つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 3位決定戦

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス3位決定戦で錦織圭が勝利、銅メダルを獲得しました。
Rio 2016 Drawsheet

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 5位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に6-2、6-7、6-3のフルセットで勝利。

ナダルのサービスゲームで始まった第1セット、2-2から4ゲーム連取で6-2。
ダブルスにも出場し優勝しているナダル、さすがに疲れが蓄積しているようで、錦織にストロークで左右に振り回されると追いつけずミスが目立ちました。

第2セットもナダルのサービスゲームを2ゲームブレークして5-2、次のサービングフォーザセットの第8ゲームをキープすれば勝ちのところまで一気に来ました。
しかし、ここで勝ちを意識したためか、1勝9敗と大きく負け越している不安からか、急にダブルフォルトやストロークミスが出はじめ、このゲームを落としてしまうと徐々にナダルペースに。結局2ゲームブレークバックされてタイブレークへ。タイブレークでは1ポイントしか取れずに1-7で落としてしまいました。

これで、ナダルの勝ちムードに傾きかけましたが、錦織は第3セットとの間のバスルームブレークで、長時間をかけてリフレッシュし、気を取り戻してコートに戻ってきました。
逆に第2セットの流れから一気に勝ちに行きたかったナダルは、あまりにも遅い錦織に対してイタイラし、冷静さを失っていました。
テレビでの沢松奈生子さんが巌流島の戦い(巌流島の戦い - Wikipedia)の宮元武蔵に例えて解説していましたが、ナダルは試合をしていた1番コートのトイレを使ったが、錦織はセンターコートのトイレを使ったようで、それにより長時間かかったようです。大会関係者の案内で行ったのだと思いますが、結果的にはこの長いブレークタイムが錦織にはラッキーでした。

第3セットでは冷静さを取り戻した錦織が疲れの見えたナダルを振り回し、2-1からのナダルのサービスゲームをブレークしてそのまま逃げ切って6-3で勝ちました。

錦織のメダル獲得は、1920年のアントワープ・オリンピック(アントワープオリンピック - Wikipedia)のシングルスで銀メダルを獲った熊谷一弥(熊谷一弥 - Wikipedia)さん以来となる96年ぶりのメダル獲得の快挙です。
また、熊谷さんは柏尾誠一郎(柏尾誠一郎 - Wikipedia)さんと組んでのダブルスでも準優勝しています。
この2個のメダルが、オリンピックでの日本人のスポーツ選手史上初めてのメダル獲得です。

錦織選手は今週からアメリカのシンシナティで開催されるウエスタン&サザン・オープンへ、第5シードで出場の予定です。1回戦は免除されていますが、きつい日程で疲労による怪我が心配です。
Western & Southern Open


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス準決勝で錦織圭が敗退、3位決定戦へ。
Rio 2016 Drawsheet

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が2位で第2シードのアンディ・マレー(Andy Murray)に1-6、4-6のストレートで敗退。
やはり、マレーには全く歯が立ちませんでした。
準々決勝までの対戦相手でしたら決まっていたショットを、マレーにはカウンターショットで決められてしまいます。
サービス力、ディフェンス力でマレーがかなり上回っていました。
錦織のファーストサーブインの確率が60%に対してマレーが76%。
錦織のセカンドサーブはマレーに簡単に打ち込まれてしまうので、少なくともファーストサーブインを70%以上に上げていかないと、マレー相手にサービスゲームをキープするのは難しいと思われます。
ジョコビッチとマレーの2強に勝つにはまだまだレベルアップが必要のようです。

3位決定戦では5位で第3シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の1勝9敗。
ファーストサーブがもう少し入って、ストロークの精度も上げて行かないと勝つのは難しいと思われます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Rafael Nadal


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ブログランキング・にほんブログ村へ

男子サッカーの日本対韓国の3位決定戦の後で韓国選手が竹島の領有主張を行った件で、IOCが調査をしているようですが、サンケイスポーツのWebのニュースに、
SANSPO.COM:メダル剥奪も、韓国「独島はわが領土」
「代表選手は五輪出場前、自国の五輪委員会に『憲章を順守する』との誓約書を署名、提出しており、それに違反する可能性がある。違反とされればメダル剥奪もあり得る」
とありました。

この件の動画ビデオニュースがNHK NEWSwebにアップされていました。
NHK NEWSweb:韓国選手が竹島領有主張 IOC調査
韓国は日本と対戦すると、敵対心丸出しで来るので、韓国戦は正直あまり見る気がしません。
今回の事をきっかけとして、日韓サッカーの交流戦などは当分やらないことにした方が良いのではないでしょうか。

スポーツは戦っているときは全力で、終わったらお互いに相手を尊重し称えあう、女子サッカーの日米での決勝戦のような清清しいものであってほしいものです。

韓国が準々決勝でイギリスにPK戦で勝って準決勝に進出しましたが、ネットでなかなか面白い記事を見つけました。
イギリスのせいで後味が悪いものの、見事なベスト4で大会を終えた関塚JAPANに感謝の巻。
もしこれが開催国イギリスとの対戦であったなら。ギグスやベラミー、ラムジーらが躍動するチームに敗れ、ウェールズ出身選手とイングランド出身選手とスコットランド出身選手が歓喜の抱擁をする場面に立ち会えたなら。若き日本代表も爽やかな気持ちで大会を去ることができたはず。「似たような国でいがみ合うのは悲しいことだよな」「わだかまりは捨てよう」「みんな仲良くね!」とコチラも嬉しくなったかもしれません。。。。
なるほどと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

今朝は早起きしてロンドンオリンピックのサッカー3位決定戦を応援しましたが、残念ながら一点も取れずに敗退してしまいました。

この試合の動画ビデオニュースがNHK NEWSwebにアップされていました。
NHK NEWSweb:サッカー男子 韓国に敗れメダルならず
永井の速い動きも見れなかったし、決定的なチャンスをほとんど作れなかった印象でした。

女子サッカーはせっかく銀メダルを取れたのに、表彰式での丸山や大野のオチャラケ態度に対する批判が多いですし、最後に来て残念なオリンピックになってしまいました。

NHK NEWSweb:スポーツニュース一覧
NHK NEWSwebにアップされているのは一週間だけで、それ以上古いものは削除されていってしまうようです。

このページのトップヘ