つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 準優勝

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス決勝、錦織圭が敗退、準優勝となりました。
楽天・ジャパン・オープン・テニス

ATPランキング12位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が32位のダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev)に2-6、4-6のストレートで敗退。
メドベージェフのサービスゲームで始まった第1セットの第1ゲームで、いきなりブレークチャンスが訪れましたがブレークできず、結局試合全体を通じてのブレークチャンスはこの1回だけで、これ以降は一方的な展開となってしまいました。ここでもしブレークできていたらもう少し違った展開になっていたかもしれません。
第1セットはメドベージェフが簡単にサービスゲームをキープして、錦織は2ゲームブレークされて2-6で落としました。
第2セットはお互いにサービスゲームをキープしての4-5からの錦織のサービスゲーム、フォアハンドのミスを連発してブレークされ4-6で落としました。

198cmの長身のメドベージェフ、200km弱のサーブをセンターとワイド深くに振り分けて、リターンの的を絞らせず、動きも機敏でコートカバリングも良く、サービスゲームを安定してキープ。
錦織もサービスゲームをキープしてタイブレークに持ち込む以外に勝てるチャンスはありませんでしたが、メドベージェフの弾道にタイミングが合わないのか、ネットやアウトするストロークミスが目立ちました。
試合を通してのトータルポイントで33対59。1時間3分でのあっと言う間の完敗でした。
地元での決勝戦の緊張感からフットワークやスイングが固くなってしまったのかもしれません。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スイスのバーゼルで開催されていたスイス・インドア・バーゼル(Swiss Indoor Basel)のシングルス決勝で錦織圭がマリン・チリッチに敗れて準優勝となりました。

第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が第4シードのマリン・チリッチ(Marin
Cilic
)に1-6、6-7のストレートで敗退。
序盤はチリッチに錦織のセカンドサーブを強烈に叩かれて、ストローク戦でも守勢となり、第1セットはサービスゲームを1ゲームキープできただけで1-6で落としました。

第2セットに入り、何とかブレークのピンチを乗り越えるとチリッチに疲れが見えてきて、サービスの入りが悪くなり、ストロークミスも増え、セットポイントのチャンスも訪れました。
しかし、このチャンスを取りきれずにタイブレークへ入ると、サービス力に勝るチリッチに、5-7で落としてしまいました。
意外にも、錦織は今まで対チリッチ戦でタイブレークでセットを落としたことがありませんでした。
第2セットを取っていれば、試合の流れは大きく変わったと思われる惜しい敗戦でした。

今回も以前の対戦時と同様に、錦織の弾むセカンドサーブが198cmの長身のチリッチの丁度打ちごろの高さとなり、強打で返球されていました。
ワイドへのスライスサーブなども混ぜて工夫をしていましたが、トップランキング選手相手にはファーストサーブが70%位入らないと、今の錦織のサービス力ではサービスキープは難しそうに思われます。

負けましたが、今回の準優勝でラオニッチを抜いてATPランキング4位となり、3位のワウリンカも射程距離に入ってきました。過去4連敗中だったデルポトロに勝つことも出来ました。錦織にとっては収穫の多い大会だったと思われます。

これからのパリマスターズ、ロンドンでのATPファイナルでの活躍が期待されます。

これで対チリッチの対戦成績は7勝5敗、今年は2連敗となりました。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Marin Cilic

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催されている、バルセロナオープン・バンコ・サバデル 決勝で錦織圭がナダルに敗れ準優勝となりました。

ATPランキング6位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 5位で第1シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に4-6、5-7で敗退。
全盛期の調子を取り戻してきているナダルのトップスピンストロークがエンドラインぎりぎりに決まり、錦織のフレームショットが目立ちました。
実際のボールは相当に強烈な回転で、コートの状況により跳ねる角度が異なったりと、大きなバウンドの変化に対して、スイートスポットで捉えることが難しかったのかと思われます。

それでも、過去の対戦成績が1勝8敗と大きく負け越しているナダルに対してほぼ互角の戦いでした。

勝負事にレバタラはありませんが、第一セットの出だしのナダルのサービスゲームをブレークしておけば、また、第2セットの出だしのナダルのサービスゲームをブレークした直後のサービスゲームをきっちりキープしておけば、もしかしたら勝てたかもしれません。

13回のブレークチャンスで3回のブレーク。ジョコビッチと同様、ブレークチャンスはあっても、なかなかブレークさせてくれませんでした。 そのあたりがトップ4との差なのかもしれません。

負けはしましたが、錦織はクレーコートでのスキルをかなり向上させてきています。全仏での活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで行われていた、テニスのATPツアー マスターズ1000シリーズ マイアミ・オープン(Miami Open)のシングルス決勝で、錦織圭がジョコビッチに敗退。準優勝となりました。

ATPランク6位で、第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)がランキング1位で、第1シードのノヴァーク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、3-6のストレートで敗退しました。

ジョコビッチのサービスゲームで始まった第1セットの第1ゲームでいきなりサービスゲームをブレークして希望を持たせてくれましたが、直ぐにブレークバックされ、錦織が2ゲームをブレークしましたが、ジョコビッチに3ゲームブレークバックされて3-6で落としてしまいました。

錦織のサービスゲームで始まった第2セットの第1ゲームで、サービスゲームをブレークされると、そのままジョコビッチに逃げ切られてしまいました。

この試合、ジョコビッチにゲーム序盤から錦織のサービスのコースを読まれていたように見えました。
錦織のファーストサーブインの確率が52%、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が53%。
ジョコビッチのセカンドサーブでのポイント獲得率60%を下回る状況でした。これではとても勝負になりません。

ストロークでは、錦織が打ったサイドライン際のボールを、ジョコビッチにカウンターでダウンザラインにエースを決められるシーンが印象に残りました。
カウンターショットされないように更に厳しいところに打つと、ミスにつながってしまいます。

見てる方もジョコビッチのサービスゲームをブレークしても、直ぐにブレークバックされるのではとついつい思ってしまいますが、ここのところジョコビッチに連敗中の錦織選手も、そのような気持ちになっていたのではないでしょうか。

最近は無敵の絶対王者のジョコビッチ、とにかくレシーブ力があるので、サービス力だけで勝つのは難しく、ビッグサーバーが勝てる可能性は余り無いと思われます。負かす可能性があるのは、錦織のようなバリエーション豊富なストロークでの一撃必殺の破壊力のある選手だと思います。

対戦成績は錦織の2勝7敗で、6連敗となってしまいましたが、次の対戦ではマイケル・チャンときっと秘策を練ってきてくれることでしょう。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Novak Djokovic

今回の準優勝で錦織は大きくポイントを獲得し、5位のナダルに465点差に迫ってきています。
ATP Ranking Singles
全仏以降のグランドスラムでの活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

兵庫県のビーンズドームで行われているATPチャレンジャーツアーのノア・チャレンジャー(2015 Hyogo NOAH Challenger - 兵庫県テニス協会)の決勝戦で第4シードのダニエル太郎(Taro Daniel )が第1シードのジョン・ミルマン(John Millman)に1-6、3-6のストレートで敗れ、準優勝となりました。

ネットのライブストリーミングで観戦しましたが、スコア以上に善戦していました。
お互いにほとんどエンドラインからのストロークの打ち合いで、ミルマンの精度が少しばかり上回り、どうしてもストロークが長くなると左右に振られてしまう展開となりました。
ダニエル太郎はファーストサーブの確率が63%で、入ったときのポイント率が45%。長身を生かしてファーストサーブにもう少し威力がついてくればトップ100に入って来れるでしょう。

ダニエル選手は現在のランキングは119位で日本人の4番手ですが、今回の準優勝で110位以内に上がり、錦織の次の2位になると思われます。

これからの活躍が期待されるダニエル選手ですが、明日から慶応の日吉キャンパスで行われる慶應チャレンジャーに出場予定です。

慶應チャレンジャーは昨年は無料でしたが今年は有料になったようです。
慶應チャレンジャー国際テニストーナメント

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

岐阜で行われている女子テニスの下部のITFのツアー カンガルーカップ国際女子オープンのシングルス決勝戦で、大坂なおみ が敗退し準優勝となりました。

WTAランキング227位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が、75位で第1シードのサイサイ・ゼン(Saisai Zheng)に、6-3、5-7、4-6の逆転で敗退。
第一セットを取って、第二セットも5-5まで行ってからの敗退です。本当に惜しい敗戦でした。

今回の準優勝で大坂は190位くらいにランキングアップしてくると思われます。4大大会の予選にエントリー出来るところまで上がってきました。これからの活躍が期待されます。

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebook

岐阜 カンガルーカップ
ITF $75,000 Gifu
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ