つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 添田豪

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)のシングルス2回戦、錦織圭は勝ち上がり、添田豪は敗退しました。


ATPランキング5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が86位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)。に4-6、7-5、6-2、7-6で勝ちました。
過去の対戦成績が3勝一敗。1回戦よりも苦戦しないのではと思っていましたが、ドディグがパワー全開で向かってきたのに対して、押されてしまう展開となってしまいました。最初はアウトするミスも多く見うけられました。
しかし今の錦織は、このような相手に対して攻撃を受け止め、逆転して行く勝つテニスが出来ます。第4セットのタイブレークでは相手に1ポイントも与えませんでした。立ち上がりに苦しんだだけ、最後に強さを感じる試合展開でした。まさにトッププレーヤーの負けない戦い方と言えます。

今日行われる3回戦の相手はATPランキング38位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)
過去の対戦成績は錦織の2勝0敗。過去2度ともストレートで勝っています。同じ1989年12月生まれの25歳。今回もきちっと勝ってくれると思います。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Steve Johnson


ATPランキング92位の添田豪 (Go Soeda) が 33位で31シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdascoに3-6、2-6、6-7のストレートで負けました。

やはり、このレベルの選手とでは添田のファーストサーブがいつも以上にガンガン入るような調子でなくては勝つのは難しいと思われました。試合を通して甘いアプローチショットでネットに出て行って、パッシングの餌食になるシーンが目立ちました。このレベルの相手には、もう少し厳しいところに打って出ていかないと、ネットで決めるのは困難です。ランキングも上がってきて、このレベルの選手との対戦が増えれば、戦い方も変わってくるかもしれません。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスの2日目のシングルス1回戦、伊藤竜馬が第一シードのワウリンカに勝ちました。添田豪は敗退しました。

ATPランキング103位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が 4位で第1シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に7-5、6-2で勝利。
初戦からいきなり第1シードときつい対戦相手だと思いましたが、ワウリンカの表情に精彩が無く、動きも悪くミスの多い、伊藤の一方的な試合展開となってしまいました。来日してからのイベントも多く、シーズン後半でかなり疲れがたまっていたのでしょう。11月にはデビスカップの決勝もありますし、そちらに照準を合わせているのかもしれません。

ATPランキング109位の添田豪 (Go Soeda) が 57位のドナルド・ヤング(Donald Young)に 4-6、2-6で敗れました。
最近の添田の調子からするとかなり勝つのは難しいと思われましたが、やはりヤングの一方的な試合展開となってしまいました。

今大会では第2シードのフェレール、第5シードのツォンガ、第6シードのロベルト・バウティスタ アグートがシングルス一回戦で既に敗退しています。4大大会最終戦の全米オープンも終わり、シーズン終盤で上位選手は疲れがたまって来ている時期だと思われます。

今日は、錦織のシングルス1回戦と伊藤のシングルス2回戦が行われます。

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 61位のイワン・ドディグ(Ivan Dodig)
過去の対戦成績は錦織の2勝1敗です。
ATP Head-To-Head:Kei Nishikori vs Ivan Dodig
今の錦織の実力なら、問題なく勝てる相手だと思われますが、マレーシアオープンで決勝まで勝ち進んで、休むことなく直ぐの試合となるので、その疲れが少しばかり心配です。

ATPランキング103位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) 対 62位のベンジャミン・ベッカー(Benjamin Becker)
ATPツアーレベルの過去の対戦成績は伊藤の0勝1敗ですが、予選では2013年に一度勝っています。
ATP Head To Head:Tatsuma Ito vs Benjamin Becker
伊藤は2012年には最高ランク60位まで行っている実力があります。互角の戦いになると思われます。

添田と伊藤ペアのダブルスの試合もあります。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
添田豪 公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ13日月曜日からオーストラリアのメルボルンで今年最初のテニスのグランドスラム 全豪オープン テニス(Australian Open Tennis Championships)が開幕します。

男子シングルスドローが発表されています。初戦の対戦相手は、

ATPランキング17位で、第16シードの錦織圭 (Kei Nishikori)は1回戦で56位のマリンコ・マトセビッチ(Marinko Matosevic)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の2勝0敗です。昨年2度対戦し、2度とも勝っています。問題なく勝ち上がってくれることと思います。
ATP Head-To-Head Kei Nishikori vs Marinko Matosevic

ATPランキング112位の添田豪 (Go Soeda)は1回戦で 4位で第4シードのアンディ・マレー(Andy Murray)と対戦します。

過去の対戦はありません。厳しい初戦の相手となりましたが、どのくらい添田のテニスがトップ選手に通用するかを見るのが楽しみです。

現在行われている予選では、162位の杉田祐一(Yuichi Sugita)と240位のダニエル太郎(Taro Daniel)が3回戦まで勝ち上がっています。今日の試合に勝つと本戦へ出場となります。

勝ち上がって、本戦出場が4人となってほしいものです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook

杉田祐一公式ブログ
ダニエル太郎 Twitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

 慶応大学の日吉キャンパスで行われている、ATPチャレンジャーツアーのシングルス準決勝で、添田豪が勝利し、今日の決勝戦へ進みました。昨日は用事があって、残念ながら試合観戦に行けませんでしたが、今日は応援に行きたいと思います。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

 一昨日途中で雨のためにサスペンデッドとなっていた、伊藤竜馬選手の順々決勝戦の続きが昨日の朝一番に行われましたが、残念ながら6-4, 3-6, 4-6の逆転で敗退してしまいました。

第3シードでATPランキング114位の添田豪(Go Soeda)が第6シードで162位のピエール-ウゲス・ハーバート(Pierre-Hugues Herbert)に6-4, 6-4でストレート勝利。
188cmのハーバートはサービスエースもあるが、ダブルフォルトも多く、ストローク力に勝る添田が安定した試合展開で勝利しました。ハーバートは前日の準々決勝が雨でサスペンデッドとなってしまい、一日2試合の不利な条件もあったと思います。

今日の決勝戦では第1シードで 95位のマシュー・エブデン(Matthew Ebden)と対戦します。キャリアハイ61位の強敵ですが、添田はキャリアハイ47位。好試合が予想されます。

添田豪 公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

身内に不幸がありまして、一ヶ月ほどブログを休みにさせていただきました。

 昨日は、慶応大学の日吉キャンパスで行われている、ATPチャレンジャーツアーのシングルス準々決勝を観戦に行ってきました。添田豪や伊藤竜馬が出場しているのに無料で観戦できるのがありがたいことです。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント
 コートでは4面を使って準々決勝の4試合が同時に始まりました。途中からぱらぱらと雨が降り出しましたが、何とか添田の試合は終わることが出来ましたが、伊藤の試合は雨で中断となってしまいました。今日の朝一番に続きが行われます。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント


第3シードでATPランキング114位の添田豪(Go Soeda)が178位のマルコ・キウディネッリ(Marco Chiudinelli)に6-4, 6-4のストレート勝利。
188 cmの長身のキウディネッリのサーブに苦しみましたが、終始安定したストロークでストレートで勝ちました。
添田豪 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

添田豪 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

添田豪 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

添田豪 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント


第8シードでATPランキング170位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)と第4シードで101位のブラッドレイ・クラーン(Bradley Klahn)との試合は、6-4、3-6、4-5の土壇場でクラーンのサービスゲームとなったところで、雨のためにサスペンデッドとなりました。サウスポーのクラーンはフォアハンドが強烈なトップスピンで、バックハンドは低い弾道の強烈にバックスピンのかかったスライスと、かなり打ちにくそうな相手でした。
伊藤竜馬は昨年は第一シードで出場していたにもかかわらず、2回戦でダニエル太郎に敗れてしまいました。テニスの技術レベルは素晴らしいものを持っていますが、精神的な面の弱さが目立ちます。昨日は何度もラケットをたたきつけようとして、とどまっていました。今日の朝一番で一気に逆転といって欲しいものです。
伊藤竜馬  慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

伊藤竜馬 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

伊藤竜馬 慶應チャレンジャー国際テニストーナメント


添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は楽天ジャパンオープン テニスのシングルス1回戦に出場した添田豪がラオニチに敗れ、1回戦を突破できたのは錦織圭だけとなってしまいました。

ATPランキング119位の添田豪(Go Soeda)が 11位のミロ・ラオニチ(Milos Raonic)に、4-6、6-7で敗れました。
添田は試合を通して、たった一回サービスゲームをブレークされただけでした。サービスゲームのキープ力はかなり向上してきていますが、196cm、88kgの巨体から打ち下ろす、ラオニチの強力なサーブを最後までうまく返球することが出来ませんでした。
有明の早いサーフェスと言うメリットもあったと思いますが、ラオニチは24本のサービスエースで、ブレークポイントすら与えない完璧なゲーム展開でした。
第2セットのタイブレークでは一本もポイントを取らせてもらえませんでした。これが本当の実力差と言えるのかもしれません。

今日は錦織の2回戦が行われます、
ATPランキング13位の錦織圭(Kei Nishikori) 対戦 24位 のフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez )。
過去の対戦成績は、1勝2敗です。苦戦が予想されます。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Feliciano Lopez


添田豪 公式ブログ,Facebook

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

楽天ジャパンオープン2013
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ