つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 着物

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

昨日は、六本木の国立新美術館で開催中の国画会の公募展『国展』へ。
絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など多岐にわたる素晴らしい作品が多数展示されていて、色々とかじっている私には非常に刺激になる展覧会でした。

係員の方にお伺いしたところ、フラッシュを使わなければ写真撮影は自由とのお話でしたので、撮影させていただきました。

下記の国画会情報板のページを携帯で見せると、入場料金が割引になります。
>>国画会情報板
国立新美術館での開催は5月9日(月)までで、終了後は名古屋、大阪、福岡などへ巡回展示されます。

会場では、偶然、伝統木版画教室の朝香先生(朝香伝統木版画教室)にお会いし、版画作品のご説明をしていただきました。
朝香先生は、江戸時代の浮世絵の彫師の技法を伝承されていて、 海外への浮世絵製作技術の普及にもご尽力されています。

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

六本木の国立新美術館で開催中の『国展』へ。絵画、版画、陶芸、写真、染織物(着物)、など

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日、目黒雅叙園の百段階段で開催されていた、華道家 假屋崎省吾さんのお花の展示会に行ってきました。

雅叙園の「百段階段」の見事な浮き彫り装飾と假屋崎さんプロデュースの着物に生け花が見事にマッチし、楽しませてくれました。残念ながら会場内は写真撮影は禁止でした。

百段階段では今後も色々とイベントが予定されています。
催し物|目黒雅叙園

華道家 假屋崎省吾の世界  目黒雅叙園

華道家 假屋崎省吾の世界  目黒雅叙園
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

今日は銀座 かわの屋さんで開催されている、『型絵染の世界 鈴木紀絵×小島貞二展』での、着物作家 小島貞二先生のトークショーに参加させていただきました。

図案や型紙などが展示され、製作過程や染色に使う顔料などのお話を伺いました。私は趣味の版画を昨年から始めたのですごく参考になりました。

会場には素晴らしい作品が沢山展示されていました。
今朝9時からのNHK日曜美術館の40年記念アンコールで 「私と芹沢げ陝〆邁函θ撚莢函|單痛寿夫」が放送されましたが。会場には人間国宝の芹沢げ陲気鵑虜酩覆眦玄┐気譴討い泙靴拭
展示会は13日(火)まで、トークショーは明日も開催されます。
『型絵染の世界 鈴木紀絵×小島貞二展』銀座 かわの屋

『型絵染の世界 鈴木紀絵×小島貞二展』銀座 かわの屋

『型絵染の世界 鈴木紀絵×小島貞二展』銀座 かわの屋

『型絵染の世界 鈴木紀絵×小島貞二展』銀座 かわの屋


型絵染の作成は全て手作業で、全く同じ作品が決して存在しません。
絵画を身に着けるようで贅沢にも思えますが、子供や孫の世代にも引き継いでいける物を大切にする日本文化は残して行きたいものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は銀座 かわの屋さんで開催されている、『親から子へ継ぐ伝統の技〜玉那覇有公・有勝展』での、着物作家 玉那覇有勝さんのトークショーに参加させていただきました。
玉那覇有勝さんは人間国宝 玉那覇有公さんの息子さんです。
玉那覇有勝


紅型染体験のワークショップの後にトークショウが行われていたので、生徒さんの紅型染の様子も拝見することが出来ました。
全工程はとても一日では出来ないので、絹のハンカチでの配色作業の体験を行っていました。
紅型染体験のワークショップ

紅型染体験のワークショップ


完成品。
紅型染体験のワークショップ


会場に紅型染作成過程の概要説明がありましたが、大まかに型置き、配色、二度刷り、隈取り、水元、地染の6工程になります。
その前に原画のデザイン、型紙彫りの作業があります。
紅型染作成の工程


私は浮世絵のように原画デザインの部分と型紙を作成する部分が分業化されていると思っていたのですが、着物作家はどちらも手がけるそうです。

型彫りの下敷にはお豆腐を乾燥させて硬くした物を使用しているそうです。
今のように化学製品の無い時代における道具の工夫に感心させられました。
玉那覇有勝


会場には素晴らしい作品が沢山展示されていました。
紅型染の作成は全て手作業で、同じ作品が決して存在しません。
絵画を身に着けるようで贅沢にも思えますが、子供や孫の世代にも引き継いでいける物を大切にする日本文化は残して行きたいものです。

人間国宝 玉那覇有公 紅型の着物


銀座 かわの屋 イベント情報
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ

先日、お客様のところで、とても美しい江戸時代の着物が額装されているものを見ました。
「古裂額装品」と呼ばれるもののようです。

良い着物は美術品としての価値もありますから、古くなって虫が食ったり、切れたり、汚れたりして切れなくなったものでも、部分的に利用して鑑賞品としての再利用の道もあります。
古裂額装品ももしかしたら浮世絵と同じように海外で評価が高かったりするのではないでしょうか。
「古裂額装品」江戸時代の着物の額装

「古裂額装品」江戸時代の着物の額装


亡くなった母親の古くなった着物が眠っていると言った方は、着物買取業者に買取を依頼するのも良いと思います。
Yahoo!でネットの着物買取業者を検索、
Yahoo!着物買取ネット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日は、仕事で新宿に用事があったので、京王百貨店 新宿店で開催されている、『今昔きもの市』へ出展している、「銀座かわの屋」さんへ立ち寄らせていただきました。

夏物の芭蕉布などの夏物の着物や、北村武資さん他の人間国宝の着物作家のの作品などが展示されていました。
洋服から家具まで、何でも中国で大量生産して使い捨てにする時代ですが、そんな時代だからこそ、親から子の世代へ大切に引き継いで着ることの出来る着物は価値があると思います。

7月22日(火)まで、開催されています。
素晴らしい作品が多数展示されているので、着物好きな方は、見るだけでも楽しめると思います。

これから花火シーズンですので、普段は和服に縁の無い人も、浴衣を着て花火見物と言うのも多いのでは?
京王百貨店 新宿 今昔きもの市 

京王百貨店 新宿 今昔きもの市 

Webチラシ | 京王百貨店 新宿店
銀座かわの屋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ