つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 4位

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

先週、有明コロシアムで行われていた楽天・ジャパン・オープン・テニスは第6シードのキリオスが第5シードのゴファンに勝ち優勝しました。

先週同じ時期に北京で開催されていた、チャイナオープンの決勝はマレーがディミトロフに勝って優勝。
この大会には、ナダルやラオニッチも出場していました。
チャイナオープンは賞金がジャパンオープンの倍以上で、男女同時開催。
今週は上海でマスターズ1000の大会が開催されています。(ジャパンオープンとチャイナオープンはATP500)
アジアのテニスマーケットでは完全に中国に追い抜かれてしまったのが、少しばかり寂しい気持ちになってしまいます。

ランキングを順調にアップしてきているATPランキング14位のキリオス(Nick Kyrgios)はまだ21歳。
今回のATP500大会初優勝で、これから益々実力アップしていくるでしょう。

フェデラーやナダルなどの錦織の年上の世代のトッププレーヤーに衰えが見えてきましたが、20歳そこそこの若手が伸びてきているので、錦織選手も安泰ではありません。

2回戦で怪我の為に棄権した錦織圭(Kei Nishikori)は、今週発表のランキングでは自己最高の4位に戻りました。
ただ、今週の上海マスターズは欠場しているので、直ぐにランキングダウンする可能性もあります。

これからの試合を欠場しても、昨年同様にツアーファイナルへは今年も出場できると思われます。
怪我を治して、トップ選手相手に素晴らしいプレーを見せてくれる事に期待したいと思います。


今回の楽天オープンへは2日目に観戦に行きましたが、錦織選手の試合は1日目と3日目、残念ながら生錦織の試合は見ることができませんでした。

2日目の観戦で期待していたダニエル太郎は、以前よりは少し攻撃的になっていましたが、全く勝ち目がありませんでした。サーブや攻撃にまだまだ改善の余地があるように思います。
今週はホーチミン市で行われているATPチャレンジャーツアーに第3シードで出場していますが、もうそろチャレンジャーレベルの大会は卒業して欲しいものです。



錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

ダニエル太郎公式Blog,Twitter

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのワシントンDCで開催されていた、テニスツアーのシティ・オープンのシングルス決勝戦で、ATPランキング5位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が第8シードで18位のジョン・イズナー(John Isner)に4-6、 6-4、6-4の逆転で勝ち、優勝しました。
イズナーのファーストサーブに序盤は苦戦しましたが、徐々にアジャストし返球することにより、イズナーのファーストサーブインの確率もセットを追うごとに低下。何とか逆転で勝ち取ることが出来ました。

CITI OPEN 公式サイトにはガラスの優勝カップを持つ錦織の大きな写真が掲載されていました。

この大会では、準々決勝で世界最速サーバーのグロス(193cm)、準決勝で第3シードのチリッチ(198cm)、決勝でイズナー(208cm)と、長身のビッグサーバーとの対戦となりましたが、少ないチャンスを生かして見事優勝をしました。今回は初戦の2回戦は体の切れが悪いように見えましたが、試合を重ねるごとに集中力が高まっていきました。

この優勝により今週のランキングでキャリアハイの4位に戻しました。

今週はカナダのモントリオールで開催される、ロジャーズ・カップ(Rogers Cup Toronto)に出場予定です。
錦織は第4シードで、シード勢が順当に勝ち上がると、準々決勝でナダル、準決勝でマレー、決勝でジョコビッチとの対戦となります。こちらも厳しい戦いとなることが予想されます。

身長の低い錦織選手は大きな選手相手に体力の消耗が激しく、全米オープンへ向けての疲労蓄積が心配されます。

錦織選手のFacebookにも優勝の写真が掲載されています。
錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ