つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 高齢者

ブログランキング・にほんブログ村へ

高齢者が多数、NTTのフレッツ光回線の契約変更の被害にあっているようです。
「光回線」変更に注意 苦情は年1万件、高齢者多く-産経ニュース
国民生活センターは26日、インターネットの光回線契約の変更を勧誘された消費者から苦情が2015年以降、毎年約1万件寄せられているとして注意を呼び掛けた。約半数は60歳以上で、苦情は(1)覚えのないオプションがつき、以前より高額になった(2)プラン変更だと思ったら別業者との契約になっていた−という内容が多い。。。

元ネタの国民生活センターのサイトを見ると、とんでもない事例が掲載されています、
光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!第2弾−安くなると言われても、すぐに契約しないようにしましょう-国民生活センター
相談事例
【事例1】
契約先のプラン変更だと思ったら、別業者との契約になっていた
【事例2】
契約先事業者だと思ったが別業者だったので解約したいが、連絡先がわからない
【事例3】
光回線の変更が必要であるかのような勧誘により契約してしまった
【事例4】
料金が安くなると言われて契約したら、説明されていないオプションが契約になっており、高額な請求を受けた
【事例5】
スマートフォンの説明を聞きに行ったのに、光回線の転用手続きが行われていた

先日、我が家にも 「フレッツ光が安くなります。この電話の後にもう一度電話がかかるので、ネットがつながるパソコンでお待ちください。」 と言った内容の電話がかかってきました。
怪しい電話だと思い断わった後に、NTTに何か料金プランに変更があたのかと電話して確認したところ、多分「光コラボレーション事業者」の売込みであろうと言うことが分かりました。
もう一度電話をかけてくるのは、NTTから「光コラボレーション事業者」に変更する手続きに必要な、「転用承諾番号」をネットで取得するためのようです。
転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)-NTT西日本公式ホームページ

NTT西日本のホームページを見ると大量の「光コラボレーション事業者」が掲載されています。
光コラボレーション事業者-NTT西日本公式ホームページ
これらの大量の業者が毎日フレッツ光加入者に勧誘の電話をかけまくっているのでしょうが、フレッツ光への加入状況の情報がこのような業者に渡っていることが納得いきません。
新聞記事も国民生活センターの発表内容をそのまま転用して記事にするだけでなく、このような被害をなくすためにどうしたら良いのか、突っ込んで取材してほしいと思うのですが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスも終わり、久しぶりに地上波のテレビを見たりしていますが、世の中暗い話題が多いようです。

テレ朝news:50年後の人口8600万人 高齢者4割で社会保障はのニュースによると、
2060年には、65歳以上の高齢者が人口全体に占める割合は約4割になり、高齢者1人に対する現役世代の数は、現在の2.8人から1.3人にまで減るとの予測です。


ニュースでは、「驚きの」とか言った表現がされていましたが、この程度のことは釣鐘状の人口構成と出生率の減少を考えれば、予測できたことで、「社会保障 人口問題研究所」などと言う研究所で研究するほどの事ではないと思います。

フランスでは、日本の消費税に相当する付加価値税を21・2%とする方針が発表されているようですが(読売新聞‎:サルコジ大統領、付加価値税の増税を表明)、消費税を少しばかり上げても焼け石に水です。

現役世代の割合が激減していくのだから、年金をもらう側の額も減らして、議員の数とか公務員の数なども減らしていって出す方を減らさないと、税金で暮らす人ばかりになってしまいます。

公務員の手当てなどの経費削減も、大阪だけでなく国レベルでも見直して欲しいものです。
朝日新聞デジタル:大阪市職員手当を減額へ 橋下市長、住居や特殊勤務

そもそも、給料の安い若者が、自分の給料よ多い高齢者の年金を支えると言うのには、どだい無理があります。
このような時代が来るのが分かっているのに、放置してきた全ての人に責任のある話です。足の引っ張り合いをやっていないで、今すぐに抜本的な施策を立案して欲しいものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ニュースで麻生首相が高齢者について「働くことしか才能がない」、「80歳過ぎて遊びを覚えても遅い」などと言ったことがテレビで話題になっていました。
Googleで検索してみたら、
”高齢者は働くことしか才能がない”で10万件、
”80歳過ぎて遊びを覚えても遅い” 33万件
ヒットしました。かなりのネットでもネタになっているようです。

確かに私の父は、89歳まで洋服の仕立て屋をやってリタイアしましたが、91歳の今は趣味も無くすることが無くて困っています。
そもそも、このような高齢まで働かなければならないのは、個人事業者の場合に国民年金だけではとても食べていけないからです。
政治家や役人が無駄金を使わないで、きちんと国民に還元すれば、趣味を楽しめる豊かな老後は待っていたのです。

このような失言が、衆議院選挙に逆風とか言われていますが、
昔、東京都で革新都政になった時に、ろくに仕事をしない役人の給料がお手盛りで高くなり財政破綻した経験を持つ我々には、野党に政権交代しても土建屋に流れていた金が違うところに流れるだけだろうと言うことは分かっているので選挙にも期待できません。
仕事をしない役人に税金を無駄遣いされていく構造は決してなくなりません。

そもそも、1994年に自民党と社会党の連立で村山内閣が誕生した時に、プロレスで言ったら「ブラッシーが力道山と楽しく食事をしているところを見てしまった」ような、「やらせ・馴れ合いの内輪の真実」を見せられてしまったので、とても政治には期待できません。
特に最近は政党の名前はちょくちょく変わって、イメージをリニューアルしようとしているようですが、配役は変わらないので中身に新鮮さはありませn。

小泉劇場のフィナーレが「かんぽの宿」のオリックスへの格安譲渡や息子への世襲で終わってしまったり、三文芝居をいつまで見せられ続けるのでしょうか。

どこの誰かわ知らないけれど、月光仮面が現れるてくれるのを期待したいけど、まず無理でしょう。

読売:麻生首相、高齢者は「働くことしか才能がない」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ