人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのバルセロナで開催中の、男子テニスツアーのバルセロナ・オープンのシングルスで錦織圭が優勝しました。昨年に続く2連覇を達成しました。

ATPランキング5位で第1シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 66位のパブロ・アンドゥハル(Pablo Andujar) に6-4、6-4で勝利。

錦織は連戦の疲れか、足に少し問題がある為なのか、最初からパワー全開で打ち込んでくるアンドゥハルに、1、2セットともに先にサービスゲームをブレークされる苦しい展開でした。
準決勝までと異なり、浅いストロークが多く、決めに行ったショットがオーバーすることが頻繁に見られました。
それでもセット後半では、ギアアップして逆転する流れで、ストレートで勝ちきり、格の違いを見せつけてくれました。

これから全仏まで、クレーコートでの過酷な試合が続きます。昨年はマドリッドオープンの決勝で途中棄権しています。完璧なコンディションで全仏を迎えられるように、無理しないことを希望します。

バルセロナ・オープン公式サイト

Atpのチャレンジャー大会ですが、スペインを拠点にしている、22歳のダニエル太郎が初優勝しました。
錦織の活躍が他のテニス選手に良い影響をあたえているようです。
ダニエルのテニスはベースラインから大きく下がっての、つなぎのストロークプレーなので、物足りなさがあります。錦織のプレースタイルを学んで、攻撃的なプレーも取り入れていって欲しいと期待します。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook