つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 準決勝

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのメッツで開催されているモゼール・オープンの準々決勝で錦織圭が勝利。準決勝へ進みました。

ATPランキング12位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori) が31位で第5シードのニコロス・バシラシヴィリ(Nikoloz Basilashvili)に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝利。
第1セット序盤ではバシラシヴィリの強烈なファーストサーブに苦しみながらも、返球さえできればストローク力で勝る錦織のペースに。徐々にバシラシヴィリのファーストサーブにタイミングが合うようになり、2ゲームブレークして6-3で取りました。
自らのサービスゲームでは1度もブレークチャンスさえ与えない安定したサービスゲームキープでした。

第2セットに入っても錦織ペースで、2ゲーム目に錦織が先にバシラシヴィリのサービスゲームをブレークしましたが、直ぐにブレークバックされるいつもの悪いパターンに。
このブレークにより勢い付いたバシラシヴィリのハードヒットショットがガンガン決まり出し、錦織が振り回される悪い展開となってしまい、完全に攻守が逆転してしまいました。
ファーストサーブの入りも悪くなってきた錦織、4-4からのサービスゲームをブレークされ、次のバシラシヴィリのサービングゲームをキープされて4-6で落としてしまいました。

第3セットもバシラシヴィリ優勢で始まり、1-1からの錦織のサービスゲームを先にブレークされてしまいました。
しかし、2-3からのバシラシヴィリのサービスゲームをブレークバックし3-3に追いつくと、次の錦織のサービスゲームでバシラシヴィリが転倒、このあたりからバシラシヴィリに疲れが目立つようになり、ショットの精度が落ちてきました。
最後は5-4からのバシラシヴィリのサービスゲームをブレークして6-4で勝ち切ることができました。

試合展開が有利になると集中力が切れてしまうのか集中力が1セットしか続かないのか、2セットのストレートで勝てそうな試合をフルセットに持ち込まれるパターンが非常に多く見られます。
これが次の試合への疲労の蓄積につながってしまいます。

準決勝では166位のマティアス・バッヒンガー(Matthias Bachinger)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝。
体力が回復できていれば問題のなく勝ち上がれる対戦相手と思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニスのシングルス準々決勝、大坂なおみが勝利、準決勝へ。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

WTAランキング7位で第3シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が25位で第8シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)に6-3、6-4のストレートで勝利。
第1セット序盤では動きに硬さのある大坂が老練なストリツォワのバリエーション豊富なショットに翻弄され、苦しい場面もありましたが、ストリツォワのサービスゲームを2ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされ6-3でとりました。

第2セットは大坂のプレーが安定してきて、ストリツォワのサービスゲームを1ゲームブレークし、自らのサービスゲームは全てキープして6-4で取りました。

準決勝の対戦相手は37位のカミラ・ジョルジ(Camila Giorgi)
過去の対戦はありません。今大会非常に好調なジョルジ。ハードヒッター同士の強烈なショットの応酬になると予想されます。

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス準決勝、錦織圭はジョコビッチに敗退しましたが、大坂なおみは勝利し、セリーナとの決勝へ進みました。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) が6位で第6シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
以前のランキング1位だった時のレベルに完全復活してきたジョコビッチには隙がありませんでした。
トータルのウイナーの数は錦織が22でジョコビッチが16で優っていましたが、アンフォーストエラーは錦織が51でジョコビッチが29。
打っても打っても返ってくるジョコビッチの完璧なコートカバリングに最後は錦織がミスをさせられてしまうパターン、特にフォアハンドのミスが目立ちました。
サービスゲームでも深く返球されて、主導権をとることができませんでした。

第1セット出だしから硬さがみられた錦織ですが、第2セット序盤には互角のプレーでブレークチャンスもありましたが、結局最後までジョコビッチのサービスゲームをブレークすることができませんでした。
このブレークチャンスに1ゲームでもブレークできていたらもう少し善戦ができていたかもしれません。
苦しい展開の中でも、局面を打開するためにネットプレーにトライしたり、素晴らしいプレーも見せてくれました。

敗れはしましたが、怪我の影響で1月の全豪オープンを欠場してATPチャレンジャー大会から復帰してきた錦織選手、フレンチオープンでベスト16、ウインブルドンでベスト8、今回の全米でのベスト4と順調に成績アップし、ランキングも来週には12位くらいに上がってくると思われます。
今後の活躍が期待されます。


WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が14位で第14シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)に6-2、6-4のストレートで勝利。
ストレート勝ちでしたがスコア以上に競り合った試合でした。
4回のブレークチャンスで3回ブレークした大坂に対して、キーズはブレークチャンスが13回もありながら一度もブレークできませんでした。
重要な場面で絶対にミスをしないショットの安定した大坂に対して、キーズは力んでミスを重ねていました。
フットワーク、ストローク力、コース選択、メンタル面など、すべての面で大幅にアップしてきています。
決勝戦が楽しみです。


決勝では26位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)と対戦します。
今年のマイアミで大坂が勝っていますが、その時のセリーナは出産後の復帰直後で全く参考にはなりません。
セリーナの200kmサーブを大坂が深く返球できるか、最近はコース重視でサーブのスピードを抑えてきた大坂が決勝戦では200kmサーブを打ち込んでくるか?
元セリーナのヒッティングパートナーで、セリーナの長所・欠点を知り尽くしたコーチのサーシャ・バインがどのような攻略作戦を授けるのか、明日の戦い方が注目されます。

1981年生まれで今年37歳のセリーナ。1997年生まれの大坂がアメリカへ渡った翌年の2002年にはWTAランキング1位となっています。
子供の頃から憧れてきたセリーナに大坂が勝てば、世代交代との大きなニュースとなる事間違いないでしょう。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス準々決勝、錦織圭、大坂なおみが勝利し、準決勝へ。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) が7位で第10シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4のフルセットで勝利。
第1セット、錦織のファーストサーブインの確率が39%。ファーストサーブが入った時のポイント率が56%。これではチリッチ相手にサービスゲームのキープは苦しく、2ゲームブレークされて2-6で落としました。

第2セットも第1セットの流れを引きずり先にブレークされて2-4となりましたが、チリッチにもミスが増えてきて主導権は徐々に錦織へ。ここから4ゲーム連取して6-4で取りました。

第3セットは第1ゲームのチリッチのサービスゲームをブレーク、その後ブレークバックされますが、タイブレークを取って7-6。

第4セットは3-3からの錦織のサービスゲームをブレークされて、そのままブレークバックできずに4-6で落としました。

錦織のサービスから始まった第5セット、先にブレークした錦織が一時は4-1とリードしますが、ブレークバックされて追いつかれる展開に。
最後は5-4からのチリッチのサービスゲームで集中力をアップした錦織が、サービスのコースを完全に読み切って、リターンエースを連発し6-4でゲームセット。
かなり苦しみましたが、最後のゲームでのプレーは圧巻でした。

準決勝では6位で第6シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝14敗、完全復活のジョコビッチに勝つのは難しいですが、2014年の全米オープンの準決勝で勝っています。準々決勝最後のゲームのようなプレーができれば勝てるチャンスはあります。


WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が36位のレシア・ツレンコ(Lesia Tsurenko)に6-1、6-1のストレートで勝利。
前の試合の疲れが残っていたのか、暑さにやられてしまったのか、明らかにツレンコの体調が悪く、まったく試合になりませんでした。

準決勝では14位で第14シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)と対戦します。
過去の対戦は大坂の3連敗中ですが、レベルアップした今の大坂選手の実力なら、十分に勝てるチャンスはあると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

錦織選手が、ATPツアーへの復帰初戦のニューヨークオープンで準決勝で敗退しました。

ATPランク27位で、第5シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が11位で第1シードのケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)に 1-6、6-3, 6-7のフルセットで敗退。
第1セットは錦織がサービスゲームを2ゲームブレークされ1-6で落とし、
第2セットは逆にアンダーソンのサービスゲームを1ゲームブレークして6-3取り迎えた第3セット、
お互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへ。
タイブレークでは一時リードしましたが、最後はアンダーソンのサービス力で押し切られました。
203cmの長身のアンダーソンにトータル23本のサービスエースを決められました。

負けはしましたが互角の試合内容で、怪我で休養する前の錦織の状況に近づいてきていると思われます。

今日はネットのライブストリーミングでの観戦でしたが、試合中に腿にテーピングの治療を受けていたのが心配です。
復帰初戦で完璧でない現状では、勝ち上がって決勝戦へ行くよりかえって良かったかもしれません。

錦織圭 ATPツアー復帰初戦のニューヨークオープン準決勝で敗退

錦織圭 ATPツアー復帰初戦のニューヨークオープン準決勝で敗退


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Championships)の女子シングルス4回戦で、大坂なおみが第1シードのシモナ・ハレプに敗退。
また、男子ダブルスでマクラクラン勉が準々決勝に勝利し、準決勝へ進みました。

WTAランキング72位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が1位で第1シードのシモナ・ハレプ(Simona Halep)に3-6、2-6のストレートで敗退。
大坂は何度もブレークチャンスがありましたが、流石にランキング1位のハレプはなかなか取らせてくれませんでした。緊張した場面でのショットの精度のほんの少しの違いが勝敗を分けました。
負けはしましたが、今までのようなベースラインでの打ち合いだけでなく、チャンスボールを前に出てスイングボレーで決めるなど、攻撃の幅が広がってきました。
今シーズンの活躍が期待されます。

マクラクラン勉(Ben Mclachlan)/ヤン・レナード・ストルフ(Jan-Lennard Struff)組が ルーカス・クボット(Lukasz Kubot)/マルセロ・メロ(Marcelo Melo)組に6-4、6-7、7-6で勝利。
ファイナルセットのタイブレークでのきわどい勝利でした。
昨年のデビスカップからダブルスメンバーとして召集されているマクラクランはダブルスメインでATPツアーに出場しています。昨年の楽天オープンでは内山選手と組んで優勝。この勝利が大きな自信となったと思われます。
ストルフはシングルスランキング55位で196cmの長身選手。全豪オープンではシングルスでも2回戦に進んでいます。

グランドスラム優勝の大きなチャンスとなっています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ