つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:錦織

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

久しぶりの錦織選手のグランドスラム復帰戦となった全仏オープンですが、残念ながら2回戦での敗退となりました。西岡選手、日比野選手も2回戦敗退となり、日本勢は2回戦で姿を消しました。

ちなみに、ジョコビッチとナダルは準々決勝まで残っています。さすがに強いですね。

Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング35位の錦織圭 (Kei Nishikori)が74位のステファノ・トラヴァグリア(Stefano Travaglia)に4-6、6-2、6-7、6-4、2-6のフルセットで敗退。
4時間近い長い戦いとなりました。
試合展開的には第1セットを落とした後、第2セットを取り返し、第3セットをタイブレークで落としてしまったところが勝負の分かれ目だったように思われます。
1回戦では第32シードの選手にフルセットで勝っていますし、長期のブランクから徐々に回復してきていると思われますが、錦織選手は今年12月で31歳になるのであまり大きな期待はできないと思います。

52位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が239位のヒューゴ・ガストン(Hugo Gaston)に4-6、6-7、6-3、2-6で敗退。
とにかく、ガストンのドロップショットに翻弄された試合でした。深い位置での打ち合いの得意な西岡選手のショットが少し浅くなるととたんにドロップショットを打たれてしまいました。サービスリターンからのドロップショットもありで、最後まで悩まされました。

WTAランキング72位の日比野菜緒(Nao Hibino)が第30シードのオンス・ジャバー(Ons Jabeur)に6-7、4-6のストレートで敗退。ストレート負けでしたが、第30シードのジャバーのサービスゲームを何度もブレークし、十分に勝てる可能性のある試合でした。今後の活躍が楽しみです。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

日比野菜緒公式サイトFacebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 いよいよテニスの4大大会の全米オープン(US Open Official Site)が始まります。

 残念ながら錦織選手は欠場しますが、男子は西岡良仁、杉田祐一、内山靖崇、ダニエル太郎、添田豪、女子は大坂なおみ、土居美咲、日比野菜緒、奈良くるみ の合計9名が出場します。

この試合は新型コロナ対策でトーナメント要員を減らすために、アーサーアッシュスタジアムとルイアームストロングスタジアムでの試合以外では線審無しでホークアイ システム(Hawk-Eye electronic review system)を用いて行われます。
US Open 101-US Open Official Site

ATPランキング49位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) 対 115位のアンディ・マレー(Andy Murray)

88位の杉田祐一(Yuichi Sugita) 対 42位のウゴ・アンベール(Ugo Humbert)

86位の内山靖崇(Yasutaka Uchiyama) 対 27位で第20シードのパブロ・カレーノ ブスタCarreno Busta

112位のダニエル太郎(Taro Daniel) 対 93位のグレゴール・バレール(Gregoire Barrere)

119位の添田豪 (Go Soeda) 対 8位で第6シードのマッテオ・ベレッティーニ(Matteo Berrettini)

WTAランキング9位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) 対 81位の土居美咲(Misaki Doi)

78位の日比野菜緒(Nao Hibino) 対 16位で第10シードのガルビン・ムグルサ(Garbine Muguruza)

142位の奈良くるみ(Kurumi Nara) 対 88位のパトリシア・マリア・ティグ(Patricia Maria Tig)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

 ウィルソンが史上最年少契約したと言うことでニュースになりました尾脇兄弟(ウィルソンが史上最年少契約-テニス365)。

 今日、Youtubeで二人の練習の様子の動画を見たら、とにかく楽しそうに練習していて、ハッピーな気分にさせていただきまし。子供にテニスを楽しませるところから始めて、どんどん上手になって行く様子がうかがえます。将来が楽しみな二人です。
【Tennis-球出し練習風景】兄弟で楽しく練習だよ!Mario & Luigi Tennis


Youtubeに沢山の動画がアップされています。
【Tennis Channel】Ichiban Brothers! Yu & Ko! 尾脇兄弟

 いよいよ、テニストーナメントが再開し、8月31日から全米オープンテニスが始まります。
錦織選手や大坂選手など、日本選手の活躍が期待されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス準々決勝 錦織がナダルに完敗しました。
Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 2位で第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に1-6,1-6,3-6のストレートで敗退。
100%の状態でもクレーキングのナダルに勝つのは難しい状況ですので、長時間の連戦の疲がある状況ではとても勝負になりませんでした。3セットで全部で7ゲームのサービスゲームをブレークされました。

ただ一つ気になったのが、ファーストサーブが入った時のポイント獲得率が44%。セカンドサーブの50%よりも低くなっている点です。

サウスポーのナダルには右利きのスライス回転のサーブをバックハンドに入れた方が返球しにくいと思われますが、フォアサイドへ入るファーストサーブが多く見受けられました。このサーブをいきなり強烈なトップスピンの深い返球をされてしまい、常に受け身の展開となってしまいました。連日の疲れで冷静な状況判断もできなくなっていたのかもしれません。

負けはしましたがベスト8。ナダルともつれた試合を行って体を壊すよりは良かったと思われます。次のウインブルドンへ向けての活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス4回戦、錦織が勝利し準々決勝へ進みました。
Roland Garros French Open - Official Site
クレーキング ナダルとの準々決勝は今日行われます。

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 38位のブノワ・ペール(Benoit Paire)に6-2, 6-7, 6-2, 6-7, 7-5のフルセットで勝利。
3回戦とほぼ同じような試合となりました。
第1セットを錦織、第2セットをペール、第3セットを錦織、第4セットをペールが取るシーソーゲームの2ー2でファイナルセットへ。
先にサービスゲームをブレークされた錦織がブレークバックして追いつき、更にブレークされてもブレークバックして追いついて迎えた5ー5からのペールのサービスゲームをブレークして次のサービスゲームをきっちりキープして勝ち切りました。最終的にペールの方に疲れによる集中力の低下によるミスに救われました。

この試合、ペールのサービスゲームで始まった第1セット、第2ゲームで先にサービスゲームをブレークされて0-2となりますが、ここから一気に6ゲーム連取で6-2で第1セットを取ると、第2セットもその勢いで、第1ゲームのペールのサービスゲームで15-40とブレークチャンスを握りました。
ここでこのゲームをブレークすることが出来ていたら、すんなりと3セットストレートで日没前に勝てていたように思われます。結果的に、ここでペールに息を吹き返させてしまい、もつれた試合展開となり、日没順延で2日がかりの戦いとなってしまいました。
ロングラリーで疲労度の高いクレーコート。集中を高めたままで維持するのは相当に難しいことなのでしょう。

準々決勝では 2位で第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝10敗。
万全な体調でも勝つのが難しい対戦相手。深く大きく跳ねてくるボールに対して、ショートポイントで取って行くのは容易ではありません。日没順延で休日なしの戦いとなってしまった錦織の疲労の回復がどこまでできているかが心配です。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全仏オープンテニスのシングルス3回戦、錦織が勝利し4回戦へ進みました。
大坂は敗退しました。
Roland Garros French Open - Official Site

ATPランキング7位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 32位で31シードのラースロー・ジェレ(Laslo Djere)に6-4, 6-7, 6-3, 4-6, 8-6のフルセットで勝利。
全くの互角の勝負でした。
お互いに2セットを取ってからのファイナルセット、錦織のサービスゲームで始まりましたが、いきなり2ブレーク連取され0-3に。
これで 万事休すかと思いましたが、ここから錦織が驚異の盛り返しで2ブレークバック。
ファイナルセットはタイブレークが無いので消耗戦へ。
そして、7-6からのジェレのサービスゲーム。ジェレに疲れが見えてきて、サーブが甘くなり動きも落ちてきたところで一気に取り切りました。錦織選手はかなりスタミナがアップしてきているようです。

4回戦では38位のブノワ・ペール(Benoit Paire)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の6勝2敗ですが、ペールは3回戦で相手の途中棄権で勝ち上がってきています。4時間を超えるフルセットを戦った錦織の疲労がどこまで回復しているかがキーになります。


WTAランキング1位で第1シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が 42位のカテリーナ・シニアコバ(Katerina Siniakova)に 4-6,2-6のストレートで敗退。
ランキング1位で優勝を期待されていた大坂ですが、2連勝中のグランドスラムの全米オープンも全豪オープンもハードコート。
アメリカのハードコート環境で育った大坂には、まだまだクレーコートでのトレーニングが必要のようです。

バウンドして球速が落ちてしまうクレーコートでは、大阪の強烈なショットもなかなか決まらず、シニアコバの粘りに、ブレークチャンスはあるが取りきることができないストレスフルな試合展開となりました。
結局7回あったブレークチャンスを一度もとることができませんでした。

一発で決めに行こうとすればするほどミスが重なります。バウンドして急速の落ちるボールにタイミングが合わないようで、振り急ぎでネットするショットが目立ちました。
クレーコートではクレーキングのナダルのように、深く大きく跳ねるストロークでつなげて相手を追い詰めてから仕留めに行くプレーも必要だと思われます。

次のグランドスラムはウインブルドンの芝のコートで、昨年は3回戦で敗退しています。苦戦が続きそうです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ