つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: HIS

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


(2)USJ=>伊丹空港
2日目は朝起きて部屋の窓からユニバーサルスタジオの入り口が見えるのですが、開園1時間以上前から人が待っているのが見えてびっくり。月曜日なのに子供も沢山いました。と言うことで、開園の20分ほど前から並んで入りました。しかし、残念だったのがジュラシックパークがメンテナンス中で休みだった事です。これを一番の楽しみにしていたので、本当に残念でした。帰ってきてから、ユニバーサルスタジオのホームページを見たら、アトラクション休止情報と言うページがありました。これを見てから、ツアー日程を決めるのが得策のようです。

スパーダーマン、ターミネーター、バットゥーザフューチャー、バックドラフト、ジョーズを見たところで、最高1時間待ちなどもあり、くたくたとなったので、USJは終りとしました。お金を余分に払って、あまり待たないで入れるブックレットを購入して入場するのが良いと思います。

街を歩いて行くと、ストリート脇でブルースブラザースのソックリさんがステージをやっていました。ジョン・ベルーシ役の人がチョット痩せすぎでした。

アメリカのフロリダのオーランドにあるUSJへ行ったことがあるのですが、その時に乗ったバットゥーザフューチャーがとにかく怖くて目をつぶったりしてしまい、いったいこの仕組みがどうなっているかと言うのがすごく不思議でしたので、今回はじっくりとどうなっているのかを見てきました。 バットゥーザフューチャライクのスポーツカーに乗車する時は車庫のような狭い部屋なのですが、この天井が空いていて、暗くなってから車が上に上がります、そうすると正面に巨大なスクリーンが現れます。このスクリーンが巨大なで、その映像と車の上下前後への動きを連動する事により、本当に走っている世界のように見えるのです。横を見たら、一緒の時間に乗り込んだ、何台もの車が一列になって見えました。ようやく10年目にして、不思議が解決しました。

 イベント会場の案内役が日本人で、映像も皆日本語に吹き替えになっているのは、ちょっとテンションがあがりませんね。海外、特に韓国や中国など主にアジアの地域からの来訪が多いようですし、字幕にした方が良いのではないかと思いました。

帰りは、USJの前から直行バスで伊丹空港まで行ったら40分ほどで着きました。


ホテル近鉄ユニバーサル・シティホテル近鉄ユニバーサル・シティUSJ入口

USJ入口前ターミネータースパーダーマン

バットゥーザフューチャージョーズジュラシックパーク

ブルースブラザース
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


HISの格安パックで大阪のユニバーサルスタジオへ


往復のANAの航空券とユニバーサルスタジオの入り口近くにある、ホテル近鉄ユニバーサル・シティ の宿泊、ユニバーサルスタジオの1日パスが付いて2万円チョットのHISの格安のパックでUSJへ行ってきました。
初日は生憎の雨でしたが、ユニバーサルスタジオへ行った2日目は晴天で、1日楽しんできました。
日・月と行ったのですが、ユニバーサルスタジオは月曜日なので沢山の人が時間前から並んでいて、1時間待ちなどと言うアトラクションもありました。USJだけではもったいないので、大阪の市内観光もやってきました。

日程
 ̄田空港=>伊丹空港=>通天閣(昼食)=>道頓堀=>USJ=>大阪城=>USJ
■妝咤福瓠箘肪斡港



(1)羽田空港=>伊丹空港=>通天閣(昼食)=>道頓堀=>USJ=>大阪城近く=>USJ

 羽田空港から伊丹空港へは1時間ほどで、伊丹空港から大阪の都心へは30分ほどで出れます。

 大阪へ仕事では行った事がありますが、観光に入った事が無いので、先ずは、有名な通天閣へ。モノレール・地下鉄を乗り継いで動物園前で下車し、通天閣南商店街を通って通天閣へ。東京の浅草あたりの雰囲気で看板をゴテゴテにした感じの商店街でした。やたらとスピードを出して走る自転車が多くてちょっとびっくりしましたが、大阪の人は気にならないようです。通天閣に上って、「ビリケン」さんに色々と願い事を頼んで来ました。生憎の雨で、見渡しのいい景色ではありませんでした。帰りは通天閣南商店街の串カツ屋さんで串カツを食べました。やたらと込んでいて入り口に列が出来ている店と、ほとんどお客さんがいない店がありました。うまい店とまずい店がはっきりしているようです。我々は比較的綺麗そうな、テーブル席のある、そこそこ込んでいるお店で食べました。牛、海老、アスパラ、玉ねぎ、サツマイモ、などを食べて、ビールも飲んで2人で2千円かかりませんでした。 ソースが美味しかったので買って帰りたかったのですが、売っていないと言う事で。残念。
ここから地下鉄で「なんば」へ行って、定番の道頓堀のグリコの看板、食い倒れ太郎さん、ドンキホーテの観覧車を見てから、アメリカ村へ。アメリカ村は原宿あたりとちょっと似た雰囲気の若い人向けの街でした。
心斎橋からユニバーサルスタジオのあるユニバーサルシティーまで地下鉄とJRを乗り継いで行きました。駅から直ぐの「ホテル近鉄ユニバーサル・シティ」へチェックインして一休みしてから、食事へ。
京橋駅まで行って近くのツイン21ビルの38階のレストランで大阪出身の友人と会って食事。 8時ごろになると大阪城がライトアップされました。徐々に明かりが点灯されて行く感じでした。恋人同士だったら良い演出となること間違いないです。


通天閣
通天閣からビリケン

通天閣南商店街グリコの看板食い倒れ太郎さん

ドンキホーテ松竹アメリカ村

アメリカ村大阪城のライトアップ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

地下鉄は切符の券売機がクレジットカード決済が出来て、タッチパネルディスプレーの下の方にある日の丸の国旗をタッチすると 日本語への切り替えが可能と言う、我々旅行者には非常に便利な物でした。
自分の目的地に対応したゾーンと一日券か一回券か、枚数などを選択すると簡単に購入できました。
今回のHISのツアーの場合にはホテルまで迎えのバスが来なかったので、地下鉄に乗って集合場所にたどり着けると言うのが最低限必要となりました。

パソコンは最初は部屋にはLANの接続が無かったので、電話回線でAOLでつないだのですが、ホテルの人に聞いたら、 ビジネスセンターと言う部屋かあって、そこで、自分のパソコンをLANにつなぐ事が出来たのでそれを利用しました。
LANにつなぐとパソコンに設定画面が出てきて、クレジットカード決済で、x日使い放題と言った設定ができるました。

市内の電話ボックスを利用したのですが、コインを入れたのに、話せない事が度々ありました。 何度もお金を吸い込まれるだけでした。電話が必要な人は、やはり携帯を利用するのが良いと思います。

部屋のシャワーのノブが壊れて(直ぐに外れてしまう)いて、フロントに電話をしたのですが(ブロークンとか言って)、とうとう旅行中に修理はしてくれませんでした。 とりあえず使えるので、せかせませんでしたが、日本ではこのような事は無いと思います。ずいぶんと、のんびりしてるようです。 高いホテルに宿泊したら、ずいぶんと違うと思いますが、安いツアーに参加しているので、ホテルも高級ホテルとは行きません。


券売機ビジネスセンター

電話ボックスシャワーのノブ



HISのロンドン、コッツオルズ、オックスフォードのツアーに参加
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

今回のパックツアーにはロンドン・ウオーキングツアーというのが付いていまして、 それには、シャーロックホームズツアー、お化けが出るこわ〜いパブ巡り、ビートルズツアーなどがありましたので、その中からビートルズツアーを選択しました。

ビートルズツアーの集合時間が10時で時間があったので、先ず地下鉄のハイドパークコーナー(Hyde Park Corner)へ行って、 そこから公園の中を北へ歩いて、スピーカーズコーナーへ。公園の中では馬に乗って警備をやっていました。
マーブルアーチ(Marble Arch)駅で地下鉄に乗って、 ビートルズツアーの地点のSt.Johns Woodへ。

11月でオフシーズンのせいか他に参加者はいなく、まるでプライベートガイドと言う感じでした。 歩きとバスを使ってのツアーだったので、初めてのロンドンの市内バスの乗車経験が出来ました。

ビートルズのレコード アビーロードのジャケットで4人が歩いている横断歩道、そのすぐ近くにあるアビーロードスタジオ。ポールの家。 ジョンとヨーコが出会ったインディカ・ギャラリー(現在はジェームス・ハイマン・ファインアート)、 ポールとリンダが出会ったクラブ、バッグ・オ・ネイルズ(現在はミランダ・クラブ)、 ビートルズの最後のライブ演奏を行った事で有名な旧アップル・レコードのビル、 ジョンがテレビ番組に出演して敬礼していた公衆トイレ(私も敬礼をして写真を撮ってきました)。 ビートルズがレコーディングした、トライデント・スタジオ、 ポールの現在のオフィース(現在も時々来るそうです)。
ツアーの後はリバティ・プリントで有名なリバティ百貨店や息子がダイアナさんの恋人だった事で有名なハロッズ百貨店などを回って、ホテルへ。


ハイドパークハイドパーク スピーカーズコーナー


アビーロードアビーロードスタジオ



ポールの家インディカ・ギャラリー



アップル・レコードバッグ・オ・ネイルズ



公衆トイレトライデント・スタジオ


ポールのオフィースリバティハロッズ デパート



HISのロンドン、コッツオルズ、オックスフォードのツアーに参加


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

 一日フリー観光。息子がリージェントパークの西のアパートに住んでいるので、そちらへ。リージェントパークや周辺を散策してから、地下鉄のFinchley Road駅の近くのショッピングモールで昼食。
リージェントパークは巨大な公園で中に大きな池があって、歩いていると栗鼠がいました。
夜はリージェントストリート、背広の語源となったサヴィルローを散策し、ピカデリーサーカスの紅花で食事。
サヴィルローには沢山のオーダーメイドの洋服屋さんがあって、一階がお店で通りから覗ける地下で、縫製している姿が見えるお店がありました。こう言う職人の街が、首都のど真ん中に残っている事が本当にすばらしい事だと思います。
紅花はアメリカのロッキー青木さんで有名な目の前の鉄板で調理してくれるお店ですが、10年ほど前にロンドンに行った際に、コックのパフォーマンスが面白かったのが印象に残っていたので、行きました。しかし、やたらと量が少なくて高いという印象でした。

リージェントパークリージェントパーク




リージェントパーク住宅地





サヴィルローサヴィルロー




サヴィルロー


HISのロンドン、コッツオルズ、オックスフォードのツアーに参加

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へブログランキング・にほんブログ村へ

 集合場所は地下鉄オックスフォードサーカス(Oxford Circus)の近くのいぎりす屋と言う土産物屋の近く。 ウェスト・ブロンプトンから地下鉄に乗ってオックスフォードサーカスへ。 乗り換えもスムーズにオックスフォードサーカスへ到着。

市内観光バスはやたらとあわただしくて、また、あまり下車しての時間も無くとにかくさらっとロンドンはどんな町かを見るだけのものでした。
いぎりす屋からバスでピカデリーサーカス、セントポール寺院などを通って世界文化遺産のロンドン塔の前で下車。 中には世界最大のダイヤモンド「偉大なアフリカの星」などもあり、見学できるそうですが、時間が無くて入る事は出来ませんでした。
ここで、タワーブリッジを撮影。 私はこの橋がロンドンブリッジだとばかり思っていましたが、ロンドンブリッジは隣のス通のただの橋で、 良く写真に出てくる有名な橋は、ロンドンブリッジと言うのを初めて知りました。
タワーブリッジをバスで渡って、トラファルガー広場で下車し、ナショナルギャラリーに入って見学。 ナショナルギャラリーには、ダビンチコードで有名になった、レオナルドダビンチの「岩窟の聖母」の一つがあります。 こちらはフランスのルーブルにある絵の後に書いた物だそうで、天使にちゃんと羽根がありました。
ウェストミンスター寺院、ビッグベン、国会議事堂などを車窓から見て、バッキンガム宮殿近くで下車、 ちょうど衛兵の交替があってパレードを見学、日本でやったとしたら、着物姿の武士が交代と言ったがショーになるのでしょうか。 歴史や伝統を大切にし、それにより沢山の観光客が見に来ると言うのに感動しました。 何でも壊して新しくしてしまう東京とはずいぶんと違います。 宮殿周辺を散策してから、バスで出発地点へ。

ロンドン名物の二階建てバスロンドン塔入り口




ロンドン塔タワーブリッジ




バッキンガム宮殿 衛兵の交替バッキンガム宮殿 衛兵の交替


HISのロンドン、コッツオルズ、オックスフォードのツアーに参加

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ