つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 2勝

ブログランキング・にほんブログ村へ

コロンビアとのデビスカップのワールドグループへの、プレーオフの3日目のシングルスに2勝し、日本は3勝、2敗でワールドグループへ復帰しました。昨日はWOWOWでの観戦となりました。

日本は予定していた昨日のダブルスを 錦織 圭/添田 豪 組から 杉田祐一/伊藤竜馬のペアに変更して敗戦しましたが、錦織と添田のスタミナが十分で万全のコンディションで最終日を戦うことが出来たのが勝因であると思われます。植田実監督の的を得た決断でした。

第1試合
ATPランキング 12位の錦織圭(Kei Nishikori) が 87位のサンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)に6‐1,6‐2,6‐4 のストレートで勝ちました。
キャリアハイ 39位の強敵で、188 cmの長身から打ち込んでくるヒラルドのビッグサーブにもう少し苦戦すると思いましたが、一方的な試合展開で、終始危なげない試合でした。ヒラルドは初日の添田戦で5セット振るマッチを戦っているので、その疲れの影響か、サービスに初日ほどの威力がないように見えました。
錦織のディフェンス力は素晴らしく、ヒラルドのスマッシュを返球するスーパーショットも見せてくれました。生錦織の観戦を目的に応援に出かけた錦織ファンには最高の試合内容でした。

このレベルの試合が出来れば、トップ10入りも間違いないと思われるのですが、錦織選手は精神的にのりの悪いと思われる試合も多く見受けられます。
昨年の楽天ジャパンオープンでの活躍や今回の生き生きとした表情を見ていると、日本に拠点を移すのも良いのではないでしょうか。IMGに渡って10年、節目としても良い時期ではないかと思われます。日米2拠点方式もありかと思います。


錦織が順当に勝ったので、2ー2の五分に。添田に日本の勝利が託されました。
第2試合
ATPランキング123位の添田豪(Go Soeda)が 94位のアレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)に4‐6,6‐4,6‐3,6‐3の逆転で勝ちました。
キャリアハイ 48位の強敵で、過去の対戦成績は添田の0勝1敗ですので、かなり厳しい試合になると思われましたが、素晴らしい精神力で勝ちきりました。

第1セットの序盤は添田のライン際を狙ったショットがほんの少しアウトするシーンが多く、ストロークで押しているのに、惜しいところで落としてしまいました。ボールの飛びを抑えるために、ガットのテンションを1ー2ポンド下げた事が効果があったのか、スイングもスムースになり、徐々にライン際のボールがオンラインに入るようになり、添田の流れになって行くと言う試合展開でした。添田にミスが目立って少なくなって行き、フラットな深いコースだけでなく、フォアの素晴らしいアングルショットが決まるようになり、逆にファリャは肝心なところでダブルフォルトをしてしまうなど、精神的な弱さが見られました。一度つかんだ試合の流れを相手に渡すことなく勝ちきることが出来ました。
テンションを上げるためか、試合中には何か言葉を常に発していて、今までに無い勝利への気迫の感じられる試合でした。この勝利は、今後の添田にとって大きな飛躍につながることは間違いありません。これからの活躍が期待されます。


この勝利で来年はワールドグループでの戦いを見ることが出来ます。錦織とナダルやジョコビッチとの対戦が実現するかもしれません。来年のデビスカップが今から楽しみです。

公式サイト
デビスカップ JTA 公式サイト
Davis Cup

日本チームメンバー
錦織圭(Kei Nishikori)(12位)
添田豪(Go Soeda)(123位)
杉田祐一(Yuichi Sugita)(144位)
伊藤竜馬(Tatsuma Ito)(161位)

コロンビアチームメンバー
サンティアゴ・ヒラルド(Santiago Giraldo)(87位)
アレハンドロ・ファリャ(Alejandro Falla)(94位)
フアン・セバスチャン・キャバル(Juan Sebastian Cabal)(ダブルス 47位)
ロバート・ファラ(Robert Farah)(ダブルス 56位)

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
杉田祐一公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

昨日から有明コロシアムでデビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 2回戦 日本 対 韓国戦が始まりました。錦織圭の欠場で観客が少ないのではないかと心配されましたが、予想していたよりも多くの観客が入っていました。ジャパンレッドのユニフォームでの応援も多く、選手たちは力づけられたことと思います。
初日の昨日はシングルス2試合が行われ日本の2勝となりましたが、第2試合の添田が予想以上の苦戦を強いられました。

デビスカップではオープニングセレモニーとして国旗掲揚・国歌斉唱が行われます。雰囲気が盛り上がり、普段のテニスの試合と異なり国際試合としての楽しみが増します。ただ、今回は韓国側の応援がほとんどいないのが残念でした。他の対戦相手の時には、選手団の後ろ席には母国の方が応援に来場していたのですが、韓国ではテニスはかなりマイナーなスポーツなのでしょう。
デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦 初日に2勝

デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦 初日に2勝



第1試合:ATPランキング101位の伊藤竜馬 が 314位の鄭石英(チョン・ソクヨン)(Suk-Young JEONG)に6-1、6-4、6-4で勝利。
伊藤がサービス力を生かした安定したゲーム展開でした。第2セットで一度ブレークバックされただけで、ほとんど完璧な試合展開でした。リターンゲームでも相手の選手は若くかなりスピードのあるサーブを入れてきましたが、きっちりとブロックして深くに良いリターンを返球していました。このランキングレベルの選手相手だと、伊藤のサービスがきちっと入れば、あまり負けることはないと思います。
伊藤竜馬と鄭石英とは過去にATPレベルでの対戦はありませんが、チャレンジャーレベルでは伊藤が3連勝しています。
ATP Head-To-Head:Tatsuma Ito vs Suk-Young JEONG
そのあたりも勝利への自信へつながったものと思われます。

2月に横浜国際プールへテニス日本リーグの観戦に行った時には途中リタイアでしたし、3月のマイアミでも途中リタイアしていたので、体調面を心配しましたが、全く問題ないところまで回復しているようで安心しました。全仏オープンでの活躍が楽しみです。

ところで、伊藤は昨年に発表されましたが、三菱マテリアルとのスポンサー契約を締結し、この4月から三菱マテリアルのロゴが入ったウエアを着るようになりました。今回のデビスカップが初のお披露目となりました。
三菱マテリアル:プロテニスプレーヤー伊藤竜馬(いとう たつま)選手とスポンサー契約を締結
錦織の華やかなスポンサー契約ばかりが目立ちますが、日本で育ったトップ選手にも是非スポンサー契約をして応援して欲しいものです。
デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦 伊藤竜馬

デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦  伊藤竜馬


第2試合:ATPランキング86位の添田豪 が 742位の趙焃(チョ ミンヒョク)(Min Hyeok CHO)に 5-7、2-6、6-4、6-4、6-2の逆転で勝利。
対戦相手がATPランキング742位とありましたので楽勝かと思いましたが、思わぬ大苦戦でした。
趙のシングルハンドのスライスとダブルハンドのドライブを使い分けたバックハンドに苦戦していました。特にスライスが非常に深くエンドラインぎりぎりに入ってくることが多く、攻撃をうまく組み立てることが出来ませんでした。
また、添田は試合展開を打開すべくネットプレーにもトライしましが、アプローチショットが甘く、パッシングで決められるシーンが目立ちました。センターへ深くアプローチショットを打って出て行けば良いのにと、観戦していて何度も思わされてしまいました。
ただ、第3セットの中盤から急に趙に疲れが見え始め、動きが悪くなり、添田が左右へ振り回すとボールを返せなくなってきて、最後には足を痙攣しているようでした。5セットマッチの試合経験が無かったから幸いにも勝てたのかもしれません。本当に危ない試合でした。
添田はサーブの調子も今一つと行ったところでした。最近のアメリカ遠征では良い成績を残せていませんでしたが、かなり調子を落としているのかもしれません。
デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦  添田豪

デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦  添田豪

デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦  添田豪

デビスカップ アジア/オセアニアゾーングループ 1回戦 日本 対 韓国戦  添田豪


ただ、対戦相手の趙は徴兵でブランクがあり、テニスの国際大会を欠場していたようで、ATPのサイトで見てみると、2008年にランキングから外れて、今年の4月にようやくランキングに出てきています。
今年の3月に試合に復帰したようで、アメリカのフューチャー大会で準決勝、決勝まで進んでいます。国際試合に出場していなかっただけで、徴兵により精神力も鍛えられたでしょうし、実力的にはかなり上の選手なのかもしれません。
Min-Hyeok-Cho ATP Rankings History
Min-Hyeok-Cho ATP Rankings Breakdown

第2日目の今日はダブルスが行われます。3連勝で勝利を決めて欲しいところです。
ATPランキング86位 添田豪/413位 内山靖崇 対  419位 南智惺(ナム・ジソン)(Ji Sung NAM)/445位 林勇圭(イム・ヨンギュ)(Yong-Kyu LIM)
テニスファンの方には明日は是非ともジャパンレッドのユニフォームを着て応援をお願いしたいところです。

日韓戦 組み合わせ デビスカップ JTA 公式サイト
添田豪 公式ブログ,Facebook
伊藤竜馬公式ブログ
守屋宏紀公式ブログ

デビスカップ,フェドカップ
Davis Cup
デビスカップ JTA 公式サイト
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログランキング・にほんブログ村へ

フェドカップ ワールドグループIIのスロベニア戦が今日から始まりましたが、幸先良く2勝しました。

クルム伊達公子 が ポロナ・ヘルツォグ(Polona Hercog)に 2-6,6-4,6-2で、
森田 あゆみ がナストヤ・コラール(Nastja Kolar) 2-6,6-4,6-3で
勝ちました。二人とも苦しい出だしからの逆転勝利でした。

伊達の対戦したヘルツォグはWTAランキング36位、身長181 cmの強敵で、9個ものサービスエースを取られたのに、逆転で勝利するところは流石にたいしたものです。
今日は中継が無いので、ライブスコアを見ながらの応援でしたので、試合の状況は分かりませんが、ホームのメリットを生かしてスタンドの応援にも助けられての勝利かと思います。

伊達さんのブログには第2セットのプレーに関して、
「1-2でサービスゲームで15-40でブレイクポイントを握られながらもキープ。
4-4でHercogのサービスゲームでのワンチャンスを生かしてやっとブレイクに成功。」

とあります。流石に土壇場での集中力・精神力はランキング4位まで行った選手は違います。

Fed Cupの公式サイトに伊達、森田、村上監督の勝利者インタビューの音声がアップされていました
Japan take commanding lead over Slovenia


明日のシングルスの第一試合で、森田がヘルツォグに勝てば勝利が決まります。
ここは是非日本のナンバーワンとしての意地を見せて欲しいものです。

明日の予定
シングルス
森田あゆみ 対 ポロナ・ヘルツォグ(Polona Hercog)
クルム伊達公子 対 ナストヤ・コラール(Nastja Kolar)

ダブルス
森田あゆみ/藤原里華 対 ポロナ・ヘルツォグ(Polona Hercog)/アンドレヤ・クレパーチ(Andreja Klepac)

Fed Cup
フェドカップ JTA 公式サイト

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
藤原 里華ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

有明コロシアムで行われている、デビスカップ ワールドグループ プレーオフの 日本 対 インド戦初日の応援に行ってきました。
JTA:BNPパリバ デビスカップ

会場の入り口では応援用のビニールチューブが無料で配られています。各自で空気を入れて、打ち鳴らして日本チームの応援をしましょうと言うことです。
デビスカップ 応援用のビニールチューブ


また、日本チームの赤いユニフォームを2000円で販売していましたので、それも購入しました。入場者の半分くらいの人が、赤いユニフォームを着ていたのではないでしょうか。会場は試合前から盛り上がっていました。

コートサイドの最前列のチケットを買っておいたので、間近で迫力のあるテニスを堪能する事が出来ました。

第一試合、杉田祐一(ATPランク175位)  対 ソムデブ・デブバルマン(Somdev Devvarman)(ATPランク65位)
格上の相手に対して、最初から杉田の強烈なフラットな低い弾道のショットがバシバシ決まり、終始優勢のうちに3−0で試合を進めました。3セット目の途中で左足に少し痙攣が来ていたようで、心配しましたがそのまま勝ち切る事が出来ました。駄目元で戦ったからか、伸び伸びとした力強いテニスでした。
このような試合を続ける事が出来れば、直ぐにトップ100以内に入れるのではないかと思います。
デビスカップ 杉田祐一


一勝のあとで落ち付いて戦うことの出来た錦織の第二試合
錦織圭 (ATPランク55位)  対 ロハン・ボパンナ(Rohan Bopanna)(ATPランク 559位)
格下の相手に対して一方的な試合展開でした。
相手は190cmの長身で、かなり強烈なサーブが入って来ますが、錦織は慣れてくるとしっかりタイミングを合わせて返球していました。シングルハンドバックがかなり弱点なので、バックを攻めるとストロークでミスを連発してくれていたので、非常に楽な展開でした。
デビスカップ 錦織圭

デビスカップ 錦織圭

デビスカップ 錦織圭


これで、27年ぶりのワールドグループ復帰へ王手となりました。

明日のダブルスは、錦織圭、添田豪となっていましたが、 デビスカップのホームページの監督のコメントでは伊藤竜馬と杉田祐一のペアに変更されるようです。
錦織の負担を軽くするためにも、明日のダブルスで勝利を決めて欲しいものです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ