つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:準決勝

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 アメリカのニューヨークで開催中のテニスのW&Sオープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝利、決勝へ進みました。

大坂選手の準決勝ボイコット宣言から一転し、1日試合を休みとし1日延期しての試合となりました。

WTAランキング10位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が22位で第14シードのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)に6-2、7-5のストレートで勝利。

第1セットは大坂がメルテンスのサービスゲームを3ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて6-2。

第2セットも先に大坂がメルテンスのサービスゲームをブレークする良いスタートでしたが、ブレークバックされてタイブレークに持ち込まれました。タイブレークでは4-5とリードされたところから3ポイント連取して7-5で勝利。タイブレークを落としていたら結果は逆になっていたかもしれません。

試合を通してファーストサーブインの確率が5割以下。決勝戦ではもう少し入れていかないと苦しいと思います。

 この試合は新型コロナ対策のため、無観客で、選手が入場の時にはマスク着用、線審もいなくてボールキッズは3人でマスク着用、タオルは選手が自ら取りに行く方式で行われています。
試合終了後の握手やハグはなくラケットをタッチしていました。
テニスのW&Sオープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝利、決勝へ

テニスのW&Sオープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝利、決勝へ


決勝では59位のヴィクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka)と対戦します。
過去の対戦成績は3勝1敗。2018、2019年と大坂が連勝しています。
アザレンカは元世界1位の強敵ですが、気力や体調に問題がなければ勝てる相手だと思われます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 アメリカのニューヨークで開催中のテニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ進みました。

WTAランキング10位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が20位で第12シードのアネット・コンタベイト(Anett Kontaveit)に4-6、6-2、7-5の逆転でで勝利。

第1セットは2-2からの大坂のサービスゲームをブレークされそのまま4-6で落としました。
大坂選手のストロークが伸びてバックアウトするシーンが多くみられました。

第1セットの悪い流れのまま始まった第2セットは、1ゲーム目の大坂のサービスゲームでダブルフォルトなどもあり落してしまいました。しかし、0-2からの大坂のサービスゲームを苦しみながらもキープすると、落ち着いたのか一気に6ゲーム連取で6-2で取りセットカウント1-1に。

第3セットは先に大坂がコンタベイトのサービスゲームをブレークし3-0の良いスタートでしたが、ブレークバックされて拮抗した試合展開に。最後は6-5からのコンタベイトのサービスゲームをブレークして取りました。タイブレークに持ち込まれたら負けていた可能性もある試合でした。

大坂選手はコロナ休みの調整がよかったようで、体が絞れていて動きもスムーズでサービス、ストロークともに好調です。

 この試合は新型コロナ対策のため、無観客で、選手が入場の時にはマスク着用、線審もいなくてボールキッズは3人でマスク着用、タオルは選手が自ら取りに行く方式で行われています。
試合終了後の握手やハグはなくラケットをタッチしていました。

テニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ

テニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ

テニスのW&Sオープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝利、準決勝へ 試合終了後の握手やハグはなくラケットをタッチ


準決勝では22位で第14シードのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗。昨年の東レ パンパシフィックの準決勝では大坂がストレートで勝っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンのシングルス準決勝で大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が8位で第7シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova)に6-2、4-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セット、プリスコバのサービスゲームを2ゲームブレークして6-2で取り、
第2セットもいきなりプリスコバのサービスゲームをブレークして楽勝ムードでしたが、ここから逆襲され2ゲームブレークバックされて4-6で落としてしまいました。
第3セットでは0-1からの大坂のサービスゲームでブレークポイントを握られますがこれを凌いでキープすると、次のプリスコバのサービスゲームをラブゲームでブレーク。そのままキープして逃げ切り6-4で勝ちました。
苦しい場面をサービスエースで切り抜けることができる、サービス力の差が出ました。

決勝では、6位で第8シードのペトラ・クビトバ(Petra Kvitova)と対戦します。
過去の対戦はありません。
182cmの長身のサウスポーのクビトバの球筋に早くアジャストできるかどうかが鍵となると思われます。
勝てばランキング1位、負けても2位となります。

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンのシングルス準々決勝で大坂なおみが勝ち上がりました。錦織圭は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、1-4 途中リタイアで敗退。
1日練習を休んで体力の回復を行った錦織ですが、4回戦までの厳しい試合での体力消耗が大きかったようです。最初から本来の動きが出来ませんでした。
錦織の場合には、ストロークでポイントを取って行くれに巣スタイルなので、格下の選手相手にも体力消耗が大きくなります。7連戦を勝ち抜くグランドスラムでは、ドローに相当に恵まれないと優勝は難しいと思われます。
負けはしましたがベスト8に勝ち上がったことにより、来週のランキングでは7位にアップします。今シーズン、これからの活躍が期待されます。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が7位で第6シードのエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)に6-4、6-1のストレートで勝利。
第1セットは大坂が3-2からスイトリナのサービスゲームをブレークしてからすべてブレーク合戦で6-4で取りました。大坂はウイナーも多いがミスショットも多くサービスゲームの安定度に欠けました。

第2セットに入るとスイトリナが肩を痛めたようでメディカルタイムアウトを取るなどで、一方的な展開となり6-1で勝ちました。

準決勝では、8位で第7シードのカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova)と対戦します。
昨年の東レPPOの決勝でストレートで負けています。
厳しい戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス準決勝、錦織圭が勝利、決勝戦へ進みました。
楽天・ジャパン・オープン・テニス

ATPランキング12位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が25位で第8シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)に7-6、6-1のストレートで勝利。
第1セット、好調な出だしで押し気味に仕合を進めた錦織でしたが、3度のブレークチャンスを取ることができず、お互いにサービスゲームをキープしてタイブレークに。
タイブレークを錦織が7-2で取ると、第2セットは一方的な展開で、ガスケに1ゲームだけしか与えずに、6-1で勝利。
2勝7敗で苦手にしていた対戦相手なので苦戦を予想していましたが、ブレークチャンスを一度も相手に与えない完ぺきな勝利でした。
ファーストサーブインの確率が73%でポイント率が84%。課題のサーブが随分と良くなってきました。また、ミスの多かったフォアハンドストロークも非常に安定していました。

決勝の対戦相手は32位のダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗。
準決勝のようなプレーができれば勝利は間違いないと思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス準々決勝、錦織圭が勝利、準決勝へ進みました。
楽天・ジャパン・オープン・テニス

ATPランキング12位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が15位で第5シードのステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas)に6-3、6-3のストレートで勝利。
第1セット、2-2からのチチパスのサービスゲームをブレークしましたが、すぐにブレークバックされ3-3に追いつかれるいつものパターンとなり少し心配しましたが、その後3ゲーム連取して6-3で取りました。
錦織のサービスゲームで始まった第2セットは、2ゲーム目のチチパスのサービスゲームをブレークし、あとはお互いにキープして6-3で勝利。
今年に入って一気にランキングアップしてきている20歳の急成長中の若手のチチパス、もう少し苦戦を予想しましたが、錦織のテンポの速いテニスにチチパスがついてこれず、振り回されながら打つショットでミスを連発していました。
錦織のファーストサーブインの確率が67%、ファーストサーブのポイント率が85%。スタッツ的にもサーブが安定していました。

準決勝の対戦相手は25位で第8シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)
過去の対戦成績は錦織の2勝7敗で、苦手にしている相手です。
準々決勝では第2シードのケビン・アンダーソンにストレートで勝っています。
特にバックハンドストロークの威力が特徴で、これに対してどのように錦織が攻略していくのか、明日の試合が楽しみです。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ