つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:海外

ブログランキング・にほんブログ村へ

 金相場上昇が続いていますが、香港や中国本土から海外への脱出準備が原因ではないかと思われます。田中貴金属の金相場のグラフを見ると昨年5月ごろからほぼ一本調子で急上昇を続けています。
金相場上昇 香港や中国本土から海外への脱出準備が原因?


 先日の現代ビジネスの記事(習近平の大誤算…いよいよ香港から「人」も「カネ」も大脱出が始まった!-現代ビジネス)には、「中国が方針を変えない限り、人と金が、沈みかけた船から鼠が逃げ出すように流出するだろう」と記載されていますが、
昨年8月のWEDGE Infinityの記事に既に香港や中国本土からのシンガポールを保管場所とした地金の購入が増加しているとの記事がありました。
香港騒動、最大の受益者がシンガポールであるワケ-2019/8/23-WEDGE Infinity
香港や中国本土の新規顧客から地金の保管場所を香港よりもシンガポールに指定するリクエストが増加し、直近2カ月半の間に従来シンガポール50対香港35の比率が同75対10に変化しているという

 このような記事を見て、脱出組の金購入による価格上昇を期待して金を購入した人も多かったのかもしれません。
実際に海外へ移住した後に現地通貨に交換して住宅や商品の購入が始まると少しは相場が落ち着いてくるのかもしれませんが、相場だけはなかなか先の見通しは分かりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

 日本では先進国の中で圧倒的に少ない死者数に抑えられていることもあり、感染を防ぐために日本で行われている「三密」を避けるようにとのメッセージが、海外で"Avoid the 'Three Cs'!"として紹介されているようです。「social distance」よりも具体的に避けるべき状況についての分かりやすいメッセージだと思います。

 首相官邸の英語版のWebサイトのOngoing Topicsには英文のチラシ(Avoid the 'Three Cs'!)がアップされています。
AvoidThreeCs 三密チラシ

 今日は、最近よく利用している優秀な翻訳DEEPL翻訳を用いて、日本のコロナ死者の少なさについて解説されている、Bloombergの? Lisa Du and Grace Huangの記事、
Did Japan Just Beat the Virus Without Lockdowns or Mass Testing?
を翻訳してみました。ほぼ問題なく読むことができました。

 日本のテレビでは「政府の対応が悪い」、「国民が自粛を守らずに外出している」と言った前提で作られた捻じ曲げられた報道が多いですが、このBloombergの記事では、かなり冷静な分析がなされています。できればオリジナルを読むことをお勧めします。

日本はロックダウンや大量テストなしでウイルスに勝っただけなのか?(Did Japan Just Beat the Virus Without Lockdowns or Mass Testing?)

日本の非常事態は、コロナウイルスの新たな症例が数十人に減少して終了するように設定されています。それは、デフォルトのプレイブックを大きく無視していたにもかかわらず、そこに到達した。

住民の移動に制限はなく、レストランから美容院までの企業は営業したままであった。人々の動きを追跡するハイテク・アプリも配備されていませんでした。この国には疾病管理のためのセンターがない。そして、各国が「検査、検査、検査」を呼びかけているにもかかわらず、日本は人口のわずか0.2%しか検査をしていない。

しかし、死亡者数は1,000人を大きく下回り、先進7カ国の中では圧倒的に少ない。その中心地である東京では、ほとんどの日に感染者数は一桁台にまで減少している。より深刻な第二波の感染症の可能性は常に存在しているが、日本は緊急事態に突入し、わずか数週間で緊急事態から抜け出そうとしている。

他の成功した国が採用した手口を無視しながら、日本がどのようにしてオッズに打ち勝ち、ウイルスを封じ込めたのかを分析することは、国民的な話題となっている。ただ一つだけ同意できることがある。それは、銀の弾丸もなければ、違いを生み出す要因もないということだ。

"死亡者数を見れば、日本は成功したと言えます」と、科学コミュニケーションを専門とする早稲田大学教授で、ウイルスに関する専門家の諮問グループのメンバーでもある田中幹人氏は言う。"しかし、専門家でも理由はわからない"

扁平化した(Flattened)

4月上旬をピークに、日本でのコロナウイルスの新規感染者数は1日50人を下回っている。

広く共有されているリストには、マスク着用の文化や肥満率の低さで有名なものから、比較的早い時期に学校閉鎖を決定したものまで、メディアの報道で引用された43の考えられる理由がまとめられている。より空想的な提案の中には、日本語話者が他の言語と比較して話すときに、より少ない潜在的なウイルスを含んだ飛沫を放出するという主張が含まれている。

コンタクトトレーシング(Contact Tracing)

ブルームバーグ・ニュースが相談した専門家もまた、結果に寄与した無数の要因を示唆しており、他の国で再現可能な単一の政策パッケージを指摘することはできませんでした。

それでも、これらの対策は、まだ何年も続くかもしれないパンデミックの真っ只中にある国々に長期的な教訓を提供している。

増加する感染症への草の根の早期対応が重要であった。中央政府は政策的な対応が遅いと批判されているが、専門家は、1月に最初の感染が発見された後に行動を開始した日本の接触型トレーサーの役割を賞賛している。迅速な対応は、日本に内在する強みの一つである保健所によって可能になった。平時であれば、これらの看護師はインフルエンザや結核などのより一般的な感染症を追跡することになるだろう。

"シンガポールのようなアプリベースのシステムではありません」と、日本の対応について執筆している北海道大学の鈴木和人公共政策教授は言う。"しかし、それにもかかわらず、非常に役立っています。"

米国や英国のような国が経済を再開しようとしている中、日本は最初の一握りの症例が発見されて以来、病気の動きを追跡してきた。これらの地域の専門家は、いわゆるクラスター、またはクラブや病院などの単一の場所からの感染のグループに取り組むことに焦点を当て、それらが制御不能になる前にケースを封じ込めました。

"日本には疾病管理センターがないと言われることが多い "と、日本の感染管理についてよくある不満を挙げながら、北海道保健科学大学感染管理学教授の塚本洋子氏は語った。"しかし、保健所は地方のCDCのようなものです。"

バーニングカー(Burning Car)
早期の対応には、思わぬハプニングもあった。日本のウイルスとの戦いが国際的に注目されるようになったのは、2月に数百人の感染者を出したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応が批判を浴びたことがきっかけだった。しかし、この船での経験は、日本の専門家が危機の初期段階でウイルスがどのように広がったかについて貴重なデータを提供し、国民の意識にまで浸透させたと評価されている。

他の国では、ウイルスはまだ誰かの問題として見られていたと田中さんは言う。しかし日本では、船内での感染が国際的に注目され、船内でのウイルスの拡散のスピードが速くなったことで、同じことが日本全国で起こりうるという認識が高まりました。"日本にとっては、家の外で燃えている車があるようなものでした。

政治的なリーダーシップが欠如していると批判されたが、それによって医師や医療専門家が前面に出ることができた--公衆衛生上の緊急事態を管理するためのベストプラクティスとして一般的に見られる--。"日本は他の国と違って、専門家主導のアプローチをしてきたと言えるでしょう」と田中氏は言う。

専門家はまた、他の人から完全に距離を置くのではなく、「3つのC」と呼ばれるもの(閉鎖空間、混雑した空間、密着した環境)を避けるという分かりやすいメッセージを作成したことも評価されている。

"社会的距離を置くことは効果があるかもしれませんが、通常の社会生活を続ける上ではあまり意味がありません」と北海道大学の鈴木さんは言います。"3つのCの'は、はるかに実用的なアプローチと非常に効果的であり、同様の効果を持っている間、"

ストレインの違い(Different Strain)

感染症の専門家は他の要因も指摘しており、日本政府の諮問機関である専門家パネルの副代表で元WHO西太平洋事務局長の近江茂氏は、日本人の健康意識が最も重要な要因である可能性があると述べている。

また、日本で蔓延しているウイルスは、他の国で直面しているものとは異なり、危険性が低いものであった可能性も指摘されている。

米国のロスアラモス国立研究所の研究者は、データベース内のコロナウイルスの亜種を研究し、5 月上旬に置かれた論文によると、アジア版からそれを区別するいくつかの変異を持っていたヨーロッパを介して広がっているウイルスの 1 つの株を発見しました。研究は査読されていないし、いくつかの批判を描いたが、所見は、ウイルスがどのように変化するかをより徹底的に研究する必要性を指摘します。

病原体がどの程度広がっているのかについては、まだ大きな疑問が残っている。4月に東京の病院では、コビド以外の患者を対象にした検査を行ったところ、約7%の患者がコロナウイルスを持っていたことが判明した。首都の500人の抗体検査は真の発生が数字が示したよりもほぼ20倍大きいかもしれないことを示唆した。感染数が高いときにアナログの接触のトレースが破壊され、テストを取得することができない人々のレポートやコビドのような症状のための治療さえも、流行の高さの間にソーシャル・メディアにコピペした。

そして、日本の対応が完璧とは言えなかったという事実も残っている。全体の人口ははるかに少ないが、台湾のようなアジアの隣国では、ウイルスによる死亡が確認されたのはわずか7人で、ベトナムでは1人もいなかった。

"日本の対応が素晴らしかったとは言えません」と語るのは、慶應義塾大学医学部客員教授であり、世界保健機関(WHO)のパンデミック・インフルエンザに関する諮問委員会のメンバーでもある菅谷紀夫氏だ。"他のアジア諸国を見ても、死亡率は欧米諸国の約100分の1だった。

購入時間(Buying Time)
日本は健康被害の最悪の事態を回避できたかもしれないが、緩いロックダウンは経済的な影響から日本を守ってはいない。日本経済は、10月の消費税増税の影響にすでに対処していたが、今年の最初の3ヶ月間で正式に景気後退に陥った。エコノミストたちは、第2四半期は記録的な最悪の年になるだろうと警告しており、何十年もの間経済を悩ませてきたデフレの懸念が再び浮上している。国が国境を閉鎖した後、観光客数は4月に99.9%減少し、長年の成長ドライバーとなると約束していた活況を呈していた産業にブレーキをかけました。他の国と同様に、破産者が急増している。

非常事態が終わろうとしているにもかかわらず、当局は生活が正常に戻ることはないと警告している。3月初旬に患者数が鈍化したときには、最悪の事態は終わったとの楽観的な見方が国民に広がっていたが、再び患者数が急増し、非常事態宣言が発動されただけであった。

もし第二波が発生したとしても、世界で最も古い人口を持つ日本では、その危険性は依然として高い。日本はジレアド・サイエンス社のレムデシビルを迅速に承認したが、現在はまだ実証されていない富士フイルムホールディングス社の抗ウイルス剤アビガンの使用を許可するために奔走している。国はそれ自身をテストを強化し、SARSやMERSから隣国がしたように学ぶために時間を使用するための呼び出しがあります。

政府関係者は、日本のアプローチでは病原体を一掃する可能性がないことを認識しながら、人々が「ウイルスとともに生きる」段階について話し始めている。

"第二の波は第一の波よりもはるかに悪化する可能性があることを想定し、それに備える必要がある」と、昭和大学医学部感染症学教授の仁木義人氏は言う。"次の爆発的な症例数が悪化すれば、医療体制が崩壊する"
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

安いので個人輸入代行サイトで時々海外のサプリメントを購入しているのですが、先日オーダーしたのが今日届きました。
どのくらいの期間で届いたのか、備忘録としてEMSの追跡情報を記載しておきます。

ネットで購入、支払いを行ったのが8月1日。
先方から発送を行ったとのメールが来たのが8月8日、
ドイツのフランクフルトの国際交換局から発送されたのが8月9日、
川崎東郵便局に到着したのが8月19日、
目黒郵便局から自宅に配達されたのが、8月20日でした。
フランクフルトから川崎に来るのに10日(時差があるので9日)かかっていました。

個人輸入代行サイトでオーダーした海外のサプリメント到着 ドイツからのEMSの履歴

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全豪オープンテニスのシングルスはチョコビッチがナダルとの死闘を制して優勝しましたが、未だに錦織圭の活躍の余韻に浸っています。
今週の日曜日( 2月 5日)には、NHKで全豪オープンテニスの錦織の戦いのダイジェストが放送されるようです(NHK番組表:全豪オープンテニス ハイライト〜プレーバック錦織圭 8強への戦い〜)ので、今から楽しみです。

今回の錦織がツォンガを破ってベスト8に進出したニュースはCNN,CBS,ロイターと言った海外のメジャーなニュースでも取り上げられたようです。日本ではテニスはメジャーではありませんが、海外ではメジャーなスポーツなので、取り上げられ方が大きいと思います。
CNNのサイトにはボリス・ベッカーが錦織に関して語っている動画もアップされていました。
ボラッテリーテニスアカデミー(IMGスポーツアカデミー)の話も出てきます。

動画の2:28あたりから錦織の話題になります。
CNN:CNN's Don Riddell talks to Boris Becker about the latest action from the Australian Open.

CNN:Japan's Nishikori makes history at Australian Open

CBSSPORTS:Nishikori makes history for Japanese men by reaching Aussie quarters

Reuters:Tennis-Japanese battler Nishikori vows to return stronger

SportsiIlustrated:Nishikori sinks Tsonga for historic Japanese win

The Guardian:Have some fun, Date-Krumm tells Nishikori of Murray match

The Wall Street Journal:Nishikori: Out of Aussie Open, But Not Down

日本のサイトでは、スポーツナビとNHKにかなり詳しい内容の記事が見つかりました。
NHK NEWS:錦織選手 快進撃の秘密

スポーツナビ:錦織・伊達組が会見で笑い誘う ウォズニアッキは1位陥落=全豪テニス第9日

スポーツナビ:錦織「勝つには全然足らなかった」 4強逃すも名シーン演出=全豪テニス第10日

スポーツナビ:錦織圭が示した驚異的なフィジカルの向上と“頭のスタミナ


IMGスポーツアカデミー ジュニアスポーツ留学
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

東日本大震災で拾得物として警察に届けられた金庫約5700個の96%を返還したとのニュース、
YOMIURI ONLINE:被災3県で金庫5700個、中の現金は23億円
に関して、海外では「Honest Japanese」と報道されているようです。

特にイギリスではロンドンで暴動が起きているので、比較して見てしまうでしょう。
記事への、コメントの書き込みも日本人に好意的な内容が多いようです。
Daily Mail:Honest Japanese return £50million found in earthquake rubble to tsunami victims
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ドイツでは、なでしこジャパンがNHKの子供向け番組ピタゴラスイッチに出演して踊った、「アルゴリズム体操」が話題になっているようです。
Yahoo!ニュース:なでしこ強さの秘密?「アルゴリズム体操」とは

Youtubeで調べてみたら、NHKonlineに動画がアップされていました。
Youtube:NHKonlineなでしこジャパン 「アルゴリズム体操」に挑戦


収録はドイツに出発する直前だったようで、沢穂希、宮間あや、阪口夢穂、大野忍、安藤梢、近賀ゆかり、鮫島彩、岩清水梓が出演しています。

見るだけで、こちらも楽しくなってしまいます。
本当に、なでしこジャパンは日本を明るくしてくれます。

ピタゴラスイッチはNHKの公式サイトによると,「4〜6歳児を対象にした「考え方」を育てる番組」とあります。月〜金曜日の午前 7:25〜7:30、午後 5:25〜5:30再に放送されているようです。
NHK:ピタゴラスイッチ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ