つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 3回戦

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの2回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。ダニエル太郎、西岡良仁は敗退しました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 73位のイボ・カルロビッチ(Ivo Karlovic)に6-3、7-6、5-7、5-7、7-6のフルセットで勝利。
第1セットでは210kmを超えるカルロビッチのサーブを何とか返球しラリーに持ち込むと錦織がポイントを取る流れで、カルロビッチのサービスゲームを1ゲームブレークして6-3。
第2セットはお互いにサービスゲームをキープしてタイブレークへ。タイブレークでは6-6から2ポイント連取して8-6でとりました。
このまますんなり行くのかと思いましたが、3、4セットはどちらも5-5からの錦織のサービスゲームをブレークされて5-7で落としてしまい、2セットオールに。
第5セットでは4-4で迎えた錦織のサービスゲームで0-40に。このゲームをブレークされると、ほとんど敗退との絶体絶命の場面でしたが、ポイント連取で何とかキープして10ポイントのタイブレークへ。タイブレークでは6-7から4ポイント連取して10-7で取りました。
39歳のカルロビッチにフルセットでこれほど苦戦するとは驚きました。
3回戦では44位のジョアン・ソウサ(Joao Sousa)と対戦します。
過去の対戦成績は1勝1敗です。

82位のダニエル太郎(Taro Daniel) が 27位で第25シードのデニス・シャポバロフ(Denis Shapovalov)に3-6、6-7、3-6のストレートで敗退。
ブレークチャンスはあるが取らせてもらえない、重要なポイントでの集中力の差が結果に出てしまいました。負けはしましたが、サービス力やストローク戦での攻撃力などで確実に実力アップしているダニエル。今後の活躍が期待されます。

69位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka) が 11位で第10シードのカレン・カチャノフ(Karen Khachanov)に3-6、3-6、3-6のストレートで敗退。
レシーブ力のある西岡が第2、3セットでカチャノフのサービスゲームを1ゲームブレークすることはできましたが、このレベルの選手相手に、西岡のサービス力ではサービスゲームのキープが難しく、一方的な敗退となってしまいました。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が78位のタマラ・ジダンセク(Tamara Zidansek)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第2セットではジダンセクに先にサービスゲームをブレークされましたが、試合全般を通して危なげのない戦い方でした。ドロップショットを試してみたり、プレースタイルの進化を模索しているようです。
3回戦では、27位のシェ・シュウェイ(Su-Wei Hsieh)と対戦します。
過去の対戦は2015年に一度対戦し大坂が勝っています。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

ダニエル太郎公式Blog,TwitterInstagram

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス3回戦、錦織圭、大坂なおみが勝利し、4回戦(ベスト16)へ。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 13位で第13シードのディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman)に 6-4、6-4、5-7、6-1ので勝利。

試合前、少し緊張感のある表情の錦織、ウォーミングアップが終わり試合開始のスタートポジショニングの遅さを審判から注意される場面もあり、出だし少し硬さがあったのかもしれません。
第1セットはいきなりブレークされての0-3の厳しいスタートになりましたが、徐々に調子を上げていった錦織が2ゲームブレークバックして6-4。

第2セットは先にブレークして、ブレークバックされますが、4-4からのシュワルツマンのサービスゲームをブレークして、次のサービスゲームをキープして6-4。

これで今日も安心ストレート勝ちと期待しましたが。
2セットアップで少し集中力が落ちたのか、第3セットはまたも先にブレークされて0-3のスタート。
一度は追いつきますが、5-6からのサービスゲームをブレークされてしまい、タイブレークに持ち込むことができずに5-7で落としました。

第4セットは集中力アップした錦織がシュワルツマンを圧倒し、3ゲームブレークして6-1で取りゲームセット。

錦織選手がリードしている試合を途中から集中力が切れて逆転されるシーンを何度も見ているので心配しましたが、最後は4回戦へ向けて良い終わり方ができました。

この試合中に錦織選手は何回かコートチェンジの際にベンチでノートに目を通していました。
このノートが第4セットでの集中力アップにつながったのかもしれません。
錦織選手 ベンチでノートに目を通す


4回戦では34位のフィリップ・コールシュライバー(Philipp Kohlschreiber)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、コールシュライバーは第4シードのズベレフに勝っているので侮れません。

WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が33位のアリアクサンドラ・サスノビッチ(Aliaksandra Sasnovich)に6-0、6-0のストレートで勝利。
ランキング33位のサスノビッチ相手にダブルベーグルとは驚きました。
サスノビッチが取ったポイントは12ゲームで僅か17ポイント。50分でのあっという間の勝利でした。

4回戦では20位で第26シードのアリナ・サバレンカ(Aryna Sabalenka)と対戦します。
過去の対戦はありません。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

スペインのマドリッドで開催されているムチュア・マドリッド・オープンのシングルス2回戦で、錦織圭が勝利。3回戦へ進みました。
Mutua Madrid Open

3回戦はNHKのBS1で今夜の午後7時から生中継される予定です。

ATPランキング8位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)が40位のディエゴ・シュワルツマン(Diego Schwartzman)に1-6、6-0、6-4の逆転で勝利。
第6シードで2回戦からの登場となった錦織。
ブランク後の久しぶりの試合でコンディションが心配されましたが、やはり出だしは調子が悪く、第1セットは1-6で落としてしまいます。
第2セットからは本来の調子を取り戻して、6-0、6-4と連取して勝利。
この勝利で対シュワルツマン2連勝としました。

3回戦では30位のダビッド・フェレール(David Ferrer)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の8勝4敗。手首が大丈夫なら勝てる相手ですが、フェレールは2回戦をツォンガの棄権で勝ち上がってきているので、体力的にはかなり不利となります。
激しい打ち合いの試合になると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs David Ferrer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

ブラジルのリオオリンピックのテニスのシングルス3回戦。錦織圭が勝利、ダニエル太郎は敗退しました。
Rio 2016 Drawsheet

今回のオリンピックではNHKがオンラインのストリーミングでライブや過去の試合の動画放送を行っているので見逃した試合を見れるので便利です。
テニス | NHKリオデジャネイロオリンピック

ATPランキング7位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が121位のアンドレイ・マーティン(Andrej Martin)に6-2、6-2のストレートで勝ちました。
第1、2セットともに2-2から一気に4ゲーム連取して6-4で取りました。
スコア的には一方的な勝利で危なげない試合でしたが、錦織のミスショットがすごく目立ちました。
最近の錦織は、このクラスの格下選手相手には取りこぼしすることが無くなりましたが、これからの対戦相手にはもう少しショットの精度を上げて行かないと勝てないと思われます。

準々決勝では11位で第6シードのガエル・モンフィス(Gael Monfils)と対戦します。

過去の対戦成績は錦織の2連勝中です。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Gael Monfils


117位のダニエル太郎(Taro Daniel)が141位のフアン・マルティン・デル ポトロ(Juan Martin del Potro)に7-5、1-6、2-6の逆転で敗退。
第1セット、先にサービスゲームをブレークされたダニエルでしたが、ブレークバックして追いつきタイブレークへ。
タイブレークではデルポトロのサービスゲームを2個ミニブレークして7-4で取りました。
しかし、第2セットではダニエルのショットが浅くなり、ミスが目立つようになり、一気に5連続でとられて0-5に、結局1ゲームキープできただけで1-6で落としました。
第3セットは2-2から4ゲーム連取されて2-6で敗退。
試合には負けましたが、バックラインからのストロークが主体のダニエルですが、この試合では積極的なネットプレーなども見られました。着実に実力アップしてきています。これからが楽しみです。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ダニエル太郎公式Blog,Twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで行われている、テニスのATPツアー マスターズ1000シリーズ マイアミ・オープン(Miami Open)のシングルス3回戦で、錦織圭が勝ち4回戦に進みました。

ATPランク6位で、第6シードの錦織圭(Kei Nishikori)がランキング29位で第27シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(Alexandr Dolgopolov)に6-2、6-2で勝ちました。

3連勝中と相性の良い対戦相手。錦織のサービスゲームで始まった第一セットで、いきなりサービスゲームをブレークされてしまいましたが、次から4連続で取ってからは錦織の一方的なペースとなりました。
全く危なげの無い試合展開でした。

錦織のファーストサーブインの確率が66%。ファーストサーブが入った時のポイント率が73%と、サービスゲームが非常に安定していました。

今日行われる4回戦の対戦相手はATPランキング18位で、第17シードのロベルト・バウティスタ アグート(Roberto Bautista Agut)。

過去の対戦成績はクレーコートですが錦織の3連勝中。今の調子なら問題なく勝ってくれるでしょう。
ATP Head to Head: Kei Nishikori vs Roberto Bautista Agut

このまま順当に勝ち上がると、準決勝でラオニッチ、決勝でジョコビッチとの対戦になると思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのパリで開催されているパリマスターズのシングルス3回戦で錦織圭が途中棄権で敗退しました。

ATPランキング7位で第6シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 9位で第10シードのリシャール・ガスケ(Richard Gasquet)に6-7、1-4の途中棄権で敗退。

第1セット序盤から錦織が敢えてガスケの得意なバックハンドを攻める作戦で、激しい打ち合いとなりました。
ストローク戦では錦織が押し気味で何度もブレークチャンスが来ましたが、ウイニングショットがほんの少しラインアウトして取りきれずにタイブレークへ。タイブレークも落としてしまいました。

試合中にお腹にテーピングしているのが見えたので心配して見ていましたが、激しい打ち合いで悪化してしまったようです。
これで錦織はガスケに6連敗となってしまいました。

昨年の錦織選手の全米オープン準優勝の活躍は足の指の手術後の長期休養明けでした。背の低い錦織選手は体への負担も大きく無理して戦っているのでどうしても疲労が蓄積してしまうのでしょう。本来は思い切った長期休暇が必要なのかもしれません。

ロンドンでのツアーファイナルがあるので今回の敗戦は休養出来るという点では良かったかもしれません。

パリマスターズのシングルス3回戦で錦織圭途中棄権

パリマスターズのシングルス3回戦で錦織圭途中棄権

パリマスターズのシングルス3回戦で錦織圭途中棄権

パリマスターズのシングルス3回戦で錦織圭途中棄権



錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ