津神社 つつじまつり

n根津神社 つつじまつり

根津神社 つつじまつり


ツツジを見物の後は、「フレンチ・ビストロ根津あんくる」でランチ。店内にはフランスの風景の水彩画が飾られ、落ち着いた雰囲気で美味しいランチをいただきました。
フレンチ・ビストロ根津あんくる



午後からは、千駄木2丁目の「ギャラリーKingyo」で開催されている、朝香伝統木版画教室の作品展へ。
今回の作品展には、本格的に版画作成に取り組んでいる生徒さんの素晴らしい作品が多数展示されていて、販売もされています。将来、有名な版画家になる人もいるかもしれません。

また、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されていて、 海外への浮世絵製作技術の普及にもご尽力されている、朝香先生の作品も展示されます。復刻版画の技術を知る上でも見る価値があります。
ツツジを見物に根津神社へ来られた際には、是非お立ち寄りください。
朝香伝統木版画教室の作品展

朝香伝統木版画教室の作品展


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

朝香伝統木版画教室の作品展が千駄木のギャラリーKingyo - 東京で、本日(4月19日)から24日(日曜日)まで開催されます。

今回の作品展には、本格的に版画作成に取り組んでいる生徒さんの素晴らしい作品が多数展示されていて、販売もされています。将来、有名な版画家になる人もいるかもしれませんので、気に入った作品があれば是非購入をオススメします。

また、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されていて、 海外への浮世絵製作技術の普及にもご尽力されている、朝香先生の作品も展示されます。復刻版画の技術を知る上でも見る価値があります。
詳細は>>朝香伝統木版画教室

私は骨折による中断もあり、なかなか先に進みませんでしたが、桜の版木で浄瑠璃文字を彫る課題を展覧会に間に合わすことが出来ました。桜の木は硬く、最初は彫刻刀の刃先が直ぐに折れてしまいましたが、少しずつ要領が分かってきました。
朝香伝統木版画教室の作品展 千駄木のギャラリーKingyo で


朝香伝統木版画教室の作品展 千駄木のギャラリーKingyo で

朝香伝統木版画教室の作品展 千駄木のギャラリーKingyo で
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

五輪エンブレムのデザインが白紙撤回となりましたが、経費6000万円近くが無駄になったようです。
エンブレム白紙撤回 組織委経費6,000万円近くに|NHKニュース

これだけ注目される中、再度応募をして決めても、パクリだと騒がれない保証はありません。

全くオリジナルに作成したとしても、ネットで似たような画像を調べて似てると騒がれたらまた同じようなことになり無駄なお金使うことになってしまいます。

極端な話、提案している人がいますが、前回の1964年に使ったシンプルな日の丸のロゴの年度だけ書き直すだけでも良いのでは。これなら費用はかかりませんし、日本で開催するのですから日の丸デザインに反対する人はいないでしょう。エコの簡単からも良いと思われます。


また、新しいデザインを採用する場合には、「Yokyo」の文字をデザイン化したものは除外すべきです。
ネットで探せば似たようなものは必ず見つかると思います。

知的所有権の切れている浮世絵などのデザインにすればトラブルが少ないと思います。
北斎の「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」に五輪マークと年度を入れるだけのシンプルなものにすれば、良いのではないでしょうか。もともとの絵に印象派の画家を魅了したほどの力があります。きっと良いものになります。

前回のオリンピックでは新幹線や首都高速などのインフラ整備が行われ、豊かな高度成長の時代へとつながっていきましたが、今回のオリンピックでは土建バラマキでなく、日本の伝統・文化を世界中の人に再発見してもらえる良い機会としたいものです。

神奈川沖浪裏 - Wikipedia


凱風快晴 - Wikipedia
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日は、朝香伝統木版画教室の作品展への出品の為に上野の東京パークスギャラリーへ。

今回の作品展には、本格的に版画作成に取り組んでいる生徒さんの素晴らしい作品が多数展示されています。
また、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されている朝香先生の作品も展示されています。復刻版画の技術を知る上でも見る価値があると思います。
作品展は25日(日曜日)まで開催されています。
詳細は>>朝香伝統木版画教室

以前から浮世絵に興味がありましたが、3年ほど前から東京理科大学生涯学習センターでの新藤茂先生の浮世絵講座(浮世絵を知る)に通うようになりました。
浮世絵は江戸時代の作品が有名ですが、講座で明治時代にも周延などの浮世絵師がいたことを知り、また現代でも江戸時代の技術を継承し復刻版画作りを行っている、彫師や摺師の存在を知りました。

昨年からは実際に浮世絵で使われた多色木版画技術に触れるために、ネットで新宿にある彫り師 朝香元晴先生の教室を見つけ、通わせていただくようになりました。 まだ始めたばかりで、本格的な桜の木を彫るところまで行きませんが、初めての多色摺り作品の干支の年賀状をシナベニヤの版木で作成し、出品させていただきました。

浮世絵は美人画、歌舞伎の役者絵、風景画など多岐にわたり、美術品としての鑑賞はもちろん、作品を通じて、写真が無かった時代の風俗や風景を知る事が出来るなど、趣味に合った楽しみ方が出来ます。

また、日本独自に発展した、多色摺りの技法は復刻版画の作成・販売により、現代へ受け継がれていてます。
デジタル化が進む時代だからこそ、これらの技術を絶やさず伝えて行くことも重要だと考えます。

朝香伝統木版画教室の作品展版画展 東京パークスギャラリー

朝香伝統木版画教室の作品展版画展

朝香伝統木版画教室の作品展版画展

朝香伝統木版画教室の作品展版画展

朝香伝統木版画教室の作品展版画展



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

平木浮世絵美術館で開催中の楊州周延展
今日は豊洲のアーバンドック ららぽーと豊洲の平木浮世絵美術館で昨日から開催されている、「特別展 没後百年 明治美人風俗 楊州周延展」を観にいきました。
特別展 没後百年 明治美人風俗 楊洲周延 展 平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYO
前期と後期で作品の入れ替えが行われ、2ヶ月にわたって開催されます。
前期: 9月1日(土)〜 30日(日)
後期:10月6日(土)〜 28日(日)

周延(楊洲周延(ようしゅう ちかのぶ) - Wikipedia)は明治時代に活躍した数少ない浮世絵師で、今回は美人画を中心とした展示で、明治の文明開化期の風俗の様子が描かれた作品が多数展示されていました。また、周延の力量が分かる肉筆の下絵も展示されていました。
今回は東京理科大学生涯学習センターで浮世絵講座の講師をされている新藤茂先生のオススメでこの展覧会の開催を知りましたが、先生所蔵の作品が多数展示されています。


平木浮世絵美術館
平木浮世絵美術館はリッカーミシンの創業者で浮世絵コレクターの平木信二氏(平木信二 - Wikipedia)のコレクションを保存・公開する目的で設立された美術館です。
平木浮世絵美術館 UKIYO-e TOKYO オフィシャルサイト



平木浮世絵美術館がある、アーバンドック ららぽーと豊洲は旧石川島播磨重工業(現・IHI)の工場の跡地なので、横浜の三菱重工業横浜造船所の跡地に作られたドックヤードガーデンに似た雰囲気がありました。
アーバンドック ららぽーと豊洲 - Wikipedia
アーバンドック ららぽーと豊洲

これから芸術の秋、色々な展覧会へ行くのが楽しみです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ