つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:西岡良仁

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

中国の深センで開催されていた深セン・オープンのシングルス決勝で西岡良仁が勝利、ツアー初優勝しました。

ATPランキング171位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が67位のピエール=ユーグ・エルベール(Pierre-Hugues Herbert)に7-5、2-6、6-4で勝利。
エルベールのサービスゲームで始まった第1セット、お互いにサービスゲームのキープに苦しみましたが、西岡が4-5から3連取して、7-5。

第2セットはいきなりエルベールのサービスゲームをブレークし、次の西岡のサービスゲームはラブゲームキープ。これで一気に行くかと思われましたが、ストローク戦では勝ち目がないと見たエルベールが、積極的なネットプレーやダブルファーストなど、ショートポイントでの勝負を仕掛けてくると一気に流れがエルベールに。6ゲーム連取されて2-6で落としてしまいました。
セット後半では、このセットはあきらめて、次のセットへ体力・気力を温存していたと思われます。

第3セットは、集中力をアップした西岡のペースが2-2からのエルベールのサービスゲームをブレークし、そのまま守り切って 6-4で取りました。
予選から勝ち上がってきた西岡選手は7連戦の厳しい戦いでしたが、エルベールよりもスタミナは残っていたようです。
今回の勝利でランキングは100位以内に上がってくると思われます。これで全豪オープンへダイレクトインがほぼ確定となりました。
休みなしに月曜日から始まる楽天ジャパンオープンでは初戦でニック・キリオスと対戦します。
深セン・オープンのシングルス 西岡良仁が優勝


また、この大会ではマクラクラン勉(Ben Mclachlan)/ジョー・ソールズベリー組がダブルスで優勝しました。
ダブルス専門のマクラクランは昨年の楽天ジャパンオープンで内山とのペアで優勝してから好調で、一気にランキングを上昇させ20位台に上げてきています。
今回は内山選手ではなく、ヤン=レナード・ストルフとのペアで出場します。
深セン・オープンのダブルスでマクラクラン勉が優勝


西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

今年最後のグランドスラム 全米オープンテニスが始まります。

今年のシングルス本戦には男子は錦織圭、ダニエル太郎、杉田祐一、西岡良仁、女子は大坂なおみ、奈良くるみの合計6選手が出場します。

既にドローが発表されていますが、西岡選手が初戦でいきなりフェデラーと対戦します、勝つのは難しいでしょうが、西岡選手がどのような戦い方をするか楽しみです。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) 対 50位のマキシミリアン・マーテラー(Maximilian Marterer)

64位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対45位のアレックス・デ ミナー(Alex de Minaur)

91位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 25位で第26シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)

177位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 2位で第2シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)


WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 146位のラウラ・シゲムンド(Laura Siegemund)

99位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 15位で第15シードのエリーゼ・メルテンス(Elise Mertens)

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

杉田祐一公式ブログ,Twitter

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram

奈良くるみ公式ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利し、今日の3回戦へ進みました。西岡良仁、大坂なおみは敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)に6-3、6-4、6-3のストレートで勝利。
一回戦とは違い、終始錦織ペースの試合展開で、安心して見ていられる試合内容でした。
ただ、少し集中が切れてしまうためなのか、サービスゲームを3度ブレークされてしまいました。
このクラスの選手相手なのでブレークバックして勝つことは出来ますが、上位選手相手には許されません。
集中力を高めてスッキリと勝って欲しいところです。
3回戦では、121位のルーカス・ラッコ(Lukas Lacko)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝0敗です。4回戦以降の厳しい戦いのためにも、3ー0ストレートで勝って欲しい試合です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)に2-6、3-6、3-6のストレートで敗退。
スコア的には0-3となってしまいましたが、バウティスタのサービスゲームをブレークし、十分に勝てるチャンスがあると思いました。 
ただ、西岡がミスをした際に頭を下げて落胆してしまう態度が気になりました。このような態度は対戦相手を勢い付けさせてしまい、一気に押されてしまいます。メンタル面での向上が必要と思われます。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)に4-6、2-6のストレートで敗退。
大坂が先にコンタのサービスゲームをブレークするチャンスがありましたが、流石にトップ10の選手は、集中力が違います。ここを、切り抜けられると後はコンタの一方的な試合展開となってしまいました。
また、大坂の動きに鈍さが感じられたのが少し心配です。オフシーズンに焼肉を食べ過ぎて、太ってしまったとか言う事が無いと良いのですが。
体が絞れて、動きが良くなってくれば、十分にトップ10選手に勝てる可能性はあると思います。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス1回戦で、錦織圭、西岡良仁、大坂なおみが勝利し、今日からの2回戦へ進みました。
全豪オープンテニス 公式サイト

男子は錦織圭、西岡良仁、添田豪、女子は土居美咲、大坂なおみ、奈良くるみ、日比野菜緒、尾崎里紗、穂積絵莉の9名が本戦出場。
今回は非常にオーダーに恵まれていたのでもう少し多くの選手が勝ち上がれると思っていましたが、6名が初戦敗退となってしまいました。

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が 45位のアンドレイ・クズネツォフ(Andrey Kuznetsov)に5-7、6-1、6-4、6-7、6-2のフルセットで勝利。
第1セットを落とした後、第2セットからサービスリターンの位置を下げ、しっかりリターンが返せるようになると錦織の優勢に。このまま3セット連取できる展開でしたが、第4セットはタイブレークで落としてしまいました。
最終セットは連戦の疲れで動きが落ちてきたクズネツォフに助けられました。
錦織はブリスベン国際でも今ひとつ動きに機敏さがかけていましたが、まだまだ本調子ではないようです。
2回戦では、72位のジェレミー・シャーディ(Jeremy Chardy)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4勝2敗です。

99位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 511位のアレックス・ボルト(Alex Bolt)に
6-4、1-6、6-2、6-4で勝利。
地元オーストラリアの格下選手で、終始ストローク力の勝る西岡ペースの試合でした。
2回戦では、14位で第13シードのロベルト・バウティスタ アグ(Roberto Bautista Agut)と対戦します。
過去の対戦はありません。

139位の添田豪(Go Soeda)が 56位のマレク・ジャジリ(Malek Jaziri) に3-6、4-6,、3-6のストレートで敗退。

WTAランキング47位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が 180位 ラクシカ・クムクム(Luksika Kumkhum)に6-7、6-4、7-5の逆転で勝利。
左右両手打ちのクムクムの浅い位置からのハードヒットに苦しめられましたが、最後は自力に勝る大坂が勝ちきりました。
2回戦では9位で第9シードのヨハンナ・コンタ(Johanna Konta)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の0勝1敗。

42位の土居美咲(Misaki Doi) が 66位のポーリーン・パルメンティエ(Pauline Parmentier)に 5-7、5-7のストレートで敗退。
スコアはストレートでの敗退でしたが、惜しい試合でした。勝てるチャンスは十分にありましたが、ストロークの精度がほんの少し足りませんでした。

76位の奈良くるみ(Kurumi Nara)が 111位 ステファニー・ボーゲル(Stefanie Voegele)に6-2、2-6、3-6の逆転で敗退。
好調なスタートでしたが、残念ながら逆転負けを喫してしまいました。

99位の日比野菜緒(Nao Hibino)が 35位 で第32シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)に4-6途中棄権で敗退。

100位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が 50位のサラ・エラーニ(Sara Errani)に5-7、1-6で敗退。
スコア的には一方的でしたが、十分に勝てるチャンスのある試合でした。
第1セット体調が悪くメディカルタイムアウトを取ったエラーニを、もう少し前後左右に振り回すことができれば、一気に勝てたかもしれません。このレベルの選手相手の経験を積んで行けば、まだまだランクアップしていけると期待できます。

217位の穂積絵莉( Eri Hozumi)が 87位 カリナ・ビットヘフト(Carina Witthoeft)に5-7、6-7で敗退。
スコアはストレートでの敗退でしたが惜しい試合でした。勝てるチャンスは十分にありました。
これから、このレベルの選手と戦って行けば、勝ちかたが見えて来ると思われます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ウインブルドンテニスのオーダーが発表されました。
Wimbledon - The Home of Tennis

シングルスには男子選手は錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁が、女子選手は土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみが出場します。
日比野が32シードのペトコビッチと対戦しますが、それ以外は比較的対戦相手に恵まれています。

ATPランキング6位で第5シードの錦織圭 (Kei Nishikori) 対 123位のサム・グロス(Sam Groth)
過去の対戦成績は錦織の1勝0敗です。昨年のワシントンの大会で勝っています。
体調さえ万全なら問題なく勝ち上がってくれると思います。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Sam Groth

115位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対 97位のフアン・モナコ(Juan Monaco)
過去の対戦はありません。
モナコは今のランキングは低いですが、キャリアハイ10位の強敵です。厳しい戦いになると思われます。

122位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 92位のセルギ・スタコフスキ(Sergiy Stakhovsky)
過去の対戦はありません。
予選3試合を勝ち抜いて来ている西岡がそのままの勢いで勝ち上がってくれると期待しています。


WTAランキング49位の土居美咲(Misaki Doi) 対 74位のルイザ・キリコ(Louisa Chirico)
過去の対戦はありません。

71位の日比野菜緒(Nao Hibino) 対 34位で32シードのアンドレア・ペトコビッチ(Andrea Petkovic)
過去の対戦はありません。

94位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 62位のマディソン・ブレングル(Madison Brengle)
過去の対戦は奈良の2勝1敗。
WTA Head to Head:Kurumi Nara vs Madison Brengle



錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
ダニエル太郎公式Blog,Twitter
西岡良仁 公式サイトFacebook
守屋宏紀公式ブログ

土居美咲公式ブログ
日比野菜緒 - Facebook
奈良くるみ公式ブログ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのメンフィスで開催されている、テニスツアーのメンフィス・オープン(Memphis Tennis Tournament)のシングルス2回戦で錦織圭と西岡良仁が勝ち上がりました。

ATPランキング7位で第1シードの錦織圭 (Kei Nishikori)が 124位のライアン・ハリソン(Ryan Harrison)に6-2,7-5のストレートで勝ちました。
安定したサービスキープで一方的に押し捲っていたので、最後まで一気に行くかと思われましたが、第2セットの5-4のサービングフォーザマッチのゲームで、ハリソンにブレークされてしまいました。
少しばかり冷やりとさせられましたが、続く2ゲームをしっかり連取して勝ちました。
大会3連勝中の錦織としては、優勝してもランキングポイントが変わらないと言う厳しい状況ですから、1回戦で負けるわけには行きません。

3回戦はATPランキング93位のミハイル・ククシュキン(Mikhail Kukushkin)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4連勝中。
今の錦織なら問題なく勝ってくれるでしょう。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Mikhail Kukushkin


ATPランキング130位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が82位のイリヤ・マルチェンコ(Illya Marchenko)に6-1、6-3のストレートで勝ちました。
この勝利で西岡はトップ100入りが見えてきました。

3回戦は58位で第4シードのサム・クエリー(Sam Querrey)と対戦します。
過去の対戦はありません。
198cmの長身選手。西岡とは30cm近い身長差があります。サービスリターンがかなり厳しいと思われますが、返球する事が出来て、ストローク戦に持っていければ勝機も見えてくると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ