つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: 6月

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ


6月の模様替え
アジサイのランチョンマットと色紙で6月の模様替えをしました。小林東雲先生の水墨画の教室で作らさせていただいた、色紙やランチョンマットがシーズンを通して使えるだけそろっているので、季節毎に入れ替えて楽しんでいます。
私はいまさらプロの芸術家などは到底無理なので、このように生活で楽しめるものを作るようにしています。
浅田次郎さん小説の「天切り松闇がたり」第三巻にでてくる竹久夢二の言葉が気に入っています
「芸術は生活の中に無くてはいけないと思っていますから。サロンに飾る芸術なんて意味はない。どんな貧しい暮らしの中にも、美しいものが無くてはいけないんです。絵葉書、千代紙、便箋、封筒。もっともっと、鍋釜にも、椅子にも蒲団にもね、誰の身の回りにもある品物に、芸術性が無くてはならないって思っています。」芸術家の先生からするとそりゃ芸術じゃなくてデザインだよと言われてしまうのでしょうが。

プチすいぼく―やさしい水墨画入門
プチすいぼく―やさしい水墨画入門
クチコミを見る
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村 美術へ>にほんブログ村 美術ブログへ


模様替え6月アジサイ
6月の模様替えをしました。アジサイの色紙とランチョンマット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ブログ村 絵画へ>にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ

6月 アジサイの水墨画のランチョンマット趣味の水墨画で作るランチョンマットシリーズの6月 アジサイのランチョンマットと蝸牛(カタツムリ)のコースターを作成しました。
通っている東雲先生の水墨画の教室では、ランチョンマット、コースター、箸入れ、扇子、団扇などの生活で楽しめるものへの水墨画の描き方を教えていただいています。来客があった時のおもてなしに出していますが、すごく喜ばれています。



水墨画を始める人のために―ひらがなが書ければ水墨画は描ける
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ