つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 添田

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪の靭テニスセンターで開催中のデビスカップ初日の観戦に行ってきました。

シングルス2試合を日本が2連勝し、あと1勝とリーチをかけましたが、2日目のダブルス、3日目のシングルス2試合は雨の為に順延となり、明日月曜日に行われる予定となっています。

試合前には大会の開会セレモニーが行われました。
デビスカップ初日 開会セレモニー


応援団も太鼓や笛太鼓で盛り上げてくれていました。
デビスカップ初日 応援団


第1試合。
ATPランキング42位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が244位のギレルミ・クレザール(Guilherme Clezar)に6-2、7-5、7-6のストレートで勝利。

第1セットは、押し気味に試合を進めていた杉田がクレザールのサービスゲームを2ゲームブレークして6-2で取りました。

第2セットは、杉田が先にクレザールのサービスゲームをブレークした後に、ブレークバックされて追いつかれましたが、6-5からのクレザールのサービスゲームをブレークして7-5で取りました。

第3セットは、先にクレザールにブレークされる苦しい展開でしたが、ブレークバックして手追いつき、タイブレークできっちり勝ちました。

サーフェスや風の影響などもあったのか、格下選手相手に思ったよりも苦戦していましたが、きっちり勝ちきるところが、最近の杉田の成長がうかがえる試合でした。

デビスカップ初日のシングルス 杉田祐一

デビスカップ初日のシングルス 杉田祐一

デビスカップ初日のシングルス 杉田祐一


デビスカップ初日のシングルス クレザール


139位の添田豪 (Go Soeda)が116位のティアゴ・モンテイロ(Thiago Monteiro)に3-6、6-4、6-3、6-7、6-4のフルセットで勝利。

サウスポーのモンテイロの食い込んでくるサーブやストロークにタイミングが合わず、第1セットいきなり0-5まで行ってしまいましたが、ここからようやくタイミングが合うようになってきて3ゲーム連取。
このセットは3-6で落としましたが、徐々に添田のペースに。

第2、第3セットを6-4、6-3で連取し、そのままの勢いで第4セットも5-4のサービングフォーザマッチ。
しかし硬くなってしまったのか、ここできっちりサービスゲームをキープできずにブレークバックされタイブレークにもつれ込むと。
タイブレークでは一方的に落としてしまう悪い流れとなってしまいました。

重苦しい雰囲気のファイナルセット、お互いにサービスゲームが安定せず、添田が先にブレークしますが、5-3からのサービングフォーザマッチでブレークバックされる、第4セットのような展開になりました。
5-4からのモンテイロのサービスゲームを再度ブレークして6-4で勝ちましたが、最後はモンテイロが少し硬くなってしまい、サービスが不安定になった事に救われました。
本当に最後までハラハラ・ドキドキでした。

この1勝で勝利へ大きく前進しました。

デビスカップ初日のシングルス 添田豪

デビスカップ初日のシングルス 添田豪

デビスカップ初日のシングルス 添田豪


デビスカップ初日のシングルス 添田豪モンテイロ


3試合目のダブルスは、
内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)/マクラクラン・ベン(Ben Mclachlan) 対 マルセロ・メロ(Marcelo Melo)/ブルノ・ソアレス(Bruno Soares)
ブラジルのペアはダブルスランキング3位と12位の強敵ですが、十分に勝てるチャンスがあると思われます。

4、5試合目のシングルスは初日と反対の組み合わせでの対戦が行われます。
ダブルスで負けても、杉田とモンテイロのトップ対戦で杉田が勝ってくれることでしょう。

2、3日目が雨の為に順延となり、明日月曜日に延期となっていますが、関西での開催でも、実績のある兵庫県のビーンズドームとか、他のインドアコートの選択肢が無かったのでしょうか。
タイトなスケジュールで戦っている選手の負担を考えると、天候に左右される屋外のコートでの開催には疑問が残ります。

杉田祐一公式ブログ
添田豪公式サイト,Facebook
内山靖崇公式ブログ

Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよウインブルドンテニスの本戦が昨日から始まりました。初日のシングルス1回戦では、錦織が勝利、添田、守屋は敗退となりました。

2日目の今日は杉田、奈良、土居の試合が行われます。


ATPランキング5位 錦織圭 (Kei Nishikori) が 55位 シモーネ・ボレッリ(Simone Bolelli)に 6-3、6-7、6-2、3-6、6-3のフルセットで勝ちました。
ファーストセットはボレッリのサービスゲームを二つブレークする錦織ペースの出だしでしたが、第2セットはお互いにサービスゲームをキープしタイブレークへ。このタイブレークを取れなかったことで互角の展開に。
錦織は、第3セットで左足ふくらはぎのテーピングの巻き直しや、鎮痛剤らしきものを服用するシーンがあり心配されましたが、何とかファイナルセット最初のボレッリのサービスゲームをブレークしての3-0から逃げ切って勝ちました。最後足の動きがかなり悪くなっていたのが心配されます。無理して大きな怪我にならないことを祈ります。

2回戦の相手はATPランキング60位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)

過去の対戦成績は錦織の6勝1敗。足の具合さえ悪化していなければ勝てる相手だと思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Santiago Giraldo


91位 添田豪 (Go Soeda) が 17位 ジョン・イズナー(John Isner)に6-7、4-6、4-6のストレートで敗れました。
やはり、球足の速い芝のコートで208cmのイズナーのサービスゲームをブレークすることが出来ませんでした。それでも、ファーストセットは添田もサービスゲームをしっかりキープしてタイブレークに。
このタイブレークを取れていれば試合の展開は大きく変わっていたかもしれません。
もう少し一方的な試合になるかと思っていましたが、かなりの善戦でした。


174位 守屋宏紀(Hiroki Moriya) が 9位で第9シード マリン・チリッチ(Marin Cilic)に3-6、2-6、6-7のストレートで敗れました。
守屋は出だしがかなり硬くなっていたようでミスが目立ちました。
徐々に調子を上げて、第3セットではチリッチのサービスゲーム一つブレークすることが出来ました。惜しくもタイブレークで敗れましたが、これを取れていれば展開は大きく変わっていたかもしれません。
こちらの試合も、もう少し一方的な試合になるかと思っていましたが、こちらもかなりの善戦でした。


2日目の今日の杉田、奈良、土居の対戦相手は比較的恵まれています。
2回戦への勝ち上がりを期待したいと思います。

149位 杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 107位 ブラス・カブチッチ(Blaz Kavcic)
過去の対戦はありません。ランキング100位以下と対戦選手に恵まれています。このチャンスを生かして是非とも勝ち上がって欲しいところです。

57位 奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 97位 マグダ・リネッタ(Magda Linette)
過去の対戦は奈良の1勝0敗。今年クアラルンプールの大会で勝っていますが、フルセットタイブレークにも連れ込んでいます。接戦が予想されます。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Magda Linette

94位 土居美咲(Misaki Doi) 対 17位で17シード エリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)
スイトリナはランキングは上ですが、過去の対戦は土居の1勝0敗。
昨年のウインブルドンでストレートで勝っています。今回は相手が対土居対策を考えてくると思われます。簡単には勝たせてくれないでしょう。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Elina Svitolina

ウインブルドンテニス公式サイト



錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ

奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよウインブルドンテニスの本戦が今日(29日月曜日)から始まります。

今回は男子選手は錦織と添田がダイレクトイン、杉田、守屋が予選から勝ち上がっての本戦出場となりました。

女子選手は奈良、土居がダイレクトイン。多数の選手が予選に出場しましたが勝ち上がることが出来ませんでした。

初日のシングルス1回戦には錦織、添田、守屋の3試合が行われます。注目の錦織の試合は1番コート1時始まりの2試合目となります。ロンドンとの時差が8時間なので10時半過ぎのスタートになると思われます。
WOWOWでは、左足ふくらはぎにテーピングして練習している姿が放送されていました。怪我の回復度合いが少し心配です。


5位 錦織圭 (Kei Nishikori) 対 56位 シモーネ・ボレッリ(Simone Bolelli)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。昨年のウインブルドンで勝っていますが、フルセットにもつれこんでいます。侮れない相手です。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Simone Bolelli

90位 添田豪 (Go Soeda) 対 17位 ジョン・イズナー(John Isner)
過去の対戦成績は添田の0勝1敗。2013年のデルレイビーチで敗れています。
イズナーは208cmの長身選手。球足の速い芝のコートでイズナーのサービスゲームを攻略するのは相当に難しいので、とにかく添田は自分のサービスゲームをキープすることが鍵となります。
ATP Head to Head:Go Soeda vs John Isner

146位 杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 111位 ブラス・カブチッチ(Blaz Kavcic)
過去の対戦はありません。ランキング100位以下と対戦選手に恵まれています。このチャンスを生かして是非とも勝ち上がって欲しいところです。

173位 守屋宏紀(Hiroki Moriya) 対 9位で第9シード マリン・チリッチ(Marin Cilic)
過去の対戦はありません。チリッチも198cmの長身選手。球足の速い芝のコートでチリッチのサービスゲームを攻略するのは相当に難しいので、とにかく守屋は自分のサービスゲームをキープすることが鍵となります。



58位 奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 97位 マグダ・リネッタ(Magda Linette)
過去の対戦は奈良の1勝0敗。今年クアラルンプールの大会で勝っていますが、フルセットタイブレークにも連れ込んでいます。接戦が予想されます。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Magda Linette

95位 土居美咲(Misaki Doi) 対 17位で17シード エリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)
過去の対戦は土居の1勝0敗。昨年のウインブルドンでストレートで勝っています。今回は相手が対土居対策を考えてくると思われます。簡単には勝たせてくれないでしょう。
WTA Head to Head:Misaki Doi vs Elina Svitolina

ウインブルドンテニス公式サイト



錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
杉田祐一公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ

奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ今日からフランスのパリで全仏オープンテニスの本戦が始まります。

日本人選手は西岡とダニエルが予選を勝ち上がりましたので、男子が、錦織、添田、伊藤、西岡、ダニエル、女子が奈良と土居の、合わせて7名が出場します。

初日の今日は錦織、添田、奈良、土居の試合が行われる予定です。

男子選手は全てボトムハーフとなっています。
初戦から第4シードとの対戦となった西岡以外は、比較的恵まれたドローだと思われます。

ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 123位のポール アンリ・マチュー
(Paul-Henri Mathieu)
過去の対戦成績は1勝1敗ですが、負けたのは2009年です。今の錦織なら問題なく勝つでしょう。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Paul-Henri Mathieu


90位の添田豪 (Go Soeda) 対 23位で第22シードのフィリップ・コールシュライバー(Philipp Kohlschreiber)
過去の対戦成績は添田の0勝1敗。
ATP Head to Head: Go Soeda vs Philipp Kohlschreiber


108位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)対 29位で第28シードのファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)
過去の対戦はありません。


149位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)対 4位で第4シードのトマス・ベルディヒ(Tomas Berdych)
過去の対戦はありません。


169位のダニエル太郎(Taro Daniel)対 33位で第32シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)



WTAランキング56位の奈良くるみ(Kurumi Nara)対  138位のオセアンヌ・ドダン(Oceane Dodin)
過去の対戦はありません。

112位の土居美咲(Misaki Doi)対 147位のオセアンヌ・ドダンペトラ・ツェトコフサ(Petra Cetkovska)
過去の対戦はありません。




錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook


奈良くるみ公式ブログ
土居美咲公式ブログ



Roland Garros French Open - Official Site

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

デビスカップ ワールドグループ1回戦のカナダ戦は2勝3敗で惜しくも敗退。

残念ながら選手の実力(ランキング)通りの結果となってしまいました。

初日
第1試合
85位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が 6位のミロシュ・ラオニッチ(Milos Raonic)に 2-6、1-6、2-6のストレートで敗けました。

第2試合
4位の錦織圭(Kei Nishikori) が 62位のバセク・ポシュピシル(Vasek Pospisil)に、6-4 7-6(5)、6-3のストレートで勝ちました。

2日目 ダブルス(ダブルスランキング)
369位の添田豪 (Go Soeda)・222位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)
組が 5位ダニエル・ネスター(Daniel Nestor)・15位のバセク・ポシュピシル(Vasek Pospisil)組に5-7、6-2、3-6、6-3、3-6のフルセットで負けました。

3日目
第1試合
4位の錦織圭(Kei Nishikori) が 6位のミロシュ・ラオニッチ(Milos Raonic)に3-6、6-3、6-4、2-6、6-4のフルセットで勝ちました。


第2試合
86位の添田豪 (Go Soeda)が 62位のバセク・ポシュピシル(Vasek Pospisil)で5-7、3-6、4-6のストレートで負けました。

2日目のダブルスでは十分に勝つチャンスがあっただけに悔やまれる結果ですが、最後は自力の差が出たということでしょう。

錦織は肝心なところで一気にギアアップして勝利をもぎ取ります。
トップスピン、フラット、スライス、ドロップショットとストロークバリエーションが豊富で、観客を魅了するプレーが光りました。

シングルスでストレート敗けの伊藤選手と添田選手はランキングこそ100位以内ですが、ATPチャレンジャーレベルの試合で稼いだポイントが多く、ATPツアーレベルの上位ランキング選手との対戦経験が少ないことが原因かと思いますが、サーブやストロークのスピードについていけていないように見受けられました。また、肝心なところでダブルフォルトを犯してしまったり、メンタル面の弱さも目立ちました。

昨年のカナダ戦は錦織選手が3日連続出場して3勝して勝ちましたが、これから全仏、全英と続くグランドスラムのことを考えると錦織を酷使するのは得策ではありません。

長期的に考えて、今回日本チームのベンチに入っていた、錦織2世、3世と言われる西岡良仁(Yoshihito Nishioka)、中川直樹(Nakagawa Naoki)あたりをメンバーに抜擢した方が将来の可能性につながると思います。

WOWOW解説の松岡修造さんは内山選手をダブルスプレーヤーとして、かなり期待しているようですが、錦織選手のように、シングルスランキングの上位選手はダブルスでも強力です。シングルス・ダブルス共にランキング200位以下の内山選手に期待するのは少し無理があると思います。

Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
内山靖崇公式ブログ
西岡良仁 公式サイトFacebook
中川 直樹 Naoki Nakagawa | Twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス1回戦、錦織圭と添田豪が勝ち上がり、伊藤竜馬、守屋宏紀、奈良くるみ、クルム伊達公子は敗退しました。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 69位のニコラス・アルマグロ(Nicolas Almagro)に6-4、7-6、6-2のストレートで勝ちました。
アルバグロはさすがはキャリアハイ9位の実力者。簡単には勝たせてくれませんでしたが、錦織は慎重に負けないテニスで勝利しました。このレベルの選手に対して、ファーストの終盤、第2セットのタイブレークと要所要所でギアアップして確実に物にして行き、2セットダウンで気落ちしたアルマグロに対して第3セットは一方的な試合展開に持ち込みました。トップ5の選手にふさわしい戦い方でした。
また、ファーストサーブが軽く打っている感じなのに、190km台のスピードが出ていましたし、サービスエースも多くなりました。新しいラケットの効果なのかフォーム改善の効果か、今年は更に飛躍が期待できそうです。

2回戦の対戦相手はATPランキング86位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)。
過去の対戦成績は錦織の3勝1敗。今の調子なら問題なく勝てると思われます。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Ivan Dodig
このままシード通り順調に勝ち上がると準々決勝でワウリンカと対戦します。それまで体力を温存するためにも、準々決勝までは、ストレートで楽に勝ちあがりたいところです。

ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) が 212位のエリアス・イメル(Elias Ymer) に1-6、6-4、4-6、6-3、6-3のフルセットで勝ちました。
ランキング的には200位代の選手ですが、予選を勝ち抜いてきた18際の伸び盛り、やはり侮れませんでした。
予選を勝ち上がってきたイメルに後半、連戦の疲れが見えてきて助かった面がありました。

2回戦の対戦相手はATPランキング33位で31シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)。
過去の対戦成績は添田の0勝1敗。
1回戦の調子では勝つのは難しいと思われますが、格上に対して気楽になり、良いプレーが出来ることを期待したいと思います。
ATP Head-To-Head:Go Soeda vs Fernando Verdasco


ATPランキング89位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が 34位で第32シードのマーティン・クリザン(Martin Klizan)に6-7、2-6、4-6のストレートで敗れました。
第1セットは互角の展開でしたが、タイブレークで落とすと伊藤が気落ちし、一気にやられてしまいました。
第2セットスタートでの気力ダウンが、画面から伝わってくるくらいですから、当然相手選手にも伝わってしまっていたでしょう。伊藤選手はストローク力には素晴らしいものがあるのに、いつもこのような展開が多く残念です。


ATPランキング146位の守屋宏紀(Hiroki Moriya) が 44位のエジィ・ヤノヴィッツ(Jerzy Janowicz)に6-7、6-2、3-6、5-7で敗退しました。
スコアから見ると、203cmで91kgの長身選手相手にサービスエースを26と量産されましたが、接戦に持ち込んだのは立派です。今後が期待できます。


WTAランキング43位の奈良くるみ(Kurumi Nara) が 6位で第6シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska)3-6、0-6のストレートで敗退。
奈良は身長が低くサービスの威力が無いので、どうしてもトップ10レベルの選手との対戦となるとサーブを叩かれてしまい、サービスキープが難しくなります。トップ10の壁を打ち破るのはかなり難しいと思われます。


WTAランキング101位のクルム伊達公子(Kimiko Date-Krumm) が 140位のアンナ・タチシュビリ(Anna Tatishvili)5-7、4-6のストレートで敗退。
やはり、体調が完璧で無い状況では勝つことは出来ませんでした。
年齢的なこともあり、そろそろダブルスに専念した方が良いと思います。

これでシングルスは1回戦が終わり2回戦となりますが、錦織も添田も今日は試合がありません。
今日は、奈良、伊達、青山のダブルス1回戦が行われる予定です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ


奈良くるみ公式ブログ
伊達公子オフィシャルブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ