つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 4回戦

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの4回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 23位で第23シードののパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)に6-7、4-6、7-6、6-4、7-6のフルセットで勝利。
ストロークプレーヤーでレシーブ力のある選手同士なので、相手のサーブをブレークできるがブレークバックもされる展開となりました。
第1セットはお互いに2ゲームをブレークする展開でタイブレークへ。タイブレークは8-10で落としました。
第2セットは錦織はカレノ ブスタにサービスゲームを1ゲームブレークされ、ブレークバックできずに4-6で落とし、後がない状況に。

第3セットはお互いに1ゲームをブレークする展開でタイブレークへ。今度はタイブレークを錦織が7-4で取りました。

第4セットは錦織がカレノ ブスタのサービスゲームを2ゲームブレークして、1ゲームブレークバックされ6-4で取り、いよいよ最終セットへ。

第5セットは錦織が先にカレノ ブスタのサービスゲームをブレークして5-4でサービングフォーザマッチを迎えましたが、このゲームをキープできずに10ポイント選手のタイブレークへ。
タイブレークでは5-8とリードされ絶体絶命のピンチを迎えます。
この場面でラインズマンがカレノ ブスタのライン際のショットをアウトとコール、それを錦織がストレートに厳しいショットで決めます。
カレノ ブスタがチャレンジしたところ、カレノ ブスタのボールはインしていましたが、主審がアウトのコールがなくても錦織のショットが決まっていたと判断し、ポイントのやり直しとはなりませんでした。このジャッジに冷静さを失ったカレノ ブスタのショットが乱れミスショットを連発、最後はワイドへのサービスエースで連続5ポイント連取して10-8。
すこしばかり後味の悪い終わり方でした。

準々決勝では 1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
2014年の全米オープンで勝っていますが、それ以降14連敗中です。
厳しい戦いになると思われます。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が12位で13シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)に4-6、6-3、6-4の逆転で勝利。
3回戦同様に悪い出だしとなりました。
第1セットはセバストバにサービスゲームを1ゲームブレークされ、ブレークバックできずに4-6で落としました。
第2セットは逆に大坂がセバストバのサービスゲームを1ゲームブレークして6-3。
第3セットは大坂がセバストバのサービスゲームを2ゲームブレークし、1ゲームブレークバックされて6-4で取りました。
セバストバには前回も逆転で勝っていますし、3回戦も逆転で勝ち上がってきたので、1セット取られても多分逆転してくれるだろうとの安心感がありました。

準々決勝では、7位で第6シードのエリーナ・スイトリナ(Elina Svitolina)と対戦します。
昨年2度戦って2度とも負けています。
厳しい戦いになると思われます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

オーストラリアのメルボルンで開催されているテニスのグランドスラム 全豪オープンの3回戦で錦織圭、大坂なおみが勝ち上がりました。
Australian Open Tennis Championships

ATPランキング9位で第8シードの錦織圭(Kei Nishikori)が 44位のジョアン・ソウサ(Joao Sousa)に7-6、6-1、6-2のストレートで勝利。
第1セットは第1ゲームのソウサのサービスゲームをいきなりブレークする好スタートでしたがブレークバックされてタイブレークへ。タイブレークを8-6で取ると、第2セット以降は錦織ペースの一方的な試合展開となりました。
3セット目に入る前にはソウサがメディカルタイムアウトを取るなど、ダブルスにも出場しているためか疲れが目立ちました。
ストロークプレーヤー同士の打ち合いの試合でしたので、2回戦の1ー2ポイントで決まってしまう試合と違い、錦織にとってはリズムの取りやすい試合だったお思われます。

4回戦では 23位で第23シードののパブロ・カレノ ブスタ(Pablo Carreno Busta)と対戦します。
過去の対戦はありません。

WTAランキング4位で第4シードの大坂なおみ(Naomi Osaka)が27位のシェ・シュウェイ(Su-Wei Hsieh)に5-7、6-4、6-1の逆転で勝利。
序盤はシュウェイの左右ダブルハンドの切れの良いショットに翻弄され、左右に振られてミスショットを繰り返すシーンが多く、第1セットを5-7で落とし、第2セットも先にブレークされて1-4まで追い込まれました。
次の大坂のサービスゲームをキープしての2-4からのシュウェイのサービスゲーム。
大坂がムーンボールなどのトライをしてリズムを変えようと試みますが、逆に厳しく返球されるなどで3ポイント連取されシュウェイの40-0。このままシュウェイにこのゲームをキープされると2-5となり、ひっくり返すのがかなり難しくなる局面でしたが、ここでシュウェイに油断が出たのか少し甘くなったショットに対して、大坂が居直って厳しいコースへのハードヒットを繰り出すと面白いように決まりだしました。このゲームが大きな潮目となり、以降は大阪の一方的な試合となりました。
以前の大坂選手でしたら、ひっくり返すことは出来なかったと思います。試合中の修正力がアップしてきました。

4回戦では、12位で13シードのアナスタシア・セバストバ(Anastasija Sevastova)と対戦します。
過去の対戦成績は2勝2敗です。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全米オープンテニスのシングルス4回戦、錦織圭、大坂なおみが勝利し、準々決勝へ。
US Open Official Site

ATPランキング19位で第21シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 34位のフィリップ・コールシュライバー(Philipp Kohlschreiber)に6-3、6-2、7-6のストレートで勝利。
ストレートでの勝利でしたが、楽な勝利ではありませんでした。
特に2セット連取してからの第3セット5-4からのサービングフォーザマッチのゲームをブレークされて5-5に追いつかれてしまいました。もし、このままタイブレークに持ち込まれていたら、試合展開はもっともつれていたと思われます。
何とか次のコールシュライバーのサービスゲームをブレークし、次のゲームをキープして勝ち切りました。最後の最後で集中力をアップして勝ち切れたことが次の試合につながると思います。

最近はフォアハンドストロークをネットするミスショットが目立っていましたが、この試合では、フォアハンドストロークをスピン多めのショットで安全につなげて、バックハンドへのチャンスボールを決めに行く作戦を取ったようで、ミスショットがかなり少なくなっていました。

ただ、ファーストサーブインの確率が58%でダブルフォルトが5本。このスタッツをもう少し上げていかないと、次戦は厳しいと思われます。

準々決勝では7位で第10シードのマリン・チリッチ(Marin Cilic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の8勝6敗ですが、2014年の全米オープンの決勝で負けています。
リベンジを期待したいと思います。


WTAランキング19位で第20シードの大坂なおみ(Naomi Osaka) が20位で第26シードのアリナ・サバレンカ(Aryna Sabalenka)に6-3、2-6、6-4のフルセットで勝利。
フラット系の強烈なショットで攻めてくるサバレンカに対して、大坂がディフェンスして対抗すると言う普段とは真逆の展開。
体が絞り込まれて動きの良くなった大坂選手が、フットワークとショットの精度の差で勝ち切ることができました。
サーシャコーチとのトレーニングの成果だと思われます。

準々決勝では36位のレシア・ツレンコ(Lesia Tsurenko)と対戦します。
過去の対戦は大坂の1勝。
今の大阪選手の調子なら、問題なく勝ち上がってくれるでしょう。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

大坂なおみ公式サイト | NAOMIOSAKA.COMFacebooktwitterInstagram
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

イギリスのロンドンで開催されているウインブルドンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利、準々決勝に進みました。
Wimbledon - The Home of Tennis
3回戦は今夜行われる予定です。

ATPランキング28位で第24シードの錦織圭(Kei Nishikori)が138位のエルネスツ・ガルビス(Ernests Gulbis)に4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で勝利。
ビッグサーバーが有利となる芝のコートで、予想通りガルビスの210kmを超えるファーストサーブに苦戦しましたが、予選を勝ち抜いてきたガルビスが力尽きる形での勝利となりました。
第1セットをガルビスにサービスゲームをブレークされ、そのままブレークバックを取れずに4-6で落としました。
第2セットは互角の展開でお互いにサービスキープでタイブレークへ。タイブレークではほんの少し集中力の勝る錦織選手が取りました。
第3セットもお互いサービスキープでタイブレークへ。このタイブレークで逆を突かれたガルビスが足を滑らせて転倒、左膝を強く地面にぶつけて怪我をしてしまいました。
メディカルタイムアウトを取ってからの復帰後も善戦しましたが、このタイブレークを錦織が取ると、第4セットは動きの悪くなったガルビスに対して錦織の一方的な展開となり、6-1で取りました。

3回戦のキリオス戦とは異なり、ガルビスのサーブになかなかタイミングが合わずに苦戦しましたが、リターンの位置を変えたりと工夫をしながら、徐々に攻略の糸口を掴んで行きました。あきらめず、集中力を切らさずに戦ったことで徐々に相手の疲労が蓄積し、最後は試合をもぎ取ることができました。
また、試合序盤に錦織選手が右ひじを気にし、付けていたテーピングを外してマッサージを行っていた事が心配されます。次の試合までに回復してくれると良いのですが。

準々決勝では21位で第12シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2勝13敗。2014年の全米オープンでの勝利以来連敗中。苦戦が予想されます。

錦織圭公式サイト,Twitter,FacebookInstagram

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのマイアミで開催されているマイアミ・オープンのシングルス4回戦で、錦織圭が勝利し、準々決勝へ進みました。尾崎里紗は敗退しました。
Miami Open

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング4位で第2シードの錦織圭(Kei Nishikori)が57位のフェデリコ・デルボニス(Federico Delbonis)に6-3、4-6、6-3のフルセットで勝利。
初対戦の相手のプレーを探るように、お互いサービスキープの緊張感のあるスタートの第1セットでしたが、徐々にデルポニスのサービスに慣れてくると、錦織が2-3から一気に4ゲーム連取して6-2で取りました。

延びのあるストロークが深く入る安定したストロークの錦織でしたが、第2セットに入ると途中で左膝を痛めたようで、サーブが入らなくなり、フットワークが悪くなったための振り遅れが原因なのか、ストロークがネットにかかることが多くなりました。第2セットは4-6で落としましたが、マッサージを受けながらプレーを続けました。

悪い流れを引きずったファイナルセットも先にブレークされましたが、徐々に膝の具合が戻ってきたのか、集中力を高めた錦織が1-2から4ゲーム連取して5-2に。その後キープ・キープで6-3で取りました。
第3セットは5本のダブルフォルトでファーストサーブインの確率が50%。このスタッツでよく勝てたと思います。

準々決勝では40位のファビオ・フォニュイーニ(Fabio Fognini)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の2連勝中ですが、フォニュイーニは4回戦を1時間ほどでストレートで勝ち上がってきています。
錦織の2時間を越える戦いでの疲れと膝の怪我の具合が心配されます。
ATP head to head: Kei Nishikori vs Fabio Fognini


女子。
WTAランキング87位の尾崎里紗(Risa Ozaki)が1位で第1シードのアンジェリーク・ケルバー(Angelique Kerber)に2-6、2-6のストレートで敗退。
スコア的には一方的のようですが、第1、2セットで1ゲームずつケルバーのサービスゲームをブレークできました。
サービスゲームのキープ率を高めていけば、このレベルの選手にも十分に通用すると期待できる結果でした。
尾崎は今回の活躍で70位台にランクアップしてくると思われます。全仏での活躍が期待されます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

尾崎里紗 twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

全豪オープンテニスのシングルス4回戦で、錦織圭がフェデラーに敗退しました。
全豪オープンテニス 公式サイト

ATPランキング5位の錦織圭(Kei Nishikori)が17位で第17シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer)に7-6、4-6、1-6、6-4、3-6のフルセットで敗退。
 この試合、第1セットの戦い方が試合結果に大きく左右したと思われます。
 フェデラーのサービスゲームで始まった第1セット、出だしからストローク好調の錦織ペースでフェデラーのサービスゲームを2連続でブレークし4-0。
ここから、お互いにサービスゲームをキープして5-2。7ゲーム目ではフェデラーがラブゲームキープ。フェデラーの調子も徐々にアップしてきました。

 ここで、プレッシャーを感じたからなのか大きくリードしている安心感からなのか、次の錦織のサービングフォーザマッチのゲームで、15-0からのアドサイドでゆるいスライスサーブを打ってネットダッシュしてアウト、30-15でもサービスでネットダッシュして今度はネット。その後きわどい判定もあって、このゲームを落としてしまいました。
 フェデラーのバックサイドをトップスピンやスライスのバリエーション豊富なストロークで攻めて優勢に進めてきた錦織が、このサービスダッシュで自らリズムを崩してしまいました。このセットは結局はタイブレークで錦織が取りましたが、ここでの消耗が結局は試合後半の疲労につながったと思われます。

 5-2 15-0から強いサーブをワイドに打ってこのポイントを取りサービスゲームをキープして、6-2でこのセットを取っていたら、試合の流れは大きく錦織へ行っていたでしょう。

 結果論なので、あのサービスダッシュが決まっていたら、流石に錦織と言う事になってたでしょうが、一方的に優勢な試合展開での同様のシーンを何度も目にしているので、書かせていただきました。

 スコア的にはフルセットでしたが、勢い付いたフェデラーは観客の応援も後押しにし、その後は安定したサービスゲームのキープ、錦織はアドサイドでポイントをほとんど取れなくなってしまい、ほぼ一方的なゲーム展開となってしまいました。

これで対フェデラー4連敗となりました。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Roger Federer

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ