つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 被害

ブログランキング・にほんブログ村へ

高齢者が多数、NTTのフレッツ光回線の契約変更の被害にあっているようです。
「光回線」変更に注意 苦情は年1万件、高齢者多く-産経ニュース
国民生活センターは26日、インターネットの光回線契約の変更を勧誘された消費者から苦情が2015年以降、毎年約1万件寄せられているとして注意を呼び掛けた。約半数は60歳以上で、苦情は(1)覚えのないオプションがつき、以前より高額になった(2)プラン変更だと思ったら別業者との契約になっていた−という内容が多い。。。

元ネタの国民生活センターのサイトを見ると、とんでもない事例が掲載されています、
光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!第2弾−安くなると言われても、すぐに契約しないようにしましょう-国民生活センター
相談事例
【事例1】
契約先のプラン変更だと思ったら、別業者との契約になっていた
【事例2】
契約先事業者だと思ったが別業者だったので解約したいが、連絡先がわからない
【事例3】
光回線の変更が必要であるかのような勧誘により契約してしまった
【事例4】
料金が安くなると言われて契約したら、説明されていないオプションが契約になっており、高額な請求を受けた
【事例5】
スマートフォンの説明を聞きに行ったのに、光回線の転用手続きが行われていた

先日、我が家にも 「フレッツ光が安くなります。この電話の後にもう一度電話がかかるので、ネットがつながるパソコンでお待ちください。」 と言った内容の電話がかかってきました。
怪しい電話だと思い断わった後に、NTTに何か料金プランに変更があたのかと電話して確認したところ、多分「光コラボレーション事業者」の売込みであろうと言うことが分かりました。
もう一度電話をかけてくるのは、NTTから「光コラボレーション事業者」に変更する手続きに必要な、「転用承諾番号」をネットで取得するためのようです。
転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)-NTT西日本公式ホームページ

NTT西日本のホームページを見ると大量の「光コラボレーション事業者」が掲載されています。
光コラボレーション事業者-NTT西日本公式ホームページ
これらの大量の業者が毎日フレッツ光加入者に勧誘の電話をかけまくっているのでしょうが、フレッツ光への加入状況の情報がこのような業者に渡っていることが納得いきません。
新聞記事も国民生活センターの発表内容をそのまま転用して記事にするだけでなく、このような被害をなくすためにどうしたら良いのか、突っ込んで取材してほしいと思うのですが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

セルビアでの洪水被害の募金に関するニュースがテレビで放送されていましたが、震災の時に多額の寄付を受けていることもあり、恩返しの意味でも支援の輪が広がっているようです。
セルビア洪水で在京大使館が寄付呼びかけ 「震災の恩返しを」と9000人が応じるー J-CASTニュース

セルビア共和国大使館のWebサイトのニュース(ニュース セルビア共和国大使館)を見ると、名古屋グランパス、ベガルタ仙台、京都サンガF.C.など、サッカー界ではずいぶんと支援活動が盛んなようです。

セルビア出身のジョコビッチが、5月に支援を訴えているようですが(ジョコビッチ「洪水被害の母国支援を」ーSankeiBiz)、テニス会では支援があまり盛り上がっているように見えません。

全仏の決勝戦に進んでいるジョコビッチは、昨年は準決勝でファイナルセットで7-9の惜しいところでナダルに敗退しています。祖国を勇気付けるためにも、明日の決勝戦では勝ってほしいものです。


セルビア共和国大使館のホームページを見ると、大使館経由へ現金を直接持ち込む、現金書留で郵送する、口座振込、その他色々な方法があるようです。
セルビア共和国大使館

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

着物の買い取りを行っている方から伺ったのですが、最近は売るつもりの無かったものを無理やり買い取って行く、押し買いが問題になっているようで、2月21日に押し買いの被害を防止するための法律が施行されたようです。
消費者庁:特定商取引に関する法律 を見ると、
近年、貴金属等を中心に、主に高齢者や女性を狙った訪問購入による被害が急増及び深刻化しています。他方、こうした被害に対しては、物品の売主である消費者を保護するための効果的な法令の規定が存在していませんでした。
こうした状況に対処するため、訪問購入取引を公正なものとし、物品を売り渡す消費者が受けることになる被害の防止を図ること等を目的として「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律案」が平成24年3月2日に閣議決定されました。

との説明がありました。

NHK生活情報ブログ:「押し買い」来月から規制へには、今回の法改正の主なポイント、
 嵒埔契全誘の禁止」
◆屮ーリング・オフの適用」
「書面の交付義務」
などが記載されています。

押買 - Wikipediaによると、
「手口のひとつには一般家庭などを業者が訪問し、家庭にある様々な品物を言葉巧みに提示させ、極端な安値を告げ、まだ品物の持ち主が納得していないにもかかわらず、勝手に買い取ったことにして、品物を持ち去ってしまう行為がある。」、などの手口が紹介されています。

品物としては、「貴金属、宝飾品、着物、骨董品、自動車、バイク」など、高くて売りやすい商品がターゲットとなるようです。
「暴力や権力を用いるなどして、心理的に圧迫し、安値で売買が成立したことにしろ、と強要する業者もいる。」とありますから、安易にネットなどで見つけた見知らぬ業者を自宅に呼び入れるのには危険が伴いそうです。

売りたい商品を業者へ持ち込むとか、宅急便で送付して買い取ってもらうとかした方が得策かと思われます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今朝の日経朝刊に「ネットバンキング標的 地銀や信金の口座利用 不正送金、4〜6月に24%増」との記事が掲載されていました。
日本経済新聞 電子版:不正送金、4〜6月に24%増 地銀や信金の口座利用
この記事には特に掲載されていませんでしたが、スマートフォン利用の拡大により、益々増えることが懸念されます。
スマートフォンは従来の携帯の延長ではなく、パソコンに近い製品なので、ウイルスの危険性がありますが、利用者が従来の携帯電話の感覚でウイルス対策を特に行っていないケースが多々あります。

スマートフォンの新しいウイルスが次々と発見されています。
RBBTODAY:スマートフォンの脅威も高まる…7月のウイルス・不正アクセス状況[IPA]

電話会社やキャリアや販売店の方も、セキュリティー面の説明をしっかりしてから、販売して欲しいものです。

私の場合には、スマートフォンのネット利用は閲覧を主に行って、ネットバンキングなどのセキュリティーを必要とするものは従来の携帯(ガラケー )を利用するようにしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今朝、テレビでスマートフォンのウィルスを警戒するように放送していました。
情報が盗まれるだけでなく、膨大が費用がかかってしまったケースもあるようです。
最近はスマートフォンが売れていますが、スマートフォンは従来の携帯とは異なりパソコンに近い世界共通の製品なので、当然世界中のウィルスが進入してくる可能性が出てきます。

従来の携帯はガラパゴス携帯とか言ったあまり良くないイメージがありますが、例えばお財布携帯で膨大なお金の支払いが発生などと言うことは聞いたことがありません。
セキュリティー面を考えると、携帯キャリアに依存した従来の携帯電話の方が良いと思いますが、
世の中の流れとしてはスマートフォンになっています。

私の場合にはスマートフォンではネットは主に閲覧だけにして、お金の絡むセキュリティーを必要とするサイトへのアクセスはガラ携帯で行っています。

従来の携帯でI-PhoneやAndroidのようなスマートな電話を作っておけば、このような事にならなかったのにと、悔やまれます。

日経パソコン:モバイルを狙うウイルスは1000種類以上、Androidが標的に

日経パソコン:新たな「Androidウイルス」出現、スマートフォンを乗っ取る
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

首都圏地盤に力、南関東のM7級誘発も…東大研
の記事によると「今後30年間に70%の確率で起きると予測しているマグニチュード7級の南関東の地震が誘発される可能性がある」とあります、
東京都のサイトにはもし東京で地震が起きた場合の被害想定のページ(東京都防災ホームページ:東京都の対策 - 地震の被害想定)があります。
この想定によると、死者は5,638人〜7,800人を想定しています。また、エレベーター閉じ込め台数が最大9,161台とあります。都会は高層ビルが多いので、今回の東北の地震とは異なる問題が発生すると予測されます。

住んでいる地域の地盤によっても揺れやすさは異なるようで、地震のゆれやすさ全国マップを見ると、住んでいるところの揺れやすさの状況が分かります。

Wikipedia:地震の年表 (日本)によると、1854-55年にかけて大きな地震が連続して発生しています。
1854年 12月23日 安政東海地震(東海・東南海地震) - M 8.4
1854年 12月24日 安政南海地震 - M 8.4、
1855年 11月11日 安政江戸地震 - M 6.9
今回はそのような事がない事を祈っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ