つぼさんの趣味のブログ

趣味のテニス(錦織圭、大坂なおみ),音楽,海外旅行,国内旅行,試写会,グルメお取り寄せ,ベランダ菜園・果樹,スモーク,バードカービング,陶芸,水墨画,浮世絵、木版画などに関するブログです。

タグ: USオープン

USオープンテニス(US-オープン公式サイト )シグルス1回戦で、クルム伊達公子が WTAランク142位 シルビア・ソレル=エスピノーサ(Silvia Soler-Espinosa)に6−7、6−7で惜しくも敗退しました。
ブレーク合戦で始まった試合で全く5分5分の展開でしたが、2セットともにタイブレークで負けてしまい、本当に惜しい結果でした。

骨折した左手をテーピングしての出場で、怪我を感じさせないプレーでしたが、ここと言う時にショットにズレが生じてしまったのでしょう。

敗退しましたが、伊達さんのテニスは厳しいストローク、ネットプレー、ドロップショットとバリエーションに富んだテニスで、いつもの飽きる事の無い内容でした。
東レパンパシフィックには怪我を直して元気な姿を見せて欲しいものです。

伊達公子オフィシャルブログ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

月曜日にUSオープンテニス(US-オープン公式サイト )が開幕し、シグルス1回戦に、錦織圭、添田豪、森田あゆみ、土居美咲の4選手が出場しましたが全員敗退で、錦織が腰、森田が肩、土居が脚、を痛めて途中棄権と言う惨憺たる結果でした。

錦織選手の試合を観戦したくて、9月のデビスカップ(日本テニス協会 デビスカップ公式サイト)のインド戦のチケットを購入したので、出場できなくなるのではと心配です。

今日はクルム伊達公子x WTAランク142位 シルビア・ソレル=エスピノーサ(Silvia Soler-Espinosa)の試合があります。
伊達公子オフィシャルブログによると、怪我をした左手にテーピングをして出場するようです。途中棄権にならない事を祈ります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

怪我でUSオープンテニス(US-オープン公式サイト )への出場が危ぶまれていたクルム伊達公子が出場できそうです。

今日、伊達公子オフィシャルブログを見たら、
はい!Dr.から「US OPENでプレーしてもいい」
と言っていただけました。

と書いてありました。

伊達さんの歴史に残るフェドカップでのグラフとの死闘の時も、前日に痛めた左足にテーピングをして戦い、奇跡の勝利を勝ち取りました。

最初は4ー6週間は治療に時間がかかるだろうと思われていた、怪我が急回復しているようですし、初戦の相手はWTAランク142位とドローにも恵まれているので、奇跡の快進撃を期待したいと思います。

伊達さんは初日の月曜日には出場せず、火曜日に初戦を戦います。

月曜日のシングルス1回戦には、錦織圭、添田豪、森田あゆみ、土居美咲の4選手が出場します。
WOWOWの放送が楽しみです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

テニスの今年最後の4大大会 USオープン(US-オープン公式サイト )の本戦がいよいよ29日の月曜日から始まります。

今年は、男子のシングルス予選3戦を添田豪が勝ち上がり、ダイレクトインの錦織圭、伊藤竜馬と合わせて3名が出場します。
随分と長い事テニスを見てきましたが、シングルスに3名が出場したと言う記憶がありません。これはかなりの快挙ではないかと思い、ネットで調べたら、杉山愛さんのブログに、80年ぶりだと書かれていました。

80年前の1931年ごろだと、日本最強プレーヤー 佐藤次郎選手の時代でしょうか。
佐藤次郎選手は深田祐介のノンフィクション「さらば麗しきウィンブルドン」でも取り上げられていて、先日、WOWOWで、「ウィンブルドンのサムライ 〜日本最強プレーヤー 佐藤次郎の悲劇〜」として特集された、「通算5回の四大大会シングルスベスト4」の記録を持つ名選手です。
2010年のウインブルドンで錦織選手がナダルとの試合後のインタービューで「佐藤次郎」さんの事を聞かれて、知らないと答えていて、すごく残念でした。日本のトッププレーヤーには偉大な先輩のことも勉強しておいてほしいものです。
Wikipedia:佐藤次郎

本戦のドローは下記のようになります。
いきなりトップ10の選手と当たるような対戦相手は無く、特に女子は恵まれたドローかと思います。

伊達さんは左手甲・小指下の骨にヒビが入る怪我をして以来、ブログの更新がされていないので、状況が分かりません。出場できるのか心配です。
予選勝ち上がりのWTAランク142位の選手との対戦なので、出場できれば初戦突破の可能性も高いのではと思われます。

錦織圭  x ATPランク106位 ファビオ・チポッラ(Flavio Cipolla)
伊藤竜馬x ATPランク25位 フェリシアーノ・ロペス(Feliciano Lopez)
添田豪  x ATPランク34位 ケヴィン・アンダーソン(Kevin Anderson)

森田あゆみ x WTAランク173位 ラウラ・ロブソン(Laura Robson)
クルム伊達公子x WTAランク142位 シルビア・ソレル=エスピノーサ(Silvia Soler-Espinosa)
土居美咲 x WTAランク75位 ローラ・ポウス・ティオ(Laura Pous-Tio )

出場選手のブログ
錦織圭公式ブログ
添田豪 公式ブログ
伊藤竜馬公式ブログ

森田あゆみオフィシャルブログ
伊達公子オフィシャルブログ
土居美咲公式ブログ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

USオープンテニスの3回戦で、錦織圭がATPランク23位のアルベルト・モンタネス(Albert Montanes)に2−6、1−2の途中棄権で敗れました。

第1セットから動きが悪かったのですが、2回戦の5時間にも及ぶ戦いで、痛めていた足の付け根の痛みが治らなかったようです。動きはあまり良くなかったのですが、対等な打ち合いをしていたので、それほど悪そうには見えなかったので、残念です。怪我の影響でジャパンオープンに来日できないような事の無い事を祈っています。

伊達・森田ペアのダブルスも敗退しているので、これでUSオープンの日本人は全て敗退となってしまいました。

US Open
錦織圭
USオープンテニス3回戦 錦織圭
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

錦織圭 USオープンテニスUSオープンテニスの2回戦で、錦織圭がATPランク13位のマリン・チリッチ(Marin Cilic)に5−7,7−6,3−6,7−6、6−1の逆転でフルセットの勝負に勝利しました。

第1セットから錦織が押し気味でしたが、惜しくも落としましたが、2,4セットのタイブレークを取ったのが勝利につながりました。第5セットはチリッチが背中に痛みが来てしまったようで、後半は動けなくなってしまいました。錦織選手が試合後のインタビューで第5セットは朦朧としてプレーしていたと言っていました。30度を超える炎天下に5時間に及ぶ試合は相当に過酷だったと思います。それでもその過酷な試合を制した事で、この一年間の体力作りの成果が出て来たのではないかと思います。ちなみに、これでタイブレークは11連勝とのことです。

錦織の力が世界のトップレベルの選手に十分に通用するのが分かりましたので、これからどこまで勝ち抜くかが楽しみです。

ただ、インタビューの後に、多くのファンがサインを求めているのに応じていませんでした。疲れているのは分かりますが、5時間もの長時間コートサイドで応援してくれたファンに対してプロとしてサインに応じるべきだと思います。

US Open
錦織圭

錦織圭 インタビュー
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ