つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 秋

ブログ村の旅行へ>にほんブログ村 旅行ブログへ

鎌倉にある旧華頂宮邸の秋の施設公開が10月13日(土曜日)から14日(日曜日)に開催されましたので、14日の日曜日に行ってきました。

旧華頂宮邸は昭和4年の春に華頂博信侯爵邸として建てられたものですが、実際に侯爵邸として利用した期間は非常に短く、最近まで何人かの所有者を経て、鎌倉市が取得したようです。
普段は建物内部へは入れませんが、庭園の散策は出来るようです。

一階のテラスでコーヒーや紅茶をいただくことが出来て、無料ですが、「募金をお願い」とありました。
鎌倉市のサイトの旧華頂宮邸のページには、
来園者数1,537人、寄附金額90,374円とありました。

庭にはきれいな薔薇の庭園があり、その先には和風の茶室がありました。
鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 室内

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 室内

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 室内

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 室内

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 一階のテラスでコーヒーや紅茶

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 外観

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 外観

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 庭園

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 庭園

鎌倉 旧華頂宮邸 秋の施設公開 茶室

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明日から、有明で東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントの予選が始まり、いよいよ日本でのテニストーナメントシーズンのオープンとなります。

最近は秋のアジアツアーでは中国に押され気味ですが、それでも世界の一流選手が沢山来日するのでレベルの高い試合を楽しめます。また、ジャパン・オープン・テニスなど、予選は無料で観戦出来ます。予選と言ってもランキング上位の選手が出場して来るので、コートサイドで迫力あるテニスを楽しめます。

今後の予定をアップしておきます。

東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント
サイト:東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント
有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート
予選:9月23日(金・祝)、24日(土)
本戦:9月25日(日)〜10月1日(土)


楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス
サイト:楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2011
有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート
予選:10月1日(土)〜10月2日(日)
本戦:10月3日(月)〜10月9日(日)


HP Japan Women's Open Tennis
サイト:HP Japan Women's Open Tennis 2011
大阪市・靭テニスセンター
予選:10月 8日(土)〜10日(月・祝) 3日間
本戦:10月10日(月・祝)〜16日(日) 7日間


ニッケ全日本テニス選手権
サイト:ニッケ全日本テニス選手権86th公式サイト
有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート
予選:11 月2 日(水)〜11 月5 日(土) *予定
本戦:11 月5 日(土)〜11 月13 日(日)*予定


東日本大震災復興チャリティイベント「ドリームテニスARIAKE」
サイト:日本テニス協会公式blog:東日本復興イベントであのマイケル・チャンと錦織圭が!!
有明コロシアム
11月20日(日)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日はもうすぐ60歳と言う、年齢になって初めて目黒区体育祭の硬式テニス大会のシングルスに参加しました。
目黒区の大会は大学生の選手が出場しないとは言え、年齢別ではないので、無謀ではないかとは思いましたが、普段プレーしたことの無いレベルの高い人と試合をしてみたいと思い、また、60を過ぎたら試合で足り回るのがとても無理だろうと思い出場してみました。

初戦は30歳以上年下の人と当たりましたが運良く勝つことが出来ました。2回戦は簡単に負けてしまいましたが、人生初のシングルスの公式戦で勝つことが出来たので良い思い出になりました。

当日は9月だと言うのに真夏のような暑さの中での疲労で、審判がいない(セルフジャッジ)の試合なのでスコアが分からなくなるような場面も見受けられました。そのあたりは、相手とスコアを確認しながらフェアに進めて行くところがテニスの良いところです。

目黒区体育祭

テニス
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ