つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: NTT

ブログランキング・にほんブログ村へ

高齢者が多数、NTTのフレッツ光回線の契約変更の被害にあっているようです。
「光回線」変更に注意 苦情は年1万件、高齢者多く-産経ニュース
国民生活センターは26日、インターネットの光回線契約の変更を勧誘された消費者から苦情が2015年以降、毎年約1万件寄せられているとして注意を呼び掛けた。約半数は60歳以上で、苦情は(1)覚えのないオプションがつき、以前より高額になった(2)プラン変更だと思ったら別業者との契約になっていた−という内容が多い。。。

元ネタの国民生活センターのサイトを見ると、とんでもない事例が掲載されています、
光回線サービスの卸売に関する勧誘トラブルにご注意!第2弾−安くなると言われても、すぐに契約しないようにしましょう-国民生活センター
相談事例
【事例1】
契約先のプラン変更だと思ったら、別業者との契約になっていた
【事例2】
契約先事業者だと思ったが別業者だったので解約したいが、連絡先がわからない
【事例3】
光回線の変更が必要であるかのような勧誘により契約してしまった
【事例4】
料金が安くなると言われて契約したら、説明されていないオプションが契約になっており、高額な請求を受けた
【事例5】
スマートフォンの説明を聞きに行ったのに、光回線の転用手続きが行われていた

先日、我が家にも 「フレッツ光が安くなります。この電話の後にもう一度電話がかかるので、ネットがつながるパソコンでお待ちください。」 と言った内容の電話がかかってきました。
怪しい電話だと思い断わった後に、NTTに何か料金プランに変更があたのかと電話して確認したところ、多分「光コラボレーション事業者」の売込みであろうと言うことが分かりました。
もう一度電話をかけてくるのは、NTTから「光コラボレーション事業者」に変更する手続きに必要な、「転用承諾番号」をネットで取得するためのようです。
転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)-NTT西日本公式ホームページ

NTT西日本のホームページを見ると大量の「光コラボレーション事業者」が掲載されています。
光コラボレーション事業者-NTT西日本公式ホームページ
これらの大量の業者が毎日フレッツ光加入者に勧誘の電話をかけまくっているのでしょうが、フレッツ光への加入状況の情報がこのような業者に渡っていることが納得いきません。
新聞記事も国民生活センターの発表内容をそのまま転用して記事にするだけでなく、このような被害をなくすためにどうしたら良いのか、突っ込んで取材してほしいと思うのですが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログランキング・にほんブログ村へ

このところ、NTTを名乗るWifiの売り込みの電話が何度かかかってきたので、
Googleで
「NTT Wifi 売り込み」
と検索してみたら4万件の結果が出てきました。
NTTを装った業者による売り込みの電話のようで、注意喚起がされていました。

NTTの116で電話が来ないようにできるようなことが書いてあったので、本日電話をしてみました。
116へ電話して、自動音声の後に担当につながるまでにかなりの時間待たされましたが、一応かからないように依頼することができました。
先方の話ではNTTと代理店からの売り込み電話がかかって来なくなるそうです。
これから、NTTを名乗った勧誘の電話がかかってきたら、NTTやNTTの代理店ではないことになりますが、NTTさんの話ではNTTを名乗っての売り込みで、実際には他のキャリアへの移行勧誘の場合もあるようなので、そのようなケースの売り込みは防げないようです。

許認可事業で優遇されている通信事業者が、貴重な時間を割いていちいち依頼しないと迷惑な売り込みを止めないで放置していると言うのにはどうも納得がいきませんでした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

レカム・マルチメディアホームシステムFX

同居している、自宅でお店をやっていた高齢の父が20万円以上もする電話(レカム・マルチメディアホームシステムFX)を買っていたことが分かりました。自宅で子機2台の親子電話にしか使わないので、2−3万円の電話で十分で、このような高価なものは必要ありませんが、セールストークに乗せられ買ってしまったのでしょう。

ネットで調べたらcoolingoff.jpと言うサイトに、電話機リース等の訪問販売解約について...と言うページが見つかりました。「団子屋のお父さんがひっかかった事例」とあり、「76歳の父が....」、電話機はやはり「NTTレカムFX2」とありました。うちの父が84歳の時なので、高齢者が狙われているのでしょう。
このサイトによると国民生活センターPIO−NETに寄せられた相談件数がで2004年に7,132件あったようです。NTTもこのあこぎな商売のおかげで、高価な電話が沢山売れて随分と儲かったと言うことなのでしょうか?どうも納得できない話です。

SOHOで仕事をするようになって、自宅にいるようになると、電話が安くなるとか、白アリ退治やリフォームなどの売り込みがしょっちゅう来ると言うのが分かりました。思考力が衰えて来た年寄りがこのような悪徳商法の餌食になってしまうのでしょう。

最近、知人の母親がとんでもない高い金額のリフォーム契約をしてしまったという話も聞きました。これから高齢化が進んで行くので、益々このような被害にあう人が増えると思います。取り締まりを強化してほしいものです。

NTT:レカム・マルチメディアホームシステムFX
レカム・マルチメディアホームシステムFX

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

NTTのフレッツがダウンしてIP電話「ひかり電話」も使えなくなったそうですが、ちょうど来週に東急ケーブル(Itscom)のケーブルからフレッツにして、電話もIP電話に切り替える予定なので、大丈夫か不安になっています。確かに変更の検討をしている時にNTTに聞いた時に停電になった時にIP電話は使えなくなると言われましたが、めったに停電は無いだろうと思っていましたが、ルーターが故障すると、当然電話も使えなくなってしまうので、結構起こる事はあるのかもしれません。携帯電話があるから良いとは思うのですが、今までだとケーブルが故障した時にダイアルアップで通信できたのですがそれも出来なくなるので、もしかしたらかなり問題かも。今回の故障のニュースを見てフレッツの導入をやめた人も多いのでは。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ