つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),バードカービング,ベランダ菜園・果樹,音楽,海外旅行,国内旅行,グルメお取り寄せ,スモーク,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: BNPパリバ

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで開催されているBNPパリバ・オープンのシングルス4回戦で、錦織が勝利し準々決勝へ。、西岡は敗退しました。
BNP Paribas Open: Home

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング5位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が60位のドナルド・ヤング(Donald Young)に6-2、6-4のストレートで勝利。
第1セットは錦織がサービスゲームを安定してキープして、ヤングのサービスゲームを2ゲームブレークして6ー2で取りましたが、
第2セットに入ってヤングが早い攻撃テニスを仕掛けてくると押され気味となったり、先にサービスゲームをブレークされてしまいます。徐々に速いペースに慣れてきて後半からは再び錦織ペーストなり、ヤングのサービスゲームを2回ブレークして6-4で取りました。

準々決勝では18位で第17シードのジャック・ソック(Jack Sock)と対戦します。
過去の対戦成績は一勝一敗。2014年の上海マスターズでは6-7、4-6のストレートで敗退しています。
24歳でランキングを順調にアップしてきています。かなり厳しい試合になると思われます。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Jack Sock

今回の大会はラオニッチが負傷欠場しているので、次回のランキング発表時には錦織選手がラオニッチを抜いて4位へ上がってくると思われます。

70位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が3位で第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)に6-3、3-6、6-7の逆転負け。
本当に惜しい試合でした。
第1セットは西岡の高く跳ねるストロークにタイミングが合わなワウリンカのミスに助けられ、ワウリンカのサービスゲームを3回ブレークし、1度ブレークバックされて6-3で取りました。

第2セットに入ると少し慎重なショットでミスを少なくしてきたワウリンカに2度サービスゲームをブレークされて3-6で落としました。

ワウリンカのサービスゲームで始まった第3セット。いきなりブレークしてそままお互いキープで5-4からの西岡のサービングフォーザセット。ここをブレークされ5-5に。
しかし次のワウリンカのサービスゲームを破って6-5で再び西岡のサービングフォーザセット。
30-15まで行きましたが、このゲームを取りきることが出来ず、タイブレークに入ると西岡に勝てる体力は残っていませんでした。
二度のサービングフォーザセット。本当に紙一重の試合でした。

今回の活躍で西岡はキャリアハイを更新して50位台に上がってくると思われます。
松岡修造さんの46位がもう少しで手の届くところまで来ました。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで開催されているBNPパリバ・オープンのシングルス3回戦で、錦織圭、西岡が勝利し4回戦へ。大坂は敗退しました。
BNP Paribas Open: Home

今回の男子の試合はマスターズ1000の大会で、NHKのBSで生中継されています。

ATPランキング5位で第4シードの錦織圭(Kei Nishikori)が28位で第25シードのジル・ミュラー(Gilles Muller)に6-2、6-2のストレートで勝利。
サウスポーのミュラーに対してもう少し苦戦すると思いましたが、危なげのない勝利でした。
錦織のファーストサーブインの確率が78%。スピードは早くありませんが、コースを上手く打ち分けて手堅くサービスゲームをキープし、一度もブレークされませんでした。
対するミュラーのファーストサーブインの確率は49%。ダブルフォルトも多く、トータル4回のサービスゲームをブレークしました。

4回戦では60位のドナルド・ヤング(Donald Young)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の4連勝中です。
ATP Head to Head:Kei Nishikori vs Donald Young

今回の大会はラオニッチが負傷欠場しているので、錦織選手が4位へ上がる可能性が高くなってきました。


70位の西岡良仁(Yoshihito Nishioka)が14位で第13シードのトマス・ベルディヒ(Tomas Berdych)に1-6、7-6、6-4の大逆転勝利。

身長差26cm、196cmの長身のベルディヒの強烈なサーブやストロークに押され、第1セットを最初のサービスゲームをキープしただけで1-6で落とすと、第2セットも2ゲームブレークダウンで2ー5でベルディヒのサービスゲーム。
観客の誰もがこれでゲームセットと思ったでしょうが、ここから脅威の逆転劇が始まりました。

いくら振り回されても俊敏な対応で返球する西岡の粘りと暑さによる疲れなのか、徐々にベルディヒにミスが出始め、信じられないようなスマッシュミスやダブルフォルトなどで自滅していきました。
第2セットをタイブレークで取るとファイナルセットは西岡が押し気味の試合展開となり6-4で勝利。

シード選手が下位の選手相手に最初は劣勢でも逆転して勝つのは度々見かけますが、これほどの逆パターンは記憶にありません。本当に見事な勝利でした。

西岡はこの勝利でキャリアハイを更新し、50位台に上がってくると思われます。

4回戦では3位で第3シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka)と対戦します。
過去の対戦はありません。
予選から連続6試合。体力的には限界に近いところに来ていると思われます。どこまで体力を回復できるかが、鍵になると思われます。

WTAランキング52位の大坂なおみ(Naomi Osaka)が9位で第9シードのマディソン・キーズ(Madison Keys)に1-6、4-6のストレートで敗退。
昨年の全米オープンのリベンジとは行きませんでした。
4度あったブレークチャンスを一度もブレークできず、逆に大坂は4度のブレークピンチのうち三回ブレークされてしまいました。チャンスでの集中力の違いがトップ10選手との差なのでしょう。

敗れはしましたが、大坂選手は3回戦まで進んだ事で、土居選手を抜いて日本人選手のトップランキングとなります。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

西岡良仁 公式サイトTwitterFacebook

Naomi Osaka 大坂 なおみ | Facebooktwitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

フランスのパリで開催されていたBNPパリバ・マスターズ(BNP Paribas Masters)のシングルス3回戦で錦織圭がツォンガに敗退。
決勝戦はマレーがイズナー に勝ち優勝し、ジョコビッチを抜いてランキング1位となりました。

第5シードの錦織圭(Kei Nishikori)が第11シードの ジョー-ウィルフリード・ツォンガ(Jo-Wilfried Tsonga)に6-0、3-6、6-7の逆転で敗退。
第1セットはツォンガのファーストサーブの入りが悪く、ストロークミスも多く一方的な展開で6-0で取りました。
第2セットに入るとツォンガのファーストサーブの入りが良くなり、ブレークチャンスが無く、逆にブレークされて3-6で落としました。
第3セットは錦織はファーストサーブが入らずに苦しみながらもキープし、先にツォンガのサービスゲームをブレークし、マッチポイントのチャンスもありました。しかし、ここを取りきれ無かったことが大きく勝敗を分けてしまいました。
その後ブレークバックされて追いつかれると、押され気味となり、タイブレークも3-7で落としてしまいました。

先日のスイスのバーゼルでのチリッチ戦でもセットポイントを握りながら惜しくも取れませんでした。
連戦の疲れの影響か、少し勝負強さが落ちてきているようです。

今年もいよいよ、11月13ー20日にロンドンで開催される、ATPツアーファイナル(Barclays ATP World Tour Finals)を残すのみとなりました。
しっかり休養して、トップ選手相手にきっと素晴らしい試合を見せてくれる事でしょう。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで行われている、テニスのATPツアー マスターズ1000シリーズ BNPパリバ・オープン(BNP PARIBAS OPEN)のシングルス準々決勝で、錦織圭がナダルに敗れました。

ATPランク6位で、第5シードの錦織圭(Kei Nishikori)がランキング5位で第4シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal)に4-6、3-6で敗退しました。

ファーストセット出だしの錦織は攻撃的なストロークが深く決まり押し気味の展開で、先にナダルのサービスゲームをブレークし、勝てそうな期待を持たせてくれましたが、錦織のファーストサーブの入りが悪く2ゲームブレークバックされ、4-6で落としました。

序盤のナダルの3度のサービスゲームでブレークチャンスが何度もあったので、もう1ー2ゲームブレーク出来ていたら、試合展開はずいぶんと違ったものになったかと思われます。

第2セットに入ると錦織のファーストサーブインの確率が41%。これではトップ選手相手にサービスゲームのキープは出来ません。結局第2セットはほとんどノーチャンスでの完敗でした。

ナダルはセカンドサーブを錦織が叩いて攻めてくることを警戒して、ファーストサーブをスピードよりも回転重視で確実に入れてきました。試合を通してファーストサーブインの確率が88%と、ほとんどファーストサーブでポイントを取っていました。

最近の錦織選手が敗戦する時は、
ブレークチャンスはあってもなかなかブレークできない。
ブレークして優勢な状況で、ダブルフォルトやストロークミスにより直ぐにブレークバックされ、形勢が逆転してしまう。
と言ったパターンでの敗戦が多く見うけられます。

ナダルとの対戦成績は1勝8敗ですが、技術的にはほぼ互角なところまで来ていると思います。

ナダルが行っているサービスルーティンのようなものを取り入れて、緊張した場面でもいつも同じように安定したサーブが入るような、精神面の工夫が必要なのではないかと思われます。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで行われている、男子テニスのマスターズ大会、BNPパリバ・オープン(www.bnpparibasopen.com)のシングルス4回戦で、錦織圭が敗退しました。

5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 12位で第12シードのフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)に4-6、6-7のストレートで負けました。

過去の対戦成績は錦織の3勝2敗でここのところ2連勝中でしたので、勝てると思っていましたが、残念ながら敗退しました。

ロペスのサービスゲームで始まった第1セット、いきなり40-15のブレークチャンスがありましたが、ここを取りきれなかったのが大きかったと思われます。4-5からの錦織のサービスゲームをブレークされて4-6で落としました。

第2セット先にブレークされた1-4から追いついてタイブレークまでもつれ込みましたが、一歩及ばずストレートでの敗戦となりました。
要所要所でロペスの強烈なサーブが決まって、なかなかブレークすることができませんでした。

今回の大会の使用球はPENN(ペン)で、錦織は硬くて弾むボールに苦労したようです。
ロペスのサウスポーの弾んでくるサーブやスライスバックハンドにボールの相性が良かったようです。
錦織、ボールに負けた…「重く感じ、変なバウンドをする」|SANSPO.COM

更に3、4回戦連続でサウスポーとの対戦であったことも不運でした。難しいバウンドのコートでサウスポー相手で、タイミングを合わせるのに苦労し、精神的にも疲れたことと思われます。


錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人気ブログランキングへ>>ブログランキング・にほんブログ村へ

アメリカのインディアンウェルズで行われている、男子テニスのマスターズ大会、BNPパリバ・オープン(www.bnpparibasopen.com)のシングルス3回戦で、錦織圭が勝利し4回戦に進みました。

5位で第5シードの錦織圭(Kei Nishikori) が 31位で第28シードのフェルナンド・ベルダスコ(Fernando Verdasco)に6-7、6-1、6-4の逆転で勝ちました。

過去の対戦成績では錦織はベルダスコに2連敗中。第1セットは拮抗した戦いでタイブレークまで行きましたが、ベヅダスコに回り込んでの鋭い逆クロスを決められて落としました。
しかし、足の指の具合が良くないからか、第2セットからはベルダスコの動きが少し悪くなると、一気に錦織ペースとなり逆転で勝利しました。

4回戦ではATPランキング12位で第12シードのフェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)と対戦します。
過去の対戦成績は錦織の3勝2敗。2連勝中ですので錦織が有利と思われますが、ロペスはこのところランキングを上げてきているようなので、侮ることは出来ません。
ATP Head To Head: Kei Nishikori vs Feliciano Lopez

このまま順当にシード勢が勝ち上がると、準々決勝でATPランキング4位のアンディ・マレー(Andy Murray) と対戦します。
ランキング4位へ返り咲くためにも、マレーに勝って準決勝までは進みたいところです。そのためにもロペス戦ではきっちり2セットストレートで勝って、マレー戦に体力を温存したいです。

錦織圭公式サイト,公式ブログ,Facebook

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ