つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:西岡良仁

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 いよいよテニスの4大大会の全米オープン(US Open Official Site)が始まります。

 残念ながら錦織選手は欠場しますが、男子は西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、ダニエル太郎、添田豪、女子は大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ の合計9名が出場します。

この試合は新型コロナ対策でトーナメント要員を減らすために、アーサーアッシュスタジアムとルイアームストロングスタジアムでの試合以外では線審無しでホークアイ システム(Hawk-Eye electronic review system)を用いて行われます。
US Open 101-US Open Official Site

ATPランキング49位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 115位のアンディ・マレー(Andy Murray)

88位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 42位のウゴ・アンベール(Ugo Humbert)

86位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama) 対 27位で第20シードのパブロ・カレーノ ブスタCarreno Busta

112位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対 93位のグレゴール・バレール(Gregoire Barrere)

119位の添田豪 (Go Soeda) 対 8位で第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(Matteo Berrettini)

WTAランキング9位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 81位の土居美咲(Misaki Doi)

78位の日比野菜緒(Nao Hibino) 対 16位で第10シードのガルビン・ムグルサ(Garbine Muguruza)

142位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 88位のパトリシア・マリア・ティグ(Patricia Maria Tig)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス3回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に3-6、2-6、2-6のストレートで敗退。
3セットともにセット初めにサービスゲームをブレークされてしまい、あとはジョコビッチは軽く流している感じの一方的な試合展開となってしまいました。
サービス力があってストローク力で西岡を大きく上回るジョコビッチのサービスゲームをブレークできるチャンスはありませんでした。
ナダル、フェデラー、ジョコビッチの3強の実力はやはりずば抜けています。

WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)に3-6、4-6のストレートで敗退。
両者集中して入った第1セットの序盤では互角の打ち合いでしたが、3-4からの大坂のサービスゲームで、30-15からのガウフの当たりそこないの浅く入ったショットをバックハンドでストレートに強打したショットがネットしたところから大坂のバックハンドが大きく乱れていきます。
3連続でバックハンドショットをネットしてこのゲームを落とすとそのまま次のゲームをキープされて3-6で落としました。
第2セットの第1ゲームの大坂のサービスゲームでは今度は深めに打ったバックハンドストロークがオーバーしてアウトするようになりいきなりブレークされてしまいました。
直ぐに次のゲームをブレークバックしましたが、再度3-3からのサービスゲームをブレークされて、そのままブレークバックできずに逃げ切られてしまいました。
大坂選手にミスが多く、バックハンドが振り切れなくなってしまったようで、軽いイップスのような状況でした。勝たなければと言うプレッシャーが多きかったからなのでしょうか。
ガウフはファーストサーブが190kmを超え、スライスショットにドロップショット、ネットプレーなどバリエーション豊富なプレーでとても15歳とは思えない素晴らしいプレーをしていました。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で西岡良仁、大坂なおみ、が勝利し3回戦へ進みました。
Australian Open Tennis Championships
杉田祐一、伊藤竜馬、日比野菜緒は敗退しました。

ATPランク71位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が32位で第30シードのダニエル・エヴァンス(Daniel Evans)に6-4、6-3、6-4のストレートで勝利。
2連勝と相性の良い対戦相手に対して西岡が危なげなく3セットストレートで勝ちました。
3回戦では2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は西岡の1敗。
勝つのは難しいでしょうが好調の西岡のテニスがどこまで通用するのか見るのが楽しみです。

89位の杉田祐一(Yuichi Sugita)が 16位で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(Andrey Rublev)に2-6、3-6、6-7のストレートで敗退。
188cmの長身のルブレフのサービスが絶好調でファーストサーブが入るとほとんどポイントが取れませんでした。第3セットではタイブレークまで持ち込みましたが押し切られてしまいました。

144位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito)が2位で第2シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)に1-6、4-6、2-6のストレートで敗退。
やはりジョコビッチは強かった。
第2セットの前半では拮抗した場面もありましたが、ジョコビッチが少しギアアップすると全く歯が立ちませんでした。チャレンジャー大会がメインでポイントを稼いできた伊藤選手にとってはトップ選手のボールについて行くことが難しかったのでしょう。


WTAランク3位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が42位のゼン・サイサイ(Saisai Zheng)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットの序盤ではサイサイの横に曲がる緩いスライスボールをハードヒットしてのミスショットを連発し、ブレークされてるシーンもありましたが、何とか冷静になりスライスボールにも慣れてくると2-4から一気に4ゲーム連取して勝ちました。
3回戦では67位のコリ・ガウフ(Cori Gauff)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝。急激に成長している15歳。侮れない相手です。

103位の日比野菜緒(Nao Hibino)が23位で第22シードのマリア・サッカリ(Maria Sakkari)に6-7、4-6のストレートで敗退。
十分に勝てるチャンスがあったので残念な試合結果となりました。
敗退しましたが、予選から勝ち上がって2回戦まで進んだことにより80位台へランキングを上げてきたので、これからの活躍が期待されます。

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
杉田祐一公式ブログ,Twitter
伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
日比野菜緒公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のテニスの4大大会全米オープンのシングルス1回戦、錦織圭、西岡良仁、大坂なおみが勝利、2回戦へ。
土居美咲は敗退しました。
US Open Tennis Championships

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 205位のマルコ・トランジェリティ(Marco Trungelliti)に6-1、4-1途中棄権のストレートで勝利。
最初から動きの悪いトランジェリティ。わき腹を痛めているようで試合中にマッサージ治療などを受けていましたが、途中棄権となりました。錦織選手にとっては負担のない試合で2回戦以降へ向けてよいスタートだったと思われますが、このレベルの相手に対してファーストサーブの入りが悪かったのが少し気になります。

2回戦では108位のブラッドレイ・クラン(Bradley Klahn)と対戦します。
過去の対戦はありません。
錦織選手の体調が悪くなければ順調に勝ち上がれると思われます。

59位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 151位のマルコス・ギロン(Marcos Giron)に3-6, 6-4, 6-4, 6-4の逆転で勝利。
格下のギロンに対して第1セットを奪われる苦しいスタートでしたが、ズルズルと負けないところが最近の西岡選手の強さ。第2セットから3連続で取っての勝利でした。

2回戦では61位の フェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)と対戦します。
過去の対戦は西岡の1勝0敗。2016年のマイアミで勝っていますが、簡単に勝てる相手ではありません。


WTAランキング1位で第1シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 84位のアナ・ブリンコワ
(Anna Blinkova)に6-4、6-7、6-2のフルセットで勝利。
第1セットは大坂のサービスゲームを先にブレークされ1-4まで行ってしまいましたが、そこから5ゲーム連取で6-4で取りました。
第2セットは5-5からのブリンコワサービスゲームをにブレーク、次の大坂のサービスゲームでマッチポイントを握りましたが、これを取り切れずにそのままタイブレークで落としてしまいました。
非常に不安な展開となってしまいましたが、
第3セットではブリンコワのサービスゲームを2ゲームブレークして6-2で勝利しました。
ディフェンディングチャンピオンの重圧があったのかもしれません。

2回戦では53位のマグダ・リネッタ(Magda Linette) と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗。今年の全豪オープンでは大坂が勝っています。

108位の土居美咲(Misaki Doi) が 9位で第10シードの マディソン・キーズ(Madison Keys)に5-7、0-6のストレートで敗退。
第1セットは先に土居のサービスゲームをブレークされますが、すぐにブレークバックして5-5まで行きました、ここから2ゲーム連取され5-7で落とすと、第2セットは一方的な展開となってしまいました。


錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

土居美咲公式ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

いよいよ月曜日からテニスの聖地ウインブルドンでの本戦が始まります。
今回のシングルス本戦には男子選手は錦織圭、西岡良仁、内山靖崇、杉田祐一、
女子選手は大坂なおみの5名が出場します。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 115位のティアゴ・モンテイロ(Thiago Monteiro)
初対戦の相手ですが、錦織選手の体調に問題がなければそれほど苦戦はしないと思われます。
順調に勝ち進むと4回戦で208cmの長身選手のジョン・イズナーとの対戦となります。

67位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 286位のヤンコ・ティプサレビッチ(Janko Tipsarevic)
ティプサレビッチは現在はランキングを落としていますが、自己ベスト8位の強敵です。

182位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama) 対 92位の テニズ・サングレン(Tennys Sandgren)
内山選手に十分に勝つチャンスがある相手です。予選3回戦を勝ち上がってきた勢いでのウインブルドン初勝利に期待が持てます。

258位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 2位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)
厳しいドローとなってしまいました。
ここのところランキングを落としている杉田ですが、予選3回戦を勝ち上がってきた勢いで、良い試合を見せてくれると期待します。


WTAランキング2位で第2シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 39位のユリア・プティンセバ(Yulia Putintseva)
2連敗中の対戦相手。先日のバーミンガムの芝のコートでストレートで敗退しています。
このところの安定しない精神状態も気になるところでの苦手な相手との対戦。のかなり厳しい試合となることが予想されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

杉田祐一公式ブログ,Twitter

内山靖崇公式ブログTwitter

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されている今年最初のテニスのグランドスラム大会 全豪オープンの1回戦で錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、大坂なおみが勝ち上がりました。伊藤竜馬と土居美咲は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 176位のカミル・マイクシャク(Kamil Majchrzak)に3-6、6-7、6-6、6-2、3-0 途中棄権で勝利。
第1セットのブレークのチャンスで取れなかったことでマイクシャクに勢いを与え、試合展開が厳しいものとなってしまいました。
錦織はバックサイドの打ち合いに持ち込んでいたようですが、マイクシャクのバックハンドはフラット系のダブルハンドとスライス系のシングルハンドが良いコースに決まり、先に錦織がミスをする流れとなってしまいました。第2セットをタイブレークで取られて後がない状況でしたが、予選から勝ち上がってきたマイクシャクに疲れが出てきたのか、第3セットになると足に痙攣を起こしてほとんど動けなくなってしまいました。マッサージなどで回復を試みていましたが、そのまま第5セット途中でリタイアとなりました。本当に危ない試合でした。
2回戦では73位のイボ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)と対戦します。
211cmの長身のカルロビッチのサービスゲームのブレークには苦労すると思いますが、39歳で最近は錦織の3連勝中のですので、問題なく勝ち上がれることと思います。

82位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 144位のタナシ・コキナキス(Thanasi Kokkinakis)に5-7、4-2途中棄権で勝利。
予選から勝ち上がってきたコキナキスは肩を痛めており、ファーストサーブでも150km台で、普通の男子選手のセカンドよりも遅いくらいのスピード。本来ならファーストサーブからガンガン攻めて行けば、ダニエルの一方的な試合になったと思いましたが、うまく攻めることができず第1セットを落としてしまいました。しかし、第2セット途中でコキナキスがリタイアとなり勝ちました。
何故もう少しアグレッシブに攻めれなかったのかと、疑問の残る試合でした。
2回戦では、27位で第25シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)と対戦します。
過去の対戦はありません。

69位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 41位の テニーズ・サンドグレン(Tennys Sandgren)に6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。
どちらに転んでもおかしくない互角の相手に対して、西岡がきっちり勝ち切った試合でした。
2回戦では、11位で第10シードのカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)と対戦します。
過去の対戦はありません。

150位の伊藤竜馬(Tatsuma Ito) が 189位の ダニエル・エバンス(Daniel Evans)に5-7、1-6、6-7のストレートで敗退。
時々は伊藤の良いショットが決まっていましたが、ミスが多く一方的な試合となってしまいました。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 80位のマグダ・リネッテ(Magda Linette) 6-4、6-2のストレートで勝利。
第1セットではリネッテに一度サービスゲームをブレークされましたが、試合全般を通して危なげのない戦い方でした。初戦がセンターコートのナイトセッションと言うことに、大坂の注目度の高さがうかがえます。
2回戦では、78位のタマラ・ジダンセク(Tamara Zidansek)と対戦します。
過去の対戦はありません。

103位の土居美咲(Misaki Doi)が88位のマディソン・ブレングル(Madison Brengle)に4-6、0-6のストレートで敗退。
第1セットでは土居にも良いプレーがありましたが、第1セットを落とすと第2セットは一方的な試合となってしまいました。
それでも予選を勝ち抜いて本戦に出場できたことで、今シーズンこれからの活躍に期待が持てます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

伊藤竜馬公式ブログ

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

土居美咲公式ブログtwitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ