つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ:黒点

ブログランキング・にほんブログ村へ

 知り合いの太陽の黒点活動について若いころから研究されている方からの年賀状に来年から寒冷化の影響が出てきて温暖化どころではなくなるとの予測が書かれていました。

気になってGoogleで「黒点 地球寒冷化」でニュースを検索してみると多数の記事が見つかりました。
ここのところ無黒点日が増えてきているようで、太陽活動の低下が懸念されるようです。
17世紀のマウンダー極小期の時には、寒冷化でテムズ川が凍り付いたようで、そのようなことが起こるのではないかと懸念されます。

氷河期到来の予兆か? ヨーロッパ各地で季節外れの大雪ーBIGLOBEユース
地球は2030年からミニ氷河期に入るのか?ー日経ビジネス
【ソロモンの頭巾】温暖化より怖い寒冷化 低下続く太陽活動と異常気象の気になる関係 長辻象平ー産経新聞
最近の地球温暖化の警告は「地球温暖化ビジネス」との話も聞かれますが、何年かしたらどちらが本当かわかってくるのでしょう。

また、東京での気温上昇はヒートアイランド現象による影響が大きいようで、都市化の影響が比較的小さいとみられる地点よりも年平均気温が1.5度ほど高くなっています。
東京と15地点平均の年平均気温偏差の経年変化?-ヒートアイランド現象 -気象庁

 我が家の周りでは高齢者独り住まいが多く、お亡くなりになると樹木に囲まれていた旧家が取り壊され大きなマンションが建ったり、小さな建売が何件も建ったりと、樹木がほとんどなくなっています。
また、湾岸エリアにはタワーマンションが建設されて海風の通りが悪くなってしまっています。

仕事によってはインターネットなどを利用して東京に住まなくても仕事ができるような時代になっています。東京への一極集中を止めないと、太陽活動が低下して地球が少しくらい寒冷化しても住めなくなってしまうのではないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨晩のNHKのサイエンスZEROの「太陽活動に異変!?地球への影響は?」を見ましたが、もしかしたら現在、太陽の異変現象が発生していて、同様の現象が発生した17世紀の例と同じだと寒冷化につながるようです。

この情報の出所はJAXA(宇宙航空研究開発機構)で、昨年の8月31日に報告書がアップされています。
「ひので」の観測成果〜上昇し始めた太陽活動と極域磁場の反転〜

PDFの分かりやすい資料で説明されていますが、過去7回は11年周期であったものが、今回は12.6年の周期になっているようです。現在の太陽活動は極大期で、以前にはダルトン極小期、マウンダー極小期などと呼ばれる時期があったようです。

Wikipedia:マウンダー極小期によると、過去8000年間に18の極小期があったそうです。

地球温暖化が騒がれていますが、太陽エネルギーの変化の方が人間が出すエネルギー変化よりはるかに影響力が大きいでしょうから、もしかしたら、寒冷化がやってくるのかも知れません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ