つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 2回戦

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

テニスの4大大会ウインブルドンのシングルス2回戦、錦織圭が勝利、3回戦へ。
Wimbledon - The Home of Tennis

ATPランキング7位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 55位のキャメロン・ノリー(Cameron Norrie)に6-4、6-4、6-0のストレートで勝利。
サウスポーのノリーのサーブにもう少し苦戦すると思いましたが、完ぺきにタイミングが合っていました。サーブの癖が分かったのか、コースの読みがピタッと当たっていました。
第1セットは先にノリーにサービスゲームをブレークされてしまいましたが、2-4から一気に4ゲーム連取。
第2セットは錦織がノリーのサービスゲームを2ゲームブレークして1ゲームブレークバックされて6-4。
第3セットはにワンサイドのゲーム展開となり6-0。
サーブの調子も良くフットワークも軽やかで、ほぼ完ぺきな試合でした。

3回戦では71位のスティーブ・ジョンソン(Steve Johnson)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4連勝中。
体調さえ悪くなければ、それほど苦戦しないで勝てるのではないかと予想されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

楽天・ジャパン・オープン・テニスのシングルス2回戦、錦織圭が勝利、綿貫陽介が敗退しました。
楽天・ジャパン・オープン・テニス

ATPランキング12位で第3シードの錦織圭(Kei Nishikori)が63位のベノワ・ペール(Benoit Paire)に6-3、7-5のストレートで勝利。
ここのところ試合の出だしの集中力の高い錦織がいきなり5連続でゲームを取る幸先の良いスタートでしたが、5-1からの錦織のサービングフォーザセットのゲームを落としてしまい、形勢が互角に。
このセットは6-3で取りましたが、第2セットはペールペースで始まり3ゲーム連取される苦しい展開に。ここから集中力を高めた錦織が5ゲーム連取し、5-3。
そこから2ゲーム連取され5-5に追いつかれますが、2ゲーム連取して7-5で取りました。
第2セットの錦織のファーストサーブインの確率が45%。これではサービスゲームをキープするのに苦しみます。

準々決勝の対戦相手は15位で第5シードのステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas)
過去の対戦はありません。
今年に入って一気にランキングアップしてきている20歳の急成長中の若手のチチパス。
錦織のファーストサーブが2回戦のように入りが悪いと苦戦が予想されます。


273位の綿貫陽介(YosukeWatanuki)が20位で第6シードのミロシュ・ラオニッチ(Milos Raonic)に3-6、6-7のストレートで敗退。
第1セット、220km/hを超える強烈なラオニッチのサーブに全く歯が立たない綿貫。ほとんどポイントが取れずにサービスゲームをキープされ。1ゲームサービスゲームをブレークされて3-6で落としました。

第2セットは、綿貫もサービスゲームをしっかりキープし、ラオニッチの高速サーブにもだんだんとタイミングが合うようになってきました。
そして迎えた6-5からのラオニッチのサービスゲーム。30-30からラオニッチが初めてのダブルフォルトし、この試合唯一のブレークチャンスが訪れます。
ここでラオニッチにファーストサーブをボディーへ打ち込まれると食い込まれてリターンがアウト。この返球ができていてポイントが取れていたら試合展開は違ったものになっていたかもしれません。
タイブレークではサービス力の差がでてしまい2-7で落としました。
負けはしましたが、今回対戦は綿貫にとって、ビッグサーバーとの貴重な経験になったと思います。
サーブ、ストローク、ボレーのプレーのレベルが高く、体力さえアップしてくれば100位以内には直ぐに入ってこれる選手だと期待出来ます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

綿貫陽介TwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのメッツで開催されているモゼール・オープンの2回戦で錦織圭が勝利。準々決勝へ進みました。

第1シードでの錦織圭は2回戦が初戦でした。
ATPランキング12位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori) が45位のピーター・ゴヨブジク
(Peter Gojowczyk)に7-6、6-3のストレートで勝利。
第1セットはゴヨブジクのサーブにタイミングが合わず、錦織もサービスゲームをキープして、お互いにキープしてタイブレークに。タイブレークでは僅かにストロークの精度が勝る錦織が7-4で取りました。

第2セットは2ゲーム目で錦織が先にゴヨブジクのサービスゲームをブレークしましたが、すぐにブレークバックされるいつもの悪いパターンに心配しましたが、次のゴヨブジクのサービスゲームを再度ブレークしてブレークアップすると、あとはお互いにキープして6-3で取りました。

インドアのコートでの初戦でしたが、コートサーフェスにはアジャストできていたようでした。
試合の終盤で非常に疲労感があったのが、気になりました。全米オープンでの疲れがまだ完全に回復していないのかもしれません。
モゼール・オープンの2回戦で錦織圭が勝利 準々決勝へ


準々決勝では31位で第5シードのニコロス・バシラシヴィリ(Nikoloz Basilashvili)と対戦します。
過去の対戦はありません。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

東レ パン・パシフィックオープン・テニスのシングルス2回戦、大坂なおみが勝利、準々決勝へ。
東レ パン・パシフィックオープン・テニス - TORAY PPO TENNIS

第3シードの大坂なおみは2回戦が初戦でした。
WTAランキング7位で第3シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が30位のドミニカ・チブルコワ(Dominika Cibulkova)に6-2、6-1のストレートで勝利。
サービス、ストロークともに大坂の方がチブルコワを上回り、ブレークチャンスすら与えない完ぺきな勝利でした。
このレベルの相手に対しての余裕の勝ち方に驚かされました。
最近は、マスコミ対応などが多く練習不足の心配をしていましたが、きちっと仕上がってきていました。
東レ パン・パシフィックオープン・テニスのシングルス2回戦、大坂なおみが勝利、準々決勝へ


準々決勝の対戦相手は25位で第8シードのバルボラ・ストリツォワ(Barbora Strycova)
過去の対戦成績は1勝1敗。今の大坂選手の状況なら問題なく勝ち上がってくれると思われます。

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス2回戦、錦織圭、大坂なおみが勝利し、3回戦へ。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 39位のガエル・モンフィス(Gael Monfils)に6-2、5-4の途中棄権で勝利。
第1セット、出だし好調の錦織がモンフィスのサービスゲームを2ゲームブレークし、自らのサービスゲームはブレークポイントすら与えない完ぺきな展開で6-2。
しかし、第2セットは先にブレークされて0-3の苦しいスタートでしたが、2-4からのモンフィスのサービスゲームで両者がネット際に出ての応酬の際に、錦織のショットがモンフィスのボディー右寄りに、これをモンフィスがフレームに当ててしまい、その衝撃で手首を痛めてしまいました。
この後も治療を受けて試合を続けましたが、痛みが回復せず途中棄権となりました。
全米オープンテニスのシングルス2回戦 錦織圭がモンフィスの途中棄権で勝利

全米オープンテニスのシングルス2回戦 錦織圭がモンフィスの途中棄権で勝利

全米オープンテニスのシングルス2回戦 錦織圭がモンフィスの途中棄権で勝利


3回戦では13位で第13シードのディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、2試合ともフルセットの戦い。厳しい戦いになると思われます。

WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が 162位のジュリア・グルシュコ(Julia Glushko)に6-2、6-0のストレートで勝利。
グルシュコ選手は膝を痛めているようでテーピングをしていて非常に動きが悪く、大坂選手のショットについていけない場面が多くみられました。一度もブレークチャンスを与えない完ぺきな試合でした。

3回戦では33位のアリアクサンドラ・サスノビッチ(Aliaksandra Sasnovich)と対戦します。
過去の対戦成績は大坂の1勝0敗ですが、2回戦で第11シードのカサキナに勝利しています。侮れない相手です。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのシンシナティで開催されているW&Sオープン(Western & Southern Open)のシングルス2回戦で錦織圭がワウリンカに敗退。

ATPランキング23位で第7シードの錦織圭(Kei Nishikori)が151位のスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に4-6の4-6ストレートで敗退。
第1セット出だしワウリンカのミスに助けられ、先にサービスゲームをブレークして4-1とリードしましたが、ここからワウリンカに5ゲーム連取され4-6で落としました。

第2セットも第1セットの流れのまま最初のサービスゲームをブレークされると、後はお互いにキープキープで4-6。
エンドラインぎりぎりに深く伸びてくるワウリンカのストロークに最後までタイミングが合わずにミスを連発。
現在のランキングは151位ですが元3位のワウリンカ、1回戦では第12シードのシュワルツマンに勝っている実力者。やはり厳しい結果となりました。

上位8選手が出場できるロンドンでのツアーファイナル出場のランキングは現在11位。かなり難しくなってきました。

2回戦で敗退したことで、全米オープンには万全のコンディションで出場できることに期待したいと思います。

US Open Official Site


錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ